• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たけぱのブログ一覧

2018年12月09日 イイね!

イタルのGT-R

イタルのGT-R報道各局が詰めているであろう日産本社ギャラリーを見学に行ってきました。
こんな大変な時でもミス・フェアレディのお姉さんたちはしっかりとお仕事されていました。スゴイなあと心から思います。

以前、人と羊(ひととよう)さんがアップされていたイタルデザインに日産が発注したGT-Rのガワ違い版が展示されていました。
ひと昔前だったらザガートに頼んで世紀の珍車扱いされたステルビオみたいにカロッツェリアに特注したもんが結構あったもんですが、カロッツェリア自体が元気なくなっちゃいましたから、最近はめっきり無くなってしまいましたね。
例えばアルファ。例えばプジョー。どっちもピニンか。



見た目のスタイリングなんて好みのハナシですが、フロントからの雰囲気は結構好きです。
巨大なボンネットとフェンダーが描くシンプルなラインが素敵です。



リヤに周るとシンプルではありません。
どこら辺を見ると納得のいくカタチになっているのか良く考えていたのですが・・・。
解決したのは昨年のニスモ・フェスティバルで国さんが乗っていたこちらを見てから。



配色からして、明らかにモチーフですよね。
並べて展示しているんで間違いないんでしょう。
リヤはケンメリのテールライトを発展させたカタチなんでしょうね。(あんまり好きじゃないけど)



SCじゃなくってペースカーですよね。
ニッサンのトリコロールはこれだと思ったらオッサンですわ。
オッサンで構いませんが。
ちなみにATでした。



ディーラーで装着するのに難易度が高いと言われた純正ベースキャリア。
ジュリエッタにはいつも使ってるTHULEのキャリアの設定が無くって仕方ないので純正を入れることにしました。
キャリアをねじ止めするためのねじ穴が切ってあります。
プジョー308には似たようなほぞ穴がありました。ねじは切ってなかったです。
ベースキャリアを屋根に乗せてからねじ止めしていけば、すんなりと装着できますね。
来週は冬タイヤを入れてもらいに行かなくちゃ♪
Posted at 2018/12/09 20:49:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2018年12月02日 イイね!

タイヤ交換day 2018冬

タイヤ交換day 2018冬寒くなってきましたね。
コーヒーがおいしいです♪
寒くなってくると夏場では少し強すぎる感じのあるイリガチャフあたりが素晴らしい淹れ上がりになりますね。
今日の午前はピニンとアルファのマグを登場させて少しゆっくりしてました。
ムスメの看病もあったので・・・それほどリラックスは出来ませんでしたが。

さて、タイヤ交換のハナシ。
うちの真ん中のお兄さん、タイヤに全く関心が無いらしくて理解不能です。
先日もタイヤから変な音がすると言っていたので、自転車を点検してみたら、リヤタイヤがパンクしておりました(汗)
昨日も自転車で出かけたと思ったら、すぐに帰ってきて「タイヤに空気が入ってない」と・・・。
パンク状態で走るとチューブは粉々になってるので交換することにしました。
もちろん、パンク状態で走ることの危険性をしつこく聞かせました。
ん?具体的には「レースでタイヤのトラブルあったらコースアウトでしょ?その辺でそうなったら事故だよ?」で、一応理解してくれました。



ちびっこの自転車は24インチのホイール。
何が面倒ってクイックリリースじゃないのよさ。
クイックリリースを発明してくれたトゥーリオ・カンパニョーロさん、ありがとう♪
で、上記のようにバラせることを確認して、近所の自転車屋さんへGo!



チューブはタイオガのこれをチョイス。
というかこれしか無くって選択の余地なし。
さっさとやっつけて、二男にテスト走行させて問題無しとのこと。Part1完了!
次は自分のためとしては最後になるであろう308のタイヤ交換。



いつだかハブリングが固着して大変なことになった時から使っている耐熱グリス。
全く問題無し。サクッとホイール外れます。
特にいつもと変わらない風景を見ながらの作業。



今度来るコはトーションビームアクスルじゃないんでこんな風景も見納めかなと思いきや、見納めじゃないな春にはまた夏タイヤに交換か・・・。
腰には気を付けましょうね。
Posted at 2018/12/02 17:23:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2018年11月28日 イイね!

きちんと書きましょう

きちんと書きましょう寝ようと思ったけど、この記事読んで戯言を書こうと思った。

ホンダのドライバーって線が細いっていうか何が何でもっていうか、言っちゃ悪いがサラリーマン的というか、トヨタ勢以上にホンダの偉い人の意向でチーム体制なんかが決まる印象がある。(いや、個人的な勝手な印象です。日産も偉い人の意向だけど、カントクがクセがあるんで・・・。)

そんな中、わがままでF2に戻る松下選手。
春のスズカのピットウォークで会えただけだったけど、結構秘めた闘志タイプで応援してました。
長男と一緒にピットで待ってたら出て来てくれて、人もいなかったけどしっかりとサインしてくれたし、握手と写真も一緒に撮ってもらった。(ダンデは机もイスも無かった)
あ、人気? 無いと思った(笑) 野尻だったらもうちっと人だかりが出来るかな。
F2で失格の烙印押されて落ち武者的な雰囲気だったと思う。
雑誌とかレース会場の記事だと「凱旋」とか異常なこと書いてた記憶があるけど。

ホンダのサポート受けてF1へという記事が結構あるけど、正直今の日本人のドライバーでなんとかなるのは可夢偉くらいじゃないかな。
WECでの異常な速さはスーパーハイパワーマシンとの親和性が高いから?かも。
NREとかGT3でのいまいちさを踏まえると日本国内レースで速いからってF1でも速いとは限らなさそう。



迫力があるんだよなぁ。
もちろん、SFでも勝って欲しいんだけど。(もてぎ、菅生は勝っていたという話もあるが)

で、松下選手ですが、ここまでの根性を見せてもう一度サポートしてもらうってのはオレ達がスズカのピットで感じた雰囲気は本当だったって思いたい。



ガンバレ、としか言えないが頑張ってね。
Posted at 2018/11/28 02:04:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | フォーミュラ | 日記
2018年11月25日 イイね!

イイっすよ

イイっすよかなり良かったです。砂田さんのエッセイですが、カメラマンとして活躍されるようになるまでの経緯だったり、イタリア本としても楽しめますし、ヨーロッパクルマ事情本としても楽しめます。
もちろんサイクルロードレースが好きな方にもおすすめですが、90年代を通った方々には少々つらいところもありますね。

最近はJSportsで我らワールドを見るくらいしか無くって、宇都宮じゃなくて埼玉でもレースやってたのに出かける気力もなくなってますが・・・。
そういえば、戦友的な感情もあるんでしょうね、マサが文中に良く登場します。
マサも昔の中継で良く砂田さんが映ってるって言ってたな・・・。

ワタシ自身は写真撮るのが好きですが、ラリーとサイクルロードレースのカメラマンってのはスゴイですよね。
何がすごいってサーキットレースのように決まったところを走るんじゃなくってレースの集団を一緒に移動しながら撮影するってことですもんね。
自分でバイクのドライバーや宿の手配、ルートの作戦建てたりするわけですから。
ラリーなんかだと先回りして撮影ポイントへ向かったりするとのことですが、自転車の場合はバイクカメラ!
バイクカメラの危険性については文中でかなり語られていますし、そのせいもあってのランク上位の者にだけ権利が与えられるんですよね。
スゴすぎて呆れてしまう。

日本でも人気が出て来て取材する方々も増えてきたことによる、マナー違反だったりレース関係者からの反感への懸念についての言及があります。
自動車レースにも沢山あったんじゃないかな、と思いますね。



これからも素晴らしい作品を♪
Posted at 2018/11/25 23:41:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2018年11月21日 イイね!

日産、これから大変だよねぇ

日産、これから大変だよねぇゴーンさん、逮捕されてしまってどうなるんでしょうね。
報道が少しづつ変化してきていて「私腹を肥やした悪者」→「クーデターによる失脚」になってきていますかね。
そんなもんかね、と思いますがカイシャの決まりをよくご存じの方々からは不正(有価証券報告書の不正)が個人では不可能とのことを指摘されていますね。
これ、個人的には日産側が最後の一撃を仕込んでいたのでは?と思ってしまいます。

とはいえ、ルノー・日産アライアンスの成果はかなり進んでいて、エンジンの共用率は高いです。
確認できたのは1.2L未満のちっこいヤツと旧型RS用のF4Rt以外。
一方日産も2.0Lより小さなエンジンは共用ではありますが、大きなエンジンを多く持っているので共用率は小さくなります。
1.2~2.0クラスを共用して小さい方がルノー独自(ダイムラースマート向けもあり)、大きい方が日産独自といった振り分けになってます。
ディーゼルは全てが共用。

プラットフォームになるともう少し自由な感じがしていますがこれから進んでいくんでしょうね。
トゥインゴとかアルピーヌA110なんかは共用しているフシはありませんね。



いつだったか日産と三菱とルノーの共同開発プラットフォームの採用で云々とかを読んだ記憶もあるので、今回の件で日本側がルノーとの提携から外れるというのは少し考えにくいのではないかな、と思います。
実際にアライアンスは維持すると会見でもコメントしています。
やっぱり収益面を考えると共用プラットフォームは現在のクルマの開発には無くてはならないでしょう。



日産サイドはゴーンを解任する方向なわけですが、ルノーは今の所静観。というか状況によってはサポートに周る方向らしい。
こんな状況で手練れのネゴシエーター「フランス野郎」(by三本さん)と戦うのですから苦戦は必至ですしアライアンス維持にしても有利な方向へ持っていけるのか非常に不安。
それどころか日産(三菱も)社内でゴタゴタしたりしてたらあっという間にやられてしまいそうな。



レース好きとしては今後がどうなるのか注視ですね。
ところでスーパーフォーミュラのホンダドライバーが大シャッフルの予感という記事を読みました。
B-MAXとモトパークが提携(おお、提携・・・)することで海外のドライバーがこちらのチームに流れることになるんですかね。それはそれで。

B-MAX、GTの方はどうするんすかね?
SFのホンダシャッフルよりもGTの日産大シャッフルの方がすごそう。
GTAはNSXに気を使ってる場合じゃなくなったのかな・・・。
Posted at 2018/11/21 23:07:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記

プロフィール

「コレが適用されてる時代だと、うちの子は助かってなかったな。先生の命もすり減ってるんでどうにかならんのかと思うが・・・。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000190-kyodonews-soci
何シテル?   12/12 23:47
たけぱです。よろしくお願いします。 気軽にコメントお願いします。 クルマのみならず色々楽しいことをアップできたらと思います。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ ジュリエッタ アルファロメオ ジュリエッタ
戻って来たぜ
アルファロメオ GTV アルファロメオ GTV
過去所有のGTV。2008年に購入。 147に乗っていた経験からTSであればそれほどメン ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
2001年に横浜で開催されたmuseo alfa romeoにいったことがきっかけで購入 ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
だいぶ記憶から薄れてきたGDB。 とにかく硬い乗り心地で、首が痛くてたまらなかった。GC ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.