• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ダミやんのブログ一覧

2018年12月09日 イイね!

【EK-S】 スタッドレスに交換

毎年恒例、スタッドレスへの交換時期。
最近は12月に雪は降らないが、シーズン始めの慣らしも有るので、チョット早いけど交換した。
タイヤを確認すると、2012年後半生産のもの、もう7シーズン目だった。w(^o^)w
前回のは8シーズン使って、磨耗よりオゾンクラックが多くなったのと、セパレーションを起こしそうだったので交換した。
こいつは山がまだ十分有り、オゾンクラックはほぼ無い。
凍結路のグリップが、どの程度低下してるか分からないけど、とりあえずの耐久性は良さそう。
ちなみに、ダンロップです。
Posted at 2018/12/09 21:19:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車整備(EK-S) | クルマ
2018年11月24日 イイね!

今日は水道屋さん(完了編)

今朝最終の漏れ確認をし、問題無さそうなので、残りの作業を行った。

不足していた床下部分の断熱カバーを、ホームセンタへ買いに。

継手部分と床下部分に断熱カバーを掛けてお終い。b(^_^)d

今回買った物は1万円掛からなかったが…。
これって業者に頼むと、どれくらい掛かるのだろう?
業者なら部材は手持ちしてるだろうから、1日で出来る作業だと思うが。
Posted at 2018/11/24 16:02:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 修理(車以外) | 日記
2018年11月23日 イイね!

今日は水道屋さん(修理編)

先週から今日の修理に至るまで、配管ルートや修理方を、幾つか脳内シミュレート。
浴室から先が上手く出来そうに無かったら、暫定で浴室だけを直結しようかとも。(シャワーが優先)
既存はカバー付銅管だが、修理では保温材付架橋PE管を使う予定で、銅管とPE管の接続がどうなるかも問題点。

今日は朝一給湯器から地面に入る所と、浴室から他へ行くところを確認するが、他へ行くところはキッチンから行けなかったので、座敷の堀コタツを抜けば行けそうと算段していた。
給湯器から地面に入る所を調べた後、掘りコタツを抜く作業。
固定しているネジと釘を抜き掘りコタツを取出すと、予想通り配管まで辿り着け確認が出来た。

午後からホームセンタへ、部材の買い出し。
PE管から銅管への接続部分は、出来ればハンダ付けは避けたかったので、ワンタッチ式かネジ式を捜すが、そこには残念ながら無く、他に行っても無ささそうなので、そこだけはハンダ付け式とした。

修理を始めるが、まず浴室から。
予定通り循環ホースを通しているところから、浴室床下を通し給湯口に接続。
まあ、すんなり出来たと思う。

次ぎに床下に潜り、浴室から出て来た銅管を切断し、継手をハンダ付け。
こうゆうハンダ付けは、本当にキチンとハンダが全周滲みているのか分からないから、苦手だ。
一応息を吹き込んで確認はしたが、やっぱり不安。
ココと給湯器側と接続し、仮の注水テスト。
とりあえず漏れは無さそう、\(^o^)/

屋外配管部分(継手部分を除く)に断熱カバーを掛け、チョットだけエコになるかと床下配管にも、断熱カバーを追加で掛け、今日の作業は終了。

床下部分の断熱カバーは、どの程度要るか分からなかったので、全部に掛ける分買ってなかった。
明日最終の漏れ確認後、床下部分の不足分を購入し、継手部分と共に断熱カバーを掛ける。
Posted at 2018/11/24 15:45:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 修理(車以外) | 日記
2018年11月23日 イイね!

今日は水道屋さん(調査編)

先週、ブルーインパルスの飛行展示を見ていると、水道の検針員と嫁がなにやら話しているのが見え、なんだか嫌な予感が…。
暫らくして嫁がやってきて、水道の使用量が通常の倍になっていて、漏水の疑いがあると言われたとのこと。
そうか、思い当る所があると話しながら、引き続きブルーを見ていた。

ブルーの飛行展示が終ったので、思い当る給湯器の所へ行き確認すると、思った通りシューと音がしている。
実は1~2か月くらい前の風呂に入っている時に、小さくシューと音が聞こえたのが気になって、風呂から出た後に外へ確認しに行った。
音は給湯器に入る水管辺りからで、その時は漏水って言葉が頭を過ぎったが、深く考えずスルーしていた。
漏水がほぼ確定したが確認の為、給湯器前のバルブを閉め水道メータを見に行くと、パイロットが回っていない。
<↓三芳水道企業団HPより>

バルブを閉める前は結構な勢いで回っていたので、これで漏水が完全に確定となった。

お昼の後、今度は漏水の場所を特定する為に調べた。
一旦バルブを開け、まず給湯器周辺を確認したが、漏れはない。
給湯器に一番近い基礎の換気穴から覗くと、給湯管が一部見えたが漏れている様子は無い。
次ぎにキッチンの床下収納を抜いて、そこから見える範囲の給湯管を確認したが、コッチも漏れている様子は無い。
※床下収納部から給湯管を追って行きたかったが、基礎に私が通り抜け出来る隙間がない。
浴室の点検口(配管接続部)も開け覗けない所で、デジカメが入る所は撮影して確認したが、ココも疑わしい所がない。

確認した範囲で分かったことは、一番厄介な所での漏水が一番疑われること。
家の給湯管は「給湯器⇒浴室⇒洗面と次ぎへ分岐⇒二階とキッチンへ分岐」となっており、給湯器から浴室は地中配管で、ここが疑わしい。(ほぼ確定だが)

給湯器への水を止めてしまうと、給湯以外に風呂のお湯張りや足し湯も出来ないので、とりあえず給湯器の給湯出口に止め栓をして凌ぐ事に。

今朝は確認してなかった、給湯器から地面に入る所を断熱材を剥いで確認したら、ポコポコと音がしていた。
やっぱり確定!!

調査編終り。
Posted at 2018/11/24 00:57:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 修理(車以外) | 日記
2018年11月18日 イイね!

カーステレオ(ヘッド)交換

数年前からか、時々音が出ないと言うか、動作しない時があった。
コントロール(フロント)パネルの脱着をすれば概ね復帰するが、復帰しないこともあった。
(私がやるとほぼ復帰するが、嫁がやると駄目な時がある)
サスガにもう古いので、交換してやることに。(多分20年近い)

今度のはパイオニアの、CDが聞ける一番安いやつ。(↓パイオニアHPより)


機能は今までのケンウッドと、ほぼ同等よりチョット下。
ラジオ,オーディオCD,CDに書き込んだMP3等の、音楽ファイルが聞ければ良いので十分かな。

交換そのものは1時間も掛からなかったと思うが、ラジオの設定などしてたら意外と掛かってしまった。(^_^;)
Posted at 2018/11/20 00:32:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車整備(EK-S) | クルマ

プロフィール

色々と失敗の多い私のLabです。  文章を書いたりするのは苦手で、その上毎日とか出来る性格ではないので、あまり更新しないと思いますが、よろしくお願いします...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ カプチーノ boroccino (スズキ カプチーノ)
発売された当初は「軽にこんな大金を・・・」って感じで、自分が所有するなんて、全然現実見の ...
メルセデス・ベンツ ミディアムクラス ワゴン borocedes 弐号機 (メルセデス・ベンツ ミディアムクラス ワゴン)
弐号機です。 初号機で色々整備して随分と分かって来た所だったし、メンテパーツも買っていた ...
トヨタ ランドクルーザープラド どんぶらこ (トヨタ ランドクルーザープラド)
別のハンドルネーム「ダミアン」が付く切っ掛けとなった車です。 ナンバー指定が無い頃に「6 ...
三菱 ランサー 三菱 ランサー
当時スキーに良く行っていたので、4WDの車が欲しくなり色々と検討した結果、この車になりま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.