• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しろくま.のブログ一覧

2018年09月12日 イイね!

アウトバーンとBMW Welt

アウトバーンとBMW Welt 8月のことになりましたが、ドイツへ旅行に出かけましたので、
メモ代わりにアウトバーンとBMWのショールームの光景をアップします。


アウトバーンでは当方はチャーターしたバスなのでそれなりのスピードですが、
追い越し車線をこういうクルマがビュンビュンと飛ばしていきます。






我が家のGLCもいましたよ♪


さて、こちらの建物に到着しました。
あいにく当日は博物館のほうは休館日で、ショールームのみあいていました。


玄関前にあったのはこちら M-Performanceのパーツがテンコ盛りでした。


館内にはこのようなショップや


スイーツを取りそろえたカフェも併設されています。




一部こうした歴史的?なクルマも展示されていました。




こちらはこの時点では日本未発売のX4。












BMWの傘下なのでロールスも展示されています。








このアングルは爬虫類のような迫力がありますね。









パシャパシャ気の向くままにシャッターを押したので詳細な説明が無いことはお許しください。

さて帰りにミュンヘンの街角で見かけたこのクルマ。

日本では見ない日はないほど売れていますが、ドイツの道では見かけたのはこの1台だけでした。
そういう意味ではレクサスもほとんど見なかったですね。
日本車ではマツダ、日産(エクストレイルなど)が多いのかなぁ。

でもBMW、メルセデス、アウディ、VWが圧倒的に多かったですね(当たり前ですけど)

Posted at 2018/09/12 11:05:04 | コメント(1) | 旅行・ドライブ | 日記
2018年04月13日 イイね!

新型POLO

新型POLOいつものディーラーにクロスポロの点検にいってきたら、派手なオレンジ色のこいつが停まっていました。

勝手に乗ってきてください♪って言われるので、点検の時間を利用して、さっそく試乗に借り出すことにしました。
試乗したのはハイラインでまだ300キロも走っていないクルマでした。

まず内装の印象

メーター類は非常に見やすいいつものVWスタイルです。
ただ助手席前に横に広がるパネルは、私的には安っぽく見えました。
この部分は私のクロスポロではやはり成型プラスチックでしょうが、巧みにシボが入って落ち着きがあります。こんなにテラテラしているのは今風なんでしょうか?


フロアコンコールに眼を落とすと、USBが2口あるようです。
さらに左右独立の温度調整可能なエアコンのつまみが。。
こんなサイズのクルマで左右独立の効果は分かりませんが。


シートはたっぷりしたサイズで、ホールド感はしっかりあります。クロスですが手触りも良く、私的にはこれで十分かな。


ただ残念なのはウィンドウスイッチのパネルとその周辺のドアパネルのプラスチック感です。
もろにコストダウンしてます感が出ています。
私のクロスポロではドアの内張りもクロスになっていて手触りは悪くないですが、この新型はちょっとガッカリな部分ですね。やがてどこか(大陸)のメーカーから加飾パネルなんかが出てきそうな予感が。


その反面ステアリングの手触りやシフトノブなどの質感は納得できるものでした。
まあ300万円クラスのクルマですから、手に触れるところの質感は大切ですよね。


そしてドライブしての感想ですが、ちよっと肥大化したとはいえ、やはりこのサイズは私の街の狭い道路でも抵抗なく走ることができます。
最初はアイドルストップをONのまま走っていたのですが、交差する道路などで一旦停止して右左折する際に、クルマが一瞬出るのを躊躇するというかコンマ何秒か遅れる感じがします。

それに信号待ちで停車中にアイドルストップでエンジン停止は良いのですが、再始動するときの車体の振動はかなり大きいと感じました。
この時に3気筒を一番感じましたね(笑)

それ以外では中速域での追越し加速のときなどもディーゼル的なエンジン音に3気筒を感じましたが、それ以外の始動時も含めて巡行スピードではいたって静かで遮音の利いた車内でした。
ちなみにシフトノブのすぐ横にアイドルストップ解除のボタンがあります。
(まさか押しやすいように便利なところにあるわけではないでしょうが・・・)

全体的には良いクルマだなぁとしみじみ思った、GOLF7に試乗した時の乗り味の感覚に近いものがありました。
(ちょっとほめ過ぎかな)
ただなぜか新型ではリアのブレーキがディスクからドラムに。
これもコストダウンなんでしょうか。。


まぁ我が家のクロスポロ君の後継に指名するには4気筒版?のR-LineかGTIの登場を待ってからということになりそうです。
それよりデザイン的にはこんなのが良いのですが、我が家の車庫には入らない。(残念!)
Posted at 2018/04/13 22:28:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | クロスポロ | クルマ
2018年03月11日 イイね!

一年点検と京都へドライブ

一年点検と京都へドライブ購入後もう2年が経過する我が家のGLC。
この冬の大雪のせいにもしていますが、最近あまり遠出しなくなったなぁと。。

我が家のGLCは走行距離がいまだに1万キロちょっと。
そうこうしているうちに2回目の1年点検が到来しました。

点検には代車を用意しての1日ものだというので、購入後3年以内なら一度だけ無償でOKだというナビのバージョンアップもお願いしました。

このバージョンが


2017年版の地図データに変換されました。
まぁ遠出しないならあまり意味がありませんが、それでも新しいVerは気持ちいいものです。


それでさっそく春も間近い京都まで往復550キロほどのドライブに出かけました。
目的は先日のニュースで222年ぶりに清水寺の秘仏「大随求菩薩像(だいずいぐぼさつぞう)」が公開されるとあったのでその拝観と、株主優待券があったのでこちらに泊まることです。

神社仏閣や仏像にはそれほど詳しくはありませんが、それでも222年ぶりは気になります。
着いた時間帯は夜間拝観の時間でした。ちょっと寒かったけれど眼下に広がる京都の夜景がきれいでしたね。



スマホのカメラなので画像は粗いですが・・・

翌日はお天気も良かったので大原三千院まで足を延ばしました。


客殿ではお茶席があったので一服頂きました。


そうそうGLCのドライブで気づいたことですが、疲れて眠気が襲ってきたときはディストロニックプラスはOFFにした方が良いということ。。
どうもあの楽ちんモードでは本気で寝てしまいそうになりました(笑)

やっぱり自分のペースでステアリングもきちんと操作したほうがシャキッとしますね。
Posted at 2018/03/11 22:57:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | GLC | 日記
2017年05月31日 イイね!

自分で編んでみた

自分で編んでみたVWJから例のエアバックの交換修理の連絡があったものの、実際の修理着手の連絡はいっこうにないまま徒に時間だけが経ちました。

そんななかでGLCとの2台態勢になってから気になっていたことがありました。

それはステアリングの太さです。

GLCはいわゆるスポーツステアリングで、グリップも太い感じですが、クロスポロのほうはデザインこそスポーティーですが、握りは標準的なもので乗り換えるたびに気になっていました。

ステアリングごとスポーツステアリングに換える手もありますが、冒頭のエアバックの修理待ちの件もあるし、そこまでの設備投資にも踏み切れず迷っていました。

それでAmazonのサイトをウロウロしていたら「自分で編むステアリングカバー」なるものを発見しました。
説明を読んだりYouTubeで調べたりしたところ、ちょっとハードルが高そうでしたが、何と言ってもお値段が2000円と後悔しない範囲です(笑)

現物が届いて確認すると厚みが1.5㎜ほどあり、これだと理想的なグリップ径が出そうだと作業に取りかかりました。


まず一番難しいスポークの根元から編み始めます。
あとから分かったことですが、ここをちゃんとやれるかで完成時の美しさが大きく違います。


いろいろありましたが、2時間なほどかかってようやく3/4を編み上げました。
あっ、写真にも写っていますが作業はショッピングセンターの屋根のある駐車場の片隅をお借りしています。(作業中に喉も乾きますからちゃんと飲み物も買いましたよ)


仕上がりはこんな感じです。細部はちょっと問題な個所もありますが、まあそれも自作ということで納得です。
しっとりとした革のグリップ感と理想の太さが出たのでよしとしましょう。


Posted at 2017/05/31 23:41:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | クロスポロ | クルマ
2017年05月15日 イイね!

アイサイトVer.3とGLC

アイサイトVer.3とGLCGWを避けて中国地方の世界遺産をまわる旅行に出かけてきました。


まずは旧式の特急サンダーバードで大阪を目指します。
新大阪で「のぞみ」で西に向かうと出発から4時間でもう広島駅に到着です。

ホテルに荷物を預けてそのままこちらへ



ちょうど修学旅行の季節なのか学生さんが多かったですね。


そうそう宮島の参道にあった土産物店でアツアツの揚げもみじ饅頭を頂きましたが、
これがなかなか美味しくて次々と売れてましたよ。


そこから高速船で一気に平和公園まで戻ります。


原爆ドームの近くに最近できた「折り鶴タワー」にも寄りました。


見下ろすと旧広島球場が見えました。(狭かったと言われていましたが、ホントに狭い!)


と案内してくれたスタッフの尾根遺産。終了間際だったので解説は独り占め状態でした♪
しかしこの「折り鶴タワー」、帰りのタクシーの運転手さんも言っていましたが、
入場料が@1700円とべらぼうに高い!
飲み物やサービスが付くわけでもないのに上がって降りただけで
2人で3400円にはビックリ!!
この1/3くらいの値段なら入ってみる価値もあるかも。。


広島と言えばもちろん「お好み焼」、ホテルの近くのお店で頂きましたよ♪

ちらっと寄ったスーパーでも

この状態で、お好み焼きのソースだけでコーナーがひとつ成立しています(笑)

翌日は



こちらの「石見銀山」に寄り


そうそう石見銀山では、この「電動アシスト自転車」@700円がマストアイテムですね。
なにしろ坑道の入り口までが歩いたら50分ほどかかります。しかもダラダラ登り(汗)




そしてこちらの「さぎの湯荘」さんに泊まり、翌日は


定番の「足立美術館」をみて帰ってきました。


帰り道の「蒜山高原SA」で飲んだ、この牛乳がこれまた最高でした♪

と、ここまで書いてタイトルの「アイサイトVer.3とGLC」に全く触れていないことに気づきました(笑)

実は広島→島根(安来)→岡山の区間はレンタカー(レヴォーグ)を借りたのですが、市街地、高速などいろいろな状況でアイサイトVer.3を試すことができました。
結論から言うと、GLCに標準装備されているレーダーセフティーPと同等かそれ以上だと思いました。
それ以上という部分はGLCにはない前車発進お知らせ機能があるのですね。長い信号待ちでついうっかりってことはあるかと思いますが、このお知らせ機能は便利ですね。

それ以外は似たような制御をするのですが、レヴォーグのほうがカーブでの車線維持でステアリング介入の程度が強めです。それとGLCのスピード制御は「100km/h」なら鬼のように100km/hを守ろうとしますが、レヴォーグでは概ね99km~101kmの間で変動しているのが、メーカーの差が見えたようで面白いところでした。

今回は試乗レポートというよりオッサンの旅記事がメインになってしまいました(笑)
Posted at 2017/05/15 11:54:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旅行・ドライブ | クルマ

プロフィール

「アウトバーンとBMW Welt http://cvw.jp/b/789910/41937831/
何シテル?   09/12 11:05
ドイツ車の乗り味や道具としての完成度にひかれてつい2台態勢です。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

CASTRADE CSH-U100 シートヒーターキット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/15 22:34:25
知りませんでした 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/19 22:23:44
能登へドライブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/04 23:28:34

お友達

クルマ好きの皆さん情報交換しませんか?
54 人のお友達がいます
クソジジイクソジジイ micheemichee
airhornet(エアーホーネット)airhornet(エアーホーネット) evening_skyevening_sky
lovelylovely ち ょ びち ょ び

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ GLCクラス しろくま1号 (メルセデス・ベンツ GLCクラス)
BMWからMBに浮気しました。またBMWに戻ることになるのかどうか。。
フォルクスワーゲン クロスポロ しろくま2号 (フォルクスワーゲン クロスポロ)
本国では次期クロスポロが発表されたという今頃になって6Rに箱替えしました。
BMW 5シリーズ ツーリング BMW 5シリーズ ツーリング
5シリーズE39セダンの次に手に入れたツーリングです。当時E61ツーリングがすでに世の中 ...
フォルクスワーゲン クロスポロ 元しろくま2号 (フォルクスワーゲン クロスポロ)
嫁車のつもりがほとんど自分で通勤用に使っています。 市街地ではキビキビよく走ります。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.