車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月11日 イイね!
海上自衛隊第1術科学校(旧海軍兵学校)見学
海上自衛隊第1術科学校は、主として艦艇に乗り組み、砲術、水雷、掃海、航海、通信、応急、潜水
などに配置される隊員に対して、必要な知識及び技能を修得させるための教育訓練をおこなう施設です。
広島県の江田島にあります。

自衛官OBが、校内を案内してくれる無料ツアーを毎日実施しており、観光先としても人気があります。
今回広島に行く機会があったので、行ってみました。

広島市内から、有料道路を使って、約70分で江田島に到着しました。
直線距離では広島駅から17kmですが、橋が架かっている島づたいに行くと50kmくらいの距離になります。

敷地内に入ると守衛所で見学者の氏名の届け出をして、11時の開始のガイドに間に合うように
見学者控え室で待ちます。10時、11時、13時の3回の受付があります。

11時の参加者は30名くらいいました。
見学者の中には曾祖父が海軍兵学校の卒業生という人もおられました。
(卒業写真を見せてくれるそうです)
まずはガイダンスを聞きます。あくまでも教育施設なので、サンダルなどの軽装、露出の高い服装などは
お断りだそうです。

大講堂
大正6年完成の御影石で作られた頑丈そうな建物です。収容人員2000名。海軍兵学校時代の入学式、
卒業式には皇室のご臨席を仰いでいたとのことです。
内部の見学もできます。声がものすごく反響します。


↓内部

幹部候補生学校庁舎(旧海軍兵学校生徒館)
通称「赤レンガ」と呼ばれ全国的に有名な、幹部候補生学校庁舎は、日清戦争の前年、明治26年に
海軍兵学校生徒館としてその生活、教育のため建築されました。
外観のみの見学です。


横から見ると長さ140mある廊下が一直線に見渡せます。

教育参考館
教育参考館は、先輩の偉業を偲び、「温故知新」によって自己修養と学術研鑽の資とするため、
兵学校卒業生の積立金及び一般企業等の寄付をもって、昭和11年(1936)に建築されました。
 教育参考館には、戦前約40,000点の歴史的資料が保存されておりましたが、終戦時、
一部の貴重な資料を厳島神社、大山祗神社等に奉納した他は、進駐軍による没収を恐れ焼却処分
とされました。
 現在は、返却された資料等約16,000点を保存しており、そのうち約1,000点を展示しています。
画像は取り忘れました。(内部は撮影禁止です)

約90分の見学ツアーでした。
見学を終えた後、食堂で海軍カレー(エビフライ入り)700円を食べて帰りました。


敷地内のあちらこちらで制服姿の自衛官が背筋を伸ばして颯爽と歩く姿は見ていて美しかったです。

敷地の北側に標高394mの古鷹山があり、訓練では15分くらいで登りきるらしいです。
受付の自衛官に聞いてみたところ「走って登る」とのことで、普通の人なら40分くらいはかかるらしいです。
私のような事務職の会社員には想像できない世界でした。
Posted at 2017/03/12 10:43:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | オフ | 日記
2017年02月11日 イイね!
マイバッハ見つけましたおととい寒空の中、銀行を回っていると、会社の近くのホテルの前に
マイバッハが停まっているのを見つけました。

いったいいくらするのかわかりませんが、最低価格でも我が家と同じくらいの価格。

運転席のホルダーに伊右衛門が刺さっていたのが、庶民感覚を醸し出していましたが、オーナー自ら運転する車ではないだろうし、どんな人が乗っているのか気になりました。

大きなホテルの前って何気にすごい車が停まっていて、おもしろいです。
(地下駐車場に停めずにお披露目感が漂います)

ハイドラの図鑑に加えたい。

Posted at 2017/02/11 17:23:21 | コメント(5) | トラックバック(0) | 仕事 | 日記
2017年01月29日 イイね!
リア足回りからの異音

お正月に福岡・岡山間を往復したころから、リアの足回りのあたりから異音が
発生するようになりました。

家の駐車場を出る時、3cmくらいの段差があって、そこを越える時や
低速で道路を走行中に道路の凸凹をひろって、「ミシミシ」的な
何かがきしむような音がリアの方からするようになりました。

ディーラーに見てもらいましたが、これといった原因はわかりませんでした。
今すぐ何かしないといけない状況ではないが、
薦められた部品交換として

リアコイルS/Pシート交換
トレーリングアームASSY交換
リアストラットインシュレータ
バンプストッパ交換
リアスタビライザB/C交換
というものでした。

11年目、走行7万キロです。

まだ乗ろうと思っていますが、このタイミングで交換すべきでしょうか。
詳しくないのでアドバイスお願いします。
Posted at 2017/01/29 22:14:37 | コメント(3) | くるま | 日記
2016年12月18日 イイね!
筑後川昇開橋~船が通過するとき上昇する橋~
天気のいい日曜日なのでドライブに出発。
今日は、九州最大の河川である筑後川の河口にある筑後川昇開橋を
見に行くことにしました。

福岡市内を9時30分出発。
外環状線を南区の野多目まで進み、国道385号へ。
ダム湖のほとりを抜けると佐賀県境の東背振トンネルです。
1.4kmの有料トンネルです。
ETCで支払えない料金所なんて久しぶりです。
料金所の横で休憩。
ここまで1時間。


すぐその先に道の駅があったが、こんな山奥で民家もないところで、
利用客がいるのかと甚だ疑問。

一気に山を下り、吉野ヶ里町へ。
吉野ヶ里遺跡の公園を横に見ながら、南下。

高い建物はほとんどなく、田んぼと低層の建物、民家が点在する道路が続き、
筑後川の堤防道路に突き当たります。

そこから河口方向へ10分ほど進むと、赤い橋梁が見えてきます。
橋のたもとに「橋の駅」という休憩所みたいなところがあり、
ここに車を停めて散策。
11時20分到着。
筑後川昇開橋はもともとは鉄道橋でした。
今は徒歩で渡れるようになっています。
こちら側は佐賀市諸富町で対岸は福岡県大川市です。


この橋のすごいのは、橋の中央部が可動するようになっていて、
船が通行するときは、可動部分が上昇します。
全長507m(可動部24m)

↓通行可能時


今は、日中は30分おきに上下させているようです。
ちょうど上昇する時間に立ち会うことができました。
予想に反して、音がほとんどしないで、5分ぐらいでゆるやかに上昇しました。
↓上昇中


↓完全に上昇


橋は昭和10年に完成し、今では国の重要文化財に指定されています。
夜はライトアップされているようです。

帰りは、三瀬トンネル方面から帰りました。
福岡着14時10分
走行距離122km
Posted at 2016/12/18 23:14:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | オフ | 日記
2016年12月03日 イイね!
鏡山展望台・虹の松原~佐賀県唐津市唐津の鏡山展望台に行ってきました。
標高283mで麓から車で10分、山上の駐車場から徒歩5分ほどで着きます。

今日は天気も良く、遠くは壱岐まで見渡せました。
中央左寄りの島は、高島という島で、宝くじに当たるとして有名な
宝当神社があります。
(2年前に行きましたが、いまだ当たらず)

緑の一帯は「虹の松原」という松林で、日本の三大松原のひとつです。
幅約500 m、長さ約4.5 km にわたって弧状に約100万本のクロマツの
林が続いています。
江戸時代、伐採したら死罪になったそうです。


Posted at 2016/12/03 18:01:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | オフ | 日記
プロフィール
「筑後川昇開橋~船が通過するとき上昇する橋~ http://cvw.jp/b/1513861/39026428/
何シテル?   12/18 23:14
1996年11月~2005年9月までエボIV、2005年10月~エボIXに乗っています。エボIVの時は少しいじっていましたが、現在はほぼフルノーマルです。最近で...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
家族、親戚、近所の冷たい視線を浴びながら運転している皆さん、大事に乗っていきましょう。何年も乗ってるわりにはメカに弱いですが、よろしくお願いします。
15 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 ぽる9ぽる9
イタ3イタ3 yuamayuama
☆やすえぼ☆☆やすえぼ☆ エボドライブエボドライブ
ファン
3 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 ランサーエボリューションIX エボⅨ永遠不変 (三菱 ランサーエボリューションIX)
中3、小5の2人の娘がいますが、文句も言わず乗ってくれています。この子たちが生まれる前か ...
三菱 ランサーエボリューションIV 三菱 ランサーエボリューションIV
社会人1年目の時に購入した車です。約9年乗りました。納車されてすぐのころに、お母さんに連 ...
ダイハツ ミラ ダイハツ ミラ
大学生のころに買ってもらった車です。 テイクオフのリップスポイラー、スパルコのホイール、 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.