• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年02月04日

なぜ SKYACTIV-G は低速トルクが向上したのか

昨日のブログに書いた通り、SKYACTIV-G は低速トルクも大きく改善しています。

その立役者の1つが 4-2-1 排気管。
仕組みはともかく、低速トルクの改善のうち半分ぐらいは、この 4-2-1 排気管を採用したことによる功績ということ。


(出典:ハイブリッドなしで燃費30km/L、マツダの次世代技術スカイアクティブとは【前編】

この SKYACTIV テクノロジーを開発したのは、人見光夫という人。

 マツダ藤原常務に快進撃のワケを聞く【前編】 フォード“徳川時代”に学んだこと
 マツダ藤原常務に快進撃のワケを聞く【後編】 欧州メーカーはハプスブルグ家タイプ!?

マツダのエンジン技術開発の方向性を決めているのはこの人だと言って過言ではないのですが、常務執行役員までのし上がった人ですから、私はてっきり「生え抜きのエリート」だと思っていました。それが実は2007年当時は「人見さんはくすぶってたといいますか、いわゆる閑職というかエンジン開発の傍流にいた」そうで。

それがなぜ新型エンジン開発の表舞台に立ったのか、色々と面白い話が載っているのですが、この人は2007年当時から、この 4-2-1 排気管を採用するというアイディアを持っていた様です。

しかし 4-2-1 排気管はアフターパーツで売られるぐらい一般的な低速トルクを向上させるための技術。
SKYACTIV-G は、これを最終的に高圧縮率につなげたのがポイントなんですが、どうしてマツダは今まで 4-2-1 排気管を採用しなかったのか、また他社もほとんど 4-2-1 排気管を採用しないのかというと、


(出典:エンジンだけでリッター30kmの燃費 マツダ「SKYACTIV」を解剖(1)

このクソ馬鹿デカイ排気管(4-2-1排気管)をエンジンルームに納めるのは大変だからです。
形を見てもわかる様に、作るのも大変だし、コストもかかるし、何より馬鹿デカイ。
どのくらいデカイかというと、


(出典:CX-5 SKYACTIV-G のエンジン技術

左側が一般的な 4-1 排気管、右側が CX-5 に採用された 4-2-1 排気管です。
SKYACTIV-G 2.0 が搭載された BL アクセラは、エンジンルームにスペースがなくて、この排気管が載せられなかったぐらいですから。

先代 BL アクセラと 現行 BM アクセラの側面図を見比べて見ましょう。



上が先代 BL アクセラ、下が現行 BM アクセラです。

先代アクセラの前座席の位置が赤い線、前輪の中心を青い線で示しています。
現行 BM アクセラは、前車輪が前方に移動している(エンジン搭載位置も前に移動している)にもかかわらず、前座席は後ろに下がっていることがわかると思います。

つまり、エンジンルームを広げるために、居住空間を削って 4-2-1 排気管を載せたということ。
MM 思想(古い!)のホンダとは正反対ですね。
ブログ一覧 | | クルマ
Posted at 2017/02/05 00:44:40

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

4月5日・京都出張(平安神宮1) ...
どんみみさん

ヌーベル・シノワ
GRASSHOPPERさん

今日の朝ご飯。( ≧∀≦)
lb5/////。さん

京橋立ち呑みストリート
avot-kunさん

取り付け実戦オフpart1( ̄▽ ̄)
まおうアニキさん

身体障害者としての人生が始りました
まーぶーさん

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「@おとぅさん 軽油ってレギュラーガソリンと比べて、店舗によって値段のばらつきが大きいと思います。」
何シテル?   08/23 08:20
BL アクセラから BM アクセラに乗り換えました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2024/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

いまのマツダの方向性 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/09/09 05:43:38
現存天守閣12城制覇、加えて木造再建天守閣5城も 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/12/21 09:13:43
マツコネナビ ルート案内放棄の原因が判明!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/15 10:56:35

愛車一覧

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
マツダ アクセラスポーツに乗っています。

過去のブログ

2022年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
© LY Corporation