• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

negima1960のブログ一覧

2017年08月31日 イイね!

70,000km到達

70,000km到達2014年11月初旬に納車後33か月で本日70,000km経過しました

只今絶好調です!!


今までいろんな事が有りましたがこれからは、メンテナンスに重点を置いてできるだけ長く乗っていきたいと思います


メモ:MICHELIN Pilot Sport 4 S
気温:25→24℃ 小雨/曇り 殆どドライ路面
冷間空気圧:F240 R230kpa
走行約30分でF250 R240kpaに上昇
1時間走行後F258 R246kpa

走行中F250 R240kpa付近がハンドリング、グリップ、接地間、シットリ感、乗り心地すべてバランスが良いようです
Posted at 2017/08/31 20:35:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年08月31日 イイね!

備忘録 MICHELIN Pilot Sport 4 S その2

備忘録 MICHELIN Pilot Sport 4 S その2パーツレビュー用備忘録
取付け時走行距離:69,560km
本日まで走行距離:69,970km
現在410km走行

8/30曇り時々晴れ 31~35℃
走行前空気圧F:248 R:238kpa
走行後空気圧F:270 R260kpa

さすがに270-260kpaでは跳ねすぎる感じだがグリップは良い
ハンドリングは超クイック&レスポンス良い(GDBのよう) 
車体が軽く感じる 良く転がる 

ミシュランタイヤは馴染むのに時間がかかる(1,000km)、空気圧に敏感との情報あり
今後一人乗車時の空気圧を検証すること
Posted at 2017/08/31 02:42:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 備忘録 | クルマ
2017年08月28日 イイね!

Mishimoto Lifetime Warranty(生涯補償)その後

Mishimoto Lifetime Warranty(生涯補償)その後8月5日:Mishimoto Baffled Oil Catch Can SystemのシリコンホースのCCV側亀裂、PCV側の滲みにより
Mishimotoに Lifetime Warranty申請

8月10日:申請受理されCCV側ホース及びPCV側のホースと新タイプのキャッチ缶ブラケット(旧タイプは補器類の関係で日本車には付きません)を無償で送ることが決定 
しかしUSPS国際送料$45必要 
送料を承諾する 支払いはペイパルを通してMishimotoが当方に請求を立てる

8月14日:Mishimotoよりペイパル経由で請求書が作れないと連絡あり 
ほかに何か請求書を送る方法はないかと尋ねてくる

8月16~17日:当方より手持ちのクレジットカードの情報を送り請求するように求めるがMishimoto側より手続きが完了できない旨の連絡あり(原因不明)

8月18日:当方よりペイパルを通じてMishimotoに振り込む手続きをするが手続き完了せずエラー扱い

8月19日:困り果ててpaypal.com/jpのお客様サポートに電話で問い合わせる(とても親切な対応でした) 結果Mishimotoのペイパルアカウントが海外販売をブロックしていたことが判明! このことをMishimotoに連絡する

8月21日:Mishimotoより社内アカウントチームで調査すると連絡あり

8月22~23日:当方より「できるだけ早く解決して欲しい」旨を通知(そろそろキレてきました)
翌日この一件を日本最大のクルマSNSサイト「みんカラ」に投稿している旨を通達する

8月25日:Mishimoto側より先方の取引銀行に国際送金してくれときたもんだ

8月26日:当方より「ふざけるな!」(とは言っていません)国際送金には手数料がかかるので拒否する旨そして、送料着払いで送れと連絡する

※日本とアメリカの時差の関係でメールのやり取りに時間がかかる上に、相手が土日休業に加えて、ペイパルのトラブル(一方的にMishimoto側の都合)もあり現在難航中です

これがMishimotoのやり方か!?





Posted at 2017/08/28 02:13:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年08月27日 イイね!

備忘録 MICHELIN Pilot Sport 4 S

備忘録 MICHELIN Pilot Sport 4 Sパーツレヴュー前に備忘録
2017.8/25 取付 
最高気温37℃ 快晴
空気圧:走行前F:240kpa R:230kpa 走行後F:250~260kpa R:240~250kpa
体感:~8/26
とにかく走行音が静か!(純正050より静か)滑らか、軽やか
路面設置感:やや柔らかい(ちょっと攻めるとやや不安)
ハンドリング:クイック、軽い、燃費が良くなりそう、本日走行後100km経過

BSのタイヤサイズ変更時の推奨空気圧検索システム
(これ便利です下記にurl添付)
でA型純正の225から245の空気圧検索→意外と純正と同じF:250kpa R:240kpaとのこと



8/27
最高気温31℃ 快晴
空気圧:走行前F:250kpa R:240kpa 走行後F:260~265kpa R:250~255kpa
体感:走行音が大きくなった、やや硬目、ちょっと弾みすぎ?
でもしっかりグリップしている安心感(一皮むけた影響大)
ハンドリング:よりクイック、ZⅡよりシャープで軽い
空気圧240+230kpaと250+240kpaでは、性質が激変する
適正空気圧はF:245kpa R:235kpaか?
サーキットで試したい欲求増大
Posted at 2017/08/27 15:21:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 備忘録 | クルマ
2017年08月16日 イイね!

インタークーラースプリッターorエアガイドorクールアクションetc.

インタークーラースプリッターorエアガイドorクールアクションetc.ずっと気になっていたんですが、エンジンカバーをPerrin製に変えて忘れていましたが、先日純正に戻していみて、改めて気になりだしました

インタークーラーが純正でもアフターパーツメーカーでも取付ブラケットが同じなのでたとえ容積が増えていても走行風を効率的に当てられていないのでは?
何かもったいないな~!!



ボンネット外側からのぞき込むとコアは半分ぐらいしか見えていません
確かに走行風はインテークのカーブに沿って流れるでしょうが、どうも腑に落ちないのです
国産メーカーでもクールアクションⅡなるものを販売していますが最新型は、BM9/BR9・BMG/BRG・VABまででVAG・VMG/VM4用は、出ていません
ということは以前よりインテークの開口部が大きくなったので必要ない?
でもアフターパーツメーカーのインタークーラーには、エアスプリッターだったりエアガイドなるものが付属しているものも有ります まあグリコのおまけの類かも知れませんが...

最近AVOさんから発売になった製品にもエアスプリッター的なものが付いているので必要性が有ったからなのでしょう!?きっと

そんなに気になるんだったら国内でも販売開始になったProcess WestのVerticoolerにすればいいでしょ、と言われそうですがこれはこれで、重さが大変気になります
400hp以上にチューンしたマシンなら重さも気にならないでしょうが私のVAGではどうも...



そんなこんなでクールアクションもどきを自作しました
取り付け後は整備手帳にアップします



長々とすんまそん!


Posted at 2017/08/16 03:48:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「これって、お亡くなりになったってこと? http://cvw.jp/b/2427836/44513603/
何シテル?   10/27 08:42
negima1960です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

愛車一覧

スバル BRZ 素のBRZ (スバル BRZ)
新しい相棒が増えました。20,672kmからのリスタートになります。 メチャクチャ軽い車 ...
スバル WRX STI 白の207 (スバル WRX STI)
モアパワー、モアレスポンスを求めてVAGからの乗り換えになります。 縁あって白のS207 ...
スバル WRX S4 Negima号 (スバル WRX S4)
BH~BP~GRF~VAGと家族構成の変化でスバル車を乗り継いできました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.