高級車の代名詞、「ロールス・ロイス」の歴史

2019年12月6日

Rolls Royce

世界で最も高級なクルマとして知られているロールス・ロイス。その絶対的なブランド力は世界中であらゆる人が認めるものです。20世紀初頭に2人の男性の出会いから始まったロールス・ロイスの歴史はすでに100年を超えています。数々の伝説を生んだロールス・ロイスはいかにして生まれ、どんな歴史を刻んできたのでしょう。今回はロールス・ロイスの歴史について紐ときます。

ロールズとロイスの出会い

イギリス初と言われる自動車輸入販売店を営んでいたチャールズ・スチュアート・ロールズは、レースへの出場経験もあるなどクルマ好きとして知られる人物でした。一方電気関連会社を営んでいたフレデリック・ヘンリー・ロイスは自動車に未来を感じ、自動車を開発。その最初のモデルが1.8リットルの2気筒エンジンを搭載する10HPでした。

10HPが完成し、工場から路上に出たのが1904年4月1日。そして、5月に運命の出会いが訪れます。ロイスは10HPに乗ってロンドンへ赴き、自動車販売店を経営するロイズと面会。ロイズは10HPの品質に惚れ込みます。12月にはブランド名を二人の名前をとって、ロールス・ロイスとすることと、そのクルマの独占販売をロールズの経営する自動車販売会社で行うことが契約されます。

試作車から2年後に誕生する伝説的名車

ロールスロイス ゴースト

歴代のロールス・ロイスシリーズのなかでもっとも有名なモデルが「シルバーゴースト」と呼ばれるクルマです。「シルバーゴースト」は1906年に登場する40/50HPと呼ばれたモデルに後から付けられた愛称です。ロールス・ロイスは13台目のシャシーに銀色のオープンボディを架装、ランプや金具類を銀メッキしたうえで「Silver Ghost」のプレートを装着し、2000マイルを走る競技に参戦します。この競技は速度や燃費だけでなく、クルマの信頼性も評価されるもので、走行後のクルマが部品レベルにまで分解され、その摩耗具合などがチェックされました。そうしたチェックでも素晴らしい成績を残しました。

phantom 1935 blue

unique rolls royce

世界大戦と合併、そしてBMW傘下に

ロールス・ロイスもほかの自動車メーカーと同様にモータースポーツで名を上げることに注力しましたが、第一次世界大戦では飛行船用のエンジンを開発します。これをきっかけにロールス・ロイスは航空機エンジンへの参入を果たし、現在でもジェットエンジンなどを製造するに至っています。

第一次世界大戦後の1931年にはベントレーを傘下に収めることになります。第二次世界大戦中は自動車製造をいったん中止し、航空機エンジンに特化する戦時体制となります。戦後にはふたたび自動車製造を開始します。しかし、航空機用ジェットエンジンの開発時の失敗などにより経営が悪化、1971年には国有化されます。

その後、ロールス・ロイスは重工業メーカーのヴィッカーズに売却されます。そしてヴィッカーズはフォルクスワーゲンに売却、その後BMWに売却され現在に至ります。ただしベントレーはフォルクスワーゲンに残り、現在もフォルクスワーゲングループの一員となっています。


(諸星陽一)

乗るに戻る

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

カーライフ 記事カテゴリ

注目タグ

最近見た車

最近見たクルマはありません。

みんカラ+新登場

Drive Concierge
Drive Concierge

中古車販売・買取

ニュース