• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

無粋者@tankのブログ一覧

2018年11月08日 イイね!

今年のパーソナルMVPは…

今年のパーソナルMVPは…さて、日本シリーズも終わり、今年のプロ野球は全日程を終えましたが…勝手ながら今年のパーソナルMVPは、森唯斗投手だと私は言いたいです!
実は、今年のプロ野球の現状を示す記事を紹介したいと思います。

25人→17人 規定投球回到達者が減少…

11/8(木) 10:00 


 昨季はセ・パあわせて規定投球回に到達した投手は25人(セ:12人、パ:13人)いたが、今季は17人(セ:8人、パ:9人)に減少した。

 各球団、規定投球回に到達した投手は1人から2人しかおらず、ソフトバンクに至っては規定投球回に達した投手は1人もいなかった。

 9月29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島』で解説を務めた江本孟紀氏は「我々の時代よりも立派なトレーニングをしていますから、完投をバンバンしていてもおかしくない。1週間で100球くらいでやめさせようという考え方が多いので、野球をダメにしているんですよ」と苦言を呈す。

 規定投球回に到達した投手が減少したことについては「そんな馬鹿な話はないですよ。そういう訓練をしていないからこういうことになるんです」と喝を入れていた。

 今年の夏場は日本列島、どこもかしこも猛暑で、投手陣も例年以上に疲労が溜まったことも考えられる。それでも、規定投球回に到達した投手陣がセ・パあわせて17人というのはやや寂しい数字。来季は一人でも多く、1イニング長く投げられる投手が表れて欲しいところだ。

◆ 今季規定投球回に到達した投手
▼ 広島
大瀬良大地 182回
ジョンソン 144回2/3

▼ ヤクルト
ブキャナン 174回1/3

▼ 巨人
菅野智之 202回
山口 俊 154回

▼ DeNA
東克樹 154回

▼ 中日
ガルシア 168回2/3

▼ 阪神
メッセンジャー 173回2/3

▼ 西武
菊池雄星   163回2/3
多和田真三郎 172回2/3

▼ ソフトバンク
なし

▼ 日本ハム
上沢直之 165回1/3
マルティネス 161回2/3

▼ オリックス
西 勇輝 162回1/3
山岡泰輔 146回

▼ ロッテ
涌井秀章 150回2/3

▼ 楽天
岸 孝之 159回
則本昂大 180回1/3

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

とにかく、今年はブルペン陣の負担が大きく、ソフトバンクに至っては故障離脱が出たり、先発が早い回で降板というケースも目立っていました。

森唯斗投手については…



私の地元の倉敷オーシャンズでエースを張っていた時代から注目していて、当時は小さい体を目一杯使った投球フォームから140㎞前後のストレートを軸にスライダー、フォーク、カットボール、カーブを織り交ぜる本格派タイプのピッチャーでした。当時からは「おりゃー」と吠えるピッチングスタイルでしたが、終盤に真っ直ぐを合わせられると、変化球も打たれる事から短いイニングで力を出すタイプだなあと見ていました。

それが、プロに入ってからは体を大きくして(アマチュア時代からしたら+20㎏)、球速を増しただけでなく、カットボールやナックルカーブ等、変化球を磨いて分厚いソフトバンクのブルペンの一角に食い込む活躍を見せて来ました。ただ、1年目からの課題で、シーズン終盤になると失点続きになる悪癖が見られて、体力的にも厳しいかなと見ていました。

しかも、今季は開幕から失点続きで、サファテや岩嵜といった勝ちパターンのピッチャーが離脱した中、シーズン途中からクローザーに据えた工藤監督の胆力は凄いと思っていました。
終わって見れば、パリーグセーブ王のタイトルになり、課題であったシーズン終盤も頑張っていました。
断っておきますが、地元出身だからではなく、森投手がクローザーの仕事を全うしたからこそ、ソフトバンクの日本一に繋がった観点から、勝手ながらパーソナルMVPとして選出させてもらいました。

個人的な見解ですが、クローザーとして1つのアウトを取る重みと中継ぎ、セットアッパーとして1つのアウトを取る重みはカテゴリーが違うと感じています。
中継ぎやセットアッパーで取るアウトというのは、肉体的なしんどさがあります。起用法によってはスクランブルに出たり、イニング跨ぎになったりするので肩作りやモチベーションを高めるのが大変だなあと見ています。特にセットアッパーの稼働率は尋常ではないし、今年引退を表明した巨人の山口鉄也、中日の浅尾拓也投手とかを見ると、勤続疲労から来る故障や球威、制球力の低下は否めないところです。
一方、クローザーで取るアウトは、精神的な重圧が半端ないです。起用法こそ中継ぎのような流動的なところが少ないですが、先発、中継ぎ、セットアッパーが繋いだ勝ちゲームを締める重圧ーたった3つのアウトを取る苦しさは想像を絶するモノだと思います。セーブ失敗が続いて配置転換とかの話を見ると、崩れたメンタルを立て直すのは大変だし、なかなか調子が戻らない事が多々あります(今年の楽天の松井裕樹投手など)。
そんな中、シーズン通してクローザーとしてやりきり、セーブ王になった森投手には心から敬意を表したいと思います。
Posted at 2018/11/08 14:56:26 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年11月06日 イイね!

想定外の日本シリーズ

想定外の日本シリーズ今更ながら、日本シリーズの戦評ですが、私にとっても平成最後のシリーズは想定外でした。ソフトバンクが勝ったという予想は当たっていましたが、試合内容の部分で度肝を抜かれた選手がいました。

その選手は、写真にある甲斐拓也捕手。育成上がりで、選手層の分厚いソフトバンクで一軍のスタメンマスクを被り、強肩を誇るキャッチャーというのは知っていました。
ただ、広島カープというと打線の強力さもさることながら、次の塁を狙う貪欲な走塁で、ましてや現役時代は盗塁もうまかった緒方監督が就任1年目の秋季キャンプで盗塁のスキルを手解きするなど足技には自信のあるチームなので、そう容易くは盗塁阻止はできまいとたかをくくっていたのが大間違い。

蓋を開けたら、盗塁阻止率100%で日本シリーズ新記録の6試合連続盗塁阻止。広島からしたら、貴重な攻め手を封じられては厳しいと言わざるを得ません。キクマルを封じればと思っていましたが、短期決戦では足技を封じられると攻撃のバリエーションを減らされるという事を改めて思い知らされました(-_-;)。
むしろ、ソフトバンクは最終第6戦ではスクイズで得点を挙げるなど、そつなく攻めていた印象です。

甲斐捕手の良さは肩の強さより、フットワークの軽さです。常に盗塁されてもいいように準備が出来ていたのか、捕ってから二塁へ送球するスピードが尋常ではないくらい素早いのです。肩の強さだけなら巨人の小林捕手もひけをとりませんが、フットワークの軽さに関しては甲斐捕手の方が上だと思います。足の運びとかは、キャッチャーをやる子は手本にしてもいいのではと思います。

平成最後の日本シリーズは、衝撃的なモノでした。
Posted at 2018/11/06 15:52:59 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年10月31日 イイね!

ジンクスを打ち破れ!~明徳義塾・市川悠太(ドラフト3位・ヤクルト)~

ジンクスを打ち破れ!~明徳義塾・市川悠太(ドラフト3位・ヤクルト)~野球好きの方なら、このタイトルから察していただけるかな?と思いつつ、ブログを書きます。

今年のドラフトの注目選手は、明徳義塾の市川悠太投手です。
身長184㎝体重75㎏と長身痩躯、スリークォーター気味のサイドハンドから最速149㎞のストレートとスライダー、スプリット、シュート等を操るピッチャーです。

タイトルの意味は、過去に明徳義塾からプロ入りした選手は、大卒・社会人経由を含めても大成した選手がいません。完成度の高さもある反面、プロでの伸び代が期待出来ないところもあるのかなと私なりには見ていますが。
ただ、今回の市川投手に関しては体格的なところも含めてプロでも伸びる素養もあり、3年後ぐらいにはヤクルトの先発ローテーションに入る、もしくは軸になってくれる力を感じています。体の細さもさることながら、ピッチングも粗っぽいというか、明徳のピッチャーらしくない隙があります。選抜なんかでも逆転負けや大量失点する場面があったりと、それが却って期待を高めさせてくれます。

先ずはプロのスケジュールに適応できる身体作りが先決ですが、ヤクルトの場合はピッチャー陣の故障が多く、早い時期からの一軍デビューもありそうですが…腰を据えてじっくり育てて欲しいと思う今日この頃です。
Posted at 2018/10/31 16:53:11 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年10月25日 イイね!

何で、この選手は指名されんかったの!?~東芝・岡野祐一郎投手~

何で、この選手は指名されんかったの!?~東芝・岡野祐一郎投手~今日はドラフト会議。毎年恒例のT◯Sの特番をやっていますが、今回の指名漏れの選手は下記の通りです。

主な指名漏れ選手リスト

細川 拓哉/明秀日立高/投手
米倉 貫太/埼玉栄高/投手
矢澤 宏太/藤嶺藤沢高/投手
羽田野 温生/汎愛高/投手
鶴田 克樹/下関国際高/投手
坂井 翔太/中越高/内野手
中山 瞬/創志学園高/外野手
伊藤 将司/国際武道大/投手
菅野 秀哉/法政大/投手
森田 駿哉/法政大/投手
栗林 良吏/名城大/投手
山上 大輔/立命館大/投手
長沢 吉貴/日本大/外野手
米満 凪/奈良学園大/内野手
岩城 駿也/九州産業大/内野手
逢澤 崚介/明治大/外野手
向山 基生/法政大/外野手
堀 誠/NTT東日本/投手
鈴木 健矢/JX-ENEOS/投手
岡野 祐一郎/東芝/投手
平尾 奎太/ホンダ鈴鹿/投手
安河内 駿介/武蔵ヒートベアーズ/投手
柘植 世那/ホンダ鈴鹿/捕手
笹川 晃平/東京ガス/外野手


結構一杯いますが、この中で東芝のエース・岡野祐一郎投手を取り上げたいと思います。

身長180㎝体重84㎏、右のスリークォーターから最速148㎞のストレートとフォーク、スライダー、カーブ、ツーシーム、カットボールなど多彩な変化球を操る実戦派タイプの右腕です。

このピッチャーは福島の聖光学院高校時代から注目していて、当時は130㎞台のストレートとスライダーの精度が高いピッチャーでした。ただ、球速や体重も70㎏ぐらいで物足りない印象で、大卒経由のプロかなと見ていました。
青山学院大学時代は下級生から頭角を表していて、140㎞台後半に球速を伸ばしてエースになるも、チームは東都大学野球の二部リーグに降格。この時からプロも一目置くピッチャーになりましたが、プロ志望届けは出さず。
そして、社会人野球の東芝ではルーキーイヤーからエースとしてチームを牽引し、ピッチングを磨いて総合力を高めて、複数のチームのスカウトが視察に来ていたとの情報もありました。
今回のドラフトでは確実に先発の足りないチームが指名すると私は見ていました。

ところが、蓋を開けたら、まさかの指名漏れ。これには、文句を言いたい気持ちです。
プロ入りしていくには突出した武器が必要です。150㎞台の球速でねじ伏せるとか、絶対的な決め球を持つとか、投球フォームで変則的でバッターからしたら見辛いとか…岡野投手は投球フォームもオーソドックスで、ストレートも平均で140㎞台前半で、変化球も豊富だけど決め球となるのは…とあります。
けど、制球力も高く、原点である外角の出し入れは高校時代から卓越したものがあり、ピッチャーとしての土台はしっかりしているのに…。

平成最後のドラフトは、プロの認識とマニア(私)の認識のズレを改めて感じたドラフトでした。
Posted at 2018/10/25 22:43:16 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年10月24日 イイね!

日本シリーズのキーマンは…

日本シリーズのキーマンは…やはり、この二人に尽きると思います。

今回は「静」の広島カープ・緒方監督、「動」のソフトバンクホークス・工藤監督の闘いになると思います。
キクマルを軸に、田中宏輔、鈴木誠也、がいて、急成長の野間、パンチの利いた打撃の松山らが控える広島カープ。
対するソフトバンクはシーズン中、抑えのサファテやセットアッパーの岩嵜を欠いたり、内川も途中離脱しながらも抑えに回った森唯斗の奮闘など、豊富な戦力で多彩なオーダーを組んでシーズンチャンピオンの埼玉西武ライオンズを倒した勢いで勝負して来ると思います。

今回のシリーズの勝敗は、「キクマル」の出来次第だと見ています。この二人をソフトバンクの投手陣が抑えると、広島からしたら非常に厳しいです。この二人が機能したら、広島カープにも分があると思います。

勝敗予想は4勝2敗でソフトバンクです。あの強力打線の西武を倒した勢いは、バカに出来ません
広島は抑えの中崎が状態がイマイチというのが気になります。その中で、第1戦の先発予定の大瀬良投手がソフトバンクの勢いを止められるか?初戦を取れたら、番狂わせもあると思います!
Posted at 2018/10/24 22:37:16 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「仕事からの帰りがけ、凄まじいどしゃ降りでノッポ君のナビから、岡山県が大雨特別警報の通知が出るなんてびっくり(-_-;)。」
何シテル?   07/06 23:01
岡山の片田舎にひっそりと住む無粋者ですが、よろしくお願いします。 基本的にノーマル思考で資金もないのでカスタマイズとかは無縁ですが・・・皆さまのこだわりをウィ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

落ち着かないので「陰陽」について書く 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/21 22:18:07
憲法はモンゴル人力士には適用外とマスコミは暗喩してるね(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/04 19:29:00
第229回 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/29 20:26:41
 

お友達

消極的なキャラなのですが、気軽にポチっと押してください。
73 人のお友達がいます
YOURSYOURS *みんカラ公認 深水いずみ(偽名)深水いずみ(偽名) *
株式会社シェアスタイル株式会社シェアスタイル *みんカラ公認 NGW~年間⑯個プレゼント初当選者!♪~NGW~年間⑯個プレゼント初当選者!♪~ *
☆77☆☆77☆ * kyupi5kyupi5 *

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ウィッシュ トヨタ ウィッシュ
2008年6月28日に人生初の新車であるウィッシュを購入。如何なる場面でもフィットする器 ...
トヨタ タンク 「ノッポくん」 (トヨタ タンク)
先代の「白狼」号も頑張っていましたが、先々の事を考えると一筋縄ではいかないと思い、コスパ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.