• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tsukaponのブログ一覧

2018年06月21日 イイね!

570SとNSX サーキット走行動画比較




まずは,570の走行動画
外の白浮きが酷くて申し訳ございません。
これでも最大限動画処理したつもりです。。

動画3週目が,ベストの31秒6でしょうね。
キッチリ止まって立ち上がり重視ができてる分,例えば左の加速しながらの5コーナー後の6コーナー直前は,一番速度乗ってます。
それまで2週は180キロなのに190キロかな?

上手い方は見れば分かりますが,まだまだ改善の余地はあります。
逆に言うと,30秒切りもそんなに苦労や危険と隣り合わせな訳でもないでしょう。






次に結構前ですが,NSXの走行動画
このときは37秒2で,ベストはその後36秒9を出してますが,0.3秒なので,この動画と殆ど変わりありませんね。


なんか,こっちの方が楽しそう,気持ちよさそうなんですけど。。

これはCSLの時も感じました。
パドルだとどうしても自分でやることが減る分,動画から楽しさは伝わってきません。
実際はパドルでも勿論楽しいんですけどね。

でも,MTでビッとシフトダウンとか決まった快感の方が,「あれ?俺って結構うまくね?」という勘違いができて良いのかもしれません。w

このままNSXで走行を続けると,どうしても35秒を切りたくて余計チューンしたりとなりがちです。
ぶつけてしまうとか。

でも,私としては,もう少し一般道に振りたい。
パッドはサーキット用だとすぐに減るしカスが酷いので,ストリート用に。
車高もフロントを1センチ上げる。
タイヤはパイロットスポーツ

マフラーだけはワンオフのままにするかな。

この仕様で,たまに走行して38秒ぐらいで楽しんでいるのが,良いのかな~
570は限られたときだけ走行して。
30秒のレベルだと,電子制御に頼らざるを得ないですし。

570でサーキット走行なんて一年前は夢の夢だったのに,やったらやったで色々考えるものです。
Posted at 2018/06/21 14:15:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | マクラーレン | 日記
2018年06月21日 イイね!

レッドブル ホンダ ばんざーい

サッカーにあまり興味のない私は、こっちの方がビッグニュースです。

ルノーエンジンでルノーより速いレッドブル
要するにシャシーの良さは証明されている訳です。

来年ホンダエンジンが、メルセデスやフェラーリと対等にバトルしているところが見られるかも。
ワクワクo(^-^o)(o^-^)o

マクラーレンもレッドブルより速いシャシーを開発して、絡んできて欲しい。
こんな素晴らしい市販車作れるんだから、天狗にならなければ絶対できます。



先日の動画は画像処理中ですが、若干暗く出来ました。
あんま変わらないけど. .

あとはバックミラーのマスキングできればアップしようかな。

面白い比較しようと思います。
NSX の走行動画と比較して

結論先だしすると、NSX の方が楽しさは上に見えます。
タイムは5~6秒遅いですが。
MT であることが大きな要因でしょうか。
あとは手懐けられる範囲内の性能だからか。

今後の方向性が見えてきます。
結局のところ、大好きな車で走れば、それでいいのではと。
タイムなどどうでも。
Posted at 2018/06/21 09:27:10 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年06月19日 イイね!

十勝ストレート 時速275キロ

サーキットで今までどんな車に乗っても,外とタコメーターしか見ていないので,ストレートエンドで何キロか分かりませんでした。

ウラカンだと,最高速何キロとメーターに出るのですが,マクラーレンにはそんな機能はありません。


ただ,外の白浮きが甚だしい動画を見返すと,メーターばっちり写っていました。
ストレートのブレーキ直前で最高275キロですね。。

ただ,ストレートスピードは最終コーナーの立ち上がり如何で,大きく異なります。
ゆっくり立ち上がって,それからアクセル全開にしても,全然速度は乗りません。
私の立ち上がりテクニックが,ソコソコ良いということもご勘案下さい。w(あくまでソコソコですが。。)


NSXでも250キロも行っていないと思います。
多分230キロぐらい?
改めてすげ~車だ。。


白浮きが激しいですが,動画処理で何とかならないかな?

少し暗くできて,バックミラーに映った私のお目目の処理ができたら,アップしようかな~
Posted at 2018/06/19 16:50:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | マクラーレン | 日記
2018年06月18日 イイね!

TDCC走行会 まんきつ~

TDCC走行会 まんきつ~この週末は忙しいものでした。

金土は旭川出張
土に帯広に入り,日曜に十勝でTDCC走行会
焼肉懇親会も満喫し,月曜に帰る

まず,旭川から地元に帰って帯広だと,6時間コースになるので,旭川にマクラーレンで入る。
土曜は仕事終わったら旭川から富良野を通り,トマムで高速に乗り帯広入り。

これを何とか燃料補給せずに行けました。


ていうか,帯広ガソリン安い!
地元が高いのか。。

日曜は朝早く起き,サーキットへ。
この走行会は,走行会の素晴らしさもさることながら,コース外で試乗車が沢山あるので,大忙しなのです。


まず慣熟走行
の前の10分間を使い,812スーパーファスト試乗
この車を試乗できるって凄くね?
素晴らしいですが,なんか,シフトの瞬間若干ブレーキがかかる感じが気になりました。

マクラーレンに慣れると,太いセンタートンネルが,「重量物をできる限り真ん中にという考えはないのね。」という感想になってしまいます。


若干遅刻して慣熟走行参加。


そして一本目
あまりクリアが取れないので,早々に切り上げまたまた試乗へ。
タイムは1分38秒


まず,アルピナD5
これ凄く良かったです。
3リッターディーゼルターボ
四駆なのね。
低速トルクも凄い。
このモデルから,従来オプションだったブレンボブレーキが標準だと。
ホイールも鍛造と言ってたかな?(ていうか今まで鋳造だったのか。。)


次にアルピナB3S
D5の後だと,低速トルクがない。(比べるとね)
モデル末期なので,若干古臭さを感じる。
大きさは丁度良いです。


そして,X2
FFベースになりましたが,いいんでない?
やっぱり,他メーカーより若干エンジンはフロントミッドシップになるように置いているらしいです。
ただ,FFの最適重量配分は60:40だそうで,50:50ではないと。
まあそうですよね。ホイールスピンしてまうわ。
ただ,192馬力ぐらいだったか,もう少し欲しいですね。


次に,シビックタイプR
シフトの感じはホンダらしくコキコキですね。
アクセル奥過ぎて,ヒール&トーできない!と思ったら,自動ブリッピングついてました。w
だとしても,ペダルの高さ合わせて欲しいところです。
印象は,とにかく重いです。
300馬力以上あっても,この重さじゃあね。


このタイミングで2本目だったでしょうか。
今回の目標は,ブレーキぎゅ踏みで前回の(車の性能から見ると)不甲斐ない35秒からのタイムアップなので,ESCを切りはしないですが,1回押して半切りに。

一応持ってきたGopro2(3じゃなかった)の電源オン
ただ先ほど動画見ましたが,外の白浮きがひどくて見れたものではないので,アップしないことに。
バックミラーに映る私のつぶらな瞳を消すのも面倒ですし。

クリアが取れたので,2周真剣に走り,もう少しと思い,結局3周真剣に走りました。
どの周か分かりませんが,ベストタイムは1分31秒6
動画みたところ,最後のアタック3周目かな?


1コーナーブレーキは150m看板でちゃんと止まれます。
ていうか,この車本当に凄い。
タイヤはPゼロコルサで,サーキットを走るには決してハイグリップな方ではありません。
でも,前輪も後輪もグリップを感じます。

無事走り終わり,3本目は2クラス混走でどうせクリア取れないので,走らずにまた試乗。


Eクラス63S
こりゃ~獰猛だわ。
当たり前ですが重いです。


次にGLC43クーペ
親父のC43と同じエンジンV6ターボで小気味良いエンジン音
ですが,重いです。
この車体でこのエンジンは最低限必要で,普通のは明らかにパワー不足では?
と感じてしまいます。


でレジェンド
これが予想外に印象良かったです。
ターボ全盛の今,NA3.5リッターV6が,旧NSXを彷彿とさせる軽い回り方をします。
低速トルクはモーターで補充
乗り心地も良かったです。
でお値段700万ですと。
そうすると。。


アウディVWも沢山試乗車あるのに一切乗らないのも何なので,RSQ3試乗
直5ターボの独特なビート音が良いですが,それ以外は特に印象なし。



ということで,試乗をまとめると,D5とレジェンドが欲しくなりました。
買えませんが。
基本的には全部重いはずなのに,D5とレジェンドの印象が良かったのは,スポーツに振っていないからでしょうか。
スポーツに振られると,「いや,重いよね。」と感じるらしい。


一つショックだったのは,帰りの田舎一般道で結構なうねりがあるところをソコソコのスピードで乗り越えたとき,車体が下がったときに「ガッ」と嫌な音が。。
洗車しながら下をのぞき込むと,リアディフューザーの一つに擦れた傷が。。
かなり覗き込まないと見れないところなのがまだ救いですが,若干心に傷が残りました。
ゆっくり乗り越えればよかった。

ディフューザーはかなり低いから,車体が下がると路面と接触するかもなのね。。


ブレーキも走行後は,踏むとサーと少し音がするようになり,今朝は治まっていましたが,高速降りるとまた若干音が。
一般道で何回か踏むと,音はしなくなりました。

なんかディフューザー擦りとこの音も含め,気を遣う車ですね。。

やっぱりハードに走るのはやめようかな~
パッドも,特にコース外側である左側は,右側より減ったような。
上手い人が走ると30秒切れるとは思いますし,一つの目標にしたいですが,お財布の心配が先に来てしまいますね。


最後に,毎年ながら素晴らしい走行会を運営して下さった幹事の皆様
ありがとうございました。
Posted at 2018/06/18 18:09:14 | コメント(4) | トラックバック(0) | マクラーレン | 日記
2018年06月14日 イイね!

570LT またまた魅力的な車を。。

570LT またまた魅力的な車を。。いちいち情報を小出しにしてくるマクラーレン

最初の報道は,確か英語でしたが,リアバンパーの写真で,「何かあるべきものがないよね。」みたいな感じでした。
そう。マフラー出口が見当たらないのです。

そして,この報道。
セナと同じく上方排気であることが判明。

570Sは,リアバンパー左右下方にマフラー出口があり,上の網目から覗くと,リアバンパーの裏中央あたりにかなり大きな太鼓があります。
恐らくチタンなので最初から軽いのでしょうけど,これがないとなれば,10キロ程度の軽量化と「イイ音」化があるでしょう。


それにしてもこの小出し手法,「小悪魔商法」と名付けてよろしいでしょうか?w
まるで男心を手玉に取る小悪魔女性です。

そして,私はこれ系に弱いです。
かつて・・
おっと!余計な過去をしゃべるところでした。w



570Sでおなか(と財布)一杯な私は,このLTがホスイまでは行きませんが,スポーツシリーズ大好きなので,そのうち究極系で行きたいですね。

ただ,675が650に比べ本当にロングテールだったのに対し,恐らくロングテールではないと予想されます。

スペチアーレモデルがLTということなのでしょう。
もう少しで720が買えるぐらいの価格なのでしょうね。


まあまあ,そんな夢物語は置いておいて,ひとまずは570Sを真に理解するために,前回は十勝クラブマン1コーナー前250mぐらいからふんわりブレーキングしていたものをw,次は150mからぎゅっとブレーキングできるよう頑張ります。

Posted at 2018/06/14 16:45:57 | コメント(3) | トラックバック(0) | 気になる車 | 日記

プロフィール

「@Mae さん 今まで交換してないなら、フロント左右やってもいいかも。亀裂あるか見てもらう手も」
何シテル?   04/09 18:00
NSXが出た当時からのファンで、いつかは乗りたいと思っておりました。NSXタイプSライムグリーンメタリックは最も欲しかった色で、程度の良い車に出会えました。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

えむにくん1周年記念に取付パーツを振り返る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/15 07:25:09
RECARO モータースポーツシェル SP-GT2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/15 18:12:52

ファン

66 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ NSX ライム号 (ホンダ NSX)
平成21年6月19日納車。この日は昔からの夢を実現した記念すべき日となりました。 内外装 ...
三菱 ランサーエボリューションX 親父エボテン (三菱 ランサーエボリューションX)
平成30年3月5日納車 親父がC43に乗り換えるにあたり、この希少な絶版車を市場に出す ...
マクラーレン 570S クーペ カマキリ号 (マクラーレン 570S クーペ)
平成30年4月10日納車 マクラーレンスポーツシリーズこそ、旧NSX の正統な王位継承 ...
メルセデス・ベンツ GLKクラス メルセデス・ベンツ GLKクラス
平成28年12月27日納車 生まれて初めて所有したSUV車 初めてのメルセデス アイ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.