• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sinano470のブログ一覧

2018年05月20日 イイね!

福井県車中泊の旅

今週末は、福井県まで車中泊に行ってきました。
なんでかって?
身体が車中泊を求めていたんです。

今回の目的地は、道の駅越前。海を見ながら入る露天風呂に行きたかったんです。
旅のお供は、同じく福井県の敦賀原発と越前ガニミュージアム。

といったメニューで、今回のブログ行ってみましょう。


出発は土曜日深夜0時半。
仕事から帰宅後、荷物積みこみや洗い物洗濯などの準備をして、出発まで仮眠。
ま、今回はそこまで遠くないですし、時間的制約も少ないですからね。
安全を取って、仮眠していくことにしたんですネ。

んでもって、出発の時。
予報は夜から雨でしたが、案の定帰宅時には降っていなかった雨が降り出してきていました。
大雨と言うほどでもないのがまだ救いで、花粉で末期色だった車の洗車ができていいなー、とか思っていたのですが、問題は風。
かなりの暴風。おかげでめっちゃ煽られる。
往路の糸魚川までは谷間を走っていることもあって、追い風状態になっていたらしく燃費に大きな問題は出てこなかったのですが、その先は大問題。
海沿いを走っていることもあり、四方八方から風が吹いているような状態だったんですね。
正直めちゃくちゃ辛かったです。
夜が明けることには雨は止んだのですが、風はずっと吹いたまま。
こりゃ行く日程を失敗したかもしれませんねえ。気温が低いということで、ドライブするには良いんじゃないかと選んだのですが。

さて、今回の予想行程距離は約850㎞。安全走行距離が夏タイヤで600㎞であるうちの車なので、どこかで給油しなければなりません。
いろいろ調べた結果、まあこの辺が良かろうと選んだのがぎりぎり鯖江市のEssoExpress。
ただ、この日近くのサンドーム福井で何かイベントあったんですかね。妙にそちら方面曲がるクルマが多くて、一度回ってこざるを得ませんでしたよ。
というわけで、まず一回目の往路燃費記録をば。


5/19 347.8km 91625km SynergyF-1 @155円 22.12L 15.72km/L
対カタログ燃費達成率:109.2%(14.4km/L)
対タンク給油率:51.4%(43L)

上にも書いた通り、とにかく風が強いため、煽られまくって燃費どころじゃありません。向かい風になれば相当な抵抗になりますから。
ショボい記録なのはやむを得ないところでしょう。
夜明け後は天気が回復するとの予報だったので、悪い分で先に記録を取ってしまった方が、帰り道の記録が少しでも期待できるかもしれませんし。(結局、土日共に風が強かったのですが)

給油後、そのままさらに西に進んで最初の目的地敦賀原子力館を目指します。
過去舞鶴方面に行ったときに何度も通っている敦賀なのですが、大体走ってるタイミングは夜が多く、かつそのままスルーしてることが多かったので、市内を走っている感覚が新鮮でした。
と言うわけで敦賀原子力館です。


ここは日本原電が運営する敦賀原発の広報館で、館内は無料で見学することができます。
ただ、妙に不人気スポットなのか、自分含めて客は三組だけ。
その分ゆっくり見物できるので、良いっちゃいいんですがね。


さて、原子力館を見物した後は、本日の宿へと向かいます。
目的地は、道の駅越前。敦賀からは一時間ほどですね。
ルートは途中からR8を離れ、R305しおかぜラインで行きます。
この時は曇っていて風が強かったのですが、晴れてて穏やかなら最高に気持ちが良いルートだと思いますよ。
なわけで、目的地その2道の駅越前です。



ここへは去年のGW時に一度来て風呂に入ったことがあります。
ホント、風呂に入っただけでしたが。
なので、今回はそのリベンジもあって来たかったんです。

到着したのは14時ごろ。風呂にも晩飯にも早いです。昼食食べてないので食べても良いのですが、せっかくなら晩飯を豪華にしたい。
そんな時、ここ道の駅越前のすぐ隣にちょうどいい施設があります。
「越前がにミュージアム」です。

ちなみに、越前がにとは、全国で水揚げされるズワイガニの中で、福井県で撮れるモノを差します。
特にこの敦賀湾に面する越前町付近は、船で一時間ほどのすぐそばに漁場があり、昔から特にカニ漁が盛んな場所なんですね。
館内はこんな感じ

ジオラマがなかなか秀逸。
館内は三階建てになっており、そこを吹き抜けで作っているこのジオラマ。
三階、二階、一階と降りていく毎に該当する深度の様子が見れる作りになっています。
そして一番下では、海底のカニが見られるというわけなんですね。

そうそう、カニと言えば、アルピノの白いカニが獲れたそうで、特集が組まれていました。

カニと言えば赤のイメージ。白いのは新鮮ですね。

また、カニだけじゃなく近海の魚も展示されています。

水族館さながらのトンネル水槽。500円で入れる施設にしては非常に立派です。

そんな感じで館内を見終わった後は、隣の売店を物色。売店と言うか、市場みたいなものですね。
そこでは獅子舞(で良いのかな)もやってました。


さて、こんな感じで越前ガニミュージアムを見た後は、道の駅を少し見てお土産を買いつつ、晩飯の時間まで一旦おやすみ。
朝早かったですし、眠かったんです。
寝る前のおやつがこちら。

こういうアイスって旨いですよね。
そして、荒々しい波の音に包まれながら眠りの闇の中へ。


目が覚めたら晩飯とお風呂です。
当初行こうと思っていた店が閉まっていたので、道の駅三階の展望レストランへ。

ワカメ揚げと道の駅弁当です。
海の道の駅に来たならこういうのを食べないと。
福井と言えば、福『丼』県として丼ツーリズムをやっていると以前聞きましたが、それを思い出したのが注文した後。まあしょうがないよね。
晴れてて穏やかな天気なら、ベランダから絶景の中で食事することもできるそうですよ。
お風呂入るころにはちょうど日が沈みだす頃合。
全体に曇っていましたが、日が沈む所は燃え滾っているような絵になるので、これはこれで味がある。
そんな景色を眺めながら入る露天風呂が最高です!

風呂上がりにはこちらを一杯。

なんというか、ラムネとかメロンソーダと聞くと無性に飲みたくなりませんか?

そうそう、この道の駅にも水槽があります。

流石海沿いの道の駅です。

そして、車に戻ったら超強力な睡魔が襲ってきました。
これが今回の旅の本命車中泊。
普段は何やかんや明け方目が覚めたりするのですが、今回は深夜に一度目が覚めてしまっただけで、朝までぐっすり眠ることができました。
よっぽど身体が車中泊を求めていたんですね。


翌朝です。
起きたのは朝5時。
朝一に起きて朝の空気を堪能するのも車中泊の醍醐味と言うもの。
海を見ると、この時点ではまだ曇りが狩っていたものの、雨上がりの影響で海に虹がかかっていました。

朝焼けと虹がなんとも美しい。

出発準備をしていると、なんか鳴き声がする。
当初ウミネコでも泣いているのかと思ったら、本物のぬこ様でした。

妙に人懐っこい子で、すりすりと体をこすりつけてくる仕草が超かわゆい。
実家のぬこ姉様はちっとも懐いてくれないので、なんだかうれしくなってしまいます。w

名残惜しいですが、帰りもまた8時間くらいかかるので、そろそろ出発します。
帰りもまた海沿いのR305。途中東尋坊の近くを通りつつ、可能な限り日本海沿いを行きます。
天気は快晴。・・・なれど風強し。
やっぱり煽られ、スムーズに走れません。
それが何とかなったのは、道中ほぼ終わりの糸魚川。
ここから先は白馬まで姫川渓谷の中を行くので、風の影響が少なくなり、登り坂にもかかわらずスムーズに走ることができました。
ただ、ここあと100㎞程で自宅到着なんですよね。
しかも登り坂なわけで、燃費の改善効果も限定的。
結果、最終的な燃費記録はこうなりましたとさ。


5/20 493.4km 92119km VIGO @150円 29.82L 16.55km/L
対カタログ燃費達成率:114.9%(14.4km/L)
対タンク給油率:69.3%(43L)
鯖江~敦賀原発~道の駅越前~信州のルートです。

案の定大した記録になりませんでした。
ダメだこりゃ。
元が空力ガン無視のこのクルマ。最低地上高も高いし。
いくら空力改善やっても、強風の中ではそんなの関係なくなってしまいます。むしろ押され押されで、下り坂でも減速する始末。もうどうしようもありませんね。
今回装備した新兵器のおかげでラスト100㎞で持ち返した、と言う所でしょうか。
まあ、しょうがありません。

さて、今回の旅で気になったところが一つ。
『発進時と4速入る手前でもたつく』
もしかしたら、風の影響が強いせいなのかもしれません。ただ、4速入る前、時速にして50㎞付近で加速がもたつくのは以前にも感じていたところです。
オイル交換してから4000kmちょっと。もしかしたらオイルがそろそろやれてきているのかも知れませんね。ここの所8時間とか5時間無休憩連続運転とかしてましたから。今回の旅も、帰り道福井からノンストップで帰れそうだったのですが、車を休ませた方が良いのではないかと考え、朝日町で昼食休憩を取ったりしたくらいです。
後は、今まで何となくの経験則で夏はSynergyF-1、冬はVIGOが調子良いと思っていたのですが、もしかしたらオイルを変えたせいでその経験則が崩れているのかも。
そんなわけで、まずは燃料をVIGOにしてみました。これでしばらくテストですね。
後は空気圧を若干高めに戻し、キッチリ洗車。
しかる後に、オイルも交換してあげようかと思います。
今回はTRDですが、次はスバルですかね。レ・プレイアード・ゼロ0W-30。まあ、モノは同じものですが。気分です気分。トヨタより、三菱よりスバルが好きなので。

と言うわけで、今回の旅はこんな感じでした。
またキッチリ整備して、新兵器のテストと行きたいところですね。
今度は風の強くない時でw

ただ、車中泊は大満足でした。
また2泊3泊と行きたいなぁ・・・
Posted at 2018/05/21 06:45:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月16日 イイね!

第一次乗換計画 第5章 保険屋から

第一次乗換計画 第5章 保険屋から

先程電話があった。
いつも会社に来ている保険屋が二社ほどあるのだが、その片方が提携しているディーラーを紹介してくれるとのチラシがあった。
チラシが配られたのはかなり前の話だったのだが、先日会社に来ていた時にバッタリ出くわしたので、せっかくなので話を通しておくことにした。

先程の電話は、その保険屋からディーラーに話を通してくれたとの連絡だった。
曰く、自分が渡したメモの内容をすべて伝えたので、その内ディーラーから連絡が来るとのこと。

本当はもう2000㎞程走ればオイル交換になる故、その時にディーラーへと行ってみようかと考えていた。
まあ交換してくれるかどうかは不透明ではあるが、話をしに行くのに良い理由づけにもなると思っていた。
(事実、現在使用しているTRDオイル0W-30は、カローラ店では断られ、ネッツ店で交換してもらった経緯がある。比較的他社の車に寛容であろうトヨタでもこれである。スバルで交換してくれるのだろうか・・・。
ちなみに、交換するつもりのオイルは、レ・プレイアード・ゼロ0W-30。データを見る限り、大元のトタルのオイルも含め同じものであると判断されるため、現在TRD0W-30を使用していて問題ない故、使用自体は大丈夫であると考えられるが・・・。)
その手間が省けるのであれば、それはそれで良しとしよう。

ちなみに、メモにはほしいクルマをピンポイントで書いておいた。
当然今まで散々語っているように、レガシィツーリングワゴンが本命である。
BP F型 2.0GTアイサイト。
ただでさえ希少なアイサイト車だが、色にも少しは拘りたい。
理想はニューポートブルー・パール。
多分あるんじゃないかと思いたいサテンホワイト・パール。
妥協でスティールシルバー・メタリック。
黒系統・赤はダメだ。妥協できない。


ところで、今まで散々レガシィレガシィと騒いできたのだが、ここにきてレヴォーグが欲しくもなってきている。
理由は簡単。先日SJG型フォレスターに乗ったからである。
フォレスターに乗ったときの感想云々は先日のブログに譲るとして、それよりも明らかに走行性能が高いはずのレヴォーグ。
何が良いって、2.0Lの直噴ターボとVTD-AWD、そして何よりアイサイトVer3。
これが欲しくなってきてしまったのである。
ただ、こちらは値段が妥協点を超える可能性が大。
グレードは当然2.0GT-S一択。1.6等自分には無意味だし、STIスポーツの内装色はどうしても許せない。
出来ればASP装備が良いためB型以降。C型なら後席が改善され、遮音性も向上している。
ただ、こちらにすると中古でも280万から。
新車で買おうとすると400万クラス。残クレだ何だと入れても厳しい。
安全性は何事にも代えがたいが、先立つものが無いと何もできないのもまた事実。
この辺もディーラーに行っての相談事項の一つになるだろう。

とりあえずは、向こうからの連絡待ちだ。
その話をすれば、乗換計画はまた一歩前進することになるだろう。
その日が待ち遠しいものである。
Posted at 2018/05/16 18:42:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月13日 イイね!

SJ型フォレスターと最新のスバル事情について

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
三菱乗りの人間が何言ってんだ?と思われるかもしれませんが、乗る機会があったことと、今年~来年のクルマ乗換でスバル移籍を検討していることもあるので。
三菱の最新事情は知りません。大嫌いな日産に取り込まれてしまい、スバル以上に先が見えないこともありますからね。
日産化していく三菱とか見ていられません・・・。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今年のGW連休後半は、信州に遊びに来たいと言っていたグンマーの友達と一緒に過ごしていました。
(まあ、結局ほとんど信州で過ごさずに、二泊三日の車中泊旅で能登半島と北陸を堪能していたわけですが)
そして、移動に使っていたのは友達のフォレスター。
SJG型前期、XTアイサイトのターボモデルです。

アイサイトはVer2、280馬力のFA20DIT搭載のハイパフォーマンスモデル。
以前ちょこっと運転させてもらったことがありましたが、本格的に運転させてもらったのは今回が初。
自分で運転したからこそ分かる、いくつかの点がありました。

①安定性が良い
SJ型フォレスターでは、XTでも搭載しているAWDシステムはACT-4。駆動力配分を前60:後40を基本に連続可変制御するシステムであり、FFに近い安定性重視。実際、フォレスターに限らずスバル車は水平対向エンジンを搭載しており、スペースの関係から前軸よりさらに前にエンジンを搭載しなければならないこともあり、割と前が重い構成になっています。その重量配分に合わせた駆動力配分になっているわけですね。
これも一つのスタンバイ式AWDでもありますが、よくある軽や安い普通車の4WDにあるスタンバイ式と異なり、ほぼ確実に四輪に駆動力が伝わっているシステムであるので、水平対向エンジンのバランスの良さもあって非常に安定しています。
ま、車高の高いSUVの限界として、ある程度ロールすることや沈み込みが多いことは仕方ないと思いますが。
②パワーが最高
SJG型の基本重量は1590kg。まあこれくらいはあるでしょう。同クラス帯のCX-5やアウトランダー、エクストレイルなども大体1500kg台です。まあグレードにも寄るようですが。ちょこっと重ためではあるようですね。
ただその分、2.0L直噴ターボであるFA20DITがぐいぐい引っ張ってくれます。280馬力/35.7kg・mのパワー感は素晴らしいですね。
おおよそ半分のパワーしか出さないSIドライブのIモードでもほとんどの場面で全く不足感は感じませんでした。
(ただ、安房峠への登りではさすがに物足りず、通常パワーを出すSモードで快適に走れる感じでしたが)
③意外に燃費が良い
前期SJG型のカタログ燃費は13.2km/L。ターボなので燃費が悪いかと思われるかもしれませんが、これがまた以外に燃費が良く、少なくとも自分が運転していた区間では、ほとんどの場面で車載燃費計の値が14km/L以上を出しており、普通にカタログ燃費越えすることができていました。
また、信州で自分が運転交代して、糸魚川まで下道を走り、そこから富山まで高速を走っていた区間での燃費は20km/Lを超えており、下り補正があるとはいえ、ハイパワーターボのフルタイムAWDのSUVにしては極めていい燃費ですね。
最も、トリップメーターと満タン法では計算してないので、実際の値は不明ですが。それでも、意外に伸びそうな予感。
ハイパワーターボでパワーに余裕がある分、踏まなくても走れるので燃費が良くなる、と言ったところでしょう。
ほとんどの場面でエンジン回転数は1500回転以下。加速時はちょっと引っ張って1600~1700回転くらい。2000回転は余程の上り坂でもなければ必要ありませんね。CVTで回転数を抑えられるという点もあると思います。
自分のクルマでは無理ですが、フォレスターの場合、ちょっと踏んでさっさと加速して流した方が燃費が良い感じ。信号に引っかからなければですが。パワーがあるのであっという間にいい速度まで出ますし、一旦速度に乗ってしまえばかなりよく伸びます。
燃費はパワーでターボ。自論が裏付けられました。
ちなみに、S#モードでフル加速すると、燃費計の値は2.0km/L位になりますw たぶん燃費計の表示以下になるんでしょうねw
面白いのは、同じエンジンを搭載するレヴォーグ2.0GT-Sでもカタログ燃費が同じ13.2km/Lであること。車よりもエンジンに寄るのでしょうか。
④アイサイト超便利
前期型SJGは、アイサイトVer2。モノクロカメラだった頃の奴ですね。
今のレヴォーグに代表されるVer3に比べると昨日は限定的ですが、それでもあると無いとじゃ大違い。
右足が解放されるとホント楽になります。
ただ、まだこの時代の制御技術は未発達だったようで、加減速はちょっと粗さが目立ちますね。追従走行に入った途端、グッと減速したりします。
⑤見切りが良い
ここは他のスバル車にも共通して言えることかもしれません。
フォレスターのあのデカい図体でも非常に見切りが良い為、運転していてちっとも困りません。
流石に狭い駐車場だと、サイズに不慣れなのもあるためちょっと切り返しが必要になったりしましたが、そこはまあ慣れでしょう。見切りの悪いミニバンなどに比べると非常に運転しやすいです。
⑥革シートはちょっと微妙
普段レカロシートに乗ってるというのもあるかもしれませんが、フォレスターのこのシートはちょっとホールド性が悪いです。せめて座面部のガイドもうちょっと高いと良いんですが・・・。
⑦ETC2.0が良い
これはフォレスターだから、と言うわけでもないですw
ETC2.0の車には初めて乗りましたが、高速乗った時等に情報入れてくれるのが結構便利。先の重チア情報などを見てルート替えたりできますからねえ。
うちのはナビが対応しててもETCが普通のものなので。というか、高速使わないですが。
使ってみると便利なものです。
⑧空力も考えられてた
SUVであるフォレスター。空力ガン無視かと思いきや意外にもそうでもないです。
最近の車にはみんなついてるフロントストレーキはもちろんですが、他にもアレとかコレとか。
この辺は次回の自分の車に対する空力対策にも出てくるので、詳細はヒミツ。
このフォレスターで得た知見を生かしていこうかなと思います。
学ぶところは色々ありますね。

さて、ここまでいろいろと書いてきましたが、総じて非常に良いクルマであるというのが一言での感想です。
自分の次回乗り換え候補者にこそなり得ませんが、良いものは良いと思います。


ここまでフォレスターについて書いてきたわけですが、昨日5/11発表のスバル2018年3月期決算資料、この内アナリスト向け決算期説明会資料(スライドショー)中に気になる点が二つほどあったので、こちらも取り上げてみようかなと思います。

https://www.subaru.co.jp/ir/library/pdf/fr/2018/2018_4qf_presentation.pdf

①2018年導入予定モデルについて。
このページには三つの車種が紹介されています。


一つは、北米専用車アセント。
ランクルよりデカいと一時話題になっていた車ですね。白人サイズで三列目までしっかり座れてかつ荷物も積めるとなると、あれくらいのサイズになるんだそうです。というか、現行インプやXVに採用されている新型プラットフォームSGPは、このアセントまで対応できることを前提に作ってあるそうで。
事あるごとに北米専用と資料に書かれているあたり、まず日本投入は見込めないモデルになりそう。

二つ目、新型フォレスター。
形式はSK型となるそうです。
日本仕様は、伝統だったハイパワーターボ仕様は姿を消し、2.5LのNAとモーターアシスト仕様のe-BOXERとなる模様。
最上級はe-BOXERで、撥水内装のX-BREAKも投入されるとか。
e-BOXERってなんでしょうね。XV HIBRIDのシステムの進化版だそうで。後述のPHVとは違うものっぽいですね。基本的にシステムはキャリーオーバーらしいですが、どこまで進化しているのでしょうか?
走り方次第ではターボでもいい燃費が出るフォレスター。気になる所です。
デザインはSJ型からあまり変わり映えしない印象ですが、これはこれでかっこいいと思いますよ。

三つ目、PHV。
ベースモデルはCrosstrek(XV)。これにトヨタのフルハイブリッドシステムであるTHSを導入したモデルだそうです。
注記がある通り、エンジンはボクサーエンジンを使用。ボクサー+THSという86/BRZのFA20(ボクサー+D-4S)以来のコラボエンジンになるようですね。FR系THSをベースにスバル専用にカスタマイズされるとか。
ただ、残念なのは、これも当面北米専用モデルとなること。世界でも最も厳しいカリフォルニア州のZEV規制に対応するためのモデルになるということでしょうね。
ただ、スバルも電動化を進めると『際立とう2020』で明言していますから、他の車種にもその内広がっていくのかもしれません。

②新中期経営ビジョン

スバルでも発覚した偽装問題。(これは見つかってしまっただけで、他のメーカーでもやってそうなものですが・・・)
これにより経営体制が変わることもあり、新たな中期経営ビジョンを策定しているそうです。
以下際立とう2020より抜粋

https://www.subaru.co.jp/ir/management/pdf/plan/vision_fhi_2014.pdf
■ 新設計次世代プラットフォーム:SGP(Subaru Global Platform)を投入
■ 水平対向パワーユニット次世代化(全車直噴化に刷新)
■ SGP、BOXERユニット、シンメトリカルAWDで三位一体の高次元バランス
■ スバルらしい質感で際立つ
■ 総合性能の向上
・ 世界TOPを堅持する衝突安全性能 (全世界最新衝突形態への対応)
・ 合理的な骨格レイアウトによる1クラス上の動的質感
・ 新サスペンション・ジオメトリーによる高い運動性能 (俊敏性 / 安定性 / 危険回避性能)
・ 高効率パッケージングにより室内空間を最大化
■ インプレッサ~アウトバックまでのプラットフォーム設計構想を統一
・ 開発の大幅な効率化
・ 国内外の拠点での製造対応柔軟性確保

この時点でPHVの投入や電動化を進めることが書いているあたり、この辺はそう大きくは変わらないとは思いますが、一番気になるのはアイサイトの開発の動向。
自主開発の中止とモービルアイ導入などというニュースが流れているあたり、どうなることやら。
アイサイトあってのスバル。双眼カメラに特徴づけられるアイサイトです。まあシステムは進歩していくものでもあるので、双眼カメラだけに捕らわれる必要はないと思いますが、それでも自主開発をしないとなると話は別。
確かにスバルはそんな大きな会社ではなく、開発リソースが限られているのは理解できます。実際、それで富士重からSUBARUに変わった際に自動車と航空宇宙に絞ったところからもそれは見受けられます。
一つの会社で何でも開発できるのはトヨタみたいな超大手みたいなものでしょう。だからこそ、他社と組んで行く事は当然ではあります。PHVでもトヨタと連携してるわけですし。
際立とう2020では、何年とは言ってませんが、前方だけではなく全方位衝突回避を実現するアイサイトVer.X、そして2020年頃を目安にスバルらしい自動運転を実現するFutureアイサイトを投入するとありました。

現状は、後期型レヴォーグ&S4でアイサイト・ツーリングアシストが投入されています。ただ、これはまだまだアイサイトVer3.5クラスのもの。
(アイサイトVer3は車種ごとに細かな違いがあり、3.○と呼べるものがいくつも存在する)

次世代アイサイト、どうなることやら。7月の発表を待ちましょう。
Posted at 2018/05/13 19:51:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月12日 イイね!

本日の地震について

本日、長野県北部を震源とする地震がありました。
以下気象庁発表
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

震源に関する情報
平成30年 5月12日10時32分 気象庁発表
きょう12日10時29分ころ、地震がありました。
震源地は、長野県北部(北緯36.6度、東経137.9度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は5.1と推定されます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回のこの地震。さしてマグニチュードは大きくはないですが、ちょっと気になる点があります。
それは、4年前、同じような場所で起きた地震との関係。
2014年(平成26年)11月22日22時8分頃、日本の長野県北部、北安曇郡白馬村を震源として発生したマグニチュード6.7の地震『長野県神城断層地震』がありました。
この地震は、1995年から整備された高感度地震観測網の稼働以降に、活断層と認識されていた断層で発生した初の被害地震であり、地震学的に大きな意味のある地震でした。
詳細はウィキペディア『長野県神城断層地震』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C%E7%A5%9E%E5%9F%8E%E6%96%AD%E5%B1%A4%E5%9C%B0%E9%9C%87

さて、今回のこの地震を地図にプロットしてみましょう。

産総研 活断層データベースより 引用・加筆
https://gbank.gsj.jp/activefault/cgi-bin/search.cgi?search_no=j024&version_no=1&search_mode=2
赤い丸が今回の地震の震源で、黄色い丸が神城断層地震の震源です。
震源位置近いですね。
最も、震源と言うのは地震の原因となる断層の活動が始まった場所を差すものであり、この一点で地震が起きたことを意味するわけではないので注意です。
つまりは原因となった断層の活動があったわけで。
今回の地震においていえるかもしれないのは、その原因となった断層が4年前と同じ『神城断層』である可能性があること。
(上図中、赤矢印で差した線が神城断層)
断層はこの線上にあるわけではなく、実際は地上の線がそこと言うだけで、断層自体は西傾斜・東傾斜で地下に三次元上に広がっています。
神城断層の場合、東隆起の逆断層であるので、断層は上図の線より東に向かって地下に潜っていくように広がっているわけですね。
そうすると、今回の地震も神城断層の西側にあることと震源の深さが同じような数字であることから、神城断層との関係性が出てくるのです。
まあ実際は主たる断層が神城断層として引かれているだけで、神城断層に付随する小断層が数多く存在しているので、そのどれかと言う可能性もありますが。4年前の神城断層地震でも、既知の断層線上とは異なる位置に地表面変位が現れていたこともありますので。
長野県神城断層地震(2014年11月22日,M6.7)
緊急調査報告(第3報)
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/general/news/uploaddocs/%E7%A5%9E%E5%9F%8E%E6%96%AD%E5%B1%A4%E5%9C%B0%E9%9C%87%EF%BC%8812%EF%80%A218%29%20%20.pdf

今後しばらくは余震に注意しましょう。
Posted at 2018/05/12 21:39:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月06日 イイね!

お土産飯

今日の晩飯はお土産飯。



1つは秋田のエコからオフで頂いたいぶりがっこ。
もう1つはグンマーの悪友から貰った永井食堂のもつ。

どちらもうまい‼
ごちそうさまでした。
Posted at 2018/05/06 19:10:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「舌が痛い。
燃費が出ていないことに対するストレスか、軽で長距離行く無茶ブリの影響か。
恐らくはストレスであろう。今年の夏シーズン入ってからの成績はひどくなる一方なのだから。
どうやら、メンテが必要なのは、車と同じく自分自身もらしい。」
何シテル?   05/21 18:08
sinano470です。低燃費ガチ勢やってます。 拠点は信州。愛車はパジェロミニ。 燃費でケンカ売るにはやたらめった不利な車を使って、燃費カップで達成率...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

三菱・パジェロミニを低燃費ガチ仕様にして乗っています。
同じパジェロミニなら、燃費では絶対に負けません!
よろしくお願いします
42 人のお友達がいます
さんちゃん?さんちゃん? * 子パジェロ子パジェロ *
野良猫モッチー野良猫モッチー * ともろ238ともろ238 *
トムイグトムイグ * Justice-RayJustice-Ray *

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
―THE 低燃費長距離ツーリング仕様― 三菱 パジェロミニABA-H58A 二代目中 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.