• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MasaGotoのブログ一覧

2018年10月21日 イイね!

タイヤマネジメント

タイヤマネジメント









レースでドライバーがタイヤの減り具合を考慮しながら走っているのと同列ではないにせよ、クルマを趣味としている者であれば、誰もがタイヤの交換時期について何か考えているに違いない。

私の場合、ちょっと禅問答のようだが、
まだは もうなり
もうは まだなり
これに尽きる。

ツーリング目的のMG(1号車)はまだ大丈夫だろうと思って出発し、出先で予想以上のタイヤの減りで心配することがあった(パンクならまだしもバーストは避けたい)。

その一方、年数が経過しているのになかなか減らない場合もある。これは乗り方によるものだろう。サーキット走行と違って前方の交差点が赤信号で停止する場合、交差点ギリギリまでブレーキをがまんしてフルブレーキするなんてことはしない(公道である以上、当然のこと。でも中には交差点を曲がる時にサーキットでの走りを意識して練習してますなどとぬかすアホタレもいる。そんな「練習」しても上達しないし。しっかり道交法を読めと思う)。

1号車はMRのため、リアの減りは早いがフロントはなかなか減らない。その結果、リアの交換サイクルとフロントの交換サイクルに差が生じている。
リアはハイグリップにしないと心配だが、フロントはとりあえずついていればいい。そんな意識が余計に交換サイクルの差を助長させているのだと思う。
とりあえず、ホイール2セットにそれぞれタイヤがついており、それ以外にもまだスペアタイヤがあるため、今回特に購入する必要はない。


リア


フロント

ではCATERHAM(2号車)はどうか?
そもそもサーキットに行く回数が少ないが、行ったら行ったでハイグリップタイヤは減りが早い。とは言え、車重が軽いから思ったほど減らない。
また、最近リアホイールを新調したが、タイヤはこれまでのものを組み換えただけ。まだまだ使えるがどこまで使えるかは不明(おいしいところを過ぎたら即交換するか、それともツルツルになるまで使うかはその人次第だ)。


フロント

これらを踏まえ、もう1セット用意しておくのも悪くはない。
年に一度のいい買い物の日が近づいている・・・。
Posted at 2018/10/21 02:15:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2018年10月15日 イイね!

所有する2台は何馬力?

今さらながらだが、MG(1号車)とCATERHAM(2号車)は何馬力なんだろう?
カタログデータ上では1号車、2号車ともに120PSとあるがどっちも多少いじっているので馬力アップしているのは間違いない。

本題に入る前にショップのデモカーのチューンドエンジンがいいのはあてずっぽうにパーツを選択していないためだろう。もちろん、やっつけ仕事で組むところもあるが、わざわざ自社の技術を売りにする以上、例えばピストンは数多く取り、最適なものを選択しているはず。
それを知ってから知らずか、ショップのデモカーがいいからそのショップで組んだエンジンは素晴らしいなどと思い込む人もいる。だが、デモカーはよくても仕事として請け負った時にきっちりやってくれるかどうかは別。どの世界でも羊頭狗肉はつきまとうと思う。

話を元に戻す。
1号車はMGFの部品取りエンジンのため120PSだがヘッドはいじってそう。純正カムをMG-TF用のカムにしているほか、排気系はエキマニから全て社外にし、吸気系も社外エアクリにしている。さらにコンピューターは純正書き換えタイプのもので、点火系もチューンしている。
そこでMG-TF純正の135PSを超えた136PSあると仮定する。やや控えめなのは本来のインマニではなく、2号車のインマニにしているため(高回転域の伸びが乏しい)。そうでなければもっと上乗せしたいところだ。ただし圧縮圧力を測定していないため、どれだけパワーロスがあるのか不明。

一方の2号車は売主の説明では1.6ℓチューンドエンジンだというが、何をどういじっているのか不明だし、そのエンジンが元々乗っていたとしても私の手元に来る前に別のエンジンになっている可能性も否定できない。
現時点でワンオフのサイレンサーがついているほか、吸気系はMG-TF用のインマニを取り付けている。またコンピューターは純正書き換えタイプのものにしている。
そこで8PSアップの128PSと仮定する。やはり圧縮圧力を測定していないため、どれだけパワーロスがあるのか不明。

こうして比較してみると、接する期間の長かった1号車のほうがパワーアップしているのが分かる(1.6ℓと1.8ℓの違いもある)。
今後、2号車のエンジンは本来NOSを吹こうと思っていた1号機とバラバラの3号機のハイブリッドとなるが、カムはハイカムだし、ピストンもハイコンプのものを新調する予定。その結果、MG-TFのVVCエンジン同様の160PSに達すると思っている。

パワーチェックすれば一目瞭然なんだろうが、それでもどこでどんな風に測定するかで変わってくるためあまり乗り気ではない。
Posted at 2018/10/15 18:56:03 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ
2018年10月07日 イイね!

同じオープン乗りとして

この記事は、拡散よろしく💦について書いています。

微力ですが同じオープン乗りとして拡散させていただきます。

にしてもなんで勝手に人のモノを盗むんだろ?


Posted at 2018/10/07 23:44:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月06日 イイね!

ホイールとウレタンブッシュ発注

なぜホイール交換したいか?人それぞれ理由はあるだろうが、私の場合、純正が前後6Jで、これにF:185/60R13、R:205/60R13のタイヤをはかせているが、タイヤに合ったリム幅にしてみたいから。
ここが原点。

ではどんなリム幅にするか?
タイヤメーカーからの
・185/60R13 80V:標準リム幅が5.5J(適用リム幅が5.0J~6.5J)
・205/60R13 86V:標準リム幅が6.0J(適用リム幅が5.5J~7.5J)
という回答に基づき、
できればF6.5J、R7.5Jにしたかったがまず見つからない。PCD108でなければ有りそうなものだが、そうすると今度はPCDチェンジャーが新たに必要になる。

そこで今回、リアをもう少し幅広くしようということでリアのみ7Jのホイールを発注した。
選んだのがこちら



重さはあえて聞かず到着してからのお楽しみ。デザインは悪くはない。
ここで発注すれば、先のF6.5J、R7.5Jもできるとのことだったが、価格は通常の2倍のためさすがに冒険はしたくなかった。資金に余裕がある人ならこのメーカーのForged Wheelsもありだろう。


ウレタンブッシュはPowerflexのブラックシリーズを選択した。



いつ届くか分からないが、今回は足回りの点検も兼ねてショップに取り付けをお願いしたいと思う。

そして次のサーキット走行へ。
違いが感じ取れるということでやはりTC1000になるんだろう。
Posted at 2018/10/06 20:25:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2018年10月01日 イイね!

我が構想 CATERHAM(2号車)に搭載するエンジンについて

最近手にした本がこちら。

Rover K Series Engine: Maintenance, Repair and Modification (Vehicle Maintenance & Manuals)

これまで考えていたことと言えば、MG(1号車)から降ろしたNOS仕様のエンジン(1号機)をOHするか、それともヘッドとブロックとに分かれたエンジン(3号機)にさらなるハイカムを組んでより高回転を目指すかというものだったが、今回、以下のようにすることとした。我が構想とは言え、これは決定事項だ。

まず、1号機は部品取りエンジンとする。必要な部品はH断面コンロッド、ヘッド一式。
それを使って3号機を完成させる。言わばチャンポンだ。
そのため、より高回転は回せないが、その代わりNOSを吹くことは可能。

なぜそうすることにしたのか?
NOSを吹いたせいでガスケットからクーラントが漏れたと思えるから、単にガスケットを交換して同じ過ちを繰り返したくないというのが真意。
3号機であれば、シリンダーライナーは一体型のがブロックに圧入されている。問題は再利用できるかどうかだが、ショップ(あるいは内燃機ショップ)に診てもらうことで失敗のリスクは減らせると思う。そしてある程度会話ができるように冒頭に提示した洋書を読んで知識を得ておくのがいいと思う。

このエンジンがいつ仕上がるかは見当もつかないが、おそらく来年以降になるだろう。それまでは2号車は現在載っている4号機(1,600ccのエンジン)で走らせることにする(ちなみに2号機は1号車に載っている。今のところ、トラブルが起きそうな気配はない)。
Posted at 2018/10/01 02:50:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | わが構想 | クルマ

プロフィール

MasaGotoです。ツーリング用のMG-TF135とサーキット走行用のCATERHAMの2台体制でやっています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

インチアップ話の続き 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/01 11:52:21
本日解体開始!最初に取り外したのは・・・これです 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/20 23:56:18
カムシャフトを中心としたエンジンのお話 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/25 19:46:36

お友達

自分でクルマを修理したりサーキット走行していますので、同じ方向性の方、大歓迎です。
60 人のお友達がいます
まるしまるし * giantc2giantc2 *
くわ.くわ. * kenji(再)(再)kenji(再)(再) *
☆よっけ☆よっけ * 一生バイエルン一生バイエルン *

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

MG TF MG TF
MG-TFを自分仕様に
ケータハム スーパーセブン1.6Kスポーツ 2号車 (ケータハム スーパーセブン1.6Kスポーツ)
サーキット走行専用車です。所有を始めて1年が経ちました。NOSを吹いてみたいと思っていま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.