• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ザンジー@KEIのブログ一覧

2016年10月31日 イイね!

ある日のお買い物。

ある時。

知人より、山梨県の某・ワイナリーで、ワインになる前の、微発泡葡萄ジュースが絶品で、それを格安で出飲むことができる・・・!

との情報をGET。




妻に話したら、「じゃ、買いに行こう」となり、



東京都から、山梨県甲州市と勝沼町の境目にある、
『シャトー・ルミエール』へ行ってきました♪



ボジョレーヌーヴォー解禁前だし、まだ新酒騒ぎもあるまいとタカをくくり、混雑する前にと出かけたつもりだったのですが・・・



新酒祭りで、観光バスも入ってきていました。(笑)

ただ当初より、例の「微発泡葡萄ジュース」が目的ですから、それらの人混みを避けて、レストラン兼売店のある、『シャトールミエール・ゼルコバ』



に、直行。

当初からの目的であった、ジュースを探し求めたのでした。



しかし・・・「当たり前」なのですが、微発泡ということは、アルコールが発生している訳なので、私はありつけるはずもなく。



超格安の極上ドリンクを、妻が美味しそうに飲む様を間近で眺める事しか、できませんでした。
しかも、現地で購入、お持ち帰りも叶わず。
完全にオアズケ!(´Д`)



仕方なく、店内を物色。



しかしまぁ、多くの賞に彩られた歴史あるワイナリーだけあって、魅力を感じるワインそのものも、沢山あり、



妻も、例のドリンクを数杯飲んで気を良くしたか、



予定外の買い物を、してしまいました。

新酒のイベント日だからか、生演奏を奏でるミュージシャンも居て、気分は最高潮。
そのあと押しはとても大きく、ワイン購入にとどまらず、予約も入れていないレストラン『ゼルコバ』に、急遽当日予約を入れて、



待つこと30分余り。。

軽めのコースを、頂いてきました♪



これまた、生演奏を聴きながらの、贅沢な時間。。



私達は幸い、当日利用することができた『ゼルコバ』、週末は予約で埋まることが多いそうで・・・それもそのはず。地元のお偉いさん(?)とか、芸能人(辰巳拓郎さん)が来ていたりして。
(写真は撮っていません。プライバシー保護のため。(^^;))
それはそれは、この日、盛況でした。(;'∀')



この日は日帰りでしたが、こんな散財をしたのも、実は、妻の「一周年記念」があったから。

もう間もなく、妻が大病を克服してから1周年経つのです。

大きな旅行を何度もしていて、何だか大病後、随分時間が経っているかのような錯覚をしていたのですが、まだ1年に満たないだなんて。



そんな話も交えながら、このお買い物旅も、充実した時間を過ごすことができたのでした。





昼食後、山間部で地物の食材を買って帰ろうとなり、山梨県小菅村の道の駅に立ち寄ったのですが、何だかイベントをしていて、



人出が結構あったらしく、ほとんどの食材が完売状態。(笑)



ま、でも、こんなのも、予定もせずフラッと出かけたからこその思い出。(笑)

当然の事、山梨県からは、下道で帰りました。



そうそう。



例の『微発泡葡萄ジュース』は、完全な期間限定で、妻が数杯楽しんだ挙句、この日の内に完売(今シーズン分完売)した事は、ここだけのお話としておきます・・・。





おしまい。




Posted at 2016/10/31 21:04:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月16日 イイね!

北海道から内地への帰還。後編

北海道から内地への帰還。後編想い出は想い出として。



後を引かぬつもりで、北海道から本州に戻った私達。



走馬灯のように景色はどんどん変わり、



北海道の雨と曇りの空を



青森県大間町にまで引っ張って、



勢いで陸奥湾に出て、



山深い県道を通り、三途の川を越えて、



恐山への再訪を果たしたのでした。



厚い雲はそれはそれで幻想的で、硫黄の匂いも相まって、霊山らしい深い時間を過ごすことが出来たのでした。

そして今回の旅は、本当の最終章へ・・・?





詳しくは、
「開拓の地・北海道から内地へ。(青森県むつ市・恐山~帰路)」
(↑をクリック)をご覧ください。





恐らく皆さんもこの宿坊に泊まったのなら、恐山特有の重い硫黄の匂いが寝ている間も包まれるため、多分、恐山宿坊独特の深い印象を五感総てで感じることが出来るでしょう。
何とも不思議な感覚で、朝を迎えました。



朝は説法を聞くなどお勤めがありますが、早起きして、境内を散策へ。
まだ開門する前の僅かな時間、幻想的な恐山の一面を見てきました。



絶対に写真などでは伝わらない、仏様がすぐそこにいるような情景。
これまでも沢山の人に、そういった一瞬を見せてきているのでしょうね。





さて。
朝のお勤めと、皆での朝食を終え、解散。
気が付けば雲は晴れ始め、また別の顔を見せてくれていました。



雨、曇り、濃霧、晴れ。
とても貴重な体験をしたと思っています。



鏡のような湖。
美しいの一言しか出ませんでした。



様々な表情を持つのも、ここの素晴らしさ。
また遠からず、参拝しに来たいと思います。。




ここで、車ネタ。

この車のオーナーと、お近づきになりました。
カッコいいですね~フィアット500F(NUOVA500)
『ルパン三世・カリオストロの城』でのルパンの愛車☆



名古屋の方で、これで東北旅行。
しかも雨の降る中林道を抜けて、恐山入りしたのだとか!!
旅のスタイルが似ているので、話が盛り上がりました。(笑)
いつかまたどこかで、お会いできるような気がしています。

ぜひ頑張って維持していただきたいものです。
私もいつか似たようなことを・・・してみたいもんだ。(;'∀')





さて、恐山を離れ、南下。



高速を乗って、一気に東京都へ!

・・・と思ったんだけど、天気の良さに気分良くして



八甲田山、奥入瀬渓流もドライブだ!



水量多くて、豪快! でも爽快!



EVOQUEも、心なしか嬉しそう。
マイナスイオン全開の、素晴らしい道。



何度来ても美しい。
今度は泊りで来たいもんです。(;´∀`)



で、気が付けば十和田湖一周。

そして、秋田県入り。(爆)



いっそのこと、下道で東京都まで無双かまそうかと(次の日は日曜日でした)思いましたが、余裕を持っての旅が今回のコンセプトだったので、大暴れも、ここまで。( `ー´)ノ



東京~青森~北海道(道南)~青森~秋田の旅は、ここで終わりを迎えたのでした。





高速乗っちゃうとアッと言う間。
北海道も、遠くはないね。(笑)



自宅到着。

出発時:51,379km
到着時:54,311km

ま、こんなもんでしょ。(´▽`)



またとない、素晴らしい想い出になりました♪

次は、どこに行こうかな~。








おしまい。



Posted at 2016/10/16 10:39:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月12日 イイね!

北海道から内地への帰還。前編

北海道から内地への帰還。前編開拓の地、北海道。


珠玉の思い出の数々。


その時間を、一瞬だけ振りかえり。。




雨男の私の、奇跡的な天候による恩恵は計り知れず。



ただただ、美しい思い出を胸に。



内地への帰還へ・・・。
でも、まだ旅はつづく。。





詳しくは、
「開拓の地・北海道から、内地へ。(北海道函館市~青森県むつ市・恐山)」
(↑をクリック)をご覧ください。





冷たい雨の、北海道の函館港からの出発。
雨のお陰で、北海道を振り返ることもあまりなく、揺れる船内で酔う前に、軽く仮眠。(笑)

気が付けば下船の放送。
あっと言う間の、北海道~青森間です。



実は、帰りは青森港ではなく、大間港。
そこから、恐山を目指します。





本州上陸後、儀式として、本州最北端の地碑で、撮影会。(笑)



当然その後は、早目のお昼として、大間のマグロ丼を頂いてきました♪





早目の昼食後、日本三大霊場・恐山へ移動開始。

しかし、予定していた険道(県道284号線)は、折からの大雨で土砂崩れによる通行止め。
仕方なく、陸奥湾に抜けて、北上するコース(県道46号~国道338号へ)を採用。



峠で大雨に見舞われた以外は、重い曇り空の中ででも、快適ドライブ♪



途中、こんなところでワインをGET。
(サンマモルワイナリー)

恐山に近づくにつれ、その霊場たる雰囲気や、前回来た時の想い出が交錯。



北海道も楽しいけど、青森県も楽しいね。(;'∀')

前愛車・CR-Vでの想い出の場所で、現愛車・EVOQUEの撮影。



ん。 いいね!
(親バカですいません)





程なくして「三途の川」を渡り、霊場「恐山」に到着。



以前来た時と変わらない、何か物悲しさを感じさせる地。



霊場の門が締まる直前まで、境内を散策。
歩き疲れても足が止まらない、実に不思議な場所です。



この夜は、恐山境内の宿坊でお世話になりました。





その日の夕食。



宿坊だけに、食前に合掌し、宿泊者全員でまとまって、いただきました。















動物性たんぱく質は、一切なし。

盛り方美しく、味わい良く、しっかり噛んで食べたので、けっこうお腹に溜まりました。(*‘∀‘)
当然食後も、宿泊者全員で合掌し、解散。





ナイトスポットへ。



などではなく、恐山境内の温泉へ、イソイソと出発♪



参拝客の去った静かな温泉小屋は、実に心地よく・・・。
宿泊客も少なかったので、宿泊客同士でも重なることは稀でした。



強烈で濃厚な硫黄泉のため、長湯できる泉質ではありませんでしたが、深い硫黄臭を感じながらの入湯は、北海道長万部町・二股らぢうむ温泉の濃厚さとまた違い、これまでの心身の垢を落としてくれるような極上の時間を得ることが出来たのでした。。








つづく。


Posted at 2016/10/12 21:54:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月09日 イイね!

開拓の地、北海道へ。後編2

開拓の地、北海道へ。後編2旅好き、特にドライブ好きの方は、ご理解いただけると思うのですが・・・。


思い付きではなく、「予定」していた旅に出かけた時、道が空いていて、目的地に行楽客が少なく、天気も最高に良いなんて幸運は、そうそうありませんよね。





マニアックな林道や酷道・険道・腐道などは別として、今回はそんな状態続き。



だから、奥尻島とニセコでの一日は、今でも夢に見ます。



余市町からニセコ・羊蹄山(倶知安・京極含む)へ。
暮れゆく山並みと、時折やってくるローカル列車を眺めながらのバーベキュー。



出来過ぎたドラマのような旅は、後編の後半部分へ☆



詳しくは、
「開拓の地、北海道へ。(ニセコ町~長万部町~函館港)」
(↑をクリック)をご覧ください。







翌朝。

朝の気温、5℃。



朝焼けを背にする羊蹄山は、感動的なレベル。
このニセコ界隈も、感動の連続でした。



宿を出て、倶知安ニセコ線(道道58号)を流したのですが、この日はノープランだったので、思わずもう一度、日本海側の『宿題』をしに、某所へ!



岩内町に戻って、一度日本海側に戻り、



「磯谷牧場跡地」からの羊蹄山をガッツリ拝むため、再来!!

が、しかし・・・



この日は、どんどん雲が厚くなる様相。
再訪したけど、残念ながら、昨日よりも少し見晴らしがよかっただけ。

まぁ、仕方ない。(笑)



憂さ晴らしに、ウニはシーズンオフだから牡蠣を満喫し、



再び内陸へ!
島牧村の「月越高原」(道道523)、なかなかよい道でした♪



ときおり開ける牧歌的な風景は、北海道らしく、癒されます。。



そしてこの日唯一の『予定』であった場所へ、さらにドライブ!



長万部町の「二股らぢうむ温泉」。
世界最高濃度のカルシウム泉。
肌ざわり、ザラザラレベルで硫黄臭・・・最高!( `ー´)ノ



露天!
混浴!



湯に浮いているのは、カルシウム。(^^;
掬って肌にすり込めるくらい、濃い感じで浮いています。



混浴って、最近マナー悪い人多い?
この温泉特有なのか分からないけど。
楽しい空間は、楽しく共有しないとね。
泉質が極上なだけに、長万部の宝として育ってほしいものです。

大切だから2度言うけど、泉質は極上!
宿の対応は微妙。
でも「湯治」「療養」と割り切れば、すごい温泉でしたよ。(^^



北海道最後の夜は、雨音を聞きながらの入湯。

そして翌朝も、やや強めの雨音を聞きながらの入湯。



ジワジワ発汗し、効果をジンジン感じながら、翌朝早々と出立。
雨降る中、長万部から函館まで高速道でワープし、9:30のフェリーへ。



あえて少なめの日程で、北海道を後にする私達。

本当に素晴らしい、道南の旅でした。

最後が雨だったから、振り返る間もなく、追われるようにフェリーに乗り込めたのが、ある意味幸いだったかも。

これで晴れていたら、フェリーの時間に間に合わなかったかもしれないから。(笑)





つづく。


Posted at 2016/10/09 07:01:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月07日 イイね!

開拓の地、北海道へ。後編1

開拓の地、北海道へ。後編1PC不調で買換えの危機に陥っていて、更新が遅れています。
キーの一部が反応しない&変な文字が入力されちゃう等々、困り果てています。

と、まぁ愚痴は置いといて。





素晴らしく美しかった奥尻島を離れ、



北海道本土に戻り、やや曇りがちながらも



極上のエリアを満喫している旅は、後編へ。(笑)



詳しくは
「開拓の地、北海道へ再び。(積丹町~ニセコ町)」
(↑をクリック)をご覧ください。





積丹半島、神威岬と積丹岬の中間地点での、朝。



曇りがちだった昨日と比べ、朝焼けも美しい、晴れ間が見える天気。

大幅に回復することを念じながら、再び出発。





神威岬を諦めて、積丹岬の島武意海岸で、名称の元祖「積丹ブルー」を体感。
朝の光にらされた時間帯が、もっとも綺麗に見られるかもしれません。



さてこの日は、積丹町~余市町経由、ニセコ町倶知安町方面へ向かいます。



道中、この地域でお決まりの立ち寄りスポット、余市蒸留所に立ち寄り、とうとう日本海とは別れを告げて、一気に内陸に向かっていきました!



実に天気に恵まれで、道道604号線を楽しく走り、



ニセコパノラマライン(道道66号線)でも、透き通った空と緑の競演に、ドライブの走行距離はてんで進まず、ストップアンドゴーの繰り返しで、撮影会ばかりしてました。(笑)
走る車が少なかったので、ちょっとワガママなドライブ☆
時折見せる、池や沼や、羊蹄山の姿に嬉々としながら、極上のワインディングを楽しんできました。

そして、



羊蹄山。
RENGEROVER EVOQUE ZANZIBAR と共に・・・!

もう一つ。



羊蹄山。
望洋の丘より、愛車とのショット・・・。!



まぁ、親バカですいません。

とにかく、誰がどんなアホなカメラでも、抜群に綺麗な写真が撮れる、ニセコの一日。(^o^)丿

とにかく走り回り、散策したり、こんな機会滅多にない!と、目の回るような一日を過ごしました。





そして、その日の宿は・・・



ヤッホー♪

駅舎と、EVOQUE。
ここは「比羅夫駅」。
倶知安駅とニセコ駅の間の小さな駅。

ここは日本で唯一、駅舎に泊まれ、ホームでバーベキューのできる駅☆

私は「鉄男」ではありませんが、ホテルの極上のサービスなどを軽く吹き飛ばす、絶対的な『あり得ない感』満載の宿です。



列車がやってくるホームの傍らで、持込みワインと共に、マトンのバーベキュー中♪

列車のお客さんに手を振りながら、プレミアム感?満載の!?時を過ごしながら、この日は暮れたのでした。。



北海道だからこそできる、肩の力を抜いた、空間満喫の時間。

後半に入った旅の過程と、これまでの数日の幸運に感謝しながら、明日へ思いを馳せたのでした。








つづく。



Posted at 2016/10/07 07:30:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@soft-touch さん
ご無沙汰しております。
やっぱりEVOQUEはカッコいい👍
納車、おめでとうございます!」
何シテル?   09/11 07:50
多趣味ですが、自家用車での旅が最大の関心事。 高速道も使いますが、旧道をこよなく愛しています。 酷道・険道・林道、とりあえず進入したくなります。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

【第6回】Evoque Club Japan & ECJ OB 全国オフミーティング! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/05 10:12:51
ECJ・いちご狩りオフ。。など(^^; 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/01 06:08:25

お友達

旅好きの方、乗り物云々抜きにして、ウェルカムです!
気軽にお声がけくださいヽ(^。^)ノ
87 人のお友達がいます
ARESE(アレーゼ)ARESE(アレーゼ) * jake0606jake0606 *
甲賀流★黒影甲賀流★黒影 * ナナ27ナナ27 *
sorahikaのパパtakasorahikaのパパtaka * カンパニョロカンパニョロ

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ N-WGN カスタム ホンダ N-WGN カスタム
すでに自走全国走破中(沖縄除く)ですが、コイツでも、徐々に、他方ツーリング中です👍
ホンダ CR-V ミナハニー (ホンダ CR-V)
13年連れ添った、ホンダ CR-V(RD-5)に乗っていました。 「ミナハニー」の愛称は ...
ホンダ CBR1000F ホンダ CBR1000F
かつての相棒。 重く、立ちごけの恐怖が常に付きまとっていたけど、走り出せば、速く、軽快な ...
ホンダ VRX ホンダ VRX
初めて所有した単車(新車で購入)。 ツーリングの醍醐味と、数々の出会いを作ってくれた思い ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.