• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Tamonのブログ一覧

2013年12月29日 イイね!

今年の汚れは今年のうちに♪

こんにちは。

今年もあと残すところ3日となりました。
皆さんは年越しの準備は出来ていますか?
私はすでに仕事納めから2日経ってますが、未だに大掃除と年賀状が済んでいないダメ人間です(笑)

でも愛車ぐらいは年内に汚れを落とそうと、午前中シビックで近くのコイン洗車場に向かいました。
すると、案の定というか洗車待ちの大渋滞が…
待つのは嫌いなので、自宅駐車場でバケツ洗車することに。


駐車場だと2台同時できるので好都合かも。でも2台いっぺんは結構疲れますね。

実は洗車の前にコレを取り付けました。


レカロ バックレストカバー(カムイ)です。安心の日本製♪

RS-G自体、保安基準を満たしているので(確か証明書が添付されていたはず)車検に問題なく通ると思いますが、SEEKERさんでは用意するよう指摘されました。調べてみると、どうやら検査場、検査官によってまちまちらしいので、保険の意味で今回はマッチングも考慮のうえ、高価な純正品を選択しました。ちなみに8,400円なり。



本当はベルトホールに挟んで見栄えを良くしたかったんですが、数十分格闘しても眉間にシワが寄ったようにカバーが盛り上がってしまうので、仕方なく取説通りにベロクロテープ貼り付けで取付しました。まあ、滅多に見ることはないので良しとします(^^;



無限エアクリは取り付けから約1年1万キロ以上経ちましたが、それほど汚れていないようです。ケース内も綺麗なものでした。今回はフィルター内に入り込んだ小さなタイヤカスなどを取り除いただけで終了です。次回春ごろまでに専用クリーナーでの洗浄とオイル塗布をしたいと思います。




洗車ついでにボンネットオープン。
もちろん左がEKシビック、右がNCロードスターです。

ロードスターのエンジンルームを改めてまじまじと見ると、縦置きのエンジンがバルクヘッドを貫通するようにマウントされているのが分かりますね。いわゆるフロントミッドと言うのでしょうか。
EKシビックと比べると一目瞭然です。

カタログによるとバッテリーも車両重心近くに移設し、「質量の車両中央への集中」によって前後重量配分50:50を実現したそうです。さすがに拘ってますね~♪
整備性は…、なんかフタがいっぱい付いていてよく分かりません(^^;




最後に、Fバンパーの塗装剥がれをタッチアップしておきました。色はスーパーソニックブルーパールです。と~おくから見れば気にならない程度に誤魔化せました(^^; あ、色が合うと勘違いして買ってしまったビビブルのタッチアップペン、欲しい方いらっしゃいますかね…



これでとりあえず今年の弄り(維持り?)はすべて終了です。そしてこれが今年最後のブログとなります。

来年もやりたいこと、欲しい物がいっぱいあるので、散財は覚悟のうえで財政破綻しない程度にクルマ遊びを頑張っていきます!

それでは皆さん、今年は大変お世話になりました<(_ _)>
良いお年をお迎え下さい!(*^ー゚)b
Posted at 2013/12/29 15:32:00 | コメント(6) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ
2013年12月28日 イイね!

2台所有のメリット

ロードスターが我が家にやってきて2ヶ月近く経ちました。
まだ遠出のドライブはできていませんが、ほぼ毎日通勤に使っています。
徐々にロードスターの良いところ、気になるところなどが分かり始めてきました。

ここで、なぜ2台所有なのか?そしてなぜロードスターを選んだのか?記してみたいと思います。

少し長いですが、お付き合いいただければと思います。

■きっかけは知人が2台所有していたから

2台所有は、10年ほど前にシビックフェリオに乗っていたときにビートを2台目として迎え入れたのが始まりでした。

正直それまでは2台所有なんてしようと思いつきもしませんでしたし、できるとも思いませんでした。
きっかけは知り合いの方が2台所有していたのを知ったからです。しかもスポーツカー2台という羨ましい環境!

私もスポーツカーに乗ってみたい!しかし当時フェリオでTC1000を走っていて、このクルマで走りこみたい意識が強かったので、手放すつもりはありませんでした。

ならば自分も2台所有ができないだろうか?と思い立ち、収入と支出をざっくり計算したところ、軽自動車なら維持できそうだということが分かりました。
そこで以前から興味のあったビートに白羽の矢が立ちました。


購入したビートはフルノーマルで走行距離が短く、タコメーターが踊りだすというトラブル以外大きな故障もなく、維持費はそれほど多くかかりませんでした。
メンテで大きな出費といえば、経たった純正足から無限サスキットに交換、純正ロワーアーム一式交換ぐらいで、手間がかからない当たりのクルマでした。

2台所有してみて、維持費の大変さと楽しさ、喜びを比較したとき、圧倒的に後者でした!
まず、ビートという日本車の歴史の中でも稀有なスポーツカーを所有できた幸せ。普通車では味わえないキビキビとしたハンドリング、8000回転以上回る官能的なMTRECエンジン、そしてなんといってもオープン走行を楽しめるという、1粒で3度美味しいミッドシップアミューズメントカー。相棒はフェリオからインテR、ユーロR、今のシビックと変わり、最終的には引越しを機にビートを降りることになりましたが、今でも2台所有には理想的なクルマだったと思います。

■2台所有のメリット・デメリット


メリットはやはりクルマ選びの選択肢が増えることでしょうか。
家族がいれば1台はミニバン、もう1台はオープンカーやスポーツカーなどが選べます。また、普段の足とサーキット専用と使い分けることもできるでしょう。
1台にトラブルがあって修理などで乗れなくなっても、もう1台でやり過ごすことができます。
走行距離が多い場合はさらにメリットが大きくなります。
2台を乗り分けることによってお互いの走行距離を抑えることができ、そのぶんメンテ代が節約できるでしょう。そしてここが重要なのですが、1台所有に比べてマンネリになることがありません。
日々乗り比べることによって、お互いのクルマの良いところ悪いところが明確になって、さらに愛着がわいてきます。

デメリットは駐車場を借りる場合は単純に2倍のコストがかかりますし、税金や保険代もばかになりません。必要に応じてナビやETCなどもコストがかかります。ここが最大の関門ですね。
ただ、ガソリン代や高速代は2倍かかりません。
限られた人生の中で豊かなカーライフを楽しむメリットに比較して、全体的なコストは単純に2倍とはならないのです。

■NCロードスターという選択


今のEKシビックは私にとって相性がピッタリの相棒でありまして、TC1000では楽しく鍛錬できて、日常の移動も楽しくドライブできちゃう素敵なクルマなのです。かっこかわいい外観は、ずっと眺めていても飽きないスタイリングです♪なので今後手放すつもりは全くないのですが、やっかいなことに、もう一台好きなクルマがあったのです。ロードスターです。

前述のビートを購入してからオープンカーの楽しさに目覚め、それをきっかけに発売当初からマツダの開発者の熱い拘りの塊であるロードスターに自然と興味を持っていったのです。

マツダ(ユーノス)ロードスターといえば、初代NA型が最もロードスターらしいと個人的には思っていますが、さすがに購入するにはそれなりの知識とメンテナンス代が必要になってきます。
2代目のNB型は軽量でありながらNA型の正常進化版というバランスの取れた感じで、一番購入意欲が高かったクルマでした。
ではなぜNC型を選んだのか?


・車高調を入れたシビックでは正直ドライブが辛い
・キビキビとした走りはシビックで実現できているのでNB型だとかぶるのではないか?
・NC型ロードスターはトルク重視のコンフォート・ドライブ志向

ということを熟考したら、自然とNC型に気持ちが傾いていったのです。
初期型は8年落ちですが、なんといっても現行車ですし、比較的新しいクルマにも乗ってみたいという気持ちが強かったためです。

維持費のかかるタイヤサイズや3ナンバーということを除けば、現代のスポーツカーとしては軽量コンパクトな部類の車体によってワインディングロードを楽しく走れ、オープンエアによるすがすがしい走りを堪能できる素晴らしいクルマであるということは間違いないです♪

いつまで所有できるか分かりませんが…


引っ越してから正直2台所有は諦めていました。
都内の駐車場代はご存知の通り高額ですし、移動には首都高を使うことが多く、今のサラリーの大半をクルマ関係に費やすことになってしまいます。
しかし、買わないことを後悔することよりも、無理のない範囲でなら買ってしまったほうが健全だという結論に至り、購入を決断しました。

はっきりいってとても恵まれている状況だと思いますが、素直に今に感謝して、サーキットではEKシビックを、ドライブではロードスターと使い分けて、来年も充実したカーライフを送りたいと思います!

長々と書き連ねてしまいましたが、最後までご拝読いただきましてありがとうございましたm(_ _)m
Posted at 2013/12/28 13:03:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2台所有 | クルマ
2013年12月23日 イイね!

サーキットのススメ

こんばんは。

ギリギリになっても年賀状にまだ手をつけられないTamonです(^^;

さて今日はSEEKERさんでエンジンオイルの交換をしてきました。
前回の交換から1ヶ月しか経っていませんが、その間に2回サーキット走行したので問答無用で交換です。

オイル交換後、シビックの今後の車検やOHの相談、サーキット談義などしてきました。

そういえば話しの中で気づきましたが、車検用にシートバックプロテクター買わなきゃいけませんね。しかしレカロ純正は高いなあ…


サーキットについては、パーツやセッティング、乗り方など色々なアプローチの仕方についてのお話しから、若い人のサーキット離れなど社会派?な話題まで、よもやま話しをしてきました。

個人的にはまだまだ課題がいっぱいです。いかにして向きを変え、アクセルを踏める時間を長く出来るか?来年の宿題です。



サーキット離れについて。
サーキットでのスポーツ走行はどうしてもお金が掛かりますし、敷居が高いと感じてしまうようですが、こと走行会に関してはレースではないのでギスギスした感じはありませんし、何がなんでもタイムを出さなきゃいけないということはないので、メンテさえキッチリ施しておけばノーマル車でも気軽に参加できると思います。

そして、技術を高めていく楽しみや、限界を目指して自分自身が成長できる喜びなど、インテリジェンスな要素が強い、いつまでも飽きることなく続けていける大人な「遊び」だと思います。

未経験の方はちょっとでも興味があれば、公道では決して味わえない高度な遊びを一度体験してみてはいかがでしょうか?

何だか怪しい勧誘みたいな言い回しですがw、まあアレです、単純に走っていると無心になれて、「超楽しい」ということです(^^)




ブログの内容とは全く関係ないですが、オレンジレンジのこの曲、最近のマイブームです。何だか世代を越えて心に染みてくる詩が好きだな~♪
Posted at 2013/12/23 21:22:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2013年12月22日 イイね!

プロアイズ走行会 in TC1000 20131222に行ってきました♪

こんばんは。

今日は今年最後のTC1000走行会に行って来ました。

6時10分ゲートオープン、6時半受付という、通常の走行会より1時間も早いため、TC1000に着いた時はまだ辺りは真っ暗で、これから夜が明け始める間際といった状況でした。

だんだん空が白みがかって来た頃、今日は快晴だと予感させる朝焼けが拝めました♪(写真取り損ねました)


朝一はさすがに寒かったです。


霜柱が土手の上にできていました。今シーズン初めて見ました。



さて、8グループ96台という大所帯の中、私たちのクラスは8時半からフリー走行スタートです。



減衰力:(最強から)F10段戻し R10段戻し
空気圧(温間):F2.2k R2.1k

■午前中1本目 減衰力:F10段戻し R10段戻し
ベスト:45.056
1本目はスピンを極力避けるため様子見です。

■午前中2本目 減衰力:F10段戻し R10段戻し
ベスト:44.271
自己ベスト来ました!



■午前中3本目 減衰力:F8段戻し R8段戻し
ベスト:45.012
8段戻しは硬くて、アンダー気味でした。

■午後1本目 減衰力:F10段戻し R10段戻し
ベスト:44.296
お、44.2秒台がでました♪午前中のはまぐれではなかったようです(^^)

■午後2本目 減衰力:F11段戻し R11段戻し
ベスト:44.407
11段戻しも微妙な感じです。10段戻しがちょうどよさげです。

12/4同様、複合コーナーと最終コーナーでできるだけボトムスピードを落とさない努力をしてみました。4輪が滑っているのが何となく体感できました。


AD08Rはパターン部を触るとかなり柔らかいです。


B16Aノーマル。最近お疲れ気味です。


オイルのにじみが結構キテます。


さりげなく「SEEKER」をアピール。



今日は風は少し強かったですが一日中良いお天気に恵まれ、絶好のタイムアタック日和でした。

これで何事もなく無事、今年のすべてのサーキット活動を終えることができました!
44.4秒の壁を何とかクリアしたので、気持ち良く新年を迎えられそうです♪

来年こそは43秒台に入ればよいな~。あと、TC2000リベンジする予定ですw
Posted at 2013/12/22 21:23:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2013年12月21日 イイね!

運転する犬


ネットをウロウロしていたら、なにやら気になる記事が目に留まりました。

「運転する犬」

半信半疑で動画を見てみると・・・



本当に運転しているッ!
そして運転姿勢が妙にサマになっていて人間っぽいw

エンジンかけて、ギア入れて、発進させて、ハンドルを切り、ブレーキをかけるといった動作を肉球ひとつでこなしています♪

記事によると、一連の動作を一つ一つ覚えさせた後、連続した動作として8週間かけて習熟させていったそうです。

どうやらニュージーランドの動物保護団体が、捨て犬などの保護された犬は決して能力が低いことはないということを証明するためと、里親を見つけやすくすることが目的でこの訓練を行ったそうです。

素直に凄いな~と思いましたが、運転している本人(犬)はどう思っているのか気になるところです・・・





あ、それはそうと新型エクリプス、なかなかガンダムチックで良いですね♪
ちょっとシビックに似てるかも・・・







Posted at 2013/12/21 17:29:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他 | クルマ

プロフィール

「Z4で行く GW明けの白馬ドライブ http://cvw.jp/b/1784472/42865601/
何シテル?   05/18 10:18
2台の愛車でドライブやスポーツ走行を楽しみながら、絶景巡りとドライビング・プレジャーを追求するTamonのブログです。 コチラでもブログを更新しています。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

早朝の志賀草津道路~白馬ツーリングを満喫♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/30 19:26:18
新型スイフトスポーツZC33S試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/29 23:11:39
Z4(E89) ドライブレコーダー取り付け ヒューズBOX探索編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/14 19:38:08

愛車一覧

ホンダ シビック ホンダ シビック
6台目の愛車です。 たまたま行きつけのオートテラスで10万キロフルノーマルのコイツを発見 ...
BMW Z4 ロードスター BMW Z4 ロードスター
人生初の輸入車です。Z4と共にニシヘヒガシヘ、グランドツーリングに駆け回ります。(22, ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
4台目の愛車です。 やはりtypeRへのあこがれが強く、00スペック4ドアを選択してみま ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
3.5台目の愛車です。 2台所有の夢を叶えさせてくれた、ホンダからの奇跡の贈り物。まさし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.