• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

みの~のブログ一覧

2018年04月22日 イイね!

宮ヶ瀬プチツーリング

この週末は今年初の夏日だったようで、いい天気でしたね!
今日は少しだけ早起きして、思いつきでふらりと半日プチツーリング(?)的に出掛けて来ました。


久しぶりの宮ヶ瀬湖 鳥居原園地です。青空に初夏の緑が目にあざやかです。



朝から何も食べていなかったのでざるうどんで腹ごしらえし、フリーマーケットで奴田原選手のランサーとSX4ラリーカーのプルバックミニカーをゲット(^-^)



たくさんのバイクや車で賑っていました。珍しい左ハンドルの20カローラとか



これまた貴重な車も見られました。(スゴイ並びですね!)



ありがたいことにKPサンは今日も絶好調!(あいかわらず水は、チョット漏れてますが;) どうやら先日のリアサスの音消しがうまくいったようで、快適な走りが楽しめました。
エンジンや駆動系の音、タイヤのロードノイズなどあらゆる音が入り込んで来るKPではありますが、本来してはいけない雑音があるのと無いのとでは、やはり楽しさが全然違います。

それにしても・・・ この何とも言えない一体感というか運転のしやすさは何だろうかと改めて考えていたのですが、ブレーキがすごくコントロールしやすいのが理由のひとつなんじゃないか、と気付きました。

最近出張先の現場の往復にレンタカーのアクアを借りて運転することが多いのですが、そこでハイブリッド車のブレーキの扱いは結構独特なのだということを初めて(^^;; 理解したところでした。
すなわち信号待ちなどで停止する場合、減速の初期にはまずブレーキディスクにパッドが当たらない程度に軽くペダルを踏んで回生制動させ、いよいよ停止させたい時にパッドを押し当てるように踏み足し、そこから停止の瞬間にカクンとならないように速度に反比例して踏力を抜くと快適に止まれるようだ・・・ ということはわかったのですが、いかんせん私にはサーボが強すぎてコントロールにとても神経を使うのです。要するにちょっとでも油断すると、すぐにオンオフスイッチみたいなぎくしゃくした走りになっちゃうというワケです。(余談ですが先日こんな記事が出ていましたが、ふだんなるべく無駄なブレーキを使わないようにしている小生も、ハイブリッド車を運転している時は確実にブレーキランプの点灯時間が長くなっていると思います)

一方でKPはもちろん昔ながらのMTで、ブレーキに至っては今時まさかのノンサーボです。
適切と思われるギアを選択してじわっとアクセルを離し、その先がどんなコーナーでも信号待ちの停止であっても減速感やフロントサスの縮み具合を感じながらブレーキペダルの踏力の加減で自分の好きなように車をコントロールできる・・・ すごくアナログですが、とにかく素直でわかりやすいのです。


アクアのレンタカーは今時の便利な装備はほぼひと通り付いていたし、静かで乗り心地が良くて普通に乗るならこういうのが一番いいんだろうなァと結構気に入っていましたが、思い通りに動かそうとするとブレーキの他にも加速したい時のアクセルの入力の仕方とか、CVTの特性などいろいろなことを常に考えていなければならず・・・ あまり深く考えずに直感で操作できるKPみたいな原始的な車の方が私にとっては却って楽で疲れないのかも、と思ったのでした。
新しい技術について行けない、典型的な落ちこぼれドライバーの例なのかもしれません(笑)
Posted at 2018/04/22 23:47:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | つれづれ日記 | クルマ
2018年04月03日 イイね!

桶川2018 第2戦

桜の季節になり、桶川の4輪じむか~なも第2戦がやってきました。


河川敷は今年も菜の花が朝の光にやさしく照らされて、とてもきれいでした!



めずらしく風もなく、初夏のようなちょっと暑いぐらいの陽気です。桶猫さんはいつものようにリラックスモードだね。


車の方は懸案だった車検が無事に終わり、今回からは20mm幅の広いタイヤを履いて心機一転のスタート・・・ のはずなのですが、右フロントのハブガタが見つかり直前にナットを増し締め(次に再発したらベアリング交換が必要かも;)。実はラジエターも具合悪いみたいでちょっとずつ水が漏れていたりで、いつもながら細かい問題多し。何とか無事に走ってほしいものです。


さて、本日のお題はこちら。

ターンの数が少なく一見あっさりしているように見えましたが、そこはやはり桶川のじむか~なです。
歩いてみるとパイロンのオフセット具合が一筋縄ではいかない感じ。
ゴール間際のフリーターンはスペースは十分ですが、どこで回るかによってゴールまでの速度のノリに差が出そうでした。


今回は失敗を恐れずに1本目から攻めて行きました。
暫定トップでしたが上位4台の差は0.5秒とほとんど無く、展開しだいではあっという間にかわされそうなシビアな戦いになりました。

2本目の作戦を立てましたが、私の実力では大幅な上乗せは難しそうな感じです。うーんどうしようか・・・
撮っていただいたビデオを見ながら考えた挙句、後半セクションの5本スラロームからフリーターンにかけての走り方に最も改善の余地があると見て、ここを慣熟歩行で重点的に復習して2本目に臨むことに。



うおのめ様、kimitake様、撮影ありがとうございました。


スタート後の最初の右ターンでノンスリが効かずにドアンダー(最近多いのです。デフのオーバーホールが必要なんでしょうか・・・)。その後もハンガーの進入で派手に振りすぎたり、インフィールドから奥のストレートに出るきつい右カーブを2速のままで曲がりクリップに付けなかったりとあまり良い感じではなかったのですが、後半が何とかうまく決まり1.1秒のタイムアップ!
そのまま逃げ切ることができました(^-^)v ミドルクラスで戦って行く自信につながる、嬉しい1勝でした。



新しいホイール、私的にはぱっと見の違和感はなくなって来ましたが、まだ綺麗すぎてちょっと馴染まないですね。
kimitakeさんもおっしゃっていましたが、今はまるでホイールが走っているみたいです(笑)
これからブレーキダストで汚れて、脱着を繰り返して傷付いていくうちに馴染んでくると思います。


【今日のイチオシ】

やっぱりこのスカイラインの並びが最高でしょ☆
Posted at 2018/04/03 22:34:51 | コメント(7) | トラックバック(0) | 走りの記録 2018 | クルマ
2018年03月26日 イイね!

第2章の始まりとなるか・・・?

私のKPにはこれまでずっと165/55R14というサイズのタイヤを使用してきました。これは主に軽自動車をターゲットにしたもので、ジムカーナにおいては660ccNAのホンダビートの後輪より小さなサイズです。
いかにKPが軽量でタイヤの負担が少ないとはいえ、4A-Gに載せ替え140馬力近く出ている動力を受け止めるのに容量が不足気味なのは否めなかったのですが、古い車ならではのホイールハウスの狭さがサイズアップの壁になっていました。

イマドキの車に乗るジムカーナ仲間に話しても「?」な顔をされてしまいますが、実際小型車クラスではごく一般的な195/50R15もKPに履かせればこんな感じに巨大であり、2016年頃に一度試したものの車高調と干渉してショルダーは削れ、フルロックまでステアリングを切ればホイールハウスの壁に当たり、サイドターンでも思うようにロックできないなど諸々の問題を克服できずにあえなく挫折。
その後昨年はお財布にやさしく165幅の中では抜群のグリップのATR-K SPORTに活路を見出して楽しく走ってきましたが、同クラスの相手より30~50mm細いタイヤにはやっぱりここぞ!という時にハンデも感じていました。

そこで今年はもう一度本腰を入れてタイヤのサイズアップ計画を練りました。
とはいえ前回の失敗を踏まえると195はちょっとやり過ぎっぽい。一方で175は昨年練習で使っていたZⅡ☆の感じから、165のATR-KSに対して劇的には変わらないことがわかっていました。ならば間を取って185か? ということでターゲットは185/60R14に決定。ギアレシオへの影響を考えると本当は185/55R14が欲しいところでしたが、10年以上も古い設計のBS RE01かサーキットアタック用のクムホV700(いずれも高価)しか選択肢が無いため諦め。
外径が40mmも大きくなるためフェンダーアーチとの干渉を避けるためにタイヤを奥まらせなければならないですが、少しでも見てくれを良くしようとホイールは目一杯外に出すように計算を重ねた結果、ノーマルフェンダーのKPとしては限界と思われる7.5J-14を組み合わせることにしました。



そんなわけでお正月休みの間に6JのA3Aを基準にマッチングを検討。失敗できないので超真剣です・・・





そして2月、お待ちかねのホイールを仮装着しました。タイヤはコストパフォーマンスの面でZⅢの一択。
リアのホーシングはスプリングを抜いていろいろな方向にストロークさせ、フロントはストラットケースやタイロッド、ブレーキホースなどの干渉を重点的にチェックします。各クリアランスは、余裕は少ないけれど概ね計算通り。良かった・・・




3/24、無事に車検も終えて浅間台のフリー走行で初テストです。
とても楽しみにしていたのですが、出発して間もなく寝不足のせいか体も頭もとても疲れていて、あまり本調子じゃないことを自覚しました。浅間台はなぜか過去にもトラブルに見舞われることが多かったので、こんな日は特に要注意です・・・ しかし天気が穏やかで道中も順調だったのは幸いでした。 
通常のフリー走行日でしたが先日の計測サービス用のDコースも用意されており、面白そうだったのでチャレンジしてみました。



タイヤやホイールは走行中に常に変形するのが難しいところで、静的には大丈夫そうに見えても走らせてみると思わぬところが干渉したりするので、最初は少し慎重に様子を見ました。
スペーサーを調整したり、フェンダーの爪をハンマーでトンカンやったり。パドックの隅で古めかしいボロ車を叩いている変なやつがいると思われたかもしれません(^^;

グリップは冷えた状態でも抜群でしたが、最初の2本はコース後半になると左ターンのサイドブレーキが効かなくなり悪い記憶が蘇りました。右後輪を外してみるとブレーキドラムがものすごく熱を持っていたので、引き摺りからフェードを起こして効かなくなっているのでは? と思いシューのクリアランスを拡げる方向に調整したところ3本目は更に効かなくなってしまい、慌ててきつくする方向に再調整。
幸いこれで左右とも安定して効くようになり、以降は思い通りに走ることができました。
台数が少なかったため10数本ほど走行しラスト1本のみリアをATR-KSに戻して比較してみましたが、ざっくりした感覚では今までより5~10%早いタイミングで大きくアクセルを開けられる感じでしょうか・・・ 破綻しにくいので突っ込みも安心して思い切って行けます。185のZⅢ、乗りやすくて最高でした。


それにしてもATR-KSに比べるとずいぶん固いタイヤだなーと思っていたら、なんとエアが2.9kも入っていたのでした(^^;
終わりの方で気が付いて2.5kぐらいまで下げてみましたが、固いのも悪くない感じで正直よくわかりません・・・ しばらくはデータを取ってみようと思います。



無事戻って来ました。爪折り箇所を仕上げ、フェンダーの塗装剥がれをタッチアップして完了です!


当然のことながらタイヤの幅を大きくしただけで速く走れるわけではなくこのタイヤをどう使うかに懸かっていますが、前回195を履かせた時は実はその辺が理解できていなかった気がします。今でも165サイズのATR-KSでさえ使い切れているなんてとても言えない体たらくですが、以前よりは確実にグリップ限界の高さにありがたみを感じながら走れるのではないかなと思っています。
実戦投入してうまく行くかはまだわかりませんが、新たな段階にチャレンジしてみます。



【おまけ】


いつも気になっている浅間台スポーツランド近くの車屋さん。
このS5型のスカイラインはボンネットが短いので1500かな?隣にはR31やシルビア(ガゼール?)の姿も見えます。素敵な空間です。

その後東関道で渋滞にはまっていると、偶然にもビ筑でいつもお世話になっているZummyさんのワゴン車と遭遇!世の中狭いものです(^^;
Posted at 2018/03/26 21:21:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車両開発本部 | クルマ
2018年03月19日 イイね!

奥多摩ドライブ

昨日はトシのKP61さんにお誘いいただいていた奥多摩湖の旧車の寄合いを覗きに、暇をもらってちょこっとドライブしてきました。


暖かく春らしい陽気でしたが、吉野街道の沿道はまだ冬枯れの様相。もう少しすると桜が咲いたりしてきれいでしょうね~。


寝坊してしまい7時頃に出発したため、会場の大麦代駐車場に着いた9時半ごろには既に満車で、素敵な旧車がずらりと並んでいました。(なぜか白バイの皆様もたくさん控えていて少々面食らいましたが;)



お初にお目にかかりましたマルーンワークスさんの70カローラ、貴重な2ドアのセダンです。
純正の渋い色合いの塗装とエントリーグレードならではの素朴な「手ミラー」に惚れました。



こんな珍しい車もいらっしゃっていました。
ずっと昔、ラムダ後期のターボのカタログを持っていたのですが・・・ 何かの折に簡単に処分してしまったのを今となってはとても後悔します(TT)



こちらの70カローラは後期の角目、黒の鉄バンパーや車高の具合が以前小生の乗っていた仕様とよく似ていたので、思い切ってオーナーさんにお声掛けしてみました。
エンジンルームも見せていただいたのですが86の4A-Gに換装してエアコン付き、T50ミッションに車高調・LSDも装着と、大人しそうな外観に似合わず相当走りに振った仕様。
なんと以前は別の車で本格的にジムカーナをされていたそうで、桶川のジムカーナや平塚青果市場でおなじみのチームクレセントの会長さんのこともご存知とのことでした(@@)
是非この70カローラでカムバックいかがですか?と熱烈お誘い(笑) させていただいたのは言うまでもありません。



私の車は満車だったこともあり当初入り口に近い隅の方にひっそりとめていたのですが、どなたかが湖をバックにきれいに撮影してインスタに上げてくださったようで、それにいくつかのコメントもついているのを見つけて感激してしまいました・・・ あまりこういう場に映えない地味な車なのに、ありがとうございます☆
・・・ちょっとだけよそ行きの格好で、普段よりほんの少しフロントの車高を下げて行ったのがよかったのかな(笑)
Posted at 2018/03/19 23:41:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | つれづれ日記 | クルマ
2018年03月03日 イイね!

片付けながら反省(^^;

私の家には幸い車とタイヤなどの備品がぎりぎり収まるガレージがありますが、元来のだらしない性格がたたって、ちょっと油断していると通販で購入した部品の空き箱やオイル・スプレーなどの空き缶、交換して取り外した部品、ジムカーナ場から持ち帰って来たゴミなどが山積みになって、どんどん手狭になってしまいます(^-^;;
走りに行く予定もなく少し時間ができたので、久しぶりに掃除することに。


片付けていると、結構昔の部品も出て来ました。
みんカラの整備手帳なんかですと完成したものを振り返って淡々と記録しているだけですのでそれなりにソツなく(?)できているように見えるかもしれませんが、背景にはひどい失敗や無駄な買い物も数知れずです・・・




この辺は黒銀のAE86に乗っていた頃に買ったヤツだな・・・
一時期、ちょっときれいにしてやろうと柄にもなく手配したものの結局使わず。
しかし上の部品なんて左のクォーターウィンドウのしかも角の部分だけ(笑) 中途半端感が何とも言えません・・・





オイルレベルゲージガイドは確か長さが合わなかったか何かで使えず。
スピードメーターギアはT50用に欲しい歯数のラインナップがなく、唯一歯数の合ったW55ミッションのものを「イラストが似ているのでひょっとしたら合うかも」と手を出し、トヨタ共販で現物を受け取った瞬間に大きさを見て即死(汗) まったくバカですよね・・・



これは20年以上前にどこかのノスタルジックカーショーで買った中古のトランクフックです。確か800円ぐらいだったのかな。レーシングカーみたいな雰囲気に憧れてその場のノリで買ってはみたものの、いざとなるとボディに穴を開ける勇気がなく結局使わずじまい(だいいちFRPのトランクリッドも持ってなかった)。久しぶりに確認したらスプリングの輪っかを引っ掛けるピンが片方どこかに行ってしまっていました・・・



極めつけは昨年のコレ・・・
もう少し抜けのいいマフラーが欲しくてサイズの合いそうな中古のタイコ(NCP10ヴィッツ用)をヤ○オクで落札したものの、既に中が腐っているらしく振るとシャラシャラ音がしてパイプからたくさんの錆の欠片がコンニチハ・・・ 見た目はきれいだったのですが、結局粗大ゴミになってしまいました。



一方で、嬉しいものも出て来ました。
いつの間にか脱落してどこかに行ってしまい不自由していたボール盤の万力の部品が、台の下の奥の方からひょっこり出現。
裏の押さえ板のネジが外れたのが原因でした。代わりのスプリングワッシャー付きのセムスネジで留めて、ワイヤーブラシで錆を落とし摺動部をグリスアップして復活!


そういえば今年の初詣のおみくじは「失せ物 必ず出る」だったかな(笑)




トヨタ純正オイルフィルター、ストックの最後の1個。最近は量販店でも社外品しか置いていないですよネ・・・ 私のは残念ながらオイルブロックとタコ足の間のスペース制約上1サイズ薄いスズキのSU12を使うようになったため、これも出番が無くなってしまいました。



こんなのもガレージのあちこちから出て来ます・・・
EFI仕様の4A-Gではおなじみの、ダイアグコードチェック時のT端子短絡に使うジャンパー線です。
平端子を使ってちゃんと使いやすく作りどこか保管場所を決めておけば良いのでしょうが、いつもその場で適当な線材を切っては作り使い終わったらポイ、そして次もまた見つからないので作って・・・ の繰り返しを反省(^^; エコじゃないですね。


さ、ゴミも片付いて(部品はまた仕舞いましたが)、少しはスッキリしましたよ~。
次はここで、何をいじりましょうか。
Posted at 2018/03/03 23:34:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | つれづれ日記 | 日記

プロフィール

「箱D KP2連勝。やったネ(^^ https://www.youtube.com/watch?v=K7ezpOf_Pk4
何シテル?   04/24 21:58
僕にとってのクルマとは、接するだけでひととき日常を離れ、他では代え難い癒しと快楽をもたらしてくれるもの。 特に運転が上手くもないし 専門家のように難しい...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

車検に向けて・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/10 15:32:55
ドライビングのアプローチ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/19 23:53:12
新年からイラッとして、見えたものは何でしょう?  ( ゚д゚)ハッ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/03 09:29:14

お友達

更新は不定期で、コメントの返信なども遅れる場合がありますが何卒ご了承ください。

お誘いはこれまで基本的にお断りしない方針でしたが、現在はご自身の日記を書かれている方、何かしら共感できるとお見受けした方のみ登録させていただいていますので、よろしくお願いいたします(^-^)/
69 人のお友達がいます
はやとはやと * MDi遠藤MDi遠藤 *
紫エッセ紫エッセ * たんけんぼんたんけんぼん *
ぴたろぴたろ * gammagamma

ファン

72 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ スターレット トヨタ スターレット
昭和59年式 トヨタスターレット 3ドアDX-A 【かっ飛ぶ前のスターレット】 暇を見つ ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
【ガレヱジ戸田公園ワークスアルト】 かつて所有していたEP71スターレットを彷彿とさせる ...
ホンダ CB250F ジェイド ホンダ CB250F ジェイド
もう一度バイクに乗りたい!という思いが募り、17年ぶりに買ってしまった250。 名前はジ ...
トヨタ カローラ トヨタ カローラ
【盆栽カローラ】 構想10年を経て、06年4月~07年11月にかけてプライベート製作した ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.