• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

赤レンのブログ一覧

2022年01月27日 イイね!

久々のblog・・・

久々のblog・・・久々のBlogっす。
年末から、新年のご挨拶のみで全然「みんカラ」のUPをしていませんでした^^;

FCは毎日乗ってますが、特に弄りなどはしてなかったので。。。

タービンはようやく慣らしも終わって、もうブーストは掛けまくってます。
吸気音が以前のタービンより大きい気がしますが今の所は問題ないですね。
まだCPU学習が終了してないためか最大ブーストでハンチングしてますが。

慣らしが終わってフルブーストを掛け始めた時は0.9に上がるブーストをソレノイドが一生懸命0.8へ下げようと0.8~0.9を規則良く行ったり来たりしてましたが、少しづつ振れ幅が小さくなってきて、今は0.8~0.85間で行ったり来たりしてます。
もう少しですね^^;

その他は、年末におむすび忘年会があって、久々の中華!









楽しかったですわ^^
くじ引きは「ロゼのワイン」でした~。家に持って帰って速攻で無くなりましたが(笑

あとは、義理の兄から「今シーズンは1着で済んで、余ってるから要る?」っていうので送ってもらいました。

LLなので微妙に大きいけど^^;
新品っす。

っで、最大の事件はこれだ!


会社帰りに信号待ちしてたら、後ろに止まっていたトヨタ車が・・・
よそ見をした隙にブレーキペダルから足が離れてしまったようで、FCのリアにボンッ!!っとなww

写真は衝突0.05秒前(笑

ガテン系のお兄ちゃんでしたが、「すみません!」の平謝り。
まっ、信号変わる前なのにライトが迫ってきたのがわかったけど、ギア入れて前に動かす時間は無かったのでブレーキだけリリースできたので被害は最小限。
相手のナンバーボルトの跡が僅かについたくらいで他は無傷。

おいら、全塗装してまだ一年ですが、もともと外観に無頓着なのです。
バンパーの裏やハッチを開けてライト周りの鉄板なども確認しましたが何事も無く・・・
相手が「直してください」って、こちらから言う前に、FCの貴重さを理解していて、心の底から申し訳ない・・・って思ってる気持ちが伝わってきたので、「鉄部品にダメージが無いから、別にバンパーのこの傷ぐらいなら全然イイけど」
っで、終了~^^;
相手は連絡先と自分の携帯番号をメモって渡してきましたが、事故証明取って無い時点で示談でしょ?(笑
幾らドラレコにハッキリ映ってても損傷度合いは証明できないもんね。

いいんだよ、オイラがその場で「イイ」って判断したんだから。

まっ、年明け早々に神様が「今年は運転気を付けろ」と言ってくれたと思って気を引き締めますわ♪
Posted at 2022/01/27 14:42:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | FCその他 | 日記
2022年01月01日 イイね!

明けました

明けました昨年は色々とありました・・・が、気持ちも新たに。

明けましておめでとうございます。
今年もしっかりメンテして走り回りましょう。
本年も宜しくお願いいたしますm(__)m

ようやくタービンの慣らしも終盤。そろそろブースト掛けていきますよ^^v
Posted at 2022/01/01 21:31:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | ありがとう | 日記
2021年12月07日 イイね!

タービン&クラッチ リフレッシュ!!

タービン&クラッチ リフレッシュ!!随分前から過労を訴え続けてきてたリビルトタービン君。
あまりにオーナーが聞く耳を待たなかったためか、最終手段の訴えを起こしてきました^^;

コンプレッション側のオイル上がりでサージ系のパイプ内部まで油ギッシュなのは知ってましたが、一気に酷くなる兆候はなかったのでそろそろタービン交換だなぁ~…リビルトで良く7万キロ持ってるよな…とは思ってました。
サーキットも2シーズンそのままで走っちゃったし。。。

でも…まだ、もう少しいけるんじゃない?
エンジン稼働時にオイルパン内が負圧を保てるように気を付けてチェック&メンテはしてたつもりなので一気に外に漏れる現象は抑えられてました。
実際、白煙は朝一の始動時にちょっと出るくらいで走行時やアイドリングでは皆無。

ある日の通勤時に突然、ブースト掛けると掃除機が鳴ってるような加給音が😱
ついさっき同じようなブースト掛けたときは鳴ってなかったじゃんww
シャフトの焼き付き?それにしては白煙出てないな…
とは言え異常事態なのは間違いない。
ブレードがブレてハウジングに当たってタービンブローしてからじゃ遅いので早々にアイフィーリンの八木さんに相談。

あと、クラッチも前に交換してから9年10万キロ走ってて初期タッチのフィーリングが怪しく、こちらもそろそろ限界間近に感じてたのでクラッチ交換も合わせてお願いしました。
11月は仕事が繁忙してて休日も休めるのか見えない&もう最近の住環境では夜間作業もしずらい&天候に作業が左右されるので青空重作業はシンドイのです。

乗ってると故障悪化させそうなので作業予定前に無理言って入庫させてもらいました。

入庫→一次診断→必要部品発注→部品納期待ち→作業→周辺劣化パーツ破損→部品発注→部品納期待ち→作業…
の旧車の定番な構図で時間が掛かりましたがリビルトタービンとクラッチ新品交換で無事終了。3週間ぶりにFCが戻ってきました。


ヤバかったね。タービンはギリギリセーフな状態^^;
多分、プスチックと化したコンプレッション出口パイプが劣化で割れ、砕けた破片がバックタービン圧でタービン側に落ちてブレードに当たって変形したのが吸気音の異音原因ですね。
ここ数か月はエアクリや吸気系を弄った記憶がないので他に異物混入する原因が無い。。。


タービンからホースが抜けなくて無理やり外してるので亀裂は広がってますが、ここの亀裂&砕けが原因で間違えないと思います。パイプの亀裂付近にはミスト状の汚れが蓄積してたし。
ココのパイプは相当劣化してるのを知ってたのでパイプは購入してあって、一度は何かの作業をしてる時についでに交換しようとしたけど、劣化による硬化が酷くてホースバンドを外してもホースが抜けない状態だったので、今度周辺部分をバラす作業をした際に切開して破壊しようと思い交換を後回しにしてた。

今回、タービン交換するついでにパイプを渡して合わせて交換してもらうこととしてました。
まさかこのパイプが原因のトラブルだったとは···
やっぱり気が付いた時にすぐ対応しなかったオイラの責任ですね。
でも、タービンの異音が出てからもアイドリングや低速のエミッション低下などは感じ取れなかったんだけど…^^;

クラッチは、今までFC純正カバーにFDディスクで不満は皆無だったので、今回もFC純正カバーにFDディスク・・・と同じもののエクセディ箱版。
要は単純に純正入替^^;

クラッチは予定通りな減り具合。丁度頃合いでしたね。

しばらくはタービンとクラッチの慣らしです。

今回、選んだリビルトタービンは・・・
Do Eng.さんのリフレッシュタービンを選択しました。

リビルトする元タービン自体が摩耗限度を迎えてるのが現実なので訳のわからないリビルト品購入はギャンブルになる。
なら、名の知れたショップさんがリリースしている物の方が信頼性はあるかな?
でも、フルノーマルな車に20万超えのリビルトは要らない。
それなら新品のBBなハイフロ組んだ方がイイ。
アイフィーリンの八木さんの意見を聞きながらオイラが選択したのはDo Eng.さんでした。

クラッチが新品だと操作がめっちゃ軽~!」初老に優しい^^
タービンは・・・まだ全然わかりません^^;
やっぱりアイドリングも低速エミッションも違いは感じられず・・・
とにかくタービンは異常察知とその後の対応で被害拡大が防げたのが何よりの救いでした。
また暫くは安心して走れます。
アイフィーリンの八木さん、メカさん 長期間ありがとうございましたm(__)m
Posted at 2021/12/07 16:14:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | FCのメンテ | 日記
2021年10月29日 イイね!

疲れました・・・と

疲れました・・・と7年7万キロ頑張ってくれたリビルトタービンが過労を訴えてきました。
リビルトで7年、オイラの使い方では持った方かな?と思います。
通勤から買い物、お出掛け、サーキットまで頑張ってくれてましたが、昨年度の頭頃から、コンプレッション側のオイル上がりが目立つようになってきて、もう間もなく交換かな?・・・と思いつつサーキットも2シーズンをこなしてきました。

年初の車検前作業時にサージ系のパイプ内部がありとあらゆる所で結構油ギッシュになってた^^;
もういい加減交換しなきゃか?って思ってましたが、ここ何週間で更に酷くなってきた&一昨日からブースト掛けると掃除機が鳴ってるような加給音が・・・


とりあえず異音発生した日の帰宅後にエアクリ外して周辺チェック、パイプ外れや破損が無いかチェックしましたが、外観はいたって普通。
サクションパイプ内も綺麗なOILの吹き返しが見られるのでブローバイじゃなくエンジンオイルです。
インタークーラー回りやBACV、ACVへのホース接続部にOIL滲みは確認できます。
パージバルブや3WAYソレノイドのサージ圧で作動する部分のパイプは全て滲みが確認できます。
が、掃除機級の異音が鳴るような原因は見つからず、やっぱタービン本体っぽい。

ブレードがブレてハウジングに当たってブローしてからじゃ遅いので早々にアイフィーリンの八木さんに相談。
リビルトタービンを吟味してもらい交換します。
それまではブーストを正圧に入れないように騙し騙し乗ってます。
なんかエンジンの慣らし中の様でかったる~~~い^^;

あと、クラッチも前に交換してから9年10万キロ走ってて初期タッチのフィーリングが怪しく、こちらもそろそろ限界間近。
なのでクラッチ交換も合わせてお願いしました。
滑りだしたらあっという間に動けなくなるからね。。。

もう、最近の我が家の住環境では夜間作業もしずらい&天候に作業が左右されるのでガレージが無いとホント、重作業はシンドイのです。
冬に雨降っててもカッパ着て下潜って作業してたのは遠い昔・・・(笑)

八木さん宜しくお願いしますm(_ _)m

あっ、そうそう。ドラレコ付けたんですよ。パーツレビューには上げましたけど。
Blog書こうかな?って思ってたらタービンが優先になっちゃったので後日記載すると思われ・・・多分・・・書くと思うな・・・たぶんww
Posted at 2021/10/29 15:27:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | プチトラブル | 日記
2021年10月11日 イイね!

やっと作業に・・・

やっと作業に・・・FCもDio君もメンテのための部品は揃えてましたが、なかなか天候やらワクチン接種やらで、作業が伸び伸びになってました。
この週末はようやく雨などの予報も無く落ち着いて作業できそうだったのでFCの燃料ポンプの交換とDio君のタイヤ&バッテリー交換っす。

FCは昨シーズンのサーキット走行後にトレーリング側、リーディング側前後共プラグが真っ白で、回るけどトルク感が薄い気がしてました。
4本共揃って焼け気味ってことはインジェクターへの供給燃料が足りて無いか、CPUが薄い指示をしているかってことです。

その前にプラグチェックした際は同じようなタイミングでしたが適正に焼けてたので、もう原因は燃圧不足の判断です。
簡易的にブレーキ連踏みしたら回転が下がりながら脈動的にアイドリングが乱れます。

っで、連踏みしながらエアフロを僅かに押して燃料を濃くする信号を与えるとアイドリングは安定しますのでインジェクターからの噴射量指示に対して薄くしか噴射されてないってことです。
アイドリングのスロットル開度は変わらず燃料を濃く噴射させて回転は安定するのでプレッシャーレギュレーターは正常に作動してますね。
これは前に起きた燃ポン劣化による燃圧不足と同じ症状。
ECO CPUだとアイドリングで時々息継ぎが出る様になるはずです。
って思ってた矢先にアイドルで極稀に息つきが出る様になりました。
もう、燃ポン劣化確定でOKでしょう。

前に交換したのは丁度8年前でした^^;
中古品に交換したので劣化してて当たり前だわなww

今回もFD用の燃ポンです。
FC用は燃ポンASSYでしか発注出来ないので高額になります。
残量センサーを含めて周辺部品はそれほど劣化するものではないのでポンプ本体交換のみで十分でしょう。

では、交換してしまいましょう。

一度交換してるとは言え、8年の年月が経つと汚いねぇ~^^;
砂埃の塊。。。

まずはナイロンブラシで砂汚れを落としてエアブロで周辺までキレイにします。
燃料タンクのキャップを外して内圧を抜きましょう。
そのまま燃ポンのコネクターを外して10秒クランキング。
燃料ライン内の残圧を減らします。

残圧が抜けたであろう状態になったら燃料ホースを外していきます。
前回は供給側ホースから結構な勢いで出てきましたが、今回はカブるの覚悟で長いクランキングをしたのでほとんど出てきませんでした。


っで、写真は取り忘れましたがコネクター部分に来てる供給電圧をチェックします。
エンジンルーム右ストラット付近にあるクリーム色のコネクタが燃ポンチェック用のコネクタです。短絡すると12Vが燃ポンに供給されます。
短絡してイグニッションをONにしてコネクタ部分の電圧を確認します。
11.8Vでした。やはり配線劣化で抵抗が増えてる模様ですね。
でも、サーキットリレー手前かリレーから燃ポンまでの配線かはわかりません。
これで10V台だったら何か手を打たなきゃですが、微妙に足りて無いだけなので妥協範囲内ということにしました^^;
前回同様、ポンプ接続部の端子はペーパーを軽く当てて磨きました。


次はカラーの装着。
これ、購入したままポンプに嵌めると確実に割れます。Oリングの抜ける方向の動き規制の部品と思われるので割れてても問題ないとは思いますが、一応割れないようにセットします。
カラーの内径をリューターで削ってパチンッ!って割れずに嵌めれるように調整します。
今回も上手くいきました。


あとは燃ポンASSYに組んで終了~。
フィルターは流石に30年使用しているFC純正を使うのは抵抗があったのでポンプに装着されてるFD用のネットフィルタをそのまま使用しました。
残量フロートの動きを阻害しないでかつ、引っ掛からないか心配ですが、装着した感じでは大丈夫そう。
そもそもフロートは燃料で持ち上がるので大丈夫でしょう。。。^^;


燃タン内はキレイですね。

ゴミなども無いので、ガスケットも新品にして装着。

再始動は一発でした。
掛かった瞬間から力強さが違いますわ^^
連踏みしてもアイドリングは安定してます。
試走でも全域でトルクUPです。やっぱり相当劣化してたんだな・・・
これで今シーズンのサーキットも思いっきり踏めそうです^^;

っで、体力を消耗したのはこちらっす。
Dio君のタイヤ交換。
格安アジアンは3ヶ月でゴムが劣化してプラスチッキーに・・・
当然サイドウォールには大きく深いヒビが・・・
これじゃ黄色ナンバーなのに車の流れに乗った速度で走るのは怖いww


まっ、古いタイヤを外すのはゴムが硬いなりにビードに傷つけようがお構いなしなので力技で外します。
今回苦労したのは新品のDUNLOPのタイヤのビードの硬いことったらありゃしません。
直接命に係わるものなので今回はケチらずブランド品にしましたが、寸法精度が良いのと相まってホイルに入らないww
タイヤレバーなどの薄い工具があれば苦労はしなかったんでしょうが、オイラはいつも車高調のレバーを使うのでこれでは厚みがありすぎて・・・^^;

結局は力勝負で何とか交換。
ビードが嵌るときの「パンッ、パン!」ってのがいつやっても気持ちイイね(笑)


やっぱりおばちゃん買い物仕様用の定番タイヤなので同じサイズでもちょっと細いっすね。
100/90-10にすれば良かったかな?


バッテリーは追加充電して交換しただけ。交換は1分(笑)

はい、翌日は筋肉痛で握力も無くなりました~^^;

次はFCのタイヤ交換っすね~。これは全部お店任せ~♪
Posted at 2021/10/12 16:38:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | FCのメンテ | 日記

プロフィール

「FCが戻ってきた~^^
クラッチがメッチャ軽い。初老に優しいわぁ~
タービンは・・・慣らし中につき何も変化は感じられません^^;」
何シテル?   12/01 09:43
18年ぶりに購入したFC3Sに維持められてる日記がメインです。 イジメられてない時はネタがないので更新しません。 一生現役実働保有&FC3S一台体制が目標で...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

       1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526 272829
3031     

リンク・クリップ

FCの点火システム現代化の検討 ~4coil化~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/27 17:31:51
赤レンジャーの戯れ(新館) 
カテゴリ:本家HP
2006/05/27 12:54:54
 

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
2011年2月~  購入時98000km OH歴無し 2014年7月 140000kmで ...
ホンダ ライブディオ ホンダ ライブディオ
FCのリビルトエンジン納品待ちの間に足が無い&今後の トラブル発生時に必要となるのが予想 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
2006年12月~2011年2月 新車~乗換時59000km TYPE RA-Rって言 ...
日産 キューブ 日産 キューブ
1998年7月~2003年7月 新車~35000km 通勤&お買い物には便利な車ですね ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.