車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
ニンテンドークラッシックミニを近所のゲオで購入しましたが、
リアルタイムのファミコン世代でありながらファミコンを買わずひたすら
ガンプラ作ってた異端児のため
嗜む程度しかしてないせいか、それとも久しぶりすぎて感が鈍っているのか・・・
亀とキノコへの恨みが募る毎日です。(ノ`△´)ノ ウラー(笑
みなさまゲームは1日一時間。節度をもって遊びましょう。

みなさんこんばんわ
ガンメタ全輝-ZENKI-86乗り
86dogでございます。

今月10日で一度ネッツに引渡し、再調整(外見的な意味で)して帰ってくる予定です。
そして今月の諭吉チャージで必要資金が充填できるので。いよいよ
遅れに遅れていた・・・・・・・

GTリミテッド用のアンダーカバーの取り付けを進めていきたいと思ってます。
いやー、結構時間が掛かりましたね~。予定だともう少し早いはずだったんですが・・・
これで後秘蔵のDIXCELブレーキパッド(純正品消耗次期に交換予定)を
交換すれば86関係のパーツの追加は一通りの終結を迎える予定です。

あ、部品のアップデートについては順次更新があるのが分かり次第。
その効果と費用のほどを考えた上で今後も更新していきますし。
唐突に欲しいパーツが見つかったら衝動に応じて(^.^; 取り付けます。

そして試乗ですが・・・・・すっかり忘れてました。
どうしても今年中に試乗しなければいけない超大物SUVの存在に!!( ̄□ ̄;)!!
その名も・・・・・

FJクルーザー!!( ̄□ ̄;)!!
今年で販売終了ですね。危ない所でした・・・
ランクル・プラドをベースにしたランクル40のリメイクのような車
いつもの

このマークではでは無くあえてTOYOTA表記の本気な車。
パートタイム4WD、にスタックやスリップからの脱出方法をHPにも載せる
本気度

そして最近ではSUVでも記載してあるのが珍しい対地障害角も記載されてる
充実ぶり。
ヤバイ、思ってたより本気だこの車・・・・・・(汗

という事で今年中に試乗してこようと考えています。・・・・山道生きたいな~(おい!!
後最後に・・・・

4WDへの切り替えがレバー式ってのは個人的に重要だと思います。
(ATなのがちょっと残念ですが・・・・・・)

お後が宜しいようで
Posted at 2016/12/04 21:36:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2016年12月01日 イイね!
私が子供の頃というと曜日は違えど、どのチャンネルでも映画を放送してました。
当然のように吹き替え版で今でも、もう一度みたいと思う事があるんですが・・・・
そういう映画(名作、B級以下に関わらず)ってレンタルで置いてあるの、
吹き替え入ってないんですよね(涙
昔の映画はそのイメージで固定されているので出来れば
昔の吹き替えで見たい!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・世知辛い世の中ですね。

みなさんこんばんわ
ガンメタ全輝-ZENKI-86乗り
86dogでございます。

突然ですが、そう見えない事も覚悟で書きますが、私スポーツカー以外でも
クロカンとかRV車とかSUVとかも好きです。
何が好きって、正直このカテゴリーは十数年前に時間が止まったがごとく
みょーな拘りというか好みがありまして・・・・リアにタイヤを背負っていて、
外観がごつく、
バンパーガードと外付けフォグランプな似合う車
(ウインチも可)で好みのデザインはランクル80ってとても古い好みの生き物です・・・・私。

この当たりからランクルがラグジュアリー路線に変わった過渡期的車ですが、
このゴツイバンパー、バンパーガードとフォグランプの似合い様、
個人的にツボでした。
これでショートボディーでもあれば個人的に最高なんですが(笑

さて、ここで最近注目のSUV、C-HRが間も無く発売されますね。

斬新なデザインですね~何でもコンセプトモデルからほとんど変更が
無いのだとか・・・・・・最近色々乗っているので興味がわいて
試乗車でたら乗ってみようと思ってます・・・・・・・・とここでふっと思ってのですが
久しくこのカテゴリー、乗ってねーな・・・・・(笑

最後に乗ったSUVと言うと自分の初代愛車であるRAV4ぶり、

待ち乗りSUVの走りとか言われてますがこれで
金沢の記録的豪雪を乗り切った事もある結構素晴らしい乗り物でした。山道も走ってみましたが
結構面白かったですね。

あの頃から止まってしまった自分のSUV感、色んな車に試乗している今だからこそ
再び乗ってみようと思いました。
何に乗るかは今の所C-HRしか考えてませんが、また色々調べてみようと
思います。
あ、前にも車レビューで書いた事がありますがこの手の車の現最高峰は

こちらのお方で良いと思ってます。(人は選びますが)

以上
お後が宜しいようで
Posted at 2016/12/02 00:20:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2016年11月30日 イイね!
身近にある恐怖・・・・知らずに借りた映画がサメ映画だった・・・
しかも結構面白い・・・・・ば、馬鹿な(゜ロ゜) !!
こういう時ちょっとびっくりします(汗

みなさんこんばんわ

ガンメタ全輝-ZENKI-86乗り
86dogでございます。

(ご不快な内容を含むかもしれませんので読み飛ばして頂いてもかまいません
 あくまで個人の見解です。)

みなさんはご自身が乗る車の排気量って気にしますか?
私は維持費(税金)の関係上2リッター以内という縛りを設けています。

先日ネッツにてダウンサイジングターボについて話をしまして、
その際にクラウンの排気量について話が出ました。
ちょっと今回はこの話について語りたいと思います。
(あくまで個人の感想です)

さてクラウンといえば誰でも知ってるトヨタの看板のような車。
「いつかはクラウン」ってコピーもある位大人にとっては
ある種の目標の様に歌われた次期もありました。(今は知りません)

1955年より販売され現在14代目、実にその年数61年(゜ロ゜) ヒョオォォ!・・・・・
(以前アスリートハイブリッド試乗した時ディーラーの人15代目って言ったのに・・・)
発売日に生まれた子供も還暦になるその販売年数、
まさしく代を重ねた車の代表と言えますね。・・・・・ホントスゲー・・・

そんなクラウンも代を重ねる毎に排気量も上がっていき最初は2リッターにも
満たないエンジンがピーク時には8代目の4リッターってのを上限に
それ以降は基本的には2リッター~3.5リッターの範囲で
エンジンは直列またはV型の6気筒っていうのがここ最近の仕様のようですね。
今でこそ旧セルシオやレクサスとかもっと高排気量な車いますが、
決して低排気量車ではないですね 

とここでクラウンにもこの時勢に逆らえない波がやってきます。それは・・・・
ハイブリッド(2.5リッター直4ハイブリッド)と
ダウンサイジングターボ(2リッター直4インタークーラー付ターボ)
の登場です。まーこのご時勢から考えれば当然の流れですよね、
ですがそれに難色を示す方も当然いる訳でそういう方というのは
いわゆるクラウンを乗り継ぐ方たちで、その中でも排気量至上主義者と言う方たちです。
曰く
「クラウンで直4ターボってしかも2リッターとか無い」
「クラウンで2.5リッターとかしかも直4・・・・」
そして共通している見解が
排気量落ちて性能下がってるじゃないか!!」というものだそうです。・・・・・・・
何か食わず嫌いの子供みたいですね(汗
(あくまで個人の感想です)

とりあえず言いたい事・・・・
2リッター直4のターボに何かご不満が??
(ノ`△´)ノ


・・・・・・・まーちょっと上がる土俵に違いがありすぎますかね(汗
要するに大排気量(パワーがある)小排気量(パワーが無い)って考え方で
大排気量=高出力という考えの方たちです。
クラウンユーザーには結構あるそうで排気量は下がっているだけで「ノー!!」と拒絶反応を示す方
が多いのだとか・・・・・・
ネッツはクラウンは扱ってませんが、お向かいのトヨタ当たりからそういう話を聞くのだとか・・・
確かにクラウンは車両重量約1.6トン、総重量約1.9トン、お世辞にも軽いと言える車ではありません。
そんな車を軽快に走らせようと思えばそれなりのスペックは要って当然ですが・・・・
お父さん!!車のパワー(この場合は運転しやすさと書いた方が適切なのかも・・・)
は排気量で決まるものでも気筒数で決まるものでもありません。
車の動力を気にするならばまず馬力とトルク
特に高回転を回さないならトルクと重量(トルクウェイトレシオ )
当たりを気にしてください。
昨今スーパースポーツと呼ばれるカテゴリーの車でさえダウンサイジングターボ
を搭載する時代、
(ただ奴らの場合、スペックが凄すぎてダウンした気がしませんが・・・・(汗)
もはや排気量や気筒数で優劣を語る時代は終焉を迎えつつあります。
(あくまで個人の感想です)
例えば今度トヨタより出るC-HR

中々人気があるそうで受注も上々だとか・・・・
こちらは1.2リッター直4のダウンサイジングターボ搭載ですがディーラー曰く
1.6リッター相当の性能を有しているとか、馬力は116馬力とあまり高くは無いですが
トルクは18.9kgf・mとオーリスとほぼ同等、まーSUVこそ馬力よりトルクなんで、
何より実際に試乗してみないと分かりませんし、今のSUVに昔のような
悪路走破性を求める物では無いのかも知れません・・・(発売したら試乗します。)

この前興味も手伝って検証のため友人とクラウンの2リッターターボを
試乗してきました。
馬力にして235馬力、トルク35.7kgf・mスペックだけ見てれば決して悪くないですね。
実際6気筒エンジン搭載の3.5リッターは315馬力ありますが、トルクは38.5kgf・m
馬力は80馬力ほど上がってますが、トルクはさほど差がないようにも見れます。
実際2リッターに乗ってみて感じたのはターボの程よい加速感
余裕のあるパワー
特に何の不満の無く1.6トンあまりの重量を扱えますし、
「え?結構ありじゃない??」と思っています。

確かに3.5リッターの方がスペックは上ですし、もっと出力に余裕はあるのかも
知れません。ですが気筒数が減ったとか、排気量が下がったというだけで
「ノー」を突きつける前に一度試乗してみましょう。
世のクラウン好きのお父さんに言いたいです。
(あくまで個人のイメージおよび感想・意見です。よくクラウン買う人は次も
 ほぼ無条件でクラウンを購入すると聞いたもので・・・)

最近色んな車に試乗して私が思ったことはレビューを見るのと話を聞くのと
実際乗るのは大違いだと思います。
昔は・・・・・
「500馬力とか公道で持て余すだけじゃん、エボでも公道で持て余すのに要らない!!」
とか考えていましたが。今ポルシェ、AMG、Mシリーズに試乗して思うのは、
「むしろ出力に余裕があって乗りやすい」だったりしますし、欧州の
ダウンサイジング ホットハッチなんかも排気量を上げずにターボにする事で
余裕ある出力を獲得しています。
(排気量を上げずにターボにして出力を上げる。と言う意味では
 ダウンサイジング・ターボと言えると思います。)
日本と欧州ではダウンサイジング・ターボの意味も使用法もやや異なりますし、
(欧州はとっちかと言うと排気量アップの代わりにターボにして高出力を図る
 日本は排気量を下げた上でターボにして前の排気量相当の車に仕上げる)
日本の場合は欧州よりエコ方向へ振っている上ターボが作動してるかも分からない
様な設定になってますので同列で語れない所もありますが・・・・・
(あくまで個人の感想です。)

要するに「嫌うのは一度乗ってからにしましょう」という言葉を
最後に述べたいと思います。

あ~、そうそうオーリスのダウンサイジングターボ、

個人的には無しの立場です。
だってつまらないんですもん!!
加速感も出力も、しかもそれをそのまま
RSグレード(パッケージ?でMTが選べない)
にしなくても良くない??もっと加速のいいのにしてよ!!
以上、個人とあるディーラーマンの見解でした(笑

お後が宜しいようで

Posted at 2016/11/30 22:26:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | 戯言シリーズ | 日記
2016年11月29日 イイね!
ガソリン式モーター駆動車、それは先駆けか異端児か・・・充電ではなくガソリンを燃料とし発電機と割り切って
電池を充電、モーターで駆動する。
今モーター駆動車の中で考えれば最も現実的な
答えかとは思います。ただエンジンを完全に
車の駆動から切り離してモータ車ができました
ってのに何かしら本末転倒な感じを受けるのは
私だけでしょうか?その是非はともかく終着点に
要るであろうは間違いなく同じ日産のリーフ、
恐らくこれらのシステムは次期型又は今後の改良
でリーフにもフィードバックされる事でしょう。
その時車はガソリンから離れられ、過渡期の亜種
となるのか、それとも結局切れぬものとなり、
スタンダードとなるのか、それは今後の発展次第。
今は見守ることにしたいと思います。
Posted at 2016/11/29 23:27:18 | コメント(1) | レビュー | クルマレビュー
2016年11月29日 イイね!
排気量主義を駆逐するクラウン ダウンサイジングターボモデル以前アスリート「ハイブリッド」には試乗しましたが
今回はある検証のために2リッターターボを
チョイスして試乗しました。
詳細はブログに譲りますが、クラウン乗りには
「排気量」と「気筒数」を気にする人が多いそうで、
(基本は3リッター以上で6気筒)
だからこそどちらも最小の等モデルを選んだ訳ですが
結論は「何も不満は無い」です。
加速も良いし(ハイブリッドよりいいかも)エンジン
特性(ターボ付き)はより「アスリート」らしいと
言えると思います。車重に対してのもたつきも無い
ですし、2.5、3.5リッターは乗ってませんがあえて
「アスリート」を選ぶならこれで良いと思います。
ハイブリットよりちょっと「やんちゃ」なアスリート
個人的には有りですね。
Posted at 2016/11/29 22:37:17 | コメント(0) | レビュー | クルマレビュー
プロフィール
「掃除機のレビューを上げます。私はこれで
昨日のパソコンの機能不全を直しました。
(もちろん車にも使いましたよ(汗)」
何シテル?   12/06 18:03
86dogです。 車と模型(ガンプラ等)と犬をこよなく愛する40手前のオッサンです。 子供の頃父の乗ってたセリカ・リフトバックとその運転で クルマとは...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
ASK / ネッツトヨタ静浜 カーボンレザーサンバイザーカバー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/26 22:56:08
お友達
楽しい集まりがありましたら声をかけて頂けると幸いです。
54 人のお友達がいます
rs-72-86rs-72-86 * 森下68森下68 *
黒&#215;赤黒×赤 * シャネル0912シャネル0912 *
AN-ykkA86AN-ykkA86 * ガス爺@RELOADガス爺@RELOAD
ファン
10 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ 86 86 (トヨタ 86)
現在の愛車です。 FT-86コンセプト時代から気になっていて ランエボ時の失敗をせぬよう ...
トヨタ ヴィッツRS 黒ヴィッツ (トヨタ ヴィッツRS)
過去に乗ってました。 ミッションのヴィッツです。 ランエボを失った悲しみそのままに 駆け ...
三菱 ランサーエボリューションVIII_MR エボ8.5 (三菱 ランサーエボリューションVIII_MR)
昔乗っていました。 性能も値段も維持費も最高でした。 友達に進められるまま知り合いのディ ...
トヨタ RAV4 J RAV4 (トヨタ RAV4 J)
初代愛車です最後の在庫でATしかありませんでした 当事雪国にいたので大変重宝しました。
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.