• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FJ@Mitakaのブログ一覧

2011年02月20日 イイね!

車椅子マークに思うこと

車椅子マークに思うことステッカーマニアというわけでもないでしょうけど、高齢運転者マーク、身体障害者マーク、車椅子マークと三種類も標識を貼っているのは珍しいですね。

運転者本人は相当な苦労をされて運転しているのだと思いますが、高齢者かつ身障者でもクルマが運転出来れば行動範囲が格段に広がりますから素晴しい。周囲のドライバーは大いに気を使って、この運転手が安全にドライブ出来るように協力してほしいものです。

で、ちょっと気になるのが右上の車椅子マーク。無知な私は、このマークは車椅子利用者が運転者の場合に貼るマークかと思いきや、正しくは「国際シンボルマーク」という名称で、障害者が車椅子で利用できる施設・公共交通機関に貼るマークだそうな。

そういえば最近は駅のトイレにも、このマークを表示した車椅子利用者専用が増えてきましたよね。

よって、例えば車椅子用の昇降リフトが架装されているバスとかワンボックスカーなら貼っても良いかもしれませんが、そのような機能のない個人のクルマに貼っても何の意味もなく、むしろマークの趣旨から外れることになります。

写真のクルマの場合、クローバーの身障者マークが貼られていますから、これでドライバーが身障者であることが分かります。この状態で更に車椅子マークを貼るのは、念には念を入れるという意味なのでしょうか。

でもこの車椅子マーク、どこでも手に入れられるので、健常者がスーパーの身障者専用駐車スペースに停めても文句を言われないように、自分のクルマに貼る人がいるらしい。

何だかな~、って感じです、これ以上の混乱を防ぐには国や警察や自治体がきっちりと使用法を取り仕切る必要がありますね。

蛇足ですが、耳が不自由な方が運転者の場合は聴覚障害者マークの表示が義務付けられていますが、この標識のデザインは「蝶」なんてことは今まで知りませんでした。聴覚→蝶書く、なんて駄洒落じゃあるまいし、瞬時に意味を認識出来ないデザインの標識も、大いに混乱を招くような気がするのですが…何でこうなったんだろ?
Posted at 2011/02/20 01:05:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ Others | クルマ
2011年02月20日 イイね!

夜景を撮影

夜景を撮影最近のマイブームは都心の夜景撮影。

子供の頃、ニューヨーク摩天楼の夜景のジグソーパズルを一心に作り上げ、その高層ビル群の美しいイルミネーション写真の記憶は今も鮮明に残っています。

最近は東京にも高層ビルが増え、その夜景はニューヨークほどじゃないけど、それなりに美しいかも、と思ったのがきっかけでした。

で、夜景スポット巡礼を実施。今のところ訪れたのは、東京都庁展望室世界貿易センタービル展望台晴海ふ頭客船ターミナル、隅田川大橋から眺める永代橋、の四箇所です。

撮影は何の変哲も無いコンデジです。三脚も暗幕も使わない手持ち撮影、シャッタースピードも絞りもホワイトバランスもすべてカメラ任せ(殆どは夜景モードを選択)。なのでピンボケが多く、妙に明るかったり暗かったりなのですが、とりあえず今ある機材のみで楽しむことにしています。

綺麗に撮ろうと思えば取説と格闘しないといけないし、機能の限界が分かるとより良い機材が欲しくなり、キリが無くなると思うので…

他の写真はフォトギャラリーにUPしましたので、興味がある方はどうぞ→こちら

そうそう、浜松町にある世界貿易センタービルの展望台はお薦めです。東京タワーの全景を収められる点、適度に離れた周囲に高層ビルが多く景観にメリハリがある点(海も近いです)、室内の照度が落とされていて夜景を見やすい点、そして何より訪問者が少なくてガラガラな点。

人が少ないのは入場料が必要(大人620円)という理由があるからでしょうけど、とても落ち着いたアダルトな雰囲気だし椅子も多いし、カップルで来るのにはイイかも。私があと10歳若かったら、おねーさんと一緒に来たのになあと妄想したのでした。


*写真は東京都庁展望室から南新宿・東京タワー方面の眺めです、この時は夜景モードを選択しなかったのでシャッタースピードが速く、暗くてノイズが多い感じに写ってます。
Posted at 2011/02/20 00:49:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 独り言 | 趣味
2011年02月12日 イイね!

ゴディバのチョコレート

ゴディバのチョコレートもうすぐバレンタインデーですね。私にはあまり関係がありませんが、もしチョコレートを頂戴した場合のホワイトデーのお返しには、5年ぐらい前からゴディバのチョコレートをチョイスしています。

ゴディバはベルギーの高級チョコレートブランド。高価ですが味も上質で、コンビニやスーパーのワゴンで売っているようなプレゼント用チョコとは明らかに違います。高級チョコブランドは色々とありますが、私はこれが一番美味しいと感じました。

すでに日本には240店以上の店舗があり、東京でも主要デパートで売っていますが、意外に知らない人が多いのも気に入っている点。隠れた逸品の趣ですね。

ところが。

ここ数日、頻繁にゴディバのテレビCMが流れています。バレンタインは年に一度の書き入れ時でしょうけど、明治やロッテのCMより多いかも。

これだけ目にすると、さすがにこれをプレゼントするのは考えてしまいます。テレビで良く宣伝してたやつね、と言われるのが目に見えます。

何だか、これまでのプレミア性を失ってしまった感じ。高級品は、知る人ぞ知るという希少価値が大事だと思うんですけど、考えすぎかなぁ…
Posted at 2011/02/12 23:08:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | 独り言 | 日記
2011年02月06日 イイね!

新型ベンツSLK

新型ベンツSLK弟が所有するSLK230をUPして以来、5年振りのSLKネタですが…(汗

三代目SLKが発表されましたね。

デザインは初代に回帰したようなクラッシックな雰囲気。
これが現行ベンツのトレンドのようですが。

エンジンは直噴で欧州モデルにはアイドリングストップも付いている模様。HVではありませんが低燃費化に抜かりは無い様子。

バリオルーフはもちろん健在。「マジックスカイコントロール」と呼ばれるオプションのガラスルーフは、日差しが強くなるほどに自動で濃色になる最新テクノロジーだそうです。

価格は多少下がったようで。
でもまだまだ私には高嶺の花でございます。
Posted at 2011/02/06 21:32:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | SLK | クルマ
2011年02月06日 イイね!

続々:大相撲に思うこと

続々:大相撲に思うことこれまで大相撲問題については2回ブログに書きましたが(1回目2回目)、遂に進退窮まったようですね。

八百長問題は以前から週刊誌のスクープをはじめ何度も取り上げられていて、多分誰もが事実として存在するんだろうな、と感じていた筈。しかし相撲協会は内部的に何の改善も行わなず、今日まで脈々と「裏の伝統」として受け継がれ、遂に化けの皮が剥がれてしまいました。

何度も書いたように私は純粋な格闘技としての大相撲は大好きです。でも、さすがに予め結末が決まっている勝負に思い入れは出来ません。やくみつる氏は「八百長も含めて楽しむのが大相撲」と語っていますが、由緒正しき伝統を受け継ぐ国技として、あるいは横綱の品格云々を語る上で、はたまた日本の象徴たる天皇陛下の御前試合として、八百長の存在は肯定出来ないでしょう。

石原慎太郎氏も「今さら大騒ぎするのは片腹痛い。私の知っているかぎり相撲はそういうもの。昔から当たり前のこととしてあった」と述べ、自身の体験談として、土俵から近い席で八百長を目撃した話も披露しています。著名人にも周知の事実ながら、曖昧模糊な存在であったのは相撲協会のもみ消し術が長けていたからなのか、あるいは「国技でそれを言っちゃお終いよ」と知らぬふりをした日本人の良心なのか。

春場所は中止になりました。今後の展開によっては公益法人の認定も剥奪される可能性も。それでも大相撲の興行を続けて行くのであれば、一般法人として様々な営業努力が必要になりそうです。

例えば、まげや仕切り等まどろっこしい伝統儀式格式は撤廃。まわし着用は必要だけど、その他のコスチュームは自由で、入場はテーマ曲を流し盛り上げる。

例えば、総合格闘技やプロレス選手にも門戸を広げ、異種格闘技戦的な演出をする。

例えば、必ず八百長試合を何試合か設定し、どれが八百長かクイズで当てさせ正解者には豪華商品をプレゼント。

例えば幕内全取組の結果を当てさせるトトカルチョを実施。公営ギャンブルになれば裏組織の相撲賭博も無くなります。

例えば、ひな壇芸人のようにテレビのバラエティ番組に力士が積極的に出演し、名前を売る。そこで力士同士ケンカをさせたりライバル関係を作ったりして本場所の対戦を煽る。

いや、半分冗談ではありますが、八百長は絶対しないと無理に信用回復を図るよりは、八百長も含めたエンターテイメントへ方針変更する、なんて考えも必要なのでは?

と色々書きましたが、結局は、現在名前が上がっている被疑者は解雇・しかし潔白な力士は涙の訴えを行って同情を誘い・厳格さを装った改善案が施行され・大いに反省したフリをした相撲協会と大相撲関係者は粛々と夏場所を開催する、というストーリーが見えるような…

さて、どうなることやら。
Posted at 2011/02/06 21:22:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 格闘技 | ニュース

プロフィール

年齢は高目ですが精神年齢は低目? 現在は遊び用に03年式のフェアレディZ、仕事用でサンバーに乗っています。ブログは趣味情報を中心に不定期で発信中。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/2 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     

リンク・クリップ

ESWM 
カテゴリ:加入オーナーズクラブ
2005/10/09 21:06:33
 
六連星 
カテゴリ:加入オーナーズクラブ
2005/10/07 01:05:20
 

お友達

楽しくやりとり出来る方であれば誰でもOKです。同じ車種の方なら更にOK。
28 人のお友達がいます
jackyBD5jackyBD5 みや@EBNみや@EBN
ぜろれーさーぜろれーさー kazu(ベストな6rin)kazu(ベストな6rin)
ヘーベル君ヘーベル君 さをとめさをとめ

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
現行の1つ前、五代目フェアレディZのバージョンTを入手しました。2003年10月製で型式 ...
スバル サンバー スバル サンバー
仕事用に購入した軽バン、スバル サンバー トランスポーターです。 貨物規格の軽自動車で ...
スバル R2 スバル R2
2006年製のスバルのR2、グレードはiです。2012年の夏に、妻の実家で不要になったた ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
先々代の、販売当時は新世紀レガシィと呼ばれた三代目レガシィBHの98年式A型で、グレード ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.