• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

セレーノのブログ一覧

2017年08月19日 イイね!

エンジンオイル交換

OMEGA G1 15W-50 4.4L オイルフィルター交換なし。
8,500円也。
約3,500㎞走行で、サーキット走行100min。
Posted at 2018/08/19 11:34:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備 | 日記
2017年07月01日 イイね!

フロントスタビライザー交換他

クスコの強化スタビライザー(フロント)に交換。
125%強化しました。
作業はリアと比べて超難解で2時間も掛かったそうです。工賃込49,700円也。

同時に水温に関して相談しましたが、KOYOのTypeMはインドネシア生産なのに日本製の高価なラジエターに近い冷却性能があるそうです。よって、日本製の高価なラジエターに変えてもほとんど水温は変わらないとのこと。冷却塗装が最後の手段になるそうですが、その前にラジエター前のインタークーラーが砂利が詰まってほとんど空気が抜けていないことが判明。
エアーで詰まっていた砂利を丁寧に吹き飛ばしてもらいました。全開でエアーを掛けるとフィンが潰れてしまうそうで丁寧に。結構な砂利が出てきたそうです。
インタークーラーの性能もラジエターの性能もダブルでアップしたと希望しています・・・。
Posted at 2018/07/01 10:21:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備 | 日記
2017年06月24日 イイね!

2017年6月24日REV Speed Meeting 岡山国際 Rd.2

鈴鹿のCCが土日祝祭日に枠を設定していないため1ヶ月23日ぶりのサーキット走行です。
現在の車両の仕様からすると夏が過ぎるまで走行ができない予定です。
高松を予定より6分遅れの4:36出発。
途中、コンビニで朝食と昼食(岡国には今年から安価なレストランが無くなった)を購入して、ガソリンも坂出のGSと吉備SAのGSで給油して6:05岡国到着。
今日はクリリンが先着(5:20?)でピットを取っておいてくれているので余裕でピットイン(往路プチアクシデントあり)。
6:05到着ならギリギリでピットは確保できた感じ(備忘録)。
今回違う点
リアデフオイル定期交換
フロントパッド新品交換
タイヤ前後ローテーション
ブレーキキャリパー前後交換(純正中古品)
ブレーキオイル交換

走行準備もすぐに終わり、7:00にはほぼトップで受付。
8:00からのドラミも今回は30分ほどで終わって余裕の走行枠待ち。
クリリンはShop&上級クラスでの出走。
走行後、車両トラブルで2枠目以降は走行不可となり、3枠目の撮影&データ取りはできなくなっちゃった。

中級2枠の1枠目(10:00)
天候:晴れ
路面:DRY
気温:26度
路面温度:32.8度 
内圧
F:1.54、R:1.64
34台
1枠目のみ先導走行あり。
走行開始後、タイヤを暖めながら走行。
タッチブレインの吸盤が外れる。(表示を見ることができない)

1周目01'54.571最高速度190.28km/h
うー、1コーナーって何速なんだっけ。
2コーナーってFD2でプチクラッシュしたところだっけかな。ゆっくり行こう。
モスSは全開で行ける。
アトウッドはクリップついてからアウトにはらむんだっけかな?
ヘアピンへは早めのブレーキ(150m付近)。
リボルバー出口の縁石は跨げないと皆言ってるけど、Shop&上級枠の走行を見てると、後半は完全に跨いでバイパーに進入している。皆正直なことは言わないんだな。
実際、後半の宴席を踏んでみると段差は無く、普通に踏める。
前半は段差が大きくて踏まない方がよさげ。
でも、セッティング自体がリアが不安定で思いっきり突っ込めない(飛び込めない)。
しっかり減速してからじゃないとコーナーに入れない感じです(コースを覚えきっていないから)。
Wヘアピン前でデカトーS2000が来たのでウィンカー出して先に行ってもらう。
マイクナイトも軽くブレーキ踏んでゆっくり通過。
最終コーナーも余裕を持って。

2周目01'54.461最高速度190.90km/h
モスSからアトウッドまでNCに詰まって、立ち上がりでインからパス。
ヘアピンブレーキは160mと余裕を持って。
ヘアピン立ち上がりから2台を抜くため減速気味の走行。
セクタ3セカンドベスト(38.742)
Wヘアピン1つ目でひどいアンダーが出る。
マイクナイトはブレーキは踏まないが3速で。

3周目01'53.215最高速度191.05km/h
セクタ1サードベスト(25.957)
エアピンのブレーキは150m。
リボルバーでアンダー。
バイパーで勢い良く入ってみるとリアが出て失速。
Wヘアピン1つ目でアンダー。
この辺りで既に水温100℃突破のアラーム音が聞こえた。
アウトレットパネルはまったく効果なしですな。
マイクナイトは4速アクセルオフで進入。
最終でS2000に詰まる。

4周目01'57.712最高速度192.19km/h
1コーナーブレーキングが110mと早過ぎる。
減速中の180SXを2コーナーで抜くときに減速したらリアがブレイクしてハーフスピン。
危うくクラッシュするところだった。
以前鈴鹿のS字区間でも同様のことがあった。
コーナーはアクセルオンで曲がらんと危ないね。
ヘアピンのブレーキは140m。ちょっとずつ詰めてみた。まだ余裕。
リボルバーでアンダーを出さないようにゆっくり目に入ったらゆっくり過ぎ。
Wヘアピン1つ目、ちょっとアンダー。

5周目01'54.251最高速度190.85km/h
モスSからアトウッドまででS2000に詰まる86に詰まる。
アトウッド立ち上がりでインからパス。
ヘアピンブレーキは140m。
リボルバーゆっくり過ぎ。

6周目01'53.684最高速度192.15km/h
モスSで低速走行のFD2を抜くためちょっとアクセルオフ。
ヘアピンブレーキ140m。まだ余裕がある。
チェッカー。

最高水温:108度
最高油温:133度
このままの仕様では6月から9月は走行できませんな。
ラジエターを高価な特注品に変えるか、冷却効率が2割ほどアップするとか言う特殊塗装でもするかな?
内圧
F:2.20、R:2.00

コーナー進入時にリアが出て不安定なために思いっきり突っ込めない。
この日初めてEDFCのリセッティングを実施。
リアを緩めるのが常套手段であろうが緩める方向はいやだったのでFrontを32段から26段へ固める方向へ変更(相対的にリアを緩めた形)。64段なので通常の16段だと2クリックって感じ。
11:00ころに朝コンビニで買ったおにぎりで昼食。

2枠目(13:30)
天候:晴れ
路面:DRY
気温:29度
32台
先導走行なし
1周目01'54.020(デジスパイス)最高速度192.09km/h
アトウッド立ち上がりをインベタで立ち上がっちゃった。
ヘアピンブレーキは145m。
ゆっくり目だけどリボルバーでアンダーが出ないぞ。
ダンパーセッティング変更が奏功か?
Wヘアピン1つ目でもアンダーが出ない。
マイクナイトで乗りあの不安定感は少し残っている感じはあるのでもうちょっと調整が必要か。

2周目01'53.310最高速度185.65km/h
アトウッドで86に詰まる。
立ち上がりでインからパス。
ヘアピンでRX-8に詰まる(だからトップスピードが遅い)。
ようやくバイパー立ち上がりでパス。
セクタ3サードベスト(38.834)
Wヘアピン1つ目を86をパスするためにインから進入。

3周目01'51.994最高速度193.96km/hこの日のセカンド最高速度
セクタ1セカンドベスト(25.792)
余裕はあるが、ほぼミスなし。
セクタ2サードベスト(47.630)
ヘアピンブレーキ135m。
ヘアピンチョイアンダー気味(舵角多し)。
ほぼミスなし。
セクタ3ファーストベスト(38.593)
Wヘアピン若干アンダー。
マイクナイトでリアが安定しない。

4周目02'00.607最高速度192.99km/hこの日のサード最高速度
セクタ1ファーストベスト(25.773)
86をパスするために1コーナーイン進入でブレーキ90mなのにちゃんと曲がれる。
イン進入のラインの方がグリップするのか?それとも元々もうちょっと詰められるのか?
アトウッド進入で2速まで落としてしまい失速。
セクタ2ファーストベスト(47.360)
ヘアピンブレーキは135m。アンダーもギリギリ出ない。
Wヘアピン若干アンダー。
マイクナイトでハーフスピン。やっぱりリアが安定しない。
再スタート後、ギアが2速に入っているが、駆動しない。いかん、とうとうSSTが壊れたか?インジケーターをよく見るとSSTのアラートが。あれ?SSTクーラーまた入れ忘れた?案の定クーラーのスイッチはオフのまま。オンにして惰性で最終コーナーをウィンカーを出しながら走行。
低速走行しろとインジケーター表示。でも、いつもならギアも変えられなくなってアクセルも踏めないんだけど、今回はギアチェンジ表示はするし、アクセルも踏めるけど、エンジンが空ぶかし状態なんですけど・・・。
やっぱり壊れたの?
5周目03'24.045最高速度187.48km/h
ホームストレートをそのまま惰性で走行し、ダンロップブリッジ付近で左の芝生走行。とほほ。
1コーナー突き当りのクラッシュパッドに止めて、様子を見ると低速走行の表示が消えた。
お!温度は下がったな。トラコンも正常に戻し、ミッションモードもノーマルに。
数秒で何事も無かったように駆動開始。やれやれ。
1コーナー外側のクラッシュパッド脇をのそのそ走って1コーナー出口でミッションモードをS-Sportsに設定して再スタート。
普通に走るじゃん。
タイヤに砂利や芝生がついているので8割方で走行。
ヘアピン立ち上がりでトラコンが効いて、トラコンをオフにしていないことを思い出してバイパー先でトラコンオフ。

6周目01'53.759最高速度189.69km/h
アトウッドでBMWに詰まる。
ヘアピンブレーキはブレーキに石が詰まっていたらいやなので150m。

7周目01'52.572最高速度194.03km/hこの日のファースト最高速度
セクタ2セカンドベスト(47.462)
アトウッド立ち上がりが、ずーっとタイヤが鳴きっぱなしのいい感じ。
ヘアピンブレーキもこの日最短の130m。

8周目01'52.882最高速度192.86km/h
バイパーで86にドン詰まり。立ち上がりでパス。
マイクナイトを86をパスするためにイン進入。
チェッカー。

最高水温:109度
最高油温:132度
内圧
F:2.34、R:2.10

最短繋ぎでも01’51.726
岡国走行1年ぶりでしたが、慣れてき始めて詰め始めたら終わっちゃう。
ライセンスを持っていないので次回走行もREVでしょうから秋までには走りたいな。
それまでに走らないとまた忘れちゃってまた1からになっちゃうもんね。
50秒切りはいつになることやら・・・。
水温と脚のセッティングはどうしよう。お金はこれ以上あまり掛けられないし。
Posted at 2018/06/24 21:27:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年06月21日 イイね!

アウトレットパネル装着

YR-Advanceのアウトレットパネル。
送料込みで12,960円也。
ボンネットのアウトレットから多くの熱風を吸い出す(と言われている)パネルです。
水温対策の最後の砦。
自分で簡単に取り付けできます。
岡国REVで検証。
予報では雨模様なので検証できないかな?
Posted at 2018/06/22 18:12:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備 | 日記
2017年06月17日 イイね!

リアキャリパー交換(純正)

フロントキャリパーの文字が交換のため真っ白になったので、リアの黄色い文字が気になります。
この日のために昨年からヤフオクで中古の純正キャリパーを物色。
リアは結構お安く出ているので15,000円程で入手できていました。
ダストブーツも全く焼けていなくてO/Hの必要もない感じ。
パッドグリスが結構付いていてブレーキクリーナーでキレイキレイに。

作業は、簡単なので自分で。
キャリパー本体締め付けトルクが58Nmであることをネットで確認して、ブレーキホースのバンジョー部分のトルクも30Nmであることを確認して3か所外して交換。
トルク管理さえしっかりすれば簡単です。
エア抜き用のブレーキオイルは今回はしっかりプロミューの335。 (フロントも再度エア抜き実施)

外したキャリパーはダストブーツが焼けている程度で機関正常なのでヤフオクで1万ほどで売れることでしょう。

この中古キャリパーで、2021年の車両交換予定までもってもらいたいです。
Posted at 2018/06/17 10:39:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備 | 日記

プロフィール

「エンジンオイル交換 http://cvw.jp/b/250873/41851508/
何シテル?   08/19 11:34
サーキットを走るオヤジです。 大雑把な記載をみんカラブログへ記載しています。 最新情報はMixiでのみ公開中です・・・。 あしからず。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

三菱 ランサーエボリューションX さとエボ10 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/02 05:41:04
三菱 ランサーエボリューションX  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/18 19:15:01

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
パワーが出にくいといわれるSST車両です。 ハーネスアンカー オイルクーラーローテンプ ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
ECU:社外品 排気系:プチ変更 プラグ:社外品 オイルパン:社外製 エンジンマウント: ...
三菱 ランサーエボリューションVI 三菱 ランサーエボリューションVI
ノーマルタービンででしたが、Sタイヤでのもてぎベストが11秒台でした。 軽い事がサーキッ ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
サーキットデビュー車両。 セダンにならなくてはならなくなって手放しました。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.