• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Sousuke(。・ω・)ゞのブログ一覧

2009年09月21日 イイね!

アドオン開発にも構成管理その3 Trac&TortoiseSVN

アドオン開発にも構成管理その3 Trac&TortoiseSVN構成管理1回目で、SubversionクライアントのTortoiseSVNのインストール。
構成管理2回目で、プロジェクト管理ツールのTracLightningのインストールを行いました。

3回目では、Tracにチケット(タスク、バグ)を登録し、TortoiseSVNからコミットしたものとチケットを連携させる為の設定をご説明。




0.事前準備

Trac内のSVNリポジトリを作成しておき、Pドライブにチェックアウトしておきます。
ここでは、FMPというフォルダが、Trac内のプロジェクト=SVNリポジトリと同じ単位に設定しています。


1.TortoiseSVN側Tracチケット連動設定

(0)で準備したSVNリポジトリと連携が取れているフォルダを右クリック。
「Subversion」タグを選択。
「Properties」ボタンを選択。




「New」ボタンを押下。


プロパティを1つずつ選択していきます。
その際、「Apply property recursively」(属性を再帰的に設定する)にチェックを入れます。



bugtraq:label TicketID
bugtraq:logregex    ticket:(\d+)|#(\d+)
              (\d+)
bugtraq:url        http://(Tracのサイト)/trac/(プロジェクト名)/ticket/%BUGID%
bugtraq:message (#%BUGID%)
bugtraq:warnifnoissue true



2.チケット登録

Tracのサイトより「チケットを登録」に入る。
チケットをバグもしくはタスクといて登録します。
開発中ならタスクですね。
タスクは機能単位レベルに追加します。(まあ好きなように)

たとえば、

概要:2足歩行
説明:マルチプレイ時でも負荷なく2足歩行が出来るように。
マイルストーン:1.0αリリース
コンポーネント:RK-92

といった具合で登録。

登録すると、連番で #1というチケット番号が割り振られる。


3.開発
Pドライブ配下のSubversionと連携がとれているフォルダに対して開発を行う。
ここでは、2で作成されたチケット番号 #1の内容に基づき開発を行う。


4.コミット
コミットする場合に、コメント欄の文章中に (#1) と記述しておくと、チケットと連携したコミットが可能になる。

コミット時のコメントに以下のように含ませる。

チケットをクローズさせるとき: (fix #%BUGID%)




追伸:誰か日本人の為だけにARMAのアドオン開発用のTrac,もしくはRedMineでも立ててくれないかな。
資料とかもあるし、タグとかも打っていればすぐ200Mなんて超えてしまうし。
1プロジェクトあたり1Gくらいはほしいな。
Posted at 2009/09/21 16:20:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | ├ SCM | パソコン/インターネット
2009年09月15日 イイね!

アドオン開発にも構成管理 その2

アドオン開発にも構成管理 その2前回、SCMの1つであるSubversionをご紹介しましたが、今回はプロジェクト管理も兼ねた状態でいろんな機能が連携しているTracLightningというものをご紹介。

TracLightningには、SCMのSubversion、Wiki、掲示板、継続的ビルトの為のHudsonが同梱されています。
その他にもプラグインという形で色々機能追加が可能です。


TracLightningのほかにもRedMineなどが人気があるかと思います。

まあ、私の場合一人でアドオン作ってますので正直TracLightningまで導入する意味はまったくありませんが、あとあと公開なども考えて今のうちに構成管理しておこうという魂胆です。
(公開するときには、勉強もかねてRedMineに移るかな)
複数人で開発している場合などにおいて、Hudsonなどを用いて夜間などにビルドを行い、開発メンバーに結果のメールを毎朝配信ということも可能になります。


1.ダウンロード

以下のサイトより、媒体を入手
http://sourceforge.jp/projects/traclight/releases/


2.インストール

1で入手したものをインストール。
とりあえず、Hudson入れていていいよ。(使わなきゃいいだけ)

3.設定
TracLightningは、Apache上で動いていますので、必要に応じて
TracLight\CollabNetSVN\httpd\conf\httpd.conf

あたりをいじりましょう。

デフォルトのポートは80になっています。


Posted at 2009/09/15 23:37:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | ├ SCM | パソコン/インターネット
2009年03月07日 イイね!

アドオン開発にも構成管理 その1

アドオン開発にも構成管理 その1ArmAのミッションやアドオン開発にも構成管理が必要ですなってことで、Subversionを使ってみました。
いつもどおり、趣味と実益を兼ねてのお勉強ですw

Subversionとはなんぞや?という方は、こちらへ。
http://www.thinkit.co.jp/free/article/0611/2/2/

Subversionのサーバーは、無料で100Mまで使えるbeanstalkappを利用しました。

Subversionのクライアントは、TortoiseSVN。
TortoiseSVNの使い方は以下のサイトを参照してみてください。
http://sourceforge.jp/magazine/08/08/29/0550232


今回は、ArmAのミッションやアドオンで利用するファイル類のアスキー・バイナリーの扱いを正しくするための設定です。

TortoiseSVN-[設定(S)]-Suversion設定ファイルの編集ボタンを押下すると、テキストファイルが表示されると思います。

そこに以下のように設定。


### This file configures various client-side behaviors.
###
### The commented-out examples below are intended to demonstrate
### how to use this file.

### Section for authentication and authorization customizations.
[auth]
### Set store-passwords to 'no' to avoid storing passwords in the
### auth/ area of your config directory. It defaults to 'yes'.
### Note that this option only prevents saving of *new* passwords;
### it doesn't invalidate existing passwords. (To do that, remove
### the cache files by hand as described in the Subversion book.)
# store-passwords = no
### Set store-auth-creds to 'no' to avoid storing any subversion
### credentials in the auth/ area of your config directory.
### It defaults to 'yes'. Note that this option only prevents
### saving of *new* credentials; it doesn't invalidate existing
### caches. (To do that, remove the cache files by hand.)
# store-auth-creds = no

### Section for configuring external helper applications.
[helpers]
### Set editor to the command used to invoke your text editor.
### This will override the environment variables that Subversion
### examines by default to find this information ($EDITOR,
### et al).
# editor-cmd = editor (vi, emacs, notepad, etc.)
### Set diff-cmd to the absolute path of your 'diff' program.
### This will override the compile-time default, which is to use
### Subversion's internal diff implementation.
# diff-cmd = diff_program (diff, gdiff, etc.)
### Set diff3-cmd to the absolute path of your 'diff3' program.
### This will override the compile-time default, which is to use
### Subversion's internal diff3 implementation.
# diff3-cmd = diff3_program (diff3, gdiff3, etc.)
### Set diff3-has-program-arg to 'true' or 'yes' if your 'diff3'
### program accepts the '--diff-program' option.
# diff3-has-program-arg = [true | false]
### Set merge-tool-cmd to the command used to invoke your external
### merging tool of choice. Subversion will pass 4 arguments to
### the specified command: base theirs mine merged
# merge-tool-cmd = merge_command

### Section for configuring tunnel agents.
[tunnels]
### Configure svn protocol tunnel schemes here. By default, only
### the 'ssh' scheme is defined. You can define other schemes to
### be used with 'svn+scheme://hostname/path' URLs. A scheme
### definition is simply a command, optionally prefixed by an
### environment variable name which can override the command if it
### is defined. The command (or environment variable) may contain
### arguments, using standard shell quoting for arguments with
### spaces. The command will be invoked as:
### svnserve -t
### (If the URL includes a username, then the hostname will be
### passed to the tunnel agent as @.) If the
### built-in ssh scheme were not predefined, it could be defined
### as:
# ssh = $SVN_SSH ssh
### If you wanted to define a new 'rsh' scheme, to be used with
### 'svn+rsh:' URLs, you could do so as follows:
# rsh = rsh
### Or, if you wanted to specify a full path and arguments:
# rsh = /path/to/rsh -l myusername
### On Windows, if you are specifying a full path to a command,
### use a forward slash (/) or a paired backslash (\\) as the
### path separator. A single backslash will be treated as an
### escape for the following character.

### Section for configuring miscelleneous Subversion options.
[miscellany]
### Set global-ignores to a set of whitespace-delimited globs
### which Subversion will ignore in its 'status' output, and
### while importing or adding files and directories.
### '*' matches leading dots, e.g. '*.rej' matches '.foo.rej'.
# global-ignores = *.o *.lo *.la *.al .libs *.so *.so.[0-9]* *.a *.pyc *.pyo
# *.rej *~ #*# .#* .*.swp .DS_Store
### Set log-encoding to the default encoding for log messages
# log-encoding = latin1
### Set use-commit-times to make checkout/update/switch/revert
### put last-committed timestamps on every file touched.
# use-commit-times = yes
### Set no-unlock to prevent 'svn commit' from automatically
### releasing locks on files.
# no-unlock = yes
### Set mime-types-file to a MIME type registry file, used to
### provide hints to Subversion's MIME type auto-detection
### algorithm.
# mime-types-file = /path/to/mime.types
### Set preserved-conflict-file-exts to a whitespace-delimited
### list of patterns matching file extensions which should be
### preserved in generated conflict file names. By default,
### conflict files use custom extensions.
# preserved-conflict-file-exts = doc ppt xls od?
### Set enable-auto-props to 'yes' to enable automatic properties
### for 'svn add' and 'svn import', it defaults to 'no'.
### Automatic properties are defined in the section 'auto-props'.
enable-auto-props = yes
### Set interactive-conflicts to 'no' to disable interactive
### conflict resolution prompting. It defaults to 'yes'.
# interactive-conflicts = no

### Section for configuring automatic properties.
[auto-props]
### The format of the entries is:
### file-name-pattern = propname[=value][;propname[=value]...]
### The file-name-pattern can contain wildcards (such as '*' and
### '?'). All entries which match (case-insensitively) will be
### applied to the file. Note that auto-props functionality
### must be enabled, which is typically done by setting the
### 'enable-auto-props' option.
# *.c = svn:eol-style=native
# *.cpp = svn:eol-style=native
# *.h = svn:eol-style=native
# *.dsp = svn:eol-style=CRLF
# *.dsw = svn:eol-style=CRLF
# *.sh = svn:eol-style=native;svn:executable
# *.txt = svn:eol-style=native
# *.png = svn:mime-type=image/png
# *.jpg = svn:mime-type=image/jpeg
# Makefile = svn:eol-style=native

*.sh = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/x-sh; svn:executable
*.php = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/x-php
*.pl = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/x-perl; svn:executable
*.pm = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/x-perl
*.py = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/x-python; svn:executable

# Image formats
*.bmp = svn:mime-type=image/bmp
*.gif = svn:mime-type=image/gif
*.ico = svn:mime-type=image/ico
*.jpeg = svn:mime-type=image/jpeg
*.jpg = svn:mime-type=image/jpeg
*.png = svn:mime-type=image/png
*.tif = svn:mime-type=image/tiff
*.tiff = svn:mime-type=image/tiff

# Data formats
*.pdf = svn:mime-type=application/pdf
*.avi = svn:mime-type=video/avi
*.doc = svn:mime-type=application/msword
*.eps = svn:mime-type=application/postscript
*.gz = svn:mime-type=application/gzip
*.mov = svn:mime-type=video/quicktime
*.mp3 = svn:mime-type=audio/mpeg
*.ppt = svn:mime-type=application/vnd.ms-powerpoint
*.ps = svn:mime-type=application/postscript
*.psd = svn:mime-type=application/photoshop
*.rdf = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id
*.rss = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id
*.rtf = svn:mime-type=text/rtf
*.swf = svn:mime-type=application/x-shockwave-flash
*.tgz = svn:mime-type=application/gzip
*.xls = svn:mime-type=application/vnd.ms-excel
*.zip = svn:mime-type=application/zip

# Text formats
.ht* = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
*.htm* = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/html
*.css = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/css
*.js = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/javascript
*.dtd = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/xml
*.xhtml = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/html
*.ini = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
*.sql = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/x-sql
*.txt = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
*.xml = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/xml
CHANGES = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
COPYING = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
INSTALL = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
Makefile* = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
README = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
TODO = svn:eol-style=LF; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain

# ArmA formats
*.fbx = svn:mime-type=application/octet-stream
*.mqo = svn:mime-type=application/octet-stream
*.p3d = svn:mime-type=application/octet-stream
*.3ds = svn:mime-type=application/octet-stream
*.obj = svn:mime-type=application/octet-stream
*.paa = svn:mime-type=application/octet-stream
*.pac = svn:mime-type=application/octet-stream
*.mtl = svn:mime-type=application/octet-stream
*.ogg = svn:mime-type=application/ogg
*.wav = svn:mime-type=audio/wav
*.ArmAProfile = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
*.sqm = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
*.ext = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
*.h = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
*.rvmat = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
*.hpp = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
*.cpp = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
*.cfg = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
*.sqs = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain
*.sqf = svn:eol-style=native; svn:keywords=Id Date Revision Author; svn:mime-type=text/plain


上記の設定を確認後。

構成管理を行いたいフォルダを選択し、右クリック。
TortoiseSVN-[インポート(I)]を選択


新規追加などのメッセージをつけて、インポートしましょう。


今回の設定を行うことで、正しくMIMEタイプを読み取ることが可能になります。
Posted at 2009/03/07 20:17:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | ├ SCM | パソコン/インターネット

プロフィール

「ROスマホ版出るよ~」
何シテル?   06/04 12:35
■ペット ネイチャーアクアリウムにハマって、熱帯魚買っています。 60cm水槽と30cm水槽あります。 ■ゲーム 「ARMA3」や「MikuMikuDa...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ボンネット内デッドニング!準備編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/08 21:24:21
ボンネット内デッドニング! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/08 21:23:17
ノイズレデューサー施工(リヤタイヤハウス編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/02 20:55:54

愛車一覧

ダイハツ タントエグゼカスタム ダイハツ タントエグゼカスタム
今日決めてきました。 燃費もよくなったので、楽しみです。 主に通勤用として使います
その他 その他 その他 その他
Roland のV-Drum TD-12KX-Sです。 Girls Dead Monst ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
WRC1995年 ニュージーランドラリーのユハ・カンクネン仕様です。 カーナンバー(K- ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
学生時代に乗っていた車です。 写真は、第1回鈴鹿ワールドラリーフェスタ時のものです。 ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.