洗車場と言ってもその形態はさまざま 上手に選べば意外とお得です

2018年7月11日

手洗い戦車

自宅やマンションに洗車スペースを持たない人にとって、クルマをきれいに洗えるスペースと言えばコイン洗車場がもっともメジャーな施設でしょう。しかし、一口に洗車場といってもコイン洗車場だけではなく、さまざまな施設が存在します。その特徴と上手な使い方について考えて行きましょう。

コイン洗車場だからできることがある

コイン洗車場は100円硬貨や500円硬貨を備え付けの機械に入れて、高圧洗浄機を使うタイプの洗車場です。硬貨の代わりにプリペイドカードが使えるようになっている施設もあり、プリペイドカードのほうが料金がお得となっていることが多いです。水洗いのみ、水洗い→洗剤→水洗い、水洗い→洗剤→水洗い→ワックスなど色々なコースが用意されています。コイン洗車場のよさは洗車しやすい環境で自分で手洗いできる……というところにあります。

またコイン洗車場では高圧洗浄機を使うことができるので、下回りの洗車なども効率的に行うことができます。家庭用高圧洗浄機を持っている人は、自宅でも気軽に下回り洗車ができますが、そうした装備がない人にとってコイン洗車場は気軽に下回り洗浄ができる場所です。冬場に融雪剤が使われている地域などを走った後などには、下回りを洗浄できるのはうれしいことです。

車のサイドボディを洗車

門型洗車機を上手に使いラクラク洗車

ガソリンスタンドなどで見かける自動洗車機を門型洗車機と呼びます。一般的に門型洗車機は回転するブラシで洗車を行いますが、ブラシによるキズがつくということで敬遠する人もいます。しかし、キズがつきにくいソフトブラシやブラシを使わずに水圧のみで洗うノンブラシ洗車機なども存在しています。ブラシ付きの門形洗車機で洗車するとクルマが傷だらけになると思っている人もいますが、極端なキズがつくわけではありません。コイン洗車場にも門型洗車機が設置されている場合も多いので、楽に洗車を行いたい人は門形洗車機を使う手もあります。

最近はガソリンスタンドでも門形洗車機をリーズナブルに使えるセルフ洗車というシステムが増えてきています。従来、ガソリンスタンドの門形洗車機は、スタッフにクルマを預けて洗車してもらうものでしたが、セルフ洗車ではクルマに乗ったままで門形洗車機を使うシステムになっています。コイン洗車同様にさまざまなコースが用意されているのが通常です。洗車終了後は自分で拭き取りを行うようになっていますが、中にはスタッフが拭き取りを行ってくれるセルフ洗車場もあります。

機械式洗車機

洗車のプロに全部をおまかせする洗車場

洗車場にはそのすべてをプロにおまかせする洗車場も存在しています。こうした洗車場も流れ作業で次から次へと洗車していく洗車場もあれば、1台のクルマをじっくりと徹底的に洗車していく洗車場もあります。自分では洗いたくないけど、ガソリンスタンドの洗車では満足できないという人はこうした専門店を訪ねてみるのがいいでしょう。

車のフロント部分を洗車


(諸星陽一)

関連するユーザー投稿

みんカラを始めよう!

注目タグ

最近見た車

最近見たクルマはありません。

ニュース