• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heaven1/fのブログ一覧

2018年12月10日 イイね!

結構充実

結構充実退院して2週間。
あっという間にもうすぐ年末ですね〜。
土曜日は忘年会ですよ。今の部署の。
あ、今年は会社内で移動があって〜と入院前のブログでカミングアウトしましたが転職前のひと時、「経営企画室」と言う部署で窓際でポカポカしてます。
なので、以前いた部署からも忘年会に誘われてると言うラッキー。
もちろん、送別会、歓迎会兼ねてるのでタダ!

脳幹梗塞になったけど軽くて済むしね〜。
うわぁ〜今年はラッキー続き。

先週は土曜日にマグカップが貰えると言う言葉につられて堺のプジョーさんへ。
古い206SWで乗り付けるとどんな反応するのかちょい不安やったけどもさ。
2008は良かったなぁ。かなりリーズナブルなプライスタグが掛かってるし。


デカくなりがちなSUVもここまでコンパクトにできるんやなぁ。背の高いデミオ並み。CX3位かなぁ。表にトルマリンレッドのコイツが止まってたけど、ホントにコンパクト、テールエンドはあのプジョーの独特なテールランプやし。
でマグカップゲット。


日曜日は見れたら良いなの紅葉探して奈良の布目の里から月ヶ瀬へ。
見つけた!今年の一本。布目の里で巨大な楓。





マズい写真ですが、色が凄い。
久しぶりに「色」で感動しました。
206もお裾分け。





帰りは月ヶ瀬から木津川へ抜けて大阪へ。
途中、もう一度天からの贈り物。


茜色って、これ?


ステキな色の秋の「ゆふくれ」

そして昨日は新しい仲間のちょっとした改良。
知り合いの親父様からの頂き物。
5年程前にバイク屋が整備不可能と投げ出したこのバイクをアタシが整備したのがご縁。
もう、80歳になんなんとされる今までバイクに、それも1100ccに乗っていらした猛者殿。
そのバイクをアタシが乗れる光栄に拝したってこと。
ビラーゴ1100さんです。




60000㎞走行とは思えないピカピカ。
大切に乗りますよ。
早速、中途半端なポジションのハンドルをハリケーンに。
before

after


ミラーの位置が変わるのと、ブレーキタッチを考えて一見ノーマルのマスターシリンダー、MT-09のブレンボマスターに変更。


タッチも格段に良くなるし。
あとはETCとか付けたいなぁ。
けど、来週。
左半身の力が少し落ちてるのでクルマのクラッチを蹴飛ばしたり、バイクのクラッチを握るって事にちょっと不安が有ったけど、人よりも強かったから、ちょうど人並みになったようで、心配なかったのが何より。
良かったです。
さぁ来週はバイクでツーリングです!
























Posted at 2018/12/10 12:23:24 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年11月25日 イイね!

バンザイ。関西人

バンザイ。関西人一昨日は退院日。
病院まで、バイクの友人がクルマでお迎えに。
突然の事なのにわざわざ来てくれた。
退院の日の日の出。



修学旅行にワクワクして眠れなかった小学生みたい。
前の日に、「退院したら、温泉に行きたい!」
なので病院から「祥福の湯」へ一直線。
午前中からやっていて、大きなお風呂って事でここに決めた。
ホントは亀の湯とか姫石の湯とか、天然で紅葉の良いところ・・・ってところに行きたいところやけれども、家にはワンコが待ってる。
曽爾高原は紅葉には遅いかも知れないけれども、また来週。

帰ってワンコの世話をして、隣のだいきうどんで昼食。あまりに近くて外食感が無く、脱病院食の感動も無く、気が付けばΣ( ̄。 ̄ノ)ノと終わっていた感じ。

改めて昨日、しっかり外食!
記念すべき外食は。
関西人に生まれて良かったのコナモン。


でしょ。やっぱり。


コレコレ。


しかも、知る人ぞ知る、
美佳味だ!(本店)。
は〜、幸せ。うますぎる。

日曜日(今日)までの休憩も、
そろそろ終わり。
明日からは窓際に座って次のステップへと黙々と。

冷たい視線もなんのその。
嬉しくて仕方ない。
5ヶ月後にしっかり羽ばたけるように着々と。

頑張らないと。






Posted at 2018/11/25 20:57:14 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年11月21日 イイね!

白衣の天使


11月15日。
左半身に違和感。あれ?階段を降りる時にバランスが取りづらい。
試験機の前に座れば掴んだビスを落とす。あれ?
感覚がおかしい。
総務課に行って一番近い総合病院を聞き出し、向かう。
その病院では対応不可で救急車を呼んでくれる。
え?そうなん?
久しぶりの救急車。中では機能確認といろんな質問。
そこまでおおごと?
堺市内のとある病院着。ストレッチャーのまま処置室へ、流れる様にMRIへ。
気がつくと「集中治療室」へ。看護師さんがにっこりしながらか「担当させて頂く◯◯です。今から入院して頂く集中治療室はプライバシーや〜云々」
とにかくそこへ。
なんやて?事態がまだよく飲み込めてない。

その日から5日間、窓のない部屋でベッドの上。
救いは先の看護師さん。もちろんステキな女性。
こんな部屋の中、こんな状態。
やっぱり看護婦さんは白衣の天使さんなんだよ。

でもね、例えばこんな人をパートナーにできたら、アタシは白衣の天使がその羽根を休める場所にいなければ、そこを天使が休める場所にしなければと心底思う。
天使が天使であるために、病院にいる間は精神的にも重労働。帰ってきたら、しっかり休めるようにしてあげたいなぁと思う。

最初のヨメさん、看護婦やったけど、そういう想い、優しさが足りなかったんやろね。
アタシも歳が歳やしようやくわかって来たような気もする。

そうそう、病気・・・。症状というか、「脳幹梗塞」らしい。
経過の方はすこぶる順調で、一般病棟に昨夜移った途端、主治医の先生が、「順調なんで、いつ退院してもいいですから。」
あのね。いい部屋に移ってホッとしてるから・・・。
「じゃ、明日?明後日?」
明後日で良いです。

という訳で明後日退院となりました。

あ、あの看護師さんに一言〜。は叶いませんでした。アカンたれ。



Posted at 2018/11/21 18:08:29 | コメント(3) | トラックバック(0)
2018年11月09日 イイね!

仕切り直してスタート。

仕切り直してスタート。何してる?
の文字数制限に阻まれて書ききれない(´-`).。oO

波乱万丈のアタシの人生、落ち着いた今のままでヌクヌクしててもなぁ。
面白くない。多分、絶対。
面白いか、面白くないか。
それが自分の行動の最重要エレメントやった。

今の仕事は好きやけど、面白い仕事に制限をつけられると、ストレスしか残らない。夢もない。
面白く仕事してると、一生ヒラやからね(笑)。
今の仕事、あと数年続けて満足できるかと考えた時に、ちょっとシンドくなってきた。

やっぱりね、仕事の夢はあるのよ。
パイロットになりたいとか、船長さんになりたい、とかと同じレベルではあるけど、男のコはそれが無いと生きてけない。
男のコの意味が無い。いわゆる自己実現しないとね〜。
今の会社の社長(会長)は、話を解ってくれて「クビにしないと援助(退職金とか)できないから、クビにした方がええのかな?」と言った上で、在職期間が少ないから、カネより次の夢の為の資格を会社負担で取らせてくれるとまで言ってくれた。給料も出すけど会社に来なくて良いと。
何とも有難い。
役立たずの社員を体良く追っ払ったのか?笑)それでも良いや。普通にクビにしてくれても笑えるもんなぁ。
アタシに付いてくれたお客様には申し訳ないけど、最期の一花咲かせる為に堪えて頂けたら〜。

てなわけで新しい日々が始まりそう。

不安が無いと言えば嘘になるけど、どうなったってアタシ一人、路頭になんか迷う訳が無い。
それぐらいは怖くない。
アグレッシブに生きてたら、何があっても立ち向かえるモンね。
後ずさり、保身を考えてたら後が無くなった時に一巻の終わり。

失敗ばかりのこの人生、いろいろ失敗してホントに良かった。人よりたくさん、「こうすれば失敗する」方法をたくさん知ってるし。
泥沼から抜け出す方法も数多知ってるし。
何より、今を生き抜く方法、人より沢山知ってる。
失敗した時に知り合えた人は素晴らしい人達だし。何よりの宝物やし。

と、言うわけで今日は会社はおサボり。
陸運局に用事ついでに昔住んでた南港ポートタウンにブラリと立ち寄って、昼食。
緑が多くて、街を車が走っていない。マイカー乗り入れ禁止やから。とても住みやすい街だなと、今更ながらに思う。
最初のヨメと別れて、娘と二人でノンビリ楽しく過ごした思い出の街。船の音が聞こえて。
旅の事ばかり考えてた。


南港フェリーターミナル。

破産してヨメに逃げられても娘と二人幸せな日々。ロードスターに出会って、ヨーロッパ車に出会って、モトグッチに出会った。
そして素敵な女性たちと出会った街。
亡くなったカミさんに出会った街。
もしかしたら波瀾に満ちても楽しい人生の原点だったかもしれない。
うん。きっとそうやね。
さてと。

まあ、カミさんみたいにこの人のために生きてけると言える人も今のところ、気配がないし。ちょっと自分の為に頑張ってみるのも悪かないなぁ・・・。と言い聞かせて。

最期の一花、咲かせましょ。


生石高原を歩くどらちゃんの図。

Posted at 2018/11/09 14:45:44 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年10月14日 イイね!

マツダのこと。

アタシがクルマの免許をとったのは1985年。
 メルセデスが190Eをもって日本市場に殴り込んできた頃。

ヨーロッパ車の人気が高まり、海外のレースで勝ったクルマ達活躍したクルマ達が身近になってきた頃。
 アウディ様のCD(コンパクトディスクでは無い)80や100が、BMW様の3とか5
とかが世田谷や港区のこうきゅうじゅうたくち・・・あ・・平仮名・・の車庫に鎮座するようになっていた頃。(メルセデスは特殊職幹部達御用達)

 通っていた大学が「白金」に有った。周りは高級住宅地。
ある家のガレージにジャガーのソブリンと見慣れない5ナンバーサイズの5ドアハッチバックのクルマが置かれていた。
 そのクルマは「日本フォード・テルスター」
 あまりの格好良さに一目惚れ。

 1987年の年始。大阪に帰省していたアタシの目は一枚の中古車のチラシに釘付けとなる。そこには、あのテルスターが売り出されていた。
 その中古車屋(実は日本フォードのディーラー「オートラマ」)が営業を開始する1月4日に早速、親友のセリカで試乗に行った。
 待っていたのは真っ白なテルスター。 「TX-5 2.0i ターボGhia」 かのカロッツェリアの名を冠するヨーロッパ向けの「マツダ・カペラ 5ドアハッチ」
 クラフトレーシングの純白のディッシュ+フィンホイール。おまけに純正Opでオーストリア製Fo-Haのエアロパーツが付く。(フロント、サイド、リアスポ)
 全高は1310㎜(やったかな?) 低い上にウェストラインも当時の国産車に比べるとべらぼうに低かった。 当時の走り屋達が車高を下げていたけど、ルーフラインは同じくらいかそれ以下。
 スカイラインのGT(ニューマン)ターボ? 話にならん位のドッカンターボ。
前方向だけじゃなくて、4輪アクティブサス、シュアなハンドリング。
 当時の他メーカーの国産車とは数段設計値が違ってた。

そして・・・91年、伝説が生まれた。

787B ル・マン24h優勝。ヨーロッパでマツダ・ロータリーと言う伝説が生まれた・・・。
日本でもクルマ好きには取り上げられたけど、普通のニュースにはならなかった。
ヨーロッパではF1より何より、ル・マンやWRC、クルマとしての最高峰はこれで競われてるのだ。
 こんなクルマを作ったマツダの車がハートを持っていない訳がない。

 一時期、バブルに踊らされて自分を見失った事もあったけど。
今日この頃の街行くクルマを見ると、あぁ・・マツダが頑張ってる。ちょっと嬉しい。
今のマツダのステアを握っても解る。
もっと嬉しくなる。
 マツダはミニバンを作るのを早々と辞めた。世の中ミニバン以外はファミリーカーじゃないみたいになっている最中。本○がミニバン屋になってしまった最中。
何年前やったかな?
 本格SUVのCXシリーズを世に問うた。これは最初はそんなに売れなかったけど、今どうだ?(今は個人的には 5008が好き(笑))
猫も杓子もSUVだ。ランボルギーニまでSUVを作る始末。疑問を通り越して哀れと思うのは貧乏人のひがみ?
 
 置いといて・・・。

 全てのパーツを純国産で賄ってきたマツダの姿勢はそれだけでも巨人トヨタを震撼させた。いろんな理由があるにせよ、一目置く存在なのだ。潰すより、自社と共に生きる道を選んだ。
 
 マツダは小気味良い割り切りと、「クルマが好き」では無くて「クルマの運転が好き」な人のために頑張ってきたのだ。そのために国産の部品を使い、自社ブランドのチューンアップパーツも作る。
 シートに座った瞬間に、ステアを握った瞬間に、そして視線を前にやった瞬間に、運転するのが楽しくなる。

 これからも。。頑張って、少数派である「運転好き」のためのクルマを作って欲しいなと思う。・・いや、もしかして隠れてるだけでクルマの運転が好きな連中はそこかしこに・・・いるのかも知れないが。
 揺れる陽炎の向こうの・・・あんなクルマを作るメーカーは日本には存在しないのだから。。。

 まぁ・・・ドライビングの面白さって前方向だけじゃないからね。って さらりと言ってのけられるんですわ、このクルマ。

 世の運転好きな大人達よ。。。目覚めてみては。いや、あの頃に戻ってみては。
燃費、燃費と踊らされて・・・情熱を失った?んな訳無いでしょ?
  ・・・・2003年型の我が206、2000ccのNAエンジン。 峠でアクセルペダルとクラッチペダルを床まで踏み込んでバンバン言わせながら・・・。ちょっとはばかるようなドライブをしてみても、燃費は12㎞/㍑ 位。お財布の中身が惜しいような燃費でもあるまい・・でしょ?(お財布の中身が惜しいアタシでもこのドライビングのためなら。。できるだけ(笑))

余談。
私の中で一番好きなメーカーであるマツダについて書きました。
でもね、この頃のトヨタの姿勢には感服するんです。
相変わらず商売は上手だけれども、もっとこう。。。なんて言うかクルマメーカーの本分を取り戻したっていうか、責任感って言うか。
 コストダウンの名の下に、多数の社員の首を切り、利益が増えたなんてウレシがってるどこぞのメーカーとはかけ離れた存在になったと思うですよ。はい。
 ま、コレに関してはまたの機会に。
Posted at 2018/10/14 23:24:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | オクルマ | 日記

プロフィール

「秋の色満喫。」
何シテル?   12/02 19:53
大阪府立地球防衛軍キャップです。(Fake)  旧いものが好き。特に80年代はいつでも輝いてます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

久しぶりのオイル交換  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:32:40
206に306のスカッフプレートを付けてみた。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:31:43
マルチディスプレイ脱着 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:30:03

お友達

運転が好き。横に乗るのも好き。
バイクも好き。ツーリングが好き。
旅が好き。
お気に入りのクルマが有る。バイクがある。

 元気だけど誰かと一緒にいたい時がある。
んなアタシです。 
 一緒に時を旅しましょう。
25 人のお友達がいます
ピアニシモピアニシモ * 万葉万葉 *
ヒロ@653ヒロ@653 * YOSSY~YOSSY~ *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 青葉裕紀青葉裕紀

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

BMW K100RS ゆきかぜ (BMW K100RS)
キングオブスポーツツアラー
プジョー 206SW (ワゴン) 雪豹 (プジョー 206SW (ワゴン))
これから躾けます。 2台目の206SW。見た目フツー、走るとドラネコ。
ヤマハ ヤマハ 龍姫 (ヤマハ ヤマハ)
ParadaiseRide! 冬眠中のXZ550。写真は玄龍号。体力が軽さを求めるように ...
ヤマハ SRV250 綾風 (ヤマハ SRV250)
とても良くできたクォーター。 少し弄ればロングツーリングもこなせる。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.