• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かがやき自動車倶楽部 部長のブログ一覧

2020年08月05日 イイね!

マツ耐のコースレコードに写真がUP!

マツ耐のコースレコードに写真がUP!
https://endurance.mazda-fan.com/courserecord/tsukuba.html
ラッキーでした!
嬉しいやら、恥ずかしいやら・・・。
来年も更新しやすいレコードですヨ!

次回の袖ヶ浦について検討を始める。

デミオXDカタログ値
ATの変速比見ると
1速3.552
1速2.022
3速1.452
4速1.000
5速0.708
6速0.599
ファイナル3.389

エンジン特性は、
パワー105ps(77kW)/4000rpm
トルク25.5kg・m(250N・m)/1500~2500rpm

ATの変速タイミングロスを考慮すると、
あまり多くのギアを使うことは得策ではない、
なるべく少ない変速回数で走りたい。

回転数の1500~2500がトルクのおいしいとこなので、
これを念頭に、
カタログ値を参考にギア比を計算すると、
3速2,000回転で速度が44km。
4速4,000回転で速度が130km。

どうも、
3速、4速の2つを使い
直線で5速に入れるか入れないかでちょうどいいのかもしれない。

これならシフト操作も上下のみ!
コーナー前に3速に下げ、
立ち上がり後は4速へ、
かなり楽ちん。

横滑り防止機構(DSC)もOFFにできないだろうか?
コーナーリング中にかなりロスがある。
さらに言えば、
エンジンONの度に、自動ブレーキを解除しなければいけない。
解除するにもマツコネの立ち上がりがに時間がかりロス。
これらもこれから研究。
Posted at 2020/08/05 17:48:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | マツ耐 | 日記
2020年08月04日 イイね!

マツ耐千葉ラウンド受付申込。

茨城が終えたと思ったら、
もうすでに次の次の千葉ラウンド申し込みが開始されたので早速申込。

8/23に本庄軽one耐久NN戦があるので、
これの準備と並行して作業しなければ・・・・。。

マツ耐千葉ラウンドが開催させる袖ヶ浦フォレストウェイは、
実はまだ走った事がありません。

全くの未知のサーキットなので、
今回は、
来年に向けデータ収集です。

10/18の静岡ラウンドは、本庄軽one耐久NNの最終戦と重なるので、
マツ耐は今年は茨城と千葉の2レースで終了です。
マツ耐に本腰を入れるとなる来シーズン以降となりそうです。


筑波ラウンドでは、
①Dレンジ固定。
②タイヤは泣かさず温存。
を事前に決めていました。

Dレンジ固定した結果。
レース後は燃料計の目盛りが4つ残り、
逆算して残量10L以上は残ったでしょうか。

AT変速プログラムにはストレスがたまりましたが、
見方を変えれば、
エコ寄りのAT制御は、
回転数をほとんど上げず、、
エコ運転を知らせるI-DMランプが、ほぼ青状態で、
一番悪い指標となる白ランプは、見ている限り点灯しませんでした。

しかし、TC2000の第2ヘアピンでは、
旋回中に勝手にATがシフトダウンして、
後輪がロックしかかり挙動を乱すという場面が何度かあり、
予期せぬ挙動にヒヤッとしました。

燃費にゆとりがあることが分かったので、
変速のタイムラグがあっても、
ATの変速シフトを活用してシフトと回転数を管理できれば
タイムは良くなるかもしれません。

プレオの様にS、Bレンジがあれば楽ができますが・・・。

ただ、そうなるとMTでもいいじゃないかと・・・。
というより、
MT車が欲しい・・・。

タイヤは、
温存を意識した割には減りが気になります。
今回は初参加だったので、
ゆとりを持ちたいと考えフロントRE71RSを奮発しましたが、
千葉ラウンドでは、コスパ重視で前後VITOURに変更です。
定価ベースだと、なんせ半額近いですから・・・。

パッドも、
今回はproject-μを使いましたが、
耐熱温度がやや高いDIXCELのZに変更(~850度)

あとは足回りですが、
車体は激安の中古購入なので、
歪みがあるのでキャンバーの調整はなかなか難しく、
次回にむけて足回りを考えます。
Posted at 2020/08/04 16:25:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | マツ耐 | 日記
2020年08月03日 イイね!

マツ耐初参加!

マツ耐初参加です。
会場は筑波サーキット2,000(TC2000)コース。

新型コロナに警戒しつつのレース。

今回は、ピットクルーも、サポートもなし、
ドライバー1人だけの参戦です。

alt


ドラミはZOOMで開催され、
人と接触したのは、
屋外のみで、
マスクをつけ、ソーシャルディスタンスを十分にとり、
隣のパドックのドライバーと話したのと、
外のテントで受付時とリザルト票をもらうのと、
車検の時ぐらいです。

トイレ以外に建物には一切入らず、
他の参加者とも、
屋外でかなりの距離をおいてマスクを装着し会話。
流石に1日中ヘルメット装着は無理でした。。

トイレ以外は、
屋外か自車内なので、
外から自車に戻る際には高濃度のアルコールスプレーで手指を含め消毒。
おかげでかなりアルコール臭い1日でもありました。
感染症対策も十分ではないでしょうか。
何よりも屋外の紫外線は強烈です。

alt

さてさて、
レースの方は、
今回は部長の普段の足車であるディーゼルのデミオXDの6AT。
過去のリザルト見ると、
ディーゼルデミオはTC2000のタイムは、1分16、17秒。
これまでのTC2000での私のタイムは、
つるしの足回り仕様のMTのスイスポZC31で、
1分10秒を目標に走っていた経験もあり、

テストは無しでも、その時の経験で、
想定タイム1分15秒ペースで
十分に戦えるだろうと甘く見ていました。

しかし、予選で「?」
体感速度が遅く感じます。
コイツのトルクはこんなもんじゃないはず・・・。

ラップタイマーが作動しない為、
感覚に頼るも、
明らかに他車の遅れまくります・・・。

これはダントツに遅いかも・・。
結局、
予選は1分20秒で16位/17位。

決勝は99周で総合14位。
決勝1分21秒。
とタイムは振るいませんでした。
コース上でも青旗を振られ続け、
コースを外し、タイヤカスを拾いまくりとなりました。
それでも、今年からラップタイムが新たに変わるそうなので、
NR(新記録)となりました。

優勝は、お隣のパドックのロードスター。
新型コロナの影響であまり話はできませんでしたが、
広島からの遠征で親子コンビドライバーでの参戦でした。
新型コロナでこうした交流が減少してしまうのも悲しいですね。

出走前には、
いくつかトラブルが・・・。
①車検でボルトの固定方法で指摘を受け、4点ハーネスから3点シートベルトに変更。
②後付け水温計が故障。
③ラップタイマーが故障。
と決勝前に既にトラブル続出・・・。

走行中は、
筑波はタイムの電光掲示がコースから見えないので、
周回タイムが全く分からずペースがつかめず、
ATの変速が怪しくなり、
コーナーリング中にシフトダウンで挙動を乱すなどATの変速に苦しみ、
立ち上がりの加速不足と、
ストレート区間アクセル全開でも140kmに届くかどうかという加速で、
突き放され、

PIT時にブレーキからモクモクと立ち上る煙が見えるのは、
塗料やタイヤカスが燃えているせいと言い聞かせ、
ブレーキの効き具合を確かめつつ走行。

レース後のパッド(projectーμ HC+ ~800度)
alt

制動の低下は感じませんでしたが、
一部炭化していました。
alt

ブレーキは2時間半持ちましたが、
あれだけフロントヘビーな車体だと、
速度域が上がると、
もう少し容量にゆとりがあった方が良いのかも。

タイヤは、
今回はスキール音を出来るだけ鳴らさず、
タイヤを出来るだけ温存を心掛けましたが・・・。

レース後のリアタイヤ VITOURテンペスタ205/50R15
alt

レース後のフロントタイヤ RE71RS:225/50R15
alt


気温は33度位まであがりましたが、
幸い、
クーラーをつけての走行が義務付けられていたので、
その点は助かりましたが、
レース前に水を500ml。
3回のPIT時にスポーツドリンク合計1L以上飲んだものの、
帰宅後、軽い熱中症の症状か頭痛に襲われました。

とにかく課題が満載です。
次戦というより来シーズンに向けて、
本庄軽one耐久の様に、
問題点を少しづつ解決しつつ表彰台を目指すか、
それとも、足車は足車と早々にあきらめるか・・・。
それよりも、ノーマルクラスにエントリーすべきかも・・・。

と、今月は本庄軽one耐久NNクラスも準備しなければ・・・。


最後に、マツ耐後に開催されていたF4?SFJ?。
alt

alt
 
Posted at 2020/08/03 16:05:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | マツ耐 | 日記
2020年07月27日 イイね!

ネガキャン4.5度。

本庄軽one耐久NNシリーズ用のプレオCVT。

今年1月の第1戦ではフロントキャンバーは-3.5度。
これまでで最大のネガティブキャンバー角だった。
それでも左フロントの外側のタイヤはワイヤーが露出。
タイヤへの負担も大きかった。

そこで更にネガティブキャンバー化を進め、
今回は-4.5度。
トーは0。
旋回性をUPを目的に若干トーアウトという方法も考えたが、
長丁場のレースなので安定性を重視。
alt
なかなかなハの字具合。
不思議な事に上から見るとタイヤハウスからはタイヤはみ出ていない。
加速感もあまり変わらなかった。

今回は足回りの大幅な見直しを実行。
バネレートを見直し、
キャンバーを変更。
更に他ミラのフロントスタビライザーを勢いで装着。
(正直スタビにはあまり期待はしていないが・・・)

フロントのキャンバーはまだまだネガキャンがつけられるので、
更に煮詰められそうである。

サーキットデビューの新メンバー2名がチームに加わる予定なので、
8/23に向けひと調整とテストが必要だが、
新型コロナ次第か・・・。
Posted at 2020/07/27 17:35:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | プレオCVT | 日記
2020年07月24日 イイね!

感染拡大と耐コロナ対策でのマツ耐。

再び大都市の感染率が上がってきた。
再び県外移動の自粛要請が出る可能性もある。
せっかく草レースも開催され始めたのに、
また自粛モードに逆戻りか・・・。

しかし、このまま感染拡大が進めば、
大変な事になるのは間違いない。

私たちのグループでも2月から新型コロナに対して、
設備投資を含めた対策を色々打ち続けているが、
他の業種同様に私たちの医療・介護業界も経営的にも大きな打撃を受けている。

デイサービスに至っては、
複雑の事務手続きをその都度行い、
利用者一人一人に同意をもらい、
利用者自身にも負担を求めて、
ほんの少しだけ料金を上乗せしてイイよという、
ふざけた国の通達が、
利用者団体からも介護業界からも多方面から大ヒンシュクを買っている。

「知られざる日本のコロナ対策「成功」要因──介護施設」(NewsWeek日本版)https://news.yahoo.co.jp/articles/468f3fa9418f69f3c1c49e1297389b2519347f1a
の記事の様に、もっと医療・介護施設の地道な対応を評価しないと持ちこたえられないだろう。

こんな状況で医療・介護業界に、
「踏ん張りどころです。頑張りなさい」と国から言われるだけの一方で、
GOTOキャンペーンで旅行に行って経済を回せと言われても・・・・。

こんな政策を続けていれば、
やがては医療・介護従事者の心が折れ、
医療・介護施設が経営困難に陥り、
医療・介護崩壊が起き、
医療機関も介護施設も利用できなくなる状態になるのではないかと心配である。

心配していても気持ちを切り替えなければやってはいけません。
8/2のマツ耐は開催の方向なので、
感染者0の自衛隊を参考に防御を高めて行ってきます。

ドラミはZOOM。
書類等は出来るだけ事前に申請し、当日もWEB申請を活用。
会場到着からレース中も帰路につくまで随時ヘルメット装着でマスクも着用。
2時間半1人で走り、基本車両から降りない他者と接触しない。
PITクルー1人にして、装備はドライバー同様。
会場では、他の人とは会話をせずにソーシャルディスタンスを維持し携帯と無線で会話。
高濃度アルコール持参し車両乗降時などの常に消毒。
さらに帰宅後は、装備品は家の前で直ちに脱ぎすぐに消毒し最短ルートで浴室で入浴。
その後、高濃度なオゾン発生器で車内と装備品をオゾン薫陶。

今現在考えられる限りのコロナ対策。
これはもはや楽しいレースと言えるのか?・・・。

初参加となるマツ耐は、ディーゼル6ATのデミオXDで参戦。
少しでもコーナースピードを速めようと
15インチの6.5JのSSRのタイプMに無理やり前225/55のRE71、
後ろに205/55のVITOURテンペスタを装着。
alt
昔はメッキ、メッキでヤン車両に見えたSSRのタイプM。
ミラーカバーとドアハンドルのメッキパーツと意外とマッチ。

レース前にエンジオイルとブレーキパッド&フルードを変えて、
いざ出陣!!
Posted at 2020/07/24 16:54:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | マツ耐 | クルマ

プロフィール

「オフ会参加してみようと思っでいたけど、ココまで状況になるとは・・・。。」
何シテル?   02/27 17:54
KDmsc(かがやき どらポケ MotorSportsClub) 「デイサービスセンターかがやき」の送迎スキルUPと、 障害者社会復帰プロジェクトとしてスタ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

スバル プレオバン (CR1号車)どらポケぷれおMT (スバル プレオバン)
営業用のCR1号です。 MT車両です。 社長が営業等で乗る事が多いので社外的にも恥ずか ...
スバル プレオバン (CR2号車)どらポケぷれおCVT (スバル プレオバン)
介護居宅訪問車のCR2号でCVTです。 ええ、普段は大人しい働き物で者ですよ! 平日は、 ...
ダイハツ エッセ (CR4号車)どらポケえっせMT (ダイハツ エッセ)
営業用のCR4号車。 グループでも2台しか配備されていない希少なMT車。 営業用途で使 ...
ダイハツ ソニカ (CR3号車)どらポケそにかCVT (ダイハツ ソニカ)
元デイサービス送迎車のCR3号です。 CVTです。 「元」デイサービス送迎車の「元」と ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.