• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

つくばの松のブログ一覧

2018年09月24日 イイね!

SNAP SNAP (FMM~F1~?)


所用があり宇都宮へB3を走らせました・・



まずは大好きなビートルズに包まれて至福のモーニング・・

alt

alt

alt



ろまんちっく村ではFMMを見学。多種多様な車が集い、若い方から大先輩な方まで週末の午前中を車好きな方々がまったり過ごしていました・・

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt




その後隣町へ足を伸ばし、さくらテラスにて2015年~17年のマクラーレン・ホンダ時代に使用されたRA615H、RA616H、RA617Hの3機を勉強。1.6Lのパワーユニットは900PSオーバーと思えないコンパクトなパッケージ(汗)。ゼロコンセプトに加え、厳しいマクラーレンからの要望に対応しきれず中途半端となった3年間の不遇のPU。

alt

alt

alt

alt


来季からはニューウェイも再びマシン創りに本腰をいれるとのことでにレッドブルホンダに期待したいですね。




そして・・・・





alt

 

どれが所用だろう・・?

Posted at 2018/09/24 18:24:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月05日 イイね!

清里~ビーナスラインドライブ



遅めの夏休みを取り1泊2日で清里~ビーナスラインをドライブしてきました。残暑も厳しい折、やはり少しでも涼しいところへB3を走らせることにした訳です・・



ゆっくりとした出立も圏央道のおかげで安心です。東北道、関越道を跨ぎ中央道に合流、談合坂SAでいつもの名物あんぱんで朝食です(笑)。
alt

alt

alt



長坂で中央道を降りて八ヶ岳方面へ向かいますが、お馴染みの霧に見舞われ、一時小雨も降り出す始末・・。まきば牧場や高原ドライブはまた次回とし、ゆっくりとランチをとることにします。いつものROCKに入り、いつものカレーをオーダーします(30年以上食べ続けて既に中毒なんです・・笑)。
alt

alt

alt

alt


新鮮な高原野菜は自然な甘さがあり、よく煮込まれたビーフシチューのようなカレーと牧場地域ならではのベーコンとソーセージが絶妙なマッチング・・。やはりやめられません!(泣)。



午後も天候は回復せず、そそくさと八ヶ岳高原ラインを下り、八ヶ岳鉢巻道路へ折れて北上。下界に降りると天候は回復しており、途中の原村周辺では頭(こうべ)を垂れる稲穂と蕎麦の花とのコラボレーションの信州らしい景色を楽しめました。
alt

alt

alt



茅野の街をぬけ、宿をとった上諏訪温泉に到着。目の前の諏訪湖畔を暫く散策した後、温泉に浸かり疲れをとります(1日駆け抜けた後の温泉はまた最高!)。素泊まりで予約した為、温泉街へ出掛けてブラブラ。数件廻って夕食も済ませ?早々とホテルに戻りベッドに吸い込まれました。(と思います・・??)
alt

alt



2日目は朝温泉の後、暗いうちにホテルを出立。再び茅野まで南下してビーナスラインへ入ります。天気は午前中から崩れる予報。少しでも天気の良いうちに標高を上げ、天空の景色を味わう計画です。白樺湖を横目に車山方向へ駆け上がると朝一の雲海は何とか見ることができましたが、その後一体が高原特有のガスに覆われてしまいました。まあ、ビーナスラインで一番の車山地区の絶景は楽しむことができましたが・・
alt
alt
alt

alt

alt



朝食は霧ヶ峰と天然記念物の八島ヶ原湿原を結ぶ遊歩道に位置する山小屋、コロボックルヒュッテで頂きます。1500mの霧の中の高原で冷えた体を名物のボルシチはしっかりと温めてくれ、焼きたてパンをスッキリとした後味のサイフォンコーヒーと一緒に美味しく頂きました(温)。
alt

alt

alt



満足のモーニングの後、暫く走って霧ヶ峰を抜けると予報に反して時折晴れ間も顔を見せます(霧ヶ峰が霧ヶ峰と言われる由縁でしょうか・・笑)。美ヶ原までの道中を景色を楽しみながらドライブしました。
alt

alt

alt

alt



美ヶ原では山本小屋にB3を止め、牛伏山まで清々しい高原を散策。一汗かいた後は高原美術館を抜け、好みのRが続くR464のワインディングを楽しみながら下り、R62~R142を白樺の中を駆け抜けて佐久へ抜けました。

alt

alt

alt

alt

alt



長野の旅では蕎麦が欠かせません!草笛佐久店へ入り400円増しのざる蕎麦・中盛をオーダー(ここで大盛をオーダーしたら大変なことになります・・汗)。喉ごしと風味の良い蕎麦を美味しく頂きました・・
alt

alt



すっかり信州の旅に満足して、近くの佐久ICから上信越道に乗り込み、関越道~北関東道で帰路につきました。





alt



天候は少し残念な部分もありましたが、それでも日本名道10選に選ばれるビーナスラインはやはり何度走っても素晴らしい天空の路でした。とてもリフレッシュできた1泊2日のツーリングとなりました・・

Posted at 2018/09/05 21:42:01 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月26日 イイね!

R56JCW×3(GP×2)


ミニクーパーのスポーツモデルのクーパーSには過去レースなどで活躍したジョンクーパー直系のJCW(ジョンクーパーワークス)と言われるハイスペックモデルがありますが、その希少マシンが3台揃って北茨城に襲来するとのことでレポーターとして潜入してきました。(今回はラグジュアリーカーのB3の出る幕はありません・・)

朝6:00の友部SAに集合したのは  ちとせさんbMeRさんjーmeimeiさんの3台。まず私はサーキットレディで公道にはあまり興味のないjーmeimeiさんの助手席に乗り込みます。常磐道下りラインに放たれたグレーの3台のマシンは独特のエグゾーストを奏でながら快走。その高速での走りは予想以上に安定しておりパワフル(カタログ最高速は240kmオーバーとのこと・・汗)。いつものようにR349~緑に入り隊列を整えドライバーズミーティング。この後のステージではj-meimei号GPのドライバーシートに乗り込み緑~461をドライブすると、車高調は真ん中の15段とのことで固さは感じるもののオーリンズらしいしなやかさで複合コーナーでの追随も余計なモーメントは出ず高感触。元々サーキット仕様のマシンをレーシングショップでリセッティングした脚は見事な仕上がりでした。
alt

alt

alt

alt

alt



いつものPITで休憩とメカニカルチエック。本日のJCW3台の内2台はGPと呼ばれるスペシャルバージョン、後部座席はなくロールバーが張られて軽量化と高剛性化が図られ、固められた脚廻りはサーキットチューン。BMWで言えばM3に対しCSLなような位置付でしょうか・・何れにしろ国内限定200台のマシンがここに2台もあるのは凄いことです(汗)。もう一台のbMeRさんのGPも試乗させて頂くと18インチを履いていますがノーマルの足廻りはj-meimei号よりしなやかで街乗り仕様。218PSのパワーは1181kgの車重には十分で、ロングにされたシフトをこまめにチェンジし、ニコニコしながらドライビングを楽しみました。

alt

alt
alt

alt



その後はいつも通りR349~R118を南下し、ビーフラインへ入ります。途中、道の駅山桜では糖分補給とお土産購入となります。

alt

alt

alt



ここからはちとせさんのJCWをドライブさせて頂きフラワーライン経由で筑波山へ入ります。ちとせさんのマシンはGPと違い3500rpmくらいから一気にブーストが上がる感じで、インテークが変更されていることもあり豪快な吸気音とともに昔のチューニングターボのような加速感。GPに比べると低速トルクがやや少ないことが、かえって楽しめた部分でもありました。筑波山の朝日峠で最後のPITインとなりました。

alt

alt


しっかり走って満足の一行、丁度お昼時となり山を降ります。ランチはつくばの街で灼熱の折、ハワイアンを頂きました。本日の反省会と懲りないミニ談義は暫く続きました・・

alt

alt



ちとせさん、bMerさん、j-meimeiさん、本日は貴重な体験ありがとうございました。ミニクーパーのスペシャルモデルの走りに驚き、ミニクーパーを見直した一日となりました・・





Posted at 2018/08/26 21:24:11 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月13日 イイね!

霞ヶ浦~水郷ドライブ (EPA探索)


「EPAを確保せよ!」と会社からの指示があり、真面目なサラリーマンの私はB3を走らせます・・



alt
alt

alt



EPAとは「エイコサペンタエン酸」の略称で、いわし・さば・あじなどの青魚に多く含まれるn-3系脂肪酸のひとつとこのこと・・
alt

alt

alt

alt



EPAは血液の性状を健康に保ち血栓ができにくくしたり、高脂血症を予防する結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防するという働きがあるとのこと。EPAに血液サラサラ効果があると言われるのは、そのような効果が認められているからとのこと・・
alt

alt

alt

同じく青魚より摂取できるDHAは脳の活性化に作用があるとのこと。つまり青魚をとると体は健康になり、頭もよくなる!?(笑)
定期的に治療を受けている魚平食堂に到着。
alt
alt

alt

何の魚だかよく判りませんが、EPAは沢山含んでそうです。念のためにアジフライ(お頭付!)を追加でフォローします(笑)。


無事治療を終えると香取~佐原の水郷の街を抜け帰路につきます。
alt


EPAをしっかり摂取していれば食後のスイーツも安心です(・・そうか?)、知る人ぞ知る土浦冷蔵に立ち寄ります。生のメロンのスライスと氷が絶妙なマッチングの「けずりメロン」でクールダウンとビタミンC補給。(頭痛がするほど旨!)
alt
alt




健康診断で高脂血症疑(中性脂肪値150以上)、高血圧疑(130-80以上)のあなた、EPA摂取してますか~?

Posted at 2018/08/13 20:59:04 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月04日 イイね!

最近のメンテナンス (冷却対策)



猛暑の先日、暫く殆ど動かない渋滞に嵌まってしまい、ふと見ると水温計が中心からやや右へ傾いています!(右1つめの目盛り位でしたが実質100度近い)。滅多なことでは中心から振れませんがやはり今年の暑さの中、かなりの路面温度の上に走行風の殆どない状態で油温も上がり、水温も抑えきれなくなったと考えられます。応急処置としてエアコンを切りオープナーを引きボンネットを浮かせたところで、ちょうど渋滞が解消して走り出すと水温計はス~っと下がりました(汗)。
alt


翌朝、エンジンが冷えたところでラジエーターのクーラント量をチェックするも異常なし。ファン(カップリング)や電動ファンの動きをチェックするも異常はありませんでした。水温計の針は正常値で、どうやら冷却系のトラブルはなく、オーバーヒートトラブルは免れたようです(汗)。
alt
alt
alt



アルピナ車はBMW車をベースに排気量、出力をスープアップしている車ですが、近年のモデルはベース車両と補機類は共通部品も多く使われています(メンテナンス上は有難いが)。通常は特に問題はありませんがこの時期、発熱量の多いアルピナ車においてはクーリングは要注意ポイントとなります。本来大容量のラジエーターやオイルクーラーが対策として望ましいのですが、サーキットならまだしも街乗り中心ではオーバースペックだし・・。
今後も続くであろう異常気象を懸念し、とりあえずケミカルで対策することにしました。
alt

ワコーズ、クーラントブースター。クーラントの効率を上げ、ラジエーター内の潤滑、錆び止め効果もあるとのこと。調べてみると、温度が明らかに下がった・・、水温が安定するなうになった・・など好評判も多いようです。私自身もワコーズのケミカルは幾つか使用してその効果を実感しています。
注入量にあたる約250ccのクーラントをまずラジエーターから抜きとり、ワコーズクーラントブースターを注入します。
alt
alt


1,380円のケミカルと約10分の作業でこの夏を乗りきった気分になるから不思議です(笑)。




alt


何かトラブルがないと効果検証は難しいですが、B3が涼しくなった!と言っているような(笑)


皆様もこの夏の危険な暑さ、お体もお車も御自愛下さい。

Posted at 2018/08/04 17:33:54 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「祝!秋刀魚、豊漁(^-^)/」
何シテル?   08/29 12:14
走りはダメなので、食で勝負します!(笑)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

修理完了! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/07 03:30:20
2018年スタート 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/08 16:36:59
アルピナ B3 Biturbo 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/30 04:01:32

お友達

まずはお気軽にコメントでも下さいね・・・
122 人のお友達がいます
Bianco CygnusBianco Cygnus * ROSSO1970ROSSO1970 *
Mr.REDMr.RED * オサム@オサム@ *
S&amp;TS&T * プロペラフォンプロペラフォン *

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

BMWアルピナ B3 リムジン BMWアルピナ B3 リムジン
4台目のBMでアルピナとなりました・・
その他 その他 その他 その他
フォトギャラリー
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.