• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かがやき自動車倶楽部のブログ一覧

2019年07月08日 イイね!

ソニカK4GP仕様へ2

足回り、
赤でドレスUP!
alt




alt

キャンバーは目一杯。

左だけマイナス5度くらいつくも、

右はマイナス3度程度だったので

両方を約マイナス3度で統一。


トーは0度。

alt

まぁ、とりあえずフェンダー内に収まりました。

超ツライチ使用です!!


最低地上高は約11cm。

もう少し行けそうですが、

公道を安心して走りたいのでこの高さに。



手もちの計測機でアライメント調整やったので、

精度は???ですが、

とりあえずまっすぐ走ります。

本番前にはプロにしっかりと調整してもらおう・・・。



メーターは、

部長マイカーのデフィーSMART ADAPTER Wを移植。

メーター周りはすきっりです。

これからセンサー類も移植します。。


alt


ロールゲージ間に合うかな。。。


Posted at 2019/07/08 20:01:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | ソニカ | 日記
2019年06月28日 イイね!

ソニカK4GP仕様へ



アフターパーツの少ないソニカ。
DTMさんの触媒を組み込み、
足回りを組み、
タワーバー、リアタワーバーを組み、
コペンのブレーキ移植。

純正のエアインテークは、
エンジンルームの熱気を思いっきり吸ってしまうのではと考え、
バンパー開口部から簡易ダクトを作成し、
直接純正のエアクリーナへ取り付け。
これで走行風が思いっきり吸い込めるか?


あくまで純正外観は失わない事を重視です。

結構イイかも!
Posted at 2019/06/28 19:11:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | ソニカ | クルマ
2019年06月23日 イイね!

ソニカの計画。

ソニカのサスペンションキットが届き、
早速取り付け。

今回は、トラストさんのPSコンパクト。
理由はネットで新品の最安価格だったから・・・・。

まずは、フロントサスのスプリングをばらして、
べステックスさんのバネと、スイフトさんのヘルパーを装着!
今回はフロント120Nにヘルパーです。

キャンバー調整が出来るタイプのマウントですが、
車体に取り付けてみると、
本体の取り付け穴が小さいので、
あまりキャンバーはつけられずに残念・・・。

これから部品が届き次第、
ロアアームとタワーバー、
そしてコペン用のキャリパーセットもつけるので、
今回は細かなキャンバー調整は見送りです。

そして、次回はCVTのクリーニング!
CVTクーラー取り付け前に行います。
トルコン太郎で、何度も洗浄し、
オイルパンもきれいにしてCVTをリフレッシュします。
はたして効果はあるのか?・・・。
これで壊れたら仕方ありません。
Posted at 2019/06/23 15:50:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | K4GP | クルマ
2019年06月14日 イイね!

AT車に優勝のチャンス?

K4GP夏のエントリーが始まりました。 今回2019で出場したプレオプラスをターボ化して出場するか、 ソニカにするかで悩み、 最終的にはソニカで出場する事に決めました。 色々と悩みましたが、 関西のパワーハウスDTMさんに、 プレオプラスとソニカについて色々とアドバイスを頂きました。 とりあえず、 ソニカでK4GPの前に7/14のヒーローしのいの軽耐久に出場し、 様子を見て、K4GPという流れを検討。 DTMさんのプランではタービン・エキマニ加工。触媒加工。ハイエンドブーコンというプランがお勧めの様です。 K4GP後に導入を検討です。 今回の夏のK4GPは来年は五輪の為中止との事なので、 5時間と10時間の両レースにエントリーを検討です。 5時間に関してはAT車で総合上位入賞、あわよくば優勝?、 10時間はATクラス入賞をめざします。 2019冬の7時間ではNAノーマル仕様のプレオプラスで123周。 しかしSCカーが入り実質5時間40分で123周でした。 これを5時間に換算したとすると108周。 夏冬の違いを考量しても、 NAからターボ変更の方がアドバンテージはあります。 2018年5時間の総合優勝が103周。 2018年5時間のATクラスのクラス優勝が97周 今年の冬のペースで走れれば、充分に優勝が視野に入るではないですか! 2018年はかなり燃料が絞られたので、クラスの差が縮まったようですが、 2018年と同条件ならATクラスにもチャンスがあります。 AT車で総合入賞出来れば偉業達成です! そんな皮算用を元にK4GPにエントリーです。
Posted at 2019/06/17 08:39:01 | コメント(0) | 日記
2019年04月29日 イイね!

本庄サーキット軽one耐久NNクラス2019第2戦

本庄サーキット軽one耐久NNクラス2019第2戦
今回は、学生大会も併催でなんと21チームのエントリー。

レース前は荒れるかもしれないと危惧していましたが、
レース中は皆さんマナーが良く、
抜きつ抜かれつの展開で、
楽しく、気持ちよく走れるレースでした。

しかし本日、
レースを振り返ると・・・。
痛恨のミスをしていたことが判明!!
なんとドライバー交代を10回で良いところを
11回しているではありませんか・・・。


レース中、オフィシャルに毎度申告していたのですが、
どこかで忘れがあったようです、
可能性があるのはおそらく、
最初のSCカー導入時、
周りもバタバタしており、
予定外の交代で、コチラも申告を忘れていたようです。
これはショック!!

初歩的なミスですが、
これがレースの怖いところデスね・・・。



他にも、今回は、
ブレーキパッドをスぺコンKから、
アクレ700へ変更。
これが良くありませんでした。
ブレーキフィーリングは劇的に変わり、
パットは炭と化し、
ゴールしパドックに戻る頃には、
煙がモワーと・・・・。

そして、タイヤも影響でいつもより負荷がかかり、、
ワイヤーむき出しでバースト寸前でした・・。

MT車ならアクレ700で十分なのででしょうが、
やはりAT車両は、エンブレが効かない分
ブレーキ負荷が想像以上に高い様です。

パットは新品でもケチってはいけないと
我がチームの新たな教訓になりました。

残り1時間、
1つ上の順位を走行していたライバルチームのCSWさんの順位をかなり意識していましたが、タイムは伸びず追いつけませんでした。

何とか完走まで持たせたものの、
もし途中で、
SCカーが入らなかったら、
たぶんブレーキも、タイヤも持たず、リタイヤだったかもしれません。。。

レース終了後にパドックに戻り、
パッドとタイヤを確認すると、
想像以上の状態だったので、
ヒヤッとしました。

今回のレースは多くの教訓と収穫がありました。
無線のインカムによる状況に応じた作戦や、確認方法、
ブレーキと足回りのセッティング、
など、次戦に繋がる材料を多く得ることが出来ました。

Posted at 2019/04/29 22:09:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | プレオ | クルマ

プロフィール

「ソニカK4GP仕様へ2 http://cvw.jp/b/2922824/43034755/
何シテル?   07/08 20:01
部長の知り合いの集まりで結成しました。 タイヤ交換の経験すらないメンバーとともに倶楽部を設立。 最近はメンバーもタイヤ交換ができるようになりました。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

愛車一覧

スバル プレオプラス スバル プレオプラス
群馬県なのでミライースではなく、 あえてのプレオプラス。 良くできた車です! 2019 ...
スバル プレオバン かがやきS9号 (スバル プレオバン)
本庄軽one耐久N-N(ノーマル)クラス 出場の4ATです。 2018年3月31日 軽 ...
スズキ アルト アルト・CVT・C2号車 (スズキ アルト)
本庄軽one耐久N-N(ノーマル)クラス 出場の「アルト・CVT・C2号車」です。 プレ ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.