• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

エスイチのブログ一覧

2018年09月09日 イイね!

300万円超えのリッターカー!?

300万円超えのリッターカー!?先週末座間のイオン(日産座間工場の跡地)に行ったら、懐かしの日産Be-1が飾ってありました。若い方はご存じないかと思いますが、当時は限定1万台で発売されたコレの新古車がプレミア価格で300万円超え(驚)だったのです。新車価格が150万円位だから、単純に買えた人は100万円~とかの利益を得たことにになります。ベースはマーチなのはみんな知っているにも関わらず...。

確かに、Be-1が発売された当時の日本経済は絶好調で、土地はもちろん、株、絵画、スーパーカーなど、片っ端からも投機の対象になっていたんですね。

聞くところによると今の中国もその傾向があるらしいから、行く末は、、

いろいろ示唆に富む展示といえますね。

Posted at 2018/09/09 23:35:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月30日 イイね!

オフロードは得意だけど、走っちゃダメ!?

オフロードは得意だけど、走っちゃダメ!?私的には好意的にとらえている新型フォレスターのフロントフェイスですが、スバルが開催したメディア向け試乗会で、ずいぶんと恥ずかしい写真が撮られてしまっていますね...。

先代から減少したアプローチアングルからして、5代目フォレスターは都会派SUVに寄っていったのだと理解していました(ランクルというよりはハリアー側へ)。

ところがセールスサイドは欲張って、「新しくなったX-MODE もプロモーションしよう!」と思ったのでしょうか。


そして、興味本位で調べてみると

<アプローチアングル比較>
ランドクルーザー 32°
ランドクルーザープラド 31°
パジェロ 36.5°
新型ジムニー 41°
新型ジムニーシエラ 36°
アウトランダーPHEV 19.5°
エクリプスクロス 20.3°
ボルボV60クロスカントリー 19.4°
スバルアウトバック 19.8°
スバルXV 18°
マツダCX-3 15°

※多くはネットからの情報なので正確ではない可能性があります。

新型フォレスターのアプローチアングル(20.2°)というのは、もはやステーションワゴンの最低地上高を200mmまで嵩上げしたV60やアウトバックと大差ないのですから、X-MODEが進化したところでDimension的にオフロード(特に泥濘地)は厳しくなってしまったことは間違いありません。(実際に激しくアゴを擦ってしまっている)

折角お金をかけて行ったプロモーションなのに、メーカーの思惑通りにはそう上手くいかないものですね。
Posted at 2018/07/30 01:47:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月08日 イイね!

新型フォレスターに遭遇

新型フォレスターに遭遇先日桜木町駅前で初めて新型フォレスターの実車に遭遇しました(スバル車のプロモーションイベントにて)。

もちろんネットで新型の画像はチェックしていましたが、Sリミテッド後期オーナーの私からすれば実車はさらに既視感がありますね...。

私もスバル車のウォッチャーを始めてそろそろ20年になりますが(苦笑)、その間ここまで前期型に似せてきたフルモデルチェンジは記憶にありません。

まぁ、フォレスターはグローバルレベルではスバルの主力商品とのことなので、絶対に失敗は許されないモデル故、このようなモデルチェンジになったのも理解できるところ。

一方で中身は大きく変わり、エンジンは従来の国内ラインナップを完全否定してきました(驚)

売れていた2リッターNAと、280馬力のクルマとしてはリーズナブル(VTD非採用だから!?)だったターボをあっさり捨て、2.5リッターNAと2リッターハイブリッドの設定。

確かに、私も乗っている現行の2リッターNAは街中こそキビキビ走るものの、一たび高速道路に入れば余裕は少ないので、特に2.5リッター化は正常進化かと思いますが、日本の平均速度の低さや税制を考えれば仕向地に合わせた仕様も必要だったかと思います。

また、シャシーも今回からアセントのような大きなSUVまで対応可能な程大幅に剛性がアップしたSGPとなっています。(とはいえ、早速フレキシブルタワーバーも出るだろうから、SGPも実は大したことないのか、それともフレキシブル~がタダの金儲け道具なのか...。)

ところで、私も最初は似ていると感じていた外観も、一ヵ所明確に違うところを見つけました。それはフロント周りのサイドビューがボクシーになったこと。

恐らくアプローチアングルの大幅な減少(SJ5 25°→SK9 20.2°)とトレードオフにより得られたはずで、フォレスターとしては基本性能の大幅退化ともいえるけれど、SJ5 Sリミテッドのフロントバンパーは横から見ると少し尖っていて魚の口みたいなので、ここは私も新型のほうがいいかな、と。

新型はデザインに新鮮味こそ少ないかもしれませんが、私的にはザパティナス氏の頃のスバル車に比べれば全然OKです。
Posted at 2018/07/08 02:39:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月03日 イイね!

アイストスイッチの位置を右側へ移動

アイストスイッチの位置を右側へ移動私の場合、過去のスバル車で行う定番モディファイがバッテリーのサイズダウン。

WRX STI spec.C用のバッテリーフォルダやステーもまだ持っているので、現車のフォレスターでも今のバッテリーが弱ってきたら検討するつもりですが、もし実行するとなった場合はやはりアイドリングストップ(以下アイスト)は常時Off化すべきかと。

まぁ、すぐではないものの、まずはしばらくアイストを使わないで乗ってみようと思い立ったのですが、これがもう、全然実行できないのです。。

ご存じの通り、SJ5フォレスターはアイストオフスイッチを押してもエンジンを一度切るとアイストオン状態に戻ってしまいます。そのため、毎回エンジン始動時にオフスイッチを押す必要があるのですが、私の場合週末しか乗らないこともあって、毎度毎度すっかり押し忘れてしまいます。

ならば、ということで以前みんカラで見た「アイドリングストップキャンセラー」というパーツについて調べてみたところ、どうもカプラーオンとはいかない模様。もうひとつ、「アイストスイッチを押しっぱなしで固定する」という方法も試してみて一応は上手くいったものの、本来の使い方でもないのでトラブル発生の可能性がゼロともいえず、、

で、そもそもなんでアイストスイッチを毎回押し忘れるのか?を考えたところ、「スイッチの位置」が要因としてあるように思えました。SJ5のアイストスイッチは運転席から見てシフトレバーの向こう側にあり、発進時にシフトレバーに手を伸ばし、Dレンジに入れるようと操作したときも全く視界に入ってきません。

そこで、私の場合年一回使うかどうか、のX MODEスイッチをアイストスイッチの位置に移し、逆にアイストスイッチをX MODEスイッチの場所に移してみました。。

今日は「加工した」感があるのでプッシュスタートボタン→アイストオフスイッチ→シフトレバーDレンジ、という一連の流れで操作できましたが、果たしてこの連休で定着させ、来週末も実行できるでしょうか(苦笑)

(作業内容を整備手帳にアップしておきます。)

Posted at 2018/05/04 00:43:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月28日 イイね!

もう前期型BRZのトミカ出すのやめて~

もう前期型BRZのトミカ出すのやめて~BRZはとっくに手放したのに、なぜか止められないのが86/BRZのトミカ収集(但し、私の場合前期型のみ、また特にBRZはフォグ周りが黒系のもののみ収集)。今回はイオン専売モデル、「AEON NO.37 SUBARU BRZ ドライビングアカデミー トレーニング車」を購入いたしました(画像奥は友情出演のゴールド86)。

「もちろん発売日当日に~~」といいたいところですが、この期に及んでBRZ前期型のトミカが新たに企画されているなんて全くもって知らなかったため、気付いたときには既に最寄りのイオンでは売り切れ、仕方なくチョイプレイミアム価格な某オクで購入いたしました。無事買えてうれしい反面、正直86/BRZの前期型はもうこれっきりにして欲しいような(苦笑)

さて、話は変わって実車の86/BRZ。いろいろなカー雑誌では「次がある」とされています。確かに、4人乗りという実用性を備えながら、現代の水準であれば十分軽量、コンパクト、安価、そしてFRは、他社が同価格帯で手がける実用SPORTS車が皆ジアコーサFFである以上依然存在価値は高く(=一定数は売れる)、逆に止める必要はないのかもしれません。

次のBRZでは、ターボとか別に要らないから、その分フロントのサスペンションとエンジンの搭載位置にもう一工夫欲しいかな。それでもし5人乗りなら、また前回同様予約開始直後に一台発注しますが...。
Posted at 2018/04/29 01:15:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

クルマ好きのオッサンです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
2017年2月吉日に納品されました。
スバル BRZ スバル BRZ
2012年3月登録の初期型です。
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
2.5Lエンジン+デュアルAVCS+不等長マニで300馬力、それでいてATというユニーク ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
機能上全く不満の無い、超優等生でした。24ヶ月所有。

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.