• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ダブクラのブログ一覧

2018年02月25日 イイね!

気持ちの良い買い物

先日。嫁さんと一緒に休みが取れたので、
東広島へお出掛けしてきました。








タイ料理、いつも通り、うまい!
この辛さと刺激と独特の薫りがたまりません。

嫁さんがウインドウショッピングしている間に、
事前に予約しておいたディーラーへ向かい、
ペルソナのエンジンオイル、エレメント、ATFを交換。

施術後に合流して、とある家電量販店へ。
最近、料理やお菓子づくりにご熱心な嫁さんは、
現在我が家にある、いわゆるターンテーブル式の電子レンジや
オーブントースターでは事足りないとのことで、
スチームオーブンレンジを御所望されていました。

予算の都合上、ある程度の目星をつけてはいたのですが、
メーカーによる差が分からずイマイチ決めかねていたところ。
二十代後半?の女性店員さんから、とても熱心に、
かつ的確な説明とアドバイスを頂き、
夫婦とも充分に納得した上で、この場で購入を決めました。

もちろん三次のお店でも買えますし、
ネット通販でもっと安く買うこともできますが、
よし、この人から買ってあげよう、と思える、
久々に気持ちの良い買い物でした。
小売の厳しい時代ではありますが、
やっぱり、ひととひとのコミュニケーションは大事です。
古いタイプの人間かも知れませんが。

即日持ち帰りできますよ、とのことで
ペルソナのトランクに積載を試みたところ、
深さが数センチ足らず、リッドが閉められず。
後席に置こうにも、ドアの開口面積では箱は通らず。

はてさて、どうしようかと思案した結果…



ピラーレスハードトップが実現した積載性能。
窓全開で積み込んで、無事にお持ち帰り完了。
しっかりアースを取って設置も完了。
手順通りに空焼きもして、




早速、活躍し始めてくれています。
スチームオーブンレンジって、出たての頃のことを思うと、
今となっては、こんなに安くて便利になっていたんですねぇ。
いやはや、隔世の感があります。

いつも嫁さんには、身体に優しく美味しい料理を
つくってもらって、ありがたく思います。



Posted at 2018/02/25 20:48:15 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年01月28日 イイね!

価値観を揺るがす存在

雪に閉ざされてお出掛けする気分にもならないので、
たまには家でのんびり過ごす日曜日。

もう12月初めのことですが、CX-8を試乗しました。
いつものように、VTRは撮ってございません。
試乗したのは、L- packageのFFモデルです。
その当時まだ登録したばかりの卸したてで、
シート以外の保護材もそのままの状態でした。



ドアノブを引いてドアが開くときの感触から心地よいです。
そして目に飛び込んでくるのが、このインテリア。



インパネの意匠はCX-5とほぼ共通としながらも、
色の塗り分け方を変えて、大人っぽく感じます。
シートはナッパレザーも相まってか、座った瞬間に身体に馴染み、
全身が包み込まれる感が心地よく、なんとも言えぬ安心感があります。


マツダ自ら「ユーノスコスモ以来」国内採用と謳う、
本杢パネルです。木目ババーンとは違いとてもシックで、
新時代的な雰囲気が出ていますね。
かつての贅沢な一枚板とは違い、耐久性は高そうです。


ここまでこだわっているのであれば、
こういったケーブルは、視界に入らない方が良いなと思いました。


さて、いざ走り始めますと、真っ先に感じたのが、
ここ幾年も新車で体感したことのない静粛性の高さ。
あらゆる音や振動がバランス良く抑え込んであり、
自分にとっては、とても快適な空間です。
気味の悪い無音ではなく、あくまでも心地よい静けさ。
悔しいかな、スタッドレスタイヤを履いたペルソナの方が遥かに喧しい。

そして、ロールやピッチングは抑えられているのに、
ちょっと轍にステアリングが取られる感があったけど、
でも、突っ張り感が全くない自然な上下動を伴ういなし方で、
zoom zoomを言い始めて以来無かったこの感覚。
なんだろう、この懐かしい感じは。
そう、自分が幼い頃に、HCルーチェやHDセンティアに
乗せてもらった時のことを思い出しました。
悔しいかな、ペルソナよりも突き上げ感がなく、
揺れも少なくて、遥かに乗り心地が良い。
これは是非、2列目や3列目にも乗って試してみたい。

走り感は、言わずもがな。
アップデートされたユニットは、
静かに、そして力強いポテンシャルを秘めつつも、
あくまでも、自分が思う通りに動いてくれるものでした。

総じて、終始快適で居心地が良い空間でした。
3列シート車というものに全く興味の無い、
生活のなかでも必要に迫られていない自分ではありますが、
いまのマツダのラインナップの中では、
もっとも自分の感覚にあった一台でした。
CX-5のハツラツイキイキとした乗り味とは全く別モノ。
こういう落ち着きのある乗り味のクルマを待っていました。

昨今どこのブランドでも、
例えばラグジュアリーを謳うものであっても、
スポーティーで威勢の良い味付けにしがちではありませんか。
フォーマルサルーンの方向性でまとめられたクルマは、
世を見渡しても珍しくなっているのではないか、
と感じていた最中、CX-8の乗り味は目から鱗。
今後のマツダがこの方向で進むとすれば、
かつてのルーチェやセンティアのように、
人を慈しむサルーンが生み出される日も近いのではないか、
と期待をせずには居られません。

さらに付け加えるなら、果たしてボディタイプに対して、
セダンやサルーンと固執する必要があるのだろうか。
とさえ、思えてきました。
それほど満足感の高い乗り味だったのです。
ラグジュアリーなミニバンは、
ひとつのジャンルとして不動の地位を確立していますが、
ドライバーもパッセンジャーも納得できるCX-8、
という選択肢もある。これは、新しい価値観だと思いました。
私と同じ30代からの支持を得ているとの記事にも納得。

・・・それでもやっぱり、個人的には、
落ち着きのあるミニマムなサルーンがいいな。


Posted at 2018/01/28 12:43:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗 | 日記
2018年01月21日 イイね!

121の日は・・・







嫁さんの誕生日に花束を。
ペルソナは、こういう洒落た行いが良く似合う。
普段からペルソナのような優しさで包み込んであげたいですね。
いつもありがとう。

Posted at 2018/01/21 20:26:54 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年01月12日 イイね!

この厳冬に思ふ

日本全国、お寒うございますね。
皆さま、どうぞご安全にお過ごしくださいね。

朝の通勤時間は、写真を撮る時間と気持ちの余裕が無くて、
ビジュアルでご紹介できないのは残念ですが、
こちらでも久々に雪が積もりましたねぇ。
雪下ろしの為に早起きするのはツライですね。

そんな日のひとコマ。




ランティスオーナーの皆さま、お気づきでしょうか。
ハザードスイッチと空調イルミが一部球切れですが(汗)、
デフロスターを選択しても、Autoにしても、
通常はA/C onになるのですが、ここ数日はなりません。

これは、周辺温度が氷点下よりもさらに冷えた際、
コンプレッサーを保護する為のロジックで、
即ち、外気温センサーが故障してないんだな、と分かりますw
ランティスにAMBはありませんが、ひとつの目安になります。
まぁ、そこまで下がる前にガラスの凍結で気づきますよね。

本日は18時の時点でマイナス3℃でしたが、
室内のガラスが凍るのは流石に初めてでした。
まさか室内で薄氷をガリガリ削ることになるとはね。

以下、余談ですが。
普段凍結する要素が何もないときに限って塩を撒くのに、
こんだけ雪がテカテカに凍結しても撒かないんだから、
なんだかなぁ、です。

流石にスタッドレスタイヤ装着率は、ほぼ100%の地域なので、
立ち往生する車は見かけませんが、
慣れていない人も多いので、少々ゆっくり走る人はよっぽど安心。
無闇に車速を出したり近づいてくる車には心底辟易ですね。
ABS、TCS、DSC、そしてAWDが限界に近づくアシストをしてくれますが、
限界そのものを上げてくれる訳ではありません。
そして、ドライバーの技量が向上した訳でもありません。
決して、勘違いしては、なりませんね。

ウチのランティスには、なーんにもついてませんので、
細心の繊細なアクセル&クラッチワークで、文字通り路面と対話しながら、
用心して運転していきたいと、いま一度気持ちを新たに。
うーん、今晩の星空が怖い。新雪よりも凍結の方が怖いから。

Posted at 2018/01/12 20:53:26 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年12月31日 イイね!

年の瀬の日常

ここのところ、有難くも色々と忙しく、
ブログの筆もなかなか進まぬ今日この頃、
皆様ご無沙汰しております。

さて、昨日のことですが。
久しぶりに嫁さんと休みが一緒だったので、
夫婦水入らず三次周辺にお出かけです。

年の瀬だというのに、お店を開いていらっしゃる方々には、
頭が下がるばかりです。本当におつかれ様です。

まずは、三次市三良坂町にある
「MIRASAKA COFFEE」さんにお邪魔しました。








芳しいドリップの香りも、キレの良いコーヒーのお味も、
コク深くも爽やかなチーズケーキも、
メイプルシロップが濃厚のフレンチトーストも、
旧い銀行の建物をリフォームしたお店の雰囲気も、
薪ストーブの暖かさも、気持ちのこもった心地よい接客も、
すべてが至高の空間でした。

続いて、同じく三良坂町にある
パン屋さん「麦麦」さんへ。




こだわりの小麦で、薫り高く旨みのあるパン屋さんです。

実家への手土産に、「三良坂フロマージュ」さんへ。
実力も名高く、県外ナンバーのクルマが集まって居ました。





首輪がタイラップてw

そして本日、広島の実家に到着。
無事に年内の運行を終了しました。


ペルソナのインテリアやシートを磨き、
変な気を起こしそうな色気のある雰囲気に包まれ、
衝動的に写真をパチリ。


iphone6s plusではこれが限界でした。
我慢できずにカメラを持ち出して、


Panasonic LX100にて撮影。
さすがに明るいレンズのデジカメには敵いませんね。
ささやかながら暖かい3.4wの灯りに癒されます。
明るさこそ正義のイルミにはできない表現です。
※小道具提供:fuji323さん
そんなこんなで、いよいよ大晦日を迎えました。

今年も大変お世話になりました。
カーライフを通じた、たくさんの出会いに改めて感謝。
そして理解があり協力的な嫁さんにもひたすら感謝です。
新年も引き続き、どうぞご贔屓に。

それではみなさま、良いお年を。



Posted at 2017/12/31 22:00:31 | コメント(4) | トラックバック(0)

プロフィール

「@TTomo 『愛車遍歴』に登場したときの写真を掲載していますねぇ。」
何シテル?   04/18 23:19
●ウチのランティスは墓場まで乗って逝きます。 5ナンバーサイズにV6-2L。そして、機能的なクーペデザイン。 もう二度とこの世に生まれない、或る者には価値あ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

黒を取り戻せ! ルーフモール編 PART-2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/20 00:17:41
ウインドウグラグラ完結編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/20 00:14:13
ウインドウグラグラ完結編4 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/20 00:13:43

ファン

86 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ランティス マツダ ランティス
1993年8月20日 防府生まれ ↓ 1993年9月 広島で登録 ↓ 2004年5月 登 ...
マツダ ペルソナ マツダ ペルソナ
2016年、ついに出逢えました、マツダ ペルソナ。 とあるペルソナ情報通からのタレコミを ...
マツダ ペルソナ マツダ ペルソナ
「僕の趣味は、ペルソナです」by奥田瑛二 親父が乗っていた、思い出の一台。 私が幼稚園 ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ただただ、デザインに惚れました。 マツダ ロードスター クーペ (そこそこ)新しいのに ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.