• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

軽貨物のブログ一覧

2024年05月17日 イイね!

日吉ダム[ダムファイルNo.52] 世木(せぎ)ダム[ダムファイルNo.53]

日吉ダム[ダムファイルNo.52] 世木(せぎ)ダム[ダムファイルNo.53]今日はノンビリ川崎市に向けて走っていましたが、キャンセルを食らってしまいまして。
京都市内からいつもの亀山ルートで帰りましたとさ。
で、日吉ダム[ダムファイルNo.52]
丹波篠山の3つのダムとどちらに行くか、悩んでナビに5回は行き先変更したりして
結局こっちにしました。

まずはカードを貰いに行きました。

カードの他に何やらプリントアウトも付いてきました。
それらをクルマに入れてダムに向かいます。

何やら立て看板

の前に上流側に気になるものが

台風の時にここまで水かさが増したよ。と書いてある。
まぢか!
少し進んでエレベーターで下まで降りました。

ここにも謎のキャラクター
よく見ると「ダムマンガ」井上よしひさ ってあるな。

そんなものはさておいて
本物

閉館20分前だったので慌ただしく外に出ました。

回廊が設けられていて自由に行けます。

これは天端から

下から見るにはここまで歩くしか無いので諦めて
雨の後にしては水量も落ち着いています

クルマに戻って反対側から


世木ダム[ダムファイルNo.53]

ダム便覧によると日吉ダムの完成に伴って水没したという事で

手前は新庄発電所世木取水口

ここに居る時、向かいの建屋からスピーカーでやんわりと警告
写真も撮れたので退散

右手に見える橋を渡って

ここから世木ダムの天端に行けるようです。

行きませんでしたが、面白そうです。

少し走ると開けた所に出ます。

さらに進むと正面から望めました。

元々はゲートもあったようです。

日吉ダムには自家消費用の発電所がありますが、世木ダムには新庄発電所があります。今も現役で働いているようです。
このあとは右岸道路を走って管理棟の前に戻ってきて、
一路ザ・ビッグ篠山店に向かいました。
Posted at 2024/05/17 22:51:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | ダム | 日記
2024年05月14日 イイね!

5月11日(土)から5月14日(火)をダイジェストで

5月11日(土)
この日は納品後、ウロウロしてしまいました。
先ず行ったのは北印旛沼。
余呉湖もそうでしたが、ダムのようにはっきり判る対象が無いので決め手に欠ける。
4箇所ともそうだったので時間がかかってしまいました。
しかも北印旛沼、3度も前を通ってました(泣)

手賀沼[ダムファイルNo.34]
北印旛沼[ダムファイルNo.35]
西印旛沼[ダムファイルNo.36]
北千葉導水路[ダムファイルNo.37]
千葉県佐倉市[押売のオマケ]
手賀沼でダムファイルをもらう時に「押し売り〜」と言ってダムカードと一緒に手渡されました。
裏を見ると
元保護犬の「かぼすちゃん」だそうです。
5月12日(日)
三保ダムとは少し前に訪れた丹沢湖のダムです。
前回ダムカードを貰い損ねていた此処ともう一つ、宮ヶ瀬ダム。
今回はそっちを諦めて丹沢湖の三保ダムへ。
ところが!上流にもう2つダムがあり、しかもダムカードも有るではないか!

急遽訪れるも、玄倉(くろくら)ダムは兎も角、さらに上流の熊木ダムに関しては林道の大規模崩壊で復旧の目処も立たないのだとか。
ダムカード受渡しの際に話題にすれば行ったことにして配布しているのだとか。

三保ダム[ダムファイルNo.38]
玄倉ダム[ダムファイルNo.39]
熊木ダム[ダムファイルNo.40]

配布時間に間に合いそうだったので、今日の追加で行きました。
船明ダム[ダムファイルNo.41]
佐久間ダム[ダムファイルNo.42]
秋葉ダム[ダムファイルNo.43]
船明(ふなぎら)ダム、でっけぇ~!!!
なんだよこのギロチン台の大きさは!!!
この後秋葉ダムに行って終わるつもりでしたが、
設置看板に佐久間ダムの文字が。
調べたら秋葉ダムのダムカードは20時まで。
ならば前を素通りして一路佐久間ダムへ。
その後いよいよ秋葉ダム。
曇ってきていたのですが撮影に支障はなく、
近くの温泉施設でダムカードをいただきましたが、この時の入浴客は二人の男女のみ、誘われましたが、820円は高い!
ので「先を急ぐので」と言って引上げました。
実際急いで野営地の道の駅熊水車の里へ行かなければ。

秋葉ダムの橋の所にも道標があってそんなに遠いわけでも無さそうだったのですが、、、
なんだよ、林道の山越えじゃないか!
しかも道の駅とは名ばかりのショボさ。
夜は急速充電器の照明が
あるだけで、その横で寝ました。
行灯の淡い電球も点いてはいましたが、それだけ。
夜半から降り出した雨は止むこともなく、出発時は土砂降りで車からも降りず、窓を開けて

勿論開店前です。
水車は見当たりませんでした。

宿泊地:熊水車の里
5月13日(月)
大野頭首工[ダムファイルNo.44]
芦ヶ池調整池[ダムファイルNo.45]
万場調整池[ダムファイルNo.46]
二川チェック[ダムファイルNo.47]
この4枚は何処にあるのかもわかりません。

何しろこのあとに訪れた宇連(うれ)ダムで朝イチ訪れていた大島ダムのダムカードと同時に配られたものだからです。
貰うまでは[水のめぐみ]カードってなんだ?でした。

大島ダム[ダムファイルNo.48]
土砂降りでこの日は棚田だけ貰って引き上げるつもりでしたが、熊水車の里から四谷の千枚田に向かうのにいきなり林道で峠越!
もう勘弁してくれー
で四谷の千枚田に到着するのはこのままだと7時にもならないのでチョツト寄ってみた。
宇連ダム[ダムファイルNo.49]
大島ダムのダムカードは宇連ダムに行かないと貰えない。
ダムに着くと絶賛放水中!
しかもまだ8時過ぎ。
天端は8時30分にならないと入れないのに、傘やら用意している間に開門してくれたので有り難く立ち入りました。
雨もですが、流石に風が強いのには参りました。
その後いよいよダムカードをもらう時になって初めて水のめぐみカードなるものが有るのを知りました。もう探索する時間も無いので流石に何処にあるのかも調べていません。
鳳来寺パークウエイを通って行きます。

途中鳳来寺東照宮の看板が。
行ってみましたが、忽然と姿を表す有料駐車場!?
そしていよいよ
四谷の千枚田[棚田ファイルNo.4]

なんですが、途中の川が増水してこんな事になっていました。


雨です。


寒狭川頭首工[ダムファイルNo.50]
道の駅したらでなにか無いかいなと立寄ったあとに遭遇したのが

近くまで行けるので寄ってみた。

新城のナイアガラ

やっぱり雨の時は違いますな

もう一丁

という事で松平東照宮にも行かず帰っている時に設楽ダム建設事務所の案内。
調べたら建設中にも関わらずダムカードがあって、なんと!さっき立寄った道の駅したらで配布していた!
まぁ行ってもいないのにもらうほうが厚かましいので仕方ない。
ザ・ビッグ彦根店に無事について晩メシ。
閉店時間が近づいて来たので出発して、道の駅竜王かがみの里で野営。
朝までグッスリ。
6時になって近くの青土ダムが面白そう。
前の日雨だったからさぞかし見応えのある放水が見られると思ったのに、何も起きてなかった、、、
5月14日(火)
青土ダム[ダムファイルNo.51]

拍子抜けしたので日吉ダムに行こうと思いましたが、流石に丹波の湯に行ってひとっ風呂浴びたくなってやめましたね。
流石にお兄さん、お疲れさまですよ。
Posted at 2024/05/14 21:41:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | ダム | 日記
2024年05月09日 イイね!

余呉湖ダム[ダムファイルNo.25]

姉川ダムから次の訪問先、余呉湖に向かいます。
途中見かけたザ・ビッグで買い物したりして時間を潰しながら9時過ぎに到着しましたです。

小さな公民館のような建物のロビーに監視カメラ付きでカードが5枚置いてありました。

ココの何処がダムやねん
というツッコミがウザいのでそういった対応なんだろうなぁ
と思ってしまったのですか
あながち間違ってもいないように思いました。

そんな訳で滞在時間1分で引上げです。
Posted at 2024/05/09 23:13:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | ダム | 日記
2024年05月09日 イイね!

姉川ダム[ダムファイルNo.24]

いよいよ姉川ダム~

人気(ひとけ)無いんですけど

曲谷ダムからの続きでまずは見上げます

高さは80.5mです

橋を渡ってみましょう

橋の上から副ダム


それではいよいよ天端に

まぁまだ7時台です。

その時1台のクルマが
やってきました。何かの鳴き声を聴きに来たふりして
声をかけました。
ラッキーな事にダムカード頂けました。

アレコレ話をして
このあとの予定を告げると
「流石に9時まわらないと無理だと思うよ」
とのこと。真っ直ぐ向かうと1時間もかかりません。

とまぁ、無事にカード頂けましたので少しノンビリ過ごしましょう。

築上町メタセの杜でゲットした迷彩傘さして歩きました。
最広角で縦位置、16:9だと高さが際立ちます。

遠くを見やりました

渡りきって

これからの時期見えづらくなってきますね。
湖面側

いつものようにアップも

ダムの中程にある建屋

その下。いつも以上にスマホ落としそうで、怖い

ボート小屋にもキツネ、「コンコンキツネ」というらしいが、、、


姉川ダムのはたらき


左岸側に戻って少し移動

どちらも捨てがたい(構図)

佇まいが良い


というわけで姉川水系
姉川頭首工に始まって思いもしなかったダムに出会いながらのドライブでした。
この時点でようやく8時頃。
ボチボチと次のダムを目指しましょう。
Posted at 2024/05/09 23:01:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | ダム | 日記
2024年05月09日 イイね!

曲谷ダム[ダムファイルNo.23]

小泉ダムを後にしていよいよ姉川ダム。
まだ7時台なのでまずは下から見上げましょう。

てか、アリャリャ!?
曲谷ダム!

しょうがないのでまずは右岸に。

ホウホウ、さっきの小泉ダムより大きいが雰囲気は似ているな。

この写真を撮るために靴がずぶ濡れじぁ~

こっちはフェンスの目をかいくぐって撮ったもの。
レンズが小さい事のメリットだね。
で、ずぶ濡れの靴を気にしつつ左岸側に回り込みましたら

良く見たらダムの名前

少しだけ上流側へ行くとお地蔵様、その前を進むと


といった感じで
いよいよ姉川ダム下流公園という名前の空地にやってきました。


どうして曲谷ダムはなかったものにしたいらしい?
Posted at 2024/05/09 15:13:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | ダム | 日記

プロフィール

「出た!【17日16時積込の20日神奈川県、片道】。今回は道志みち経由かな~」
何シテル?   05/15 09:11
軽貨物です。よろしくお願いします。 生粋の三菱ユーザーでしたがかなりの勢いでスズキ化してます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2024/5 >>

    1 234
5 6 7 8 91011
1213 141516 1718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

先人の遺構 濃溝の滝! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2024/05/09 20:44:03

愛車一覧

スズキ キャリイバン スズキ キャリイバン
3年前にそれまで仕事で9年乗っていたミニキャブバンからの乗換えです。 担当の営業さんが会 ...
三菱 ミニキャブ・ミーブ 三菱 ミニキャブ・ミーブ
三菱 ミニキャブ・ミーブにっています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
© LY Corporation