• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ブラックサンダーショコラのブログ一覧

2019年12月21日 イイね!

ついにオラやったどおぉぉ!

ついにオラやったどおぉぉ!何度もチャンスはあった。

何度もあったはずのそのチャンスは
 
悔しくも毎回奪われ続けてきた。

たとえ大人げないと言われようとも

1度くらいその喜びを味わいたかった。


クリスマス直前の週末、物販を生業とする人間とっては既に体力の消耗戦。

疲労で重くなった足取りで自宅に帰り
愛犬の頭を数回だけ撫でた後

チームエンブレムのキーホルダーが付いたオデッセイハイブリッドのキーを手に取りエンジンを点火。



目的地は前日計算した通りの場所

「六甲山展望台」


山道を走りたかった?

夜景を眺め感傷にふける?



もちろんそれもある。


でも本当の目的は
奪われ続けた達成感を味わう為。


そして

そして






22222㎞ 


キリ番げっとだぜぇえ!
(o´∀`)b


ざまーみろこの野郎!

毎回毎回 
あと少しのところで嫁に奪われ続けたキリ番。

20000㎞の時なんて10㎞残して安心してたら次の日にわざわざ遠い方のコストコ行かれたし。

(・ω・)あんときゃ泣いたね


いや~でも今回は別の意味でヤバかったヤバかった。

距離ピッタリな場所ナビで探して走り出したは良かったもんの

まさかの六甲山の下りでキリ番。
 
なぜ絶対止まれない場所を選んだんだ俺
(・ω・)


奇跡的に信号でちょうどキリ番でした。


てかガソリンもヤバかった。
下りてすぐ給油(笑)




六甲山久しぶりに走ったけど
阪奈道路や竹ノ内街道なんかと比べて舗装が綺麗で走ってて気持ち良いですね~
(o´∀`)


んな感じにストレス発散してきたブラックサンダーでした。



Posted at 2019/12/21 23:12:01 | コメント(4) | トラックバック(0)
2019年12月15日 イイね!

食い倒れラーメンオフ会

食い倒れラーメンオフ会昨日はRC‐styleの皆で奈良県天理市の名物「彩華ラーメン」を食べに行ってきました。

west、central総勢20名以上の大集合でした。


昔と変わらぬ味と屋台スタイル




僕が食べたのは彩華ラーメンでいう「小」
バラ肉と煮玉子をトッピングしました。

美味、美味。


そして彩華ラーメンの屋台から道を挟んで迎えにある「魚輝水産」


当日こちらの店先でイベントがなされていて解体したてのマグロが振る舞われていたのでラーメンに舌鼓を打ったあとでしたが群がるように皆で頂いてきました。

ラーメンの後のマグロ

この組合せヤバいほど至福です(笑)


じゃあこのあと解散 ではなく

二手に分かれます。

同じく奈良で有名な「マリオ流ラーメン」に行くグループと
「フジエダハウス」にスイーツを食べに行くグループ

ちなみにマリオ流ラーメンはスープに割り箸が立つという超コッテリラーメン



是非とも食べてみたかったですが
50歳手前の私はラーメンハシゴは諦めてスイーツ食べに行きました。


まあ これはこれでハイカロリー


でも甘い物別腹で食べれちゃうんですよね~




このあとラーメンチームと合流してお茶を飲みにサイゼリヤへ移動。

僕は流石に満腹で水分しか入らなくなってましたが

大食いで鳴らしたcentralの皆さん
そこでもハンバーグセットを注文されてました。

参りました(笑)


そんなこんなで楽しく食い倒れ談笑オフ会を過ごさせて頂きました!


今回お店の予約など手配して頂いたhappyhappybearさんご苦労様でした。

皆さんまたラーメン行きましょうね~

ちなみにRC‐westでは当日岡山でもオフ会がなされてました。活発ですね~
(o´∀`)b









Posted at 2019/12/15 17:23:23 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2019年12月02日 イイね!

SPORT HYBRID i-MMDについて復習レポート

SPORT HYBRID i-MMDについて復習レポート


あるミン友さんと電気系統のことで話していた時
SPORT HYBRID i-MMDシステムの話題になって
(いい歳したオジサン二人でマニアックな・・・)

途中で僕のほうが

『ん?ここの認識これで合ってるのかな?』

と引っかかる部分がありまして
後日そのミン友さんからメールにて情報を提供いただきました。

購入前にしっかり研究したつもりだったシステムでしたがその極秘激ヤバ裏情報(←人聞き悪い)を元に改めて再勉強してみました。



そんなマニアックなみん友さん・・

大半の人が『ああ 多分あの人だな』 とお分かりになるかと思いますが、

変態扱いの巻き添え食らうの気の毒ですし


あえてお名前は伏せておきます!

alt


あくまでもまたいつもの自分用メモでーす。


さて まず最初に簡単に国産メーカーによるハイブリッドシステムの違い。

ハイブリッドシステムは大きく分けるとシリーズ方式とパラレル方式、スプリット方式の3種類があるそうです。



■トヨタ 「THS」「THS2」
エンジン、発電機、モーターがギアで繋がれているスプリット方式
低速走行にモーター、速度が上がってくるとエンジンが始動、高速ではエンジンだけで駆動
alt

■日産 「e-POWER」
走行面で完全に電気自動車で、基本的にバッテリーの電気を使ってモーター駆動するシリーズ方式
電気が少なくなると発電専用のエンジンが作動


alt




ホンダのハイブリッドシステムは、車種によって3種類開発されていて

■モーターを1つのパラレル方式「SPORT HYBRID i-DCD」
普通のガソリン車に発電機(回生)を兼ねるモーターが組み合わせ。変速機の後方にモーターが設置。
alt




■モーターを2つのエンジン直結も出来るシリーズ方式「SPORT HYBRID i-MMD」
基本的に電動モーターだけで走り、高速域などはエンジンも駆動するため、効率の良い走行を可能。
alt


■前輪にエンジンとモーターを各一つずつ、後輪部にモーター二つを搭載、モーターを3つの「Sport Hybrid SH-AWD」はパラレル方式
4WDへの切り替えも可能で、路面環境が悪い場所も快適に走行可能。

AWDと4WD、全輪駆動と4輪駆動・・・ 同じ意味ですよね?w

alt


レジェンドに搭載されているこれを前後ひっくり返したのがNSXだそうです。
alt

トルクベクタリング機構とかいうらしいですが
プレリュードも当初は4WSでしたが何代目だったか忘れましたがトルク配分を変えるシステムもあったような記憶が


(ゆーはらさんに教えて頂き訂正しました。5代目プレリュードがATTSで前輪左右駆動力配分システム)



Sport Hybrid SH-AWDの場合も前後左右を独立制御することが可能だとか


なんてえぐいシステムw想像しただけでワクワクしますね。





で我らのオデッセイRC4は
大型モデルに用いられ抜群の低燃費を誇るパラレル方式「SPORT HYBRID i-MMD」です。


「SPORT HYBRID i-MMD」
環境性能と走りを両立するため、駆動用と発電用の2つのモーターを搭載。
さらに高効率のエンジンを組み合わせることで、状況に応じてそれぞれを自由に動かせる構造にしました。
2つのモーターとエンジンを独立して動かせるという自由度が高いシステムによって、あらゆるシーンで高効率な走りを実現しています。
(資料抜粋)


とあります。


駆動用と発電用の2つのモーターにエンジンを組み合わせる。

この文言とマルチインフォメーションディスプレイでの表示だけでこうやって動いているのかな?と思い込んでいた事に

『ああやっぱり合ってた』と『え?そうだったの?』の両方が存在しました。

細やかな制御方法を実現するために今までの車になかったであろうたくさんの部品の存在がありその働きを知ることで

なぜこのタイミングであの場所からファンの音がするのか 

アクセルワークと給電モニターとエンジンの回転音のタイムラグに何故一貫性がないのか

今回引っかかた部分であるクラッチ直結時に充電用モーターはどうなっているのか
 など

いくつかの点と点が線になりとても楽しかったです。(←ヘンタイだから)



システム全てをまとめ切れないのでシンプルに駆動パターンを自分用にまとめてみました。


電動パワートレインシステム構成は

・直列4気筒エンジン
・トランスミッション内に格納されている2つの高電圧モータ
・PCU(パワー コントロール ユニット)
・高電圧リチウムイオンバッテリ

この4つからなり 高電圧モータのうち 

車両の駆動力と高電圧バッテリ充電用がトラクションモーター
高電圧バッテリを充電し、エンジン始動と駆動のための電力を生成するのがジェネレータモーターです。



電動パワートレインシステムには大きく分けてEV走行、HV走行、エンジン走行の3つのモードがあり
車両の走行状況 により利用可能な走行モードを選択します。


EV走行モード

■EVアイドル ストップ モード

トラクションモーター、ジェネレータモーター、エンジンは停止。
高電圧バッテリは車両で消費される電力を供給する。

いわゆるアイドリングです。
バッテリECU、DC-DCコンバータにおいて12Vバッテリも管理。alt


■EVドライブ モード

トラクションモーター稼働、ジェネレータモーター、エンジンは停止。
高電圧バッテリはトラクションモーターへ電力を供給し、車両はトラクションモーターを動力として駆動する。
EVスイッチを押すと走行可能な範囲でこれになります。
alt

■回生充電モード

ジェネレータモーター、エンジンは停止し、トラクションモーターは稼働している。
トラクションモーターは減速により発生する運動エネルギを電気エネルギへ回生して、高電圧バッテリを充電する。

自転車のダイナモのでっかいやつでエンブレかけてるイメージ。
でも・・・そう考えると一気に高負荷のかかるトラクションモーターが一番先に壊れるのかな・・・。
alt



HV走行モード

■e-CVTチャージ モード
トラクションモーターとエンジンは稼働、ジェネレータモーターは発電、高電圧バッテリは充電中になる。
主に低車速クルーズ走行中等の充電に適した範囲で使用、高電圧バッテリ残量に応じて変化。
エンジンがジェネレータモーターを稼働して発電し、車両を駆動しているトラクションモーターに必要とされるよりも多くの電力を発電する。
トラクションモーターが使用しない電力は、高電圧バッテリを充電するために使用される。

まだエンジンが回転しなくてもいいのに~ て思ういわゆる充電走行中、街乗りで余裕のある状態のとき。
alt


■e-CVTアシスト モード
トラクションモーターとエンジンは稼働、ジェネレータモーターは発電、高電圧バッテリは放電になる。
主に高負荷になる加速時などに使用、高電圧バッテリ残量に応じて変化。
エンジンがジェネレータモーターを稼働して発電し、車両を駆動しているトラクションモーターへの電力を供給するが、
他のモードと比較して多くの電力を必要とする。
またジェネレータモーターからの発電量で不足する場合、高電圧バッテリからもトラクションモーターへ電力を供給。

いわゆるちょっと踏んだ時。瞬間的なこのモードの時のためにチャージ モードでは常に必要より余分に充電をしている。
alt



エンジン走行モード

■エンジン ドライブ モード
エンジンが稼働して動力となり車両を駆動する。主に高車速クルーズなどの低負荷時に使用され、タイミングは高電圧バッテリ残量に応じて変化。
エンジン走行モードの起動域は100km/hから最高速度までとなる。(←100km/hで強制的に切り替わってたの知らんかった)
ジェネレータモーターは作動を停止、エンジンは稼働、トラクションモーターは発電もしくは空転している。
エンジンの動力は直接駆動に使用され、エンジントルクに余裕がある場合は、トラクションモーターを稼働し発電して高電圧バッテリの充電を行う。
alt


ココです!疑問だった部分!
わかります?

『ジェネレータモーターは作動を停止 トラクションモーターは発電もしくは空転している』

通常はエンジンがジェネレータモーターを稼働して発電しているはず
なので僕は疑問に感じたんです。

エンジン走行モードではエンジンが動力として動いてトラクションモーターは何をしてるの?
ジェネレータモーターはどのタイミングで切り替わりエンジンから発電用動力をもらうの?

答えは
トラクションモーターを空転もしくは発電、つまり回生と空転をエンジントルクによって切り替えてたんです!

凄くないですか!?めちゃくちゃテンソン上がりません?

負荷となるはずの回生を必要に応じてオーバードライブみたいな感じに空転させるって事なのかな?

すげー!ホンダすげー!

でも本当にSPORT HYBRID i-MMDすごいところは
この数パターンのモードが様々な走行条件によって秒単位でクルクルと最適なモードに切り替えられていることだと思います。


すげー!ホンダすげー!

え?引いてます?皆さん引いてませんよね?


んな感じで今日も僕は   ご機嫌です。

Posted at 2019/12/02 18:13:59 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@THE BLEND さん あ!地域限定ポテチ」
何シテル?   05/12 10:50
ブラックサンダーショコラです(愛犬チワワの名前です) 今から25年前 給料の半分を32Zに貢ぎ 同じところばかりグルグル走り回ってた頃 いつも帰り...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

中華製 エアインテークカバー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/05/11 07:49:20
RCオデッセイ ケーブルリール交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/01/05 13:56:33
フロントバンパー後期化に伴うダミーセンサー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/28 12:52:26

愛車一覧

ホンダ オデッセイハイブリッド ショコラ号 (ホンダ オデッセイハイブリッド)
愛車ニックネームは愛犬チワワの名前です。 ご近所受けのいいようノーマル純正フォルムを維持 ...
日産 フェアレディZ 愛しのマイフェアレディ (日産 フェアレディZ)
平成3年 20才で購入 バブル景気の車です。 給料の大半をこいつに突っ込みました。 オ ...
トヨタ カローラレビン 不死身のレビン君 (トヨタ カローラレビン)
ひとつ年下だった妻の高校の卒業式にはこの車で迎えに行きました。 免許取り立て人生初マイ ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
三人目に長男が生まれチャイルドシート3個を積むことになり購入。 結果的に一番家族全員が ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.