• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

紺の豚のブログ一覧

2018年07月04日 イイね!

24年ぶりの新車

24年ぶりの新車Rover75がドナドナされて3ヶ月。ローバーP6とアルファスパイダーの旧車二台で何とか回していた当家に、24年ぶりに新車がやってきた。それはBMWのX1 ターボディーゼルだ。

75の後継はすでに1月ごろから選定に入っていた。私も嫁さんも1990年代前半にエスクード5ドアに乗っていたことがあり、「次は小さい四駆がいいなあ」と言っていた。その上、嫁さんがテニススクールで見たX3のターボディーゼルが「かっこいいのに燃費が良いらしいよ!」と惚れ込んでいたので、次はBMW X3かなと思っていた。
でも実際にディーラーに行ってみると、デカい!幅が1900mmあり、当家の駐車場ではギリギリだ。どうせ1900mmならレンジローバー・イヴォークはどうかと思い見に行ってみたが、好みの外内装だと高い!レンジローバー/ジャガーのディーラーで眼に留まったのが、サンプルだけがきていたジャガーのE-PACE。イヴォークより随分安いので試乗させてもらったり、イヴォークを当家の駐車場まで持ってきてもらい入れてみたが、やっぱり大きい。いろいろ見た結果、幅1820mmのX1に収まったのだ。

次の問題は色だった。嫁さんは色にうるさい。街中で見てもBMWは白と黒ばかり、その次はシルバーで、あまりにチョイスが少なすぎて、かつみんな白ばかり。今まで人と違うクルマばかり乗っていた我々夫婦にはそれが気に入らない。E-PACEには鮮やかなレッドがあるが、そこまで踏み切れない。白外装にブラウンの内装か、青外装にベージュ内装か。結局私が押し切って、私が好きな色であり「紺の豚」の復活となるメディタレニアンブルー(地中海のブルー)にしたのだった。嫁さんも
「まあ私の好きな地中海の色だからいいわ」
と気に入ってくれている。内装には暗いがウッドパネル入りとした。
当家のクルマ選びは今までパッションと勢いだったが(笑)今回は初めて理詰めで選んだといえる。面白みは無いけど「実用をとるが、趣味性も残す」選び方だと思う。

7月4日の水曜日午後。ギャルソンの若旦那さんが仲介してくれているので、若旦那とBMWタナカユキの担当者が来られて納車してもらう。

うむ。なかなかカッコイイ。大きくもなく、いい色だ。

とにかく2001年式ローバーとは雲泥の差で、山ほど機能が付いている。キーレスで開けられるだけでなく、キーを持っていたらドアノブに触るだけで開錠するなんて、想像がつかない。

今で2週間乗ってみたが、一言でいうと
「乗せられている」
感が強い。いろんな機能で守られていて、とにかくスムーズで速いのだが、かっちりした殻に包まれている感じで、自分が動かしている感じがあまりしない。なんだかこれに乗っていると、自分がダメになってくる感じがひしひしとする。嫁さんも
「今まで走るとガタピシ言ってたスパイダーから乗ると、静かで早くて良いけど、なんだか違う世界の乗り物みたい」
と言っている。旧車に慣れすぎたのだろう(笑)

まだ納車して300キロほどしか走っていない。もう少し走ってから燃費やらインプレッションは書こうと思っている。これから5年間、よろしくお願いしますね。
Posted at 2018/07/17 23:07:25 | コメント(8) | トラックバック(0) | BMW X1 | 日記
2018年06月13日 イイね!

フラミニアの内装を見に行く

フラミニアの内装を見に行く昨日モンツァのNさんからメール。
「フラミニア、綺麗にできましたよ。一度見に来ませんか?」
「ぜひぜひ。」

今日水曜日は午後フリーの日。4時頃にモンツァに伺うと、T工場長はいつも通り忙しく働いておられる。中に入るとNさんが傍の布のかぶった物体を指して、
「2000GTのエンジン、綺麗にレストアできましたよ。見てみます?」
「ぜひ!」

「うーん、美しい!このキャブのインシュレーターは何でできてるんですか?」
「ベークライトなんですよ」

芦屋にある内装工場に伺う。

おお、内外装のコントラストが美しい!

「この内外装のコントラスト、良いでしょう?」とNさん。
「たしかにこれは綺麗ですね!」
「元色のシルバーではこうは行かなかったと思います。外装を濃い色にして良かったですよ。」

「ドア内装も三枚で合わせてあり、真ん中に板が入っているんですよ。ステッチもなかなかこう乱れなく作れないんですよ。」

「カーペットが一番手間がかかったみたいです。」



「トランクも板を入れて、その上にカーペットをひいています。」

「思ったより奥行きがありますね。機内持ち込み手荷物サイズなら2つ綺麗に入りそうですね。たすかった。」

横には助手席側シートが。座らせてもらう。

「ウレタンで結構硬くなってますね。座り心地はどうなりますかね?」
「それはしばらく乗ってみないとわからないんですよ。」
まあお楽しみということにしておこう。

「中のクッションもこれだけボロボロだとどうしようもないですね。この左のようにウレタンで作ったんですね。」
「ええ、実はこの下に弾性のバンドで支えてあります。そうでないとどんどん沈んでいってしまいますからね。」

モンツァへの帰り道、Nさんから
「これ、内装だけで大体二百万かかってますので、宜しくお願いします。」
「わかりました。支払い用意しておきますね。」
「ところで、今年のミルキーウェイって、いつなんですか?」
「11/11−12だと思います。」
「なるべくそれにはフラミニアで出て頂けるようにしたいんですけどね。」

え!ミルキ-にフラミニアで行ける?!

「そうです。そうなれば、紺豚さんだけでなく、当然我々も行きますし、T工場長も連れて行ってバックアップしてもらいます。名古屋のSさん夫妻も行きたがっておられるので、みんなで行きましょう!」
えらく大きな話になってきた。

でもフラミニアでミルキーか...楽しいかも。
ゴールが見えてきた。
Posted at 2018/06/13 22:08:58 | コメント(8) | トラックバック(0) | フラミニア | 日記
2018年05月13日 イイね!

亀岡の師匠に会いに行く

亀岡の師匠に会いに行くkotaroさんから
「久しぶりに亀岡の森さんのところに行きませんか?」
とお誘いがあり、二つ返事で5/13の日曜日に亀岡トライアルランドまで出かけた。







長男さんの案内で、久しぶりに850とP6が隣同士に止まる。

kotaroさんにお会いするのも久しぶり。
「こんにちは。お招きありがとうございます。」
「こちらこそ。まあ、入ってみましょう。」
このシャッターを長男さんが開けると、

手前にあるのはオースチンセブン。これからレストアにかかるらしい。
奥のシルバーの個体は、あれ?見覚えがある。
「あれって、フラミニア大三元のサンチアーゴさんのフラミニアGTトゥーリング コンバーチブルじゃないですか?」
「そうです。ブレーキ調整でお預かりしてるんです。」
と長男さん。
「手前はうちでずっとレストアしている、フラミニアGTですよ。」
「前はボディのドンガラでしたけど、ここまで来たんですね。ずっとお父さんがやられてるんですか?」
「いえいえ。ほとんど私がやってます。」
「そうか、息子さんがメインなんですね!」
そこに森師匠も来られ、当家のフラミニアのレストアについて話に花が咲く。

下に回って見せていただく。

「このトランスアクスル+インボードディスクってのはすごい先進的ですよね。それにしてこのギアボックスを止めてるボルトの多さ!」

「エンジン掛けてみましょうか?」
「え、掛かるんですか?」

「一発始動でアイドリング安定!かなり調整したんでしょうね。」
「いえいえ。普通に組んでこれですよ。」と長男さん
「ということは、設計が優れてたんですかね?」

この建屋の二階が客間。以前は巨大なリビングだけだったが、今回は端っこにダイニングとキッチンが出来ており、奥様がそこで待っておられた。


キッチンも可愛い。こっそりラジエターグリルが調味料置きになっているのがすごい。
「奥様、まさかこのキッチンフードまで森さんが作られたんじゃないでしょうね?」
「あ、これは違うのよ。イタリアのキッチンメーカーのユニットなのよ。」
それにしてもかっこいい!

「今日は野菜を多くしたのよ。たくさん召し上がってね。」と奥様。

塩釜で焼いた豚と野菜サラダ。地元野菜が多いそうだ。左上は生ハムと水菜をトッピングしたご飯。おいしい!
「たくさんあるからね。」

横を見るとガッツリおかわりが。ガツガツいただいてしまう。

当家のフラミニアのこと、kotaroさんが文筆で身を立てることになりそうなこと、いろんな話がでる。
kotaroさん、良かったです。やはりkotaroさんは文章を書いてなんぼだと思います。

デザートのプリンも美味しかったです!

雨模様の1日だったが、心は晴れやかだった。
当家のフラミニアも、完成が待ち遠しい。
Posted at 2018/06/13 21:33:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | フラミニア | 日記
2018年04月08日 イイね!

愛車と出会って11年!

愛車と出会って11年!4月1日で愛車と出会って11年になります!
この1年の愛車との思い出を振り返ります!

■この1年でこんな整備をしました!
キルスイッチの除去とバッテリー交換

■愛車のイイね!数(2018年04月08日時点)
92イイね!

■愛車に一言
七月の車検を通し通して、フラミニアが安定するまで乗り続けたいと思います。

>>愛車プロフィールはこちら
Posted at 2018/04/08 14:37:51 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年03月31日 イイね!

愛車と出会って1年!

愛車と出会って1年!3月26日で愛車と出会って1年になります!
この1年の愛車との思い出を振り返ります!

■この1年でこんな整備をしました!
エアコンコンプレッサー交換
フロントブレーキ固着 O/H

■愛車のイイね!数(2018年03月31日時点)
26イイね!

■これからいじりたいところは・・・

特になし。このままで!

■愛車に一言

あと数ヶ月でしょうがアシとして元気に働いてね!
>>愛車プロフィールはこちら
Posted at 2018/03/31 23:00:35 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「24年ぶりの新車 http://cvw.jp/b/769949/41735178/
何シテル?   07/17 23:07
紺の豚です。 「飛ばさない豚はただの豚だ」 でも、三角窓を使うには、それほど飛ばせない(笑)。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

マロニエラン イン日光2 MG 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/25 08:28:26
愛犬の死 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/03 06:02:00
【能掻き】フェラーリの純正シャシー。エンツォとキネッティーの公道FRフェラーリ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/12 08:37:41

お友達

クルマ趣味ももう10年以上。イタリア車が殆どでしたが、何故か近年英国サルーンが大勢を占めています。違うベクトルの方たちとお知り合いになれればよいなあと思っています。
ただし、あまりに方向が違いすぎるときは、お友達をお断りする事もあります。ご承知下さい。
132 人のお友達がいます
こるまろこるまろ * akaiakumaakaiakuma *
パパンダパパンダ * あしのむくままにあしのむくままに *
ぽおる・ぶらっくぽおる・ぶらっく * hide&#39;sⅡhide'sⅡ *

ファン

72 人のファンがいます

愛車一覧

ランチア その他 フラミニアGTL (ランチア その他)
1968年初登録のランチア・フラミニア・GTL・トゥーリングです。ディーラー車で希少なナ ...
ローバー P6サルーン きいろいくるま (ローバー P6サルーン)
1975年式の微妙な年式の旧車、ローバーP6 3500です。CG誌で小林彰太郎さんが絶賛 ...
フェラーリ 550マラネロ フェラーリ 550マラネロ
すばらしいピュアスポーツですが、いかんせん私には荷が重すぎました。硬い足回り、操作系。高 ...
ローバー 75 みどりのくるま (ローバー 75)
2001年式で、2006年に当家にやって来ました。 新車時から欲しかったのですが、やっと ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.