• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heaven1/fのブログ一覧

2018年10月14日 イイね!

マツダのこと。

アタシがクルマの免許をとったのは1985年。
 メルセデスが190Eをもって日本市場に殴り込んできた頃。

ヨーロッパ車の人気が高まり、海外のレースで勝ったクルマ達活躍したクルマ達が身近になってきた頃。
 アウディ様のCD(コンパクトディスクでは無い)80や100が、BMW様の3とか5
とかが世田谷や港区のこうきゅうじゅうたくち・・・あ・・平仮名・・の車庫に鎮座するようになっていた頃。(メルセデスは特殊職幹部達御用達)

 通っていた大学が「白金」に有った。周りは高級住宅地。
ある家のガレージにジャガーのソブリンと見慣れない5ナンバーサイズの5ドアハッチバックのクルマが置かれていた。
 そのクルマは「日本フォード・テルスター」
 あまりの格好良さに一目惚れ。

 1987年の年始。大阪に帰省していたアタシの目は一枚の中古車のチラシに釘付けとなる。そこには、あのテルスターが売り出されていた。
 その中古車屋(実は日本フォードのディーラー「オートラマ」)が営業を開始する1月4日に早速、親友のセリカで試乗に行った。
 待っていたのは真っ白なテルスター。 「TX-5 2.0i ターボGhia」 かのカロッツェリアの名を冠するヨーロッパ向けの「マツダ・カペラ 5ドアハッチ」
 クラフトレーシングの純白のディッシュ+フィンホイール。おまけに純正Opでオーストリア製Fo-Haのエアロパーツが付く。(フロント、サイド、リアスポ)
 全高は1310㎜(やったかな?) 低い上にウェストラインも当時の国産車に比べるとべらぼうに低かった。 当時の走り屋達が車高を下げていたけど、ルーフラインは同じくらいかそれ以下。
 スカイラインのGT(ニューマン)ターボ? 話にならん位のドッカンターボ。
前方向だけじゃなくて、4輪アクティブサス、シュアなハンドリング。
 当時の他メーカーの国産車とは数段設計値が違ってた。

そして・・・91年、伝説が生まれた。

787B ル・マン24h優勝。ヨーロッパでマツダ・ロータリーと言う伝説が生まれた・・・。
日本でもクルマ好きには取り上げられたけど、普通のニュースにはならなかった。
ヨーロッパではF1より何より、ル・マンやWRC、クルマとしての最高峰はこれで競われてるのだ。
 こんなクルマを作ったマツダの車がハートを持っていない訳がない。

 一時期、バブルに踊らされて自分を見失った事もあったけど。
今日この頃の街行くクルマを見ると、あぁ・・マツダが頑張ってる。ちょっと嬉しい。
今のマツダのステアを握っても解る。
もっと嬉しくなる。
 マツダはミニバンを作るのを早々と辞めた。世の中ミニバン以外はファミリーカーじゃないみたいになっている最中。本○がミニバン屋になってしまった最中。
何年前やったかな?
 本格SUVのCXシリーズを世に問うた。これは最初はそんなに売れなかったけど、今どうだ?(今は個人的には 5008が好き(笑))
猫も杓子もSUVだ。ランボルギーニまでSUVを作る始末。疑問を通り越して哀れと思うのは貧乏人のひがみ?
 
 置いといて・・・。

 全てのパーツを純国産で賄ってきたマツダの姿勢はそれだけでも巨人トヨタを震撼させた。いろんな理由があるにせよ、一目置く存在なのだ。潰すより、自社と共に生きる道を選んだ。
 
 マツダは小気味良い割り切りと、「クルマが好き」では無くて「クルマの運転が好き」な人のために頑張ってきたのだ。そのために国産の部品を使い、自社ブランドのチューンアップパーツも作る。
 シートに座った瞬間に、ステアを握った瞬間に、そして視線を前にやった瞬間に、運転するのが楽しくなる。

 これからも。。頑張って、少数派である「運転好き」のためのクルマを作って欲しいなと思う。・・いや、もしかして隠れてるだけでクルマの運転が好きな連中はそこかしこに・・・いるのかも知れないが。
 揺れる陽炎の向こうの・・・あんなクルマを作るメーカーは日本には存在しないのだから。。。

 まぁ・・・ドライビングの面白さって前方向だけじゃないからね。って さらりと言ってのけられるんですわ、このクルマ。

 世の運転好きな大人達よ。。。目覚めてみては。いや、あの頃に戻ってみては。
燃費、燃費と踊らされて・・・情熱を失った?んな訳無いでしょ?
  ・・・・2003年型の我が206、2000ccのNAエンジン。 峠でアクセルペダルとクラッチペダルを床まで踏み込んでバンバン言わせながら・・・。ちょっとはばかるようなドライブをしてみても、燃費は12㎞/㍑ 位。お財布の中身が惜しいような燃費でもあるまい・・でしょ?(お財布の中身が惜しいアタシでもこのドライビングのためなら。。できるだけ(笑))

余談。
私の中で一番好きなメーカーであるマツダについて書きました。
でもね、この頃のトヨタの姿勢には感服するんです。
相変わらず商売は上手だけれども、もっとこう。。。なんて言うかクルマメーカーの本分を取り戻したっていうか、責任感って言うか。
 コストダウンの名の下に、多数の社員の首を切り、利益が増えたなんてウレシがってるどこぞのメーカーとはかけ離れた存在になったと思うですよ。はい。
 ま、コレに関してはまたの機会に。
Posted at 2018/10/14 23:24:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | オクルマ | 日記
2018年10月08日 イイね!

柿の季節と通行止め

正岡子規が夏目漱石に
「東京に帰るとき、この季節なら奈良に寄ると良い。」と言われて。。。
めんどくさい。
 秋の奈良が良いのは中ボーの頃から知ってるし~~~。
特にね、法隆寺~中宮寺~法輪寺~法起寺にかけての斑鳩一帯は・・・何度かここにアップさせて貰ってるが、1~2時間はぼ~~~っとしたいと思うくらい。
 で、そのあたりは「かきくへば~~~」の柿の名産地でも有るわけだ。

で、「温泉と柿を買いに奈良に~~いやいや、柿は和歌山、九度山やでぇ~~。」「奈良の柿は安くてうまいよ~~」と・・・ めんどくさいやりとりの末、梅干しも買いたいし、ひね鳥も買いたいし。。奈良の斑鳩~姫石の湯~曽爾高原~亀の湯はいつも行ってる、いつでもいける・・・ので、「日本一の柿の里」 九度山町のそのまんま「柿の郷・くどやま」へ れっつご~~。
 九度山の道の駅に行き先を決めたのは梅干しやひね鳥もあるけど、その後で、有田川源流部の「しみず温泉」もあるし、生石高原越ならススキも楽しめるだろうという結構安易な(後でエラい目に遭う、「必ずうまくいかない」)一石二鳥~いや三鳥を狙ってのこと。
 とても賑わってる柿の郷で「富有柿」と「刀根柿」。

梅干しとひね鳥。今日はひね鳥の鍋。うっふっふ。
で、しみず温泉に向けて・・・おっと。この時間、(3時半)、あらぎ島の稲穂も金色できれいやろ。  と、九度山からは二つの峰を越える3つのルートしか無い。
 まずは三谷から丹生津姫神社の横を抜けると(西高野街道)~R370~生石高原のあたりを越えて清水。R370に出たら左へ、高野山を登って大門を右に、花園~清水に抜けるルート。
 もう一つはR370を右に、地蔵峠を左にとって(実はこれが正解)同じく花園~清水。
そして。。今回ハマってしまったR370を下ってから生石高原を越えるルート。

 R370を調子よく下る。程なく ←生石高原 の道へ。
しばらく登ると 「通行禁止」(崖崩れ)
 ・・・・・仕方ないのでUターンして枝分かれしたもう一本の道へ。・・・・
しばらく登ると 「通行止め」(崖崩れ)
 (再生)

・・・・・またまたUターンの末、もう一本海南方の生石高原ルートへ。
上からランクルが下ってくる。 うん。下ってくるクルマが有るんだから登れるだろう。(甘い。。)
的中。

この時点で5時を過ぎ、あらぎ島の黄金の稲穂は諦めモードにシフト。
しかしここは生石高原の直下。しかも北側斜面。景色はとても良い。

コスモスもある。

まぁ、温泉とあらぎ島は残念だったけど。良い景色とコスモスが見られてちょっとHappyやね。
切り返して方向転換。小さなクルマで良かったね。






帰りはほそ~~い道を(対向車が来ないことを良いことに) WRCごっこ。



時々絶景


やっぱり206は泥だらけ。。
お疲れ様。

そうそう、柿、オイシかったですよ。
Posted at 2018/10/08 16:01:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | 下町の空と | 日記
2018年09月30日 イイね!

念願の

HID化
実はデスねぇ。
6月24日。
某ヤフオクでHIDを購入し、小躍りしながら206のHID化をやってみたと思って下さい。
簡単簡単・・・・40分ほどでHID化完了。
ヘッドライトのカバーの下にちょっとだけ切り欠きを入れて、

バーナーからの配線、(4本ある)を通して完成・・・したかと思ったのだが。
夜になってライトオン! いきなり ABSの警告灯がアラーム音と共に点灯。
しばらくするとブレーキシステムの異常を示すワーニングがディスプレイに。
インパネには赤い文字で「STOP」 すぐにクルマを止めてディーラーに見せよと。
・・・・クルマを止めたらディーラーまで行かれへんし。とツッコミもむなしく。。。
まぁ、ミスインジケートは欧州車のお家芸やから大丈夫やろ。
 いつものように大阪北部の知り合いの家に。
夕方からちらほら雨も降り出している。
お嬢を乗せていざアタシの家に! 
 やっぱりABSの警告灯、ブレーキシステムの異常、STOPの警告灯。・・・・おや?
スピードメーターが動いてない。。。。
 ってことは ECUが逝かれてるかHIDのバラストが何らかの影響してるのね。
雨の中、近くのスタンドでもう一度通常のバルブに交換。・・・・全くの正常に戻ったのでECUは大丈夫。けど、HIDは諦めるのか。。。

で、諦めきれないアタシ。明るいとかはどうでも良いけど35Wは旧車に優しいもんね。
・・・・しかもプジョーのヘッドライトは純正でも結構明るいから、HIDにすればめちゃんこ明るいやろうね。・・・って事で
 みんカラで検索してみると206をHID化してる人は結構いる。
なんでアタシだけダメなんだろう。
 いろいろ考えてみる。HIDのバーナー自体はもちろん、放電管なのでノイズ大きいとは思うけど、ECUとか離れてるし、バラストか! 
 9月に入ったある日、ボンネットを開けてバラストを取り付けていたところを検証してみると、

↑右はECUの取り付けボルトにバラストのベースを取り付けているし、左はライト裏のカバーに直付けしているけど、ABSのアクチェーターと5ミリも離れていない。
あぁ・・・これか。

解れば話は簡単。左右ともECUやABS、電気仕掛けの装置から絶縁して距離をとってやれば。。。

ほうぅらこの通り!
白すぎる光は雨になるとからっきしダメなので「4300K」(純正色)。
喜んで十三峠へ!お!雨の中なのに、アタシが行くとやはり・・・雲が切れて夜景!

ん~~~こんな時はロマンチックになれる人と一緒なら。。(チラッ)

 話が変わって・・・久しぶりにロドスタのステアを握らせて貰った。

ど!ノーマルNB(しかもAT)だけど、ロドスタはロドスタやねぇ。
フルオープンにするとどれだけ気持ちが良いか。。エアロボードとかも無くて、でも気持ちは良くて。
 「どこに手を入れるの?」とそのオーナー代理からの質問がくる。
「毒キノコとしゃこ調、それにホイール、たこ足に松田速度あたりのマフリャー本体、エアロボードとかはお好みで。タワーバーにサブフレーム・・・は入ってるのかなぁ。ステアとか、シフトノブとかもお好みで。」
「??????」
お楽しみ下さいませ。
Posted at 2018/09/30 22:55:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | SW206 | 日記
2018年09月21日 イイね!

かれい高原

夏の休暇。
夏期休暇とも言う。盆休み。
恒例になりつつあるツーリングが今年は1泊に。
目的地は・・・
「かれいこうげん」
加齢・・・とは言わんで下さい。 しかし華麗でも無い。
鰈・・・いやいや。
天空に一番近いキャンプ場と言うらしい。
「鹿嶺高原キャンプ場」標高は1800メートルもある。

8月12日、どでかい「ツーリング」パニヤケースに付け替えた我がK100RSは暑い大阪を後に一路高遠へ向かう。
ナビに「一般道・距離優先」で打ち込むと愛知県豊田市経由のルートが出たので、気持ちよくスタート。
 大好きなカントリーロードを調子こいて走っていると何やら前方に赤い三角形の旗が出た。 この暑いのに帽子を目深にかぶった人がおいでおいでと・・・。

27㎞オーバーのラットトラップやん。悔しさ半分、でも自戒も8割。
 そんな歳じゃないでしょ?おまわりさんに「お父さん」と呼ばれると。。。情けない。
やっぱり目的地は加齢高原か。。。

しっかし。。。雨の予報は見事に大外れ。またまたアタシのお天気コントロールパワーが全開。

 駒ヶ根のあたり。ここでようやくお昼。まぁ~~走れるもんだね。家から300Km。
これくらいで、こんな素敵な場所、素敵な空を見られるなんて。あたしゃ幸せもんだわ。
 K100RSに大感謝。
家から450Km近く走って天空のキャンプ場に到着。
こんなところです。

着いたときは霧がかかって、雨でも降りそうな気配だったのが、


ここでもお天気コントロール。
しばらくすると、こんな夕焼けに。

楽しい楽しいオッサン二人のキャンプファイヤの夜は更ける。

夜にはキャンプ場の上空だけがぽっかりと雲が切れて 星空。天ノ川ってほんとに天ノ川(当たり前やけど)
 多分、今までで一番素敵なキャンプとなった。

 朝。白根三山の方から上る朝日。

今日も良い天気ですわ!
大山の時のように寒さに震えることも無く最高の気分の山の朝。

さて・・・帰りの道筋も全然考えて無くてどうしようかと考えていたら、同行のMT-01氏が「中央構造線が露出しているところがあるらしいので、行こうや。」とのこと。
????
ホンマか?
ホンマに有った。

真ん中の黄色いのが中央構造線(断層)だと。んでもって右側が紀伊半島の南半分から伸びる太平洋のプレートみたい。左側は山陰地方からのユーラシアプレート??らしいけど。。。「北川露頭」と言うところらしいけど。
帰りは下ると浜松らしいから、てきとーに右に入って・・・と思っていたら、何たら道路に入ってしまい、結局浜松の北に出てしまって新東名へ。
 なんで間違うたのか? ナビの電源がエンジンの熱でやられてしまい、ナビがブラックアウト(と言うことにして下さい)

 熱いのはホンマで、太ももの内側が低温やけどになってしまって帰ると火ぶくれがポツポツ。おまたがかゆい。。デリケアM's・・を塗ったら染みそう

 夏高速道路のK100は拷問に等しいなと。こんなときはK100の優秀なカウリングが恨めしくなる。ぬうわKm/hで走っても前から風が来ない。それどころか、快調すぎるエンジンの熱がまともに上がってくる。
  ・・・・・うう 夏バイクが欲しい。

 と過ぎていく 2018年の幸せなキャンプツーリングだった。
Posted at 2018/09/21 23:57:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | K100RS | 日記
2018年09月17日 イイね!

梅花藻の旅

水に浮かぶ花。
8月5日のこと。朝起きたら・・・ハラを壊していた。
しかしこの日は前日からのお泊まりお嬢がヤフー地図を広げて「ここに行きたい」
「なぜ?」「行けば解るんだよう。」「?」
 指し示したのはここ

さめがい? 「うん」

何があるのか解らんがとりあえず行ってみることにする。
ここしばらく花が続いていたので・・良い花があるのか・・・と206で出発。

昼過ぎから出かけたので4時頃に到着。
こっちへ。誘われるままに旧中山道を歩く。良い風情は良いけど・・・。めちゃくちゃ暑い。
「鱒の養殖」場へ上る?バスが来るから?へ?
 とりあえず引っ張られてどんどん歩く。
やがて小さな橋が見えてきた。
「目的地はここだよ。」「?」
・・・・ 「ええやん」

水に浮かぶ小さな白い花達。梅花藻

 赤い色は川沿いに咲くサルスベリの花びら。

夜にはライトアップ

ライトアップアップ

「夕方からがええんよ」
納得。
完全にハラが崩壊しているので+脱水症状+熱中症でヘロヘロになっているなかで
「帰りに京都に寄れる?」と・・・
とっぷり暮れてるのになんの花が・・・と思ったら、京都の夜景が一望に見られるところに。
 最後に夜景の花が見られた一日でした。
Posted at 2018/09/17 15:48:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旅人 | 日記

プロフィール

「ロドスタでドライブ中。
あぁ、あの頃を思い出してちょっとハッピー、ちょっとセンチメンタル。」
何シテル?   10/18 01:01
大阪府立地球防衛軍キャップです。(Fake)  旧いものが好き。特に80年代はいつでも輝いてます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

久しぶりのオイル交換  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:32:40
206に306のスカッフプレートを付けてみた。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:31:43
マルチディスプレイ脱着 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:30:03

お友達

運転が好き。横に乗るのも好き。
バイクも好き。ツーリングが好き。
旅が好き。
お気に入りのクルマが有る。バイクがある。

 元気だけど誰かと一緒にいたい時がある。
んなアタシです。 
 一緒に時を旅しましょう。
25 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 ピアニシモピアニシモ *
アライグマのアライアライグマのアライ * YOSSY~YOSSY~ *
青葉裕紀青葉裕紀 サンデー・パパサンデー・パパ

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

BMW K100RS ゆきかぜ (BMW K100RS)
キングオブスポーツツアラー
プジョー 206SW (ワゴン) 雪豹 (プジョー 206SW (ワゴン))
これから躾けます。 2台目の206SW。見た目フツー、走るとドラネコ。
ヤマハ ヤマハ 龍姫 (ヤマハ ヤマハ)
ParadaiseRide! 冬眠中のXZ550。写真は玄龍号。体力が軽さを求めるように ...
ヤマハ SRV250 綾風 (ヤマハ SRV250)
とても良くできたクォーター。 少し弄ればロングツーリングもこなせる。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.