• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

noa☆のブログ一覧

2018年04月14日 イイね!

春の穏やかな休日♪

春の穏やかな休日♪

お天気の良かった週末を利用し郊外へドライブに行って来ました。

市内の桜はほぼ終了してしまったのですが、今年は雨天や勤務と重なり あまり桜を満喫出来なかったので、桜を求め少し北上する事に(~_~)




途中立ち寄った河川敷で春を感じさせる…
alt alt
カタクリの群生を発見! 国道脇の少し影になった所での発見にちょっと驚きましたね。


そこからもう少し北上した山沿いでは…

alt alt

紫色のキクザキイチゲを見つけた後、キレイな桜が満開のポイントを見つけ その下でV50と記念撮影❀ しばらく桜並木を散歩したり車内でコーヒーを飲んでゆっくり過ごし帰路につきました。


午後、家に戻ってから やり残していた仕事をこなします。

alt alt

前日の夜中に釣って来たアジを干物に加工(汗) 翌日は雨の予報でしたので乾き易い天気の良いうちにと! 日を置くと鮮度も落ちてしまいますしね(*_*)


そう言えば4月の初め、お手伝いに行っている施設でゴマフアザラシの赤ちゃんが産まれました♡

alt alt

今年も各地の水族館で出産ラッシュが続いているようですが、関係者にとっては アザラシの出産も春を感じる出来事の一つとなっています。 生まれたばかりの赤ちゃんアザラシは真っ白! この姿が見れるのは 生まれてから僅か2週間程度と言われ、生で見れるのはわりと貴重なんです。 右の画像はお母さんアザラシが赤ちゃんアザラシを抱っこしている様子です(~_~)


午後、家のベランダから庭を見下ろすと チューリップが一つ二つと咲き始めていました。

次の休日辺りには そろそろ家のミニ畑やスイレン鉢、日よけのゴーヤ棚の準備を始めなきゃ(汗)



Posted at 2018/04/14 23:27:41 | コメント(4) | トラックバック(0) | | 日記
2018年04月04日 イイね!

タイヤ交換&ホイール清掃

タイヤ交換&ホイール清掃


昨日3日、ついにこちらでも桜の開花が発表されました。

例年より6日、去年より5日早い開花だそうです(^_^)


しかし 今日からまた季節が逆戻りしたような気温が続く為、週末のお花見は厳しそうです(*_*) その代わり 長い間桜を楽しめそうですけどね(~_~)



そんな中、暖かくお天気の良かった2日に ようやくV50号のタイヤ交換を行いました。

alt alt

タイヤ交換の準備中、ご覧のようなホイールの内側のウエイトを剥がしたシール痕が気になり 剥がしてしまおうとチャレンジ! しかし 中々手強く、作業が進みません(*_*)


なにか良い方法はないか?とスマホで検索すると、いくつかの方法を発見! その中から手元にあるもので出来る、パーツクリーナーとプラスチック製のスクレイパーを使った方法でやってみました。

alt alt

残ったシールの部分をパーツクリーナーでふやかして? スクレイパーで剥がして行きます。 結構大変でしたが、ただ爪でゴリゴリと剥がすよりは5倍は早く 且つキレイに落とす事が出来ました(~o~)


タイヤ交換自体はいつも通り順調に終了しましたが…

alt alt

 シール剥がし作業に手間取り、準備から2時間以上もかかっていました(汗)


そう言えば懸念事項だった、V50純正のメクラ蓋が取れたり変形してしてう残念なホイールナットも交換。

alt alt

解体屋で前期型S40の物でも同じだろう?と買ったのですが、若干形が違い 六角のナット部分が長く、テーパー座金の部分が回転する構造になっていました。 ま、見た感じはほぼほぼ同じのでOKとしました(笑) ちなみに 2000年頃に発売されていた昔のS40・V40の4穴のナットは形は似ていてピッチも同じですが、ナットサイズが21mmです。


V50純正ナットは既に廃盤となり追加購入は不可能なので、互換性の有るこのナットになります。

alt

Dで購入させられたこの貫通ナットよりは解体屋のナットの方が全然マシです。


交換作業が終わった後に冬タイヤを洗って、V50号も洗車(^_^)

alt alt

6年履き 次回は無いかもしれないタイヤですが一応キレイ洗って車庫に片付けました。 まだまだ目も有りゴムも柔かいので、なんか勿体ないですね(>_<) でもさすがに7シーズンはキツいだろうな~ スタッドレスは重要なパーツですしね。

Posted at 2018/04/04 23:53:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2018年03月29日 イイね!

2018渓流釣行 2回目☆ ~水源付近調査編~

2018渓流釣行 2回目☆ ~水源付近調査編~

3月下旬の平日。

前回の釣行時に魚影の無くなっていた沢が気になり、同じ沢の上流部の調査釣行に行って来ました。

2年程前の釣行では 確か2ケタの釣果が有り、全てを上流部にリリースしたにもかかわらず全く気配を感じられなかった為、川の変化や大きな環境変化でも有ったのでは? と疑ったからです。


前回の釣行より約3週間、だいぶ積雪は減りましたが まだまだご覧の様子。

alt alt

 道路の除雪も行われていない所に不思議なワダチが続いており何だろうと思っていたら、30分程登った林道の行き止まりに ご覧の様なキャタピラー型のダンプ?が止まっていました。 林道か山の手入れに入って居たのかも知れませんね。


alt alt 

この前のブログの画像と比較すると 季節の進み具合が感じられます。 でもまだまだ沢山の雪が有り、私以外の足跡は相変わらず無かったです。

 

今回は前回時間切れで引き返した場所からエントリー、ここまででもボチボチ歩きました(*_*)

alt alt

始めは開けた感じの明るい渓相で ヤマメでも釣れそうな雰囲気。 しかしすぐに高低差が大きくなっていきます。


そして 待望の本日最初の魚信!

alt alt

釣れてきたのは 本来この付近に居ない筈のヤマメちゃん(汗) サイズは 15cm程。冗談のつもりが 本当に釣れてしまいちょっと焦りましたが、2年前の時にも1匹釣れているので、定期放流が行われるようになってしまったんでしょうね(>_<) 動きの速いヤマメに先に餌を奪われたのか、同じポイントで同サイズのイワナも釣れて来ました♪


その後しばらくアタリの無い時間を過ごし、気付くと川幅も狭くなり 源流チックな渓相に。

alt alt

より一層 傾斜がキツくなり、流れもタイトになってきます。 ここからはちょうちん仕掛けを更に詰め、7mの竿に仕掛けの長さは ひとヒロ弱。


ヤマメが釣れたポイントから約1時間、久しぶりのアタリで上がって来たのは…

alt alt

またまた 15cm程のイワナくん! そこから30分程登ったところでさらに同サイズのイワナくんゲット(~_~) 時間的にはまだまだ登って行けそうでしたが、魚が居るのが解ったのと 川に特に異常が無かった事が確認出来たので、今回はここまでとしました。 


 行きは歩きと釣りで必死?でしたので、いつものように帰路はゆっくり自然観察☆

alt alt

折り返し地点近くの対岸では小規模な雪崩の跡や 雪渓が見られました。 また途中で立派な杉林が有ったり… 現在では人が入って来ないような源流域ですが、木の大きさから 半世紀程前には植林の為に林道開発が行われていたようで 有り得ない場所に大昔のコンクリート橋が架かっているのを発見しました。


杉の植えられた人工林の中には…

alt alt

カモシカの足跡や 鳥が獣に襲われた跡。。。 もしかすると フクロウなどの猛禽類の狩りの跡かもしれません。


林を抜けた陽の当たる場所では、雪の解けた先からフキノトウが顔を出していました。

alt alt

右の画像は少し収穫して持ち帰った物を、天ぷら用に下ごしらえした後のものです(~o~)


この日の釣果もオールリリース(そもそも食べれるようなサイズでも無く)でしたが、いつものようなもっと上流部へ運んでのリリースとはしませんでした。 


帰り支度を済ませ 山を下りて来たのが 14:00過ぎ。 お腹が減ったので 麓のコンビニでおにぎりを買い 道路脇の空き地で景色を見ながら遅いランチ(^_^) もうひと月もすると田んぼには水が張られ 田植えも始まります。

alt alt

フロントガラスがうっすら霞がかかったようになっていたので良く見ると、真黄色のスギ花粉(汗) 杉林の近くに車を停めていたので当然ですね。 どうりで帰った後で花粉症の症状が重症になったわけです(>_<)


今回の調査釣行結果、魚の少なかった原因は 以前より釣り人が入るようになり、大きな魚はお持ち帰りされ居なくなってしまった と云う事のようですね。 川に大きな変化や異常は無かったのは幸いですが、良かったのか悪かったのか若干びみょ~ですけどね(*_*)

釣った魚をキープし食べる事も楽しみですし 個人の自由とも思いますが、小型魚のリリースは当然の他、ある程度大型となった産卵数の多い個体をリリースする方が資源の回復に有効と云う事も釣り人の常識として心の何処かに置いて頂けると資源の枯渇防止になります。 特に源頭部の小沢で釣りを楽しんでいる方は、本流のように漁協が何トンも魚を放流しておらず 殆どが天然魚で命を繋いでいるので、少しの余裕と優しさを持って頂けると嬉しいです☆

Posted at 2018/03/29 21:31:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 渓流釣り | 日記
2018年03月21日 イイね!

ガレージシャッターのリモコン更新

ガレージシャッターのリモコン更新

新築から10年、家のあちこちに少しずつガタが来始めていますが、数年前より調子の悪かったガレージのシャッターリモコンを思い切って交換する事にしました。

しかしシャッターメーカー純正のリモコンは1個 1.2諭吉さま程。 今まで調子の悪かった2個を交互に騙し騙し使っていましたが、2個更新すれば当然費用も2倍となります(>_<)



更新するにしてもリモコンは最低2個欲しかったので、なにか安く済む 良い方法が無いかと調べたところ 純正配線の間に割り込ませる後付けのリモコンユニットが有る事を知り、購入→取付けしてみる事にしました。


早速ネットで注文、価格はユニットにリモコンが2個付いて 1.5諭吉程。 オプションの簡単配線キットも購入し プラス1500円くらいアップしましたが、YAHOOカードでTポイント5倍の日+送料無料で買ったのでペイしたと思います♪

翌日には到着、開封してみると思っていたよりコンパクトでなかなかいい感じです(~_~)

alt alt

ユニット自体はタバコの箱とポッキーの箱の中間くらいの大きさ、ちなみにグレーのリモコンが文化シャッターの純正リモコンで 比較に置いてみました。


取付け方法を付属の図面(説明書)で確認しますが、今回は簡単配線キットも購入済みですので…

alt alt

壁に付いてる固定スイッチを外して、指示通りにエレクトロタップ(配線コネクター)を接続するのみ♪

構造はメインスイッチとの間にユニットからの信号を送るだけとなりますので、当然メインスイッチも今までのリモコンもすべて使用可能となります。


リモコンの受信範囲は 約40mとなっていますが、ネットでの評価ではそんなに飛ばないとなっていました。

alt alt

その為 取り付け場所はガレージの外側や窓際が良いのかな?と心配しましたが、結局 天井のシャッターボックスの上に設置。 それでも十分今までの純正リモコンより遠くの 30m以上離れた場所からも操作可能でしたね(~o~)


配線・設置はものの 30分程度で出来ましたが、コンセントや壁スイッチのバラシ、化粧の配線カバーの取付け等の仕上げに時間が掛かり、半日弱の仕事となりました。 今回は配線が難しく諦めましたが、リモコンに照明をコントロールスイッチも有るので 壁や天井を配線する根性が有ればもっと便利に使えそうです。 (照明のON-OFFだけでなく、シャッター連動点灯なんかの設定も可能なようです) 


今回の改造?更新?により、壁面スイッチの他に壊れかけのリモコンを含めると4個のリモコンでの操作が可能となりました。


Posted at 2018/03/21 22:29:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2018年03月08日 イイね!

2018 渓流解禁☆

2018 渓流解禁☆


春の爆弾低気圧のお陰でぶっ飛んでしまった今年の3月1日の渓流解禁日。

翌日も風は強く吹いていましたが、お昼から幾分弱くなった為 「山に入れば気にならない程度」 と判断し 午後から今年の渓流初釣行に行って来ました!



それ以降は晴れの穏やかな予報でしたが、週末で沢山の釣り人と逢うのを嫌った(そんな可能性は無い川ですが)のと、最高気温が高くなり過ぎ増水や歩行困難が見込まれると思ったので、タックルを準備し急遽出撃して来ました(^_^)

午後からの入渓なんて、イブニングライズを狙ってのフライフイッシング以来何十年ぶりだろう? 時間が限られますので、家から近い里山でかつ エントリーのし易い川をチョイス。

alt alt

しかし、今年はそれでも積雪量が多く ご覧の様子。 先月のトレッキングの時のように 予想より大分下流域にしか駐車出来る所が無い為、またまた何キロも歩く羽目になってしまいました(*_*)

支度を終え 車から歩く事1時間、ようやく川の見える所まで到着し ご覧の様な勾配をいつものカンジキ履きで谷まで降ります。

alt alt

毎年エントリーする川では無いので確かでは有りませんが、残雪は例年の3割増し位と思います。


期待と不安の中、約1年ぶりのイワナ釣り。 この川は堰堤が少なく 高低差もわりと緩やかな渓相。

alt alt

しばらくアタリが有りませんが、変化の少ない川ですので 魚が溜まり難い事は想定内。 途中でカモシカかイノシシの足跡を発見! 帰ってから解ったのですが、この日この近くの街でイノシシが暴走し、けが人が2人出ると云う事件が有ったそうです(汗)


それにしてもアタリが無い…  いくら登っても反応がありません(+_+)

alt alt

1.5H程登ったところで この川は断念。 釣れないのはともかく、足跡が無く 今年は誰も入った形跡は無いのに魚の反応が全くない事が気になります。


気を取り直し、下流で合流しているもう一方の小沢に移動する事に。しかし時刻は既に15:00過ぎ、小一時間の山歩きを経ても釣りの出来る時間が有る保証は有りませんでしたが、取り敢えず急いで歩きます。

alt alt

なんとか間に合い薄暗くなり始めた堰堤で竿を出し、念願の1匹目をゲット! 20cm未満と小型のイワナでしたが、今年は中々アタリが出なかったのでとっても嬉しい1匹でした(~o~)


その後 同じポイントで 尺をちょっと切るくらい位の良型を追加♪ 

alt alt

普通同じところからの場合 大きな個体から食って来るので驚きましたが、これはこれで嬉しい誤算となる出来事でした(~_~) この日の釣行は帰りの歩き時間を考え この2匹で終了→ 納竿としました。 


夕暮れ迫った山道をトボトボ車まで戻り、帰り支度を済ませたのが 17:30頃。 だいぶ日が長くなったとはいえ、ヘッドライトを点けての帰路となりました。

alt

実はこの撮影の前 ご覧のようなサイドミラーを当てながらの雪道の真ん中に、崩れて来たと思われる大きな硬い雪の塊が道を塞いでおり、スコップで壊してどかし なんとか通る事が出来ました(汗) もし緊急時用に積んでいたスコップが無かったら… と思うと少しゾッとしましたね(*_*) ←雪の壁で ドアを開け外に出るのも一苦労、落ちていた塊や壁はほぼ氷の硬さですので…


今回も当然全てリリースですが、最初に入った川の魚影の無さがとっても気掛かりなので、もう少し暖かくなったら また調査に入ってみたいと思っています。


Posted at 2018/03/08 20:47:49 | コメント(4) | トラックバック(0) | 渓流釣り | 日記

プロフィール

「春の穏やかな休日♪ http://cvw.jp/b/1560198/41352208/
何シテル?   04/14 23:27
noa☆です、よろしくお願いします! 850→V70→V50 とボルボを3台乗り継いできました。 小回りの利くボディーにターボで楽しく走っています♪ 車歴...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

☆2017.6月 釣果☆ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/30 01:27:20

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

ボルボ V50 ボルボ V50
ボルボ V50 2.5T クラシック に乗っています。 2011モデルのT-5 R-D購 ...
ボルボ V70 ボルボ V70
海に山にと大活躍、850譲りのデザインがお気に入りでした。ベーシックモデルの2.5でした ...
ボルボ 850エステート ボルボ 850エステート
憧れの850エステート。発表から5年後にやっと買うことが出来、嬉しかったのを覚えています ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
20代の頃に10年程乗っていたクルマです。 ステップアップを繰り返し、最終的にはTD-0 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.