• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ザウルスマニアのブログ一覧

2018年09月22日 イイね!

まさかの8月Car's&Coffee

まさかの8月Car's&Coffee
九州一周ドライブ旅行のコース見直し等の準備や、長期の九州一周ドライブ旅行と帰名後のブログアップしていたら、他のデータはほかりっぱなしで、気づいたら、まだ8月のCar's&Coffee のデータが残っていたので、簡単に写真中心にアップしたいと思います。

8月は暑かったせいか、気になる珍しい旧車はほとんどいなかったので、写真自体も少ないので、時間がありましたらチラッと見てください。
alt 

alt 

alt 

alt 

alt 

流石に招待されたであろう車は珍しい車も入っている。
alt 

alt 

alt 

alt 

最近流行っている色なのかな?
alt 

alt 

alt

写真の枚数を見ていただいて分かる通り、気になる車は本当に少なかったですが、今年の夏前半の猛暑ぶりから考えて、当然の結果だったように思います。 
Posted at 2018/09/22 18:12:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | Car's&Coffee | 日記
2018年09月19日 イイね!

九州ドライブ旅行8日目から9日目(新門司港の名門大洋フェリーふ頭から帰宅まで)

九州ドライブ旅行8日目から9日目(新門司港の名門大洋フェリーふ頭から帰宅まで)いよいよ九州を離れるために新門司港の名門大洋フェリーふ頭に、5時半過ぎに到着した。
到着限度に近い時間に着いたのに、まだ到着台数は少なく、かなり前の方で乗船することになる。

alt

alt

帰りの船は新造して間も無いもので、揺れを防ぐために泡を出して、泡の上を航行するシステムがあると到着車両をチェックしているおじさんに教えてもらいました。

前日に台風通過したばかりで、外海からウネリが入っている時の揺れが防げることが期待できた。 
alt

alt

大阪南港では、チェックインカウンターの施設には行かなかったが、新門司港でもネットで申し込んでるので行かなくても良いが、トイレを借りがてら行ってみた。
alt

ネットで申し込みはいっぱいだったので、ここに並んでいるのは車無しでの乗船手続きの方たちだと思われる。
alt  

6時少し過ぎた辺りで乗船できた。
まず今夜のベットを確認するために部屋に行き、場所の確認をした。
alt

いわゆるカプセルホテルのような形になっている。
前日乗る予定だった船では、ファーストS(シングルルーム)だったが、台風でスライドしたこともあるのか、このツーリストしか空きが無くなってしまっていた。
そのおかげで18,040円だった料金が、15,610円になったので、2,500円近く安く帰って来られた。
出港までも、レストランスタートまでもまだ時間があるので、船内を見学してくる。
alt

alt    

船内ロビーは白を基調としたインテリアで、行きの船より広い(当然ですが、行きは9,800t、帰りは15,000tなので当然大きさが違う)。
alt

alt  

alt 

alt 

alt 

alt 

alt 

このスロープで乗船する。
alt 

ここで、長距離フェリーの気を付けること。
フェリーは出航すると、安全のために車のデッキは完全に施錠されて、車に全く行くことができなくなるので忘れ物をしないように準備してください。
私は今回のフェリー旅行で、往復失敗しました。
まず行きは、船に乗ってから船内に持ち込むものを揃えて持って行ったんですが、パジャマのズボンと思って持ったものは、Tシャツの上に羽織るように持ってきたシャツを入れてきてしまったので、仕方なくGパンのまま寝ることに、帰りは、乗船前のヤードで、時間があるからと持つ込む用の荷物を詰め込んだんですが、なんとスマホの充電コードを忘れ、バッテリーが切れそうでコイン充電気を使ったんですが、一回で20%ほどしか充電できず、2階も充電してハラハラして使っていました。
船上では、電波が弱いので電波探知が頻繁で電気を一杯食うので注意です。
レストランが開いたので、早速夕食を食べる。
alt 

第1便とは少しメニューが違います。
遅い出発で、すぐ真っ暗な海の上を進んでいくので、船外の写真は撮りにくいです。
alt

スマホの電気も心配なので、風呂に入ってさっさと寝てしまいました。
四国の佐田岬沖を取る時、ウネリが入っているせいか、行きより船が揺れていました。
翌朝の朝食は、第1便は夕食をレストランで食べると食券がもらえますが、第2便は長足も有料ですし、第1便より高いです。
alt 

朝食時間には、鳴門大橋を抜けて行くんですが、ここもウネリが入って来ていて、かなり揺れました。
台風の翌日でこのウネリだとすると前日はもっと揺れたんだろうなぁって想像しちゃいました。
alt 

大阪南港に到着して下船する時に、窓がかなり潮で汚れていましたが、前日欠航した後、台風通過後トラックやキャリヤだけ載せて、新門司港に来たそうですから、その時かなり水しぶきを浴びたんじゃないのかなと思いました。
alt 

下船すると、名古屋まで戻るだけですが、今日と近くで遭遇したフェラーリと走りましたが、結構混んでる地域で、フェラーリも走りにくそうでした。
alt 

alt 

土山PAで、隣にSHINKIバスの横に停まりました。
そういえばこれは姫路のバスなので、オアシスミーティングの前日、姫路城近くで遭遇してたのを思い出した。
alt 

この時丁度キリ番もゲットした。
alt 

高速走行中にはキリ番逃すことが多いが、今回は偶然手に入れることができた。
もうこの時126、000kmでしたが、いまはもう127,000km超してしまっています。

長い長い九州一周ドライブ旅行のブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。


Posted at 2018/09/19 23:45:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | 一人旅 | 日記
2018年09月18日 イイね!

九州ドライブ旅行8日目(宮地嶽神社から門司港レトロ建物街)

九州ドライブ旅行8日目(宮地嶽神社から門司港レトロ建物街)
 九州一周の最初の日、宗像大社のあとに寄ろうと計画していて、かなり計画が押して来ていたので寄るのをあきらめていた宮地嶽神社に寄ることができました。

旅行案内誌の中での宮地嶽神宮は、出雲大社よりも大きなしめ縄がすごいという点が紹介されていました。

向かう道すがら、どんなしめ縄なんだろうという期待で走って行きました。
alt 

この案内看板を見つけて右にある鳥居の所から入るのかと思ったら、鳥居の横に手前にある駐車場に停めるように指示が書いてあるので、少し戻って大駐車場に停めて指示に従ってこの看板のある所に戻ってきた。
alt 

alt 

この階段を上がって後ろを振り返ると、見たことのある風景に遭遇します。
宮地嶽神社に入ったことはありませんが、見たことがあります。
alt 

これは、CMのJALの先特 光の道と言うもので紹介されていました。
年に数日しか見れないですし、海まで続く直線の道路を夕日が一直線に入ってくるものですが、当然時期にも時間にも違うのでここに飾ってある写真を撮って来ました。
alt 

ここで自撮りしていると、九州や山口の気になるスポットを行きまくっているおじさんが、ッここに来る人に話しかけて、「ここには行って来た?」っていろいろ観光スポットを紹介してくれていたんですが、光の道ポイントの記念撮影に協力してくれました。
alt 

おじさんに別れを告げて、境内に入って行くと、天満宮のように牛が鎮座しています。
alt 

alt 

ここからでっかいしめ縄が見えてきます。
alt 

山門もしめ縄同様巨大です。
alt 

alt 

alt 

alt 

屋根が落ちそうなくらいの大きなしめ縄です。
alt 

alt

alt  

alt 

alt 

戻りながら、また1枚山門越しの写真も撮って来ました。
帰りにまたしっかり表参道を撮って来ました。
alt 

alt 

alt 

ここを出て、最後の見学地の門司港レトロ建物街に向かいます。
門司港に残った、古い街並みを見ることができます。
駐車場も古い建物(倉庫跡らしい)の内側にありますが、屋根は有りません。
alt 

この駐車場から、時間が押してきているのでテキパキと見て周ります。
alt 

alt 

alt 

alt 

alt 

alt 

alt 

alt 

alt 

alt 

alt 

外輪船も停まっています。
遠くに見えるのは関門橋です。
alt 

このクラシックな街並みの中に不釣り合いなタワーマンションがそびえています。
駐車場に戻る時、もうずいぶん日が暮れ始めて夕陽が歴史的な建物をシルエットにしてくれます。
alt 

新門司港の名門大洋フェリーのフェリーふ頭に向かいます。
19時50分出航ですが、出航2時間前には来て欲しいということで移動を開始します。
実際には、その時間に遅れる車もありました。
Posted at 2018/09/18 19:10:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 一人旅 | 日記
2018年09月17日 イイね!

九州ドライブ旅行8日目(太宰府天満宮)

九州ドライブ旅行8日目(太宰府天満宮)
太宰府天満宮近くの屋根付き駐車場からすぐ近くの入り口から入ると、すぐそこに太宰府天満宮のご神木の大楠があります。
alt

alt  

alt 

alt 

側面の門から入ったところには、本殿の側面でしたので、参拝は正面から入ろうとすぐに本殿に行けそうでしたが、遠くを周ることにしました。
alt 

alt

alt  

 

alt 

alt 

alt 

alt 

alt 

alt


alt 

alt


本殿右側には有名な「飛梅」があるんですが、綺麗に丸くなっています。
梅の木は、元気が良いと普通一年に1~1.5mほども枝が伸びるんですが、この木はそんなに伸びていませんでした。

alt 

alt 

alt 

alt 

この鳥居を出たところから、表参道です。
今回の目的の一つの、スターバックス太宰府天満宮表参道店に向かいます。
alt 

alt 

alt 

alt 

alt 

alt 

このスターバックスは、隈 研吾さんの設計ということで、インスタ映えスポットとして有名で、若い女性がたくさん来店していました。
少し休憩して、昼食目的の一蘭大宰府参道店に向かいました。
alt 

一蘭は、太宰府駅前にあります。
alt 

alt 

alt 

五画ラーメンを食べて駐車場に戻ります。
alt 

太宰府天満宮なので、当然牛がいました。
太宰府天満宮を出て、九州に着いた日の宗像大社のあとに行こうとしていながら時間不足でカットした宮地嶽神社に向かいます。
ここからは次に続きます。

Posted at 2018/09/17 21:48:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 一人旅 | 日記
2018年09月16日 イイね!

九州ドライブ旅行8日目(天ケ瀬温泉から太宰府天満宮までの道)

九州ドライブ旅行8日目(天ケ瀬温泉から太宰府天満宮までの道)
台風で延期したことで九州での最終日となった8日目に入りました。

宿の前の混浴露天風呂(神田湯《じんでんゆ》)にはお湯がいっぱい入っていましたが、流石に出発前には入れませんでした。
alt

alt  

alt 

alt 

前日は夕方雨が降っていたが、雲は多いものの雨は降っていない。
alt 

朝食を食べてボチボチ出発です。
最後の1日が2日に伸びたので、行動がついついのんびりしてしまう。
alt 

昨日は雨で宿の写真を撮り忘れた。
alt 

今日の一つ目の目的地の太宰府天満宮に向かいます。
途中のPAのトイレで、「さすが九州!」っていう感じのデッカイ蛾を見つけて、思わずパチリ!
alt 

太宰府天満宮に着いて、天満宮の駐車場に行こうとしたら、屋根付き駐車場があったので入り口は近いのか分からなかったのですが日差しがきついので戻った時の快適さを期待してそこに決めました。
alt  

alt

公共の太宰府天満宮駐車場は3時間500円だそうですが、ここは大体3時間でと言うアバウトさで400円なので良い所を見つけることができました。
太宰府天満宮に着いたのでこのまま太宰府天満宮に行きたいんですが、物凄く写真が多くなってしまうので次回に延ばします。 
Posted at 2018/09/16 22:43:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 一人旅 | 日記

プロフィール

「まさかの8月Car's&Coffee http://cvw.jp/b/1945753/41975242/
何シテル?   09/22 18:12
 ザウルスマニアです。  大学生のころ試乗したMGミジェットやMG-Bから受けたオープンカーの衝撃をずっと秘めてきましたが、9年前に日本を代表するライトウ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

2018.3CGクラブミーティング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/26 10:42:39
治部坂もみじまつり 2017 クラッシックカー展示参加のお願い 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 00:44:18
治部坂もみじまつり 2016 クラッシックカー展示参加のお願い 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/18 00:29:06

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
マツダ ロードスター(NCEC RHT RS プレステージエディション)に乗っています。 ...
ホンダ その他 (バイク) DAX (ホンダ その他 (バイク))
昭和57年に購入し、長い間コンクリート製の車庫の奥に眠っていたホンダ アメリカンDAX  ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.