• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Area13のブログ一覧

2018年09月17日 イイね!

榛名山プチツー。

関越道を北へF355を走らせる。

3.5リッターのV8は低回転域でも扱いづらさは無いが、より大排気量のユニットやターボのようなトルク感は無い。
やはり回してなんぼ、の高回転型ユニットだ。。。
まるでチューンした4AGを2基積んでる感じだろうか。

たいしたパワーではないもののとても気持ちの良いエンジン。

早朝だという事もあり交通量も少ない。
やはりこの手の車はこういった時間に走らせるに限るな・・・
alt
そして着きました。榛名山。
言わんずもがな、有名なマンガの舞台になった所。
ホントは西側の農道を通って裏側から登りたかったけど時間を考えて表から登りました。
alt
メロディーライン。
matataviさんから「ヒマぶっこいてるんで榛名行きます」と連絡あり、来てみたものの・・・
一体何処に集まるんだろうか?
スマホで連絡試みるも・・・あ・・・電池切れ。
何やってんだオレ!?。。。
alt
榛名富士の見えるPで一休み。
まぁ、ここいらにいれば合流出来んだろ。
それにしても過ごしやすくなった。
一頃の暑さがウソのよう。
alt
暫くして、ここのPじゃないほうが良いかもと思い・・・
移動の為エンジン始動。
う・・・セル回らない。。。またか。。。
仕方なく直結して始動。
こりゃ配線の老朽化かなんかだなぁ。
alt
ん~。場所移動するも皆さんいませんね。。。
帰ろうかな。西側から下ってって。
そうだ、その前にメシ食おう。
どうせなら土地のモンが良いなぁ。。。
ここらへんの名物は・・・
「そば」「水沢うどん」「わかさぎ」かな?。

数あるお店から寄ったのは「つるや」さん。
ここでメニューを待ってると・・・

目の前に赤い物体が横切り、自分の車の横に止まりました。
あ、matataviさんのエスプリ!
何でもパンクしたかも知れないので先のGSに行くと・・・
そして続々と、512TRのキムさん、NSXの愛さん、何故か今日はベンツのハリガヤさん到着。。。
いや、まだ頼んだメシが出来てないんですけど(汗)・・・
alt
きました。
お店おススメの「わかさぎ定食」。
サクサクしたわかさぎのフライが旨い~。
漬物やナスの煮びたし、豆腐も旨いですね。
ん?豆腐はまさか・・・あの「藤●豆腐店」のでしょうか?
alt
メシを食い終わって皆さんと合流。
へっへ。ドアの開けやすい位置に停めさせてもらいやした。
あれ?mataさんいません。
聞くと、パンク修理、うちじゃ出来ませんと断られた・・・とか・・・
ショルダーに近い場所で・・・

ん~どうかな~。
この手のクルマを弄るリスクをお店が避けたという気もしますが。。。
で、麓のお店に行ってるらしい・・・
alt
我々も下っていく事にします。
先導は512TRキムさん。
ローリングスタートでペースカーを追い越すと・・・

どえ~!! は、はえ~っ!!(゜o゜)
そして、超、音イイ~~!!

度重なるペースカーの登場で何とか追いつくも・・・
峠に決して向いてるとは言えないTRでこの切れ味の良いダウンヒル。。。
只モンじゃねっす。
まるでシャアのゲルググ?
alt
麓に下りてmataさんと合流。
全くお腹減ってないのに何故か「水沢うどん」を食べることに・・・
夜になってもいまだ満腹状態が続き・・・
「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですね。。。

ハリガヤさん、普通盛りでは及ばなかったようで。。。

食後、次回の企画を練りつつ解散。
お疲れしたm(__)m


Posted at 2018/09/17 21:53:29 | コメント(4) | トラックバック(0) | F355 | 日記
2018年09月09日 イイね!

旨いわらじかつを求めてブラッと小鹿野へ。

355乗りたいな~・・・と思った週末。

チョチョイと秩父・小鹿野方面へ繰り出し・・・
alt
今日のテーマは「旨いわらじかつ屋を探す!」です。
秩父・小鹿野あたりの食べ物で名が知られてるのは「そば、かき氷、わらじかつ」・・・
でしょうか?
他にもあるかも知れませんが、いかんせん「食」に疎いもんで。。。
かつ系ならチェーン店の「かつ屋」さんので充分満足できるのですが、ハリガヤさんのブログを見るにつれ、どんどん登場する旨そうなかつ丼に刺激を受け・・・
「男児たるもの旨い店の一つや二つ、紹介出来ないといかん!」と自分でもよく分からない主張が芽生え・・・今回の衝動に至った訳です。

しかし・・・かつ丼はイカン。
かつ丼なんて旨いのが当たり前だ!?
ここはひとつ、「わらじかつ」で勝負しようじゃないか。

「わらじかつ」で有名なのは秩父の「やすだ屋」さんだ。
食べた事は無いがいつも行列が出来てる。
しかし、ソコより駅前のあそこが旨いとか、そんな話もよく聞く。
なにより、自分自身、「わらじかつ」で「こいつは旨い!」と思わず唸るようなモノに出会ったためしも無いし、行列作って長時間待ってまで食いたいとも思わない。。。
どうしたものか・・・・
と、そんな時、「やすだ屋」さん小鹿野店の情報をスマホでキャッチ!
「ここだ!ここしか無い!!」

で・・・小鹿野の町中をウロウロ・・・
いや、、見つからないんですけど(汗)・・・
「わらじかつ」の店はいくつかある・・・ただ「やすだ屋」が見つからない。。。
俺の全く使いこなせてないスマホの地図の見方が悪いのか?・・・

爆音マシンで同じ所をぐるぐる・・・
民の視線が!・・・痛い~~~。

コレ以上は耐えられない・・・はっ!そうだ!
小鹿野で行ってみたいと思ってた食堂があったわ!
alt
そう、前来た時、閉まってたんだよな~。
食堂「ななたき」さん。
爆音マシンに対するプレッシャーから解放された俺は不思議な安堵感とともにまるで行きつけの店のごとくサラリと店内へ。
もう、旨けりゃ何でもいいや。
alt
なるほど。営業時間のスィートスポットが狭いですね・・・
おすすめは「からあげ定食」か。
個人的チョイスは「かつ丼」か「かつ煮定食」だが・・・
あ!「わらじかつ丼」あった!
alt
来ましたね。。。
「わらじかつ」の特徴の大きくて平べったいかつを箸でつまみ、一口。。。
・・・・・・・
同じだ・・・他の今まで食べた「わらじかつ」と。。。

いや、不味くはないんですよ。ただ・・・この薄いかつ・・・
なんかハムカツみたいなんですよ。。。

ここで気づいた。。。
そうか、俺が食べたいのは適度な厚みがある柔らかい肉にサクッとした衣、そこにふんわりと溶き卵が乗った「かつ丼」だったのだ!
もしくはベチョッとしていながらもご飯のすすむ「かつ煮」だったのだ。

なんたる不覚。
「わらじかつ」に固執するあまり自分のホントに食いたいモノを見失うとは。
次に来たときは素直に「かつ丼」か「かつ煮定」にしよう。
alt
そして次に目指したのは両神村。
先程の食堂に貼ってあったポスター見て、急きょ行ってみたくなった場所がこの先にあります。
この道は数回通った事ありますが・・・
改めて来るとフェラーリなんかじゃ来たくない道ですね。
所々、すれ違えない道幅だし、落石が怖い。。。
「落石注意!」とかあちこち看板ありますが・・・
注意も何も上から降って来るもん、どーやって注意するのさ!?
alt
しばらくすると採石場の
開けた景色が。

セメントプラントが有るので恐らく掘ってるのは石灰岩でしょう。
途中に発破の試験場もありました。
alt
いや~ダイナミックです。
圧倒されます。
alt
自然破壊ともとれますが人が生活するのに不可欠な資源を掘ってる訳で。
alt
まるでピラミッドのように段々の岩肌。。。
立ち入り禁止ですが向こう側から見てみたい。
alt
着きました。次の目的地。
車を停めて多少、歩く必要があります。

alt
「熊出没注意」の看板に多少ビビりながら森の中、川沿いを進みます。
「熊鈴、付けてください」とか書いてあるから怖いじゃん。
そんなん持ってないし・・・
熊もね、川沿いを移動するらしんですよ。
「ある日~森の中~♪」って・・・何て能天気な歌なんだろ・・・
alt
いやコレ、けっこうな登山ですよ!?
日頃なまった体にはハードですわ。ヒぃ~。。。
alt
これはいますね。熊さん。確実に。
そんな気、しかしない。
alt
やっと着きました!「丸神の滝」。
埼玉で唯一の100名瀑。
ここは知らんかったな~。
今日は暑いけどココだけ、涼しい~。

でもヘトヘトですわ。帰ろう。。。
alt
帰り道、コンビニ寄ってエンジン掛けようとしたら・・・
セル、暫く回りませんでした。
おかしいな。1年以上前だけどスターターOHしたのに。
奥の手使って始動するしかないかと思い始めた矢先に掛かったので良かったけど。
何だろ?熱?いや配線かなぁ・・・
もう20年以上たつ車だもんな。
帰ってからは再現しなかったので暫く様子みよう・・・















Posted at 2018/09/09 22:17:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | F355 | 日記
2018年08月25日 イイね!

北へ。⑦最終章


8月17日。朝。

今回の東北ツアー最終日。

お世話になった「きのこ屋」さんのラウンジでコーヒータイム。

alt

昨夜は窓を開けてると、潮騒が聞こえ、海上の漁火が良い雰囲気でした。

虫が入って来るので最後は窓、閉めちゃいましたが。

エアコン無しでも快適でした。天気が崩れて気温が下がってたからかも知れませんが。

alt

そんな「きのこ屋」さんを後にして・・・

あ~。今日も雨じゃんよ。。。

本来の今日の予定では・・・

南下して宮古に入り、浄土ヶ浜に寄って、本州最東端「とどが崎」にいく予定だった。

事前に調べた所、「とどが崎」への道は少し険しそうで、この天候では止めたほうが良いだろう。雨具も無いし、岩手山の「焼き走り溶岩流」でダメージを被った靴はいつの間にか水が浸みてくるようになって気持ち悪い。。。

仕方ない。予定変更!

さて、どうしたものか・・・


alt

最寄りのインターに乗って帰るのはつまらないので、走った事の無い道を。

国道281号を西へ。久慈渓流沿い、ちょっと奥入瀬っぽい感じの所もありましたが連日の雨で濁流でした・・・

平庭高原付近の白樺林を抜けて・・・葛巻町。

全く来たことが無い。今だ遠く岩手に居ることを実感・・・

国道340号で今度は南下。

alt

途中、道の駅「三田貝分校」で一服。

旧校舎を道の駅にしたのでしょうか?

幼児向けの音楽が賑やかに流れてました・・・

国道455号。

alt

早坂高原、早坂峠。

東側は通行止めでした。

alt

白樺林が良い雰囲気。

食堂があったのでココで昼飯にします。

alt

ふむふむ。名物は「てっぺんそば」か。

食堂のおばちゃんにおススメを聞く。

「う~ん・・・そばかねぇ?。今日は寒いからいつもは無いけど暖かいかき揚げそばも用意してるよ。」

ホントは・・・タンメンを食べたかったけど、ここまで聞いて「タンメン!」とも言えず・・・

「じゃ、それで!」・・・

alt

こいつが幻の「てっぺんそば」か!

ん?別に幻ではないか・・・さて、実食!

・・・・・

よく分からない。。。麺が少しモチモチしてる。気がする。。。

冷たいのだったらもう少し違いが分かったかも・・・

でも、暖まったぜ!ありがとな!おばちゃん。

alt

このだだっ広い駐車場、最初は工事関係の車、停まってたけど気づくと自分一人。

食堂の経営は大丈夫なんだろうか?・・・

alt

早坂高原を後にして・・・

alt

岩洞湖。

alt

さ、帰るか。。。

alt

東北道に乗り、延々と南下。

蔵王PA。ま、まだココか~~。遠い~。

alt

途中、夕食をとり、21時に帰宅。全行程2506km。



自宅→鳥海山 500km

鳥海山→八幡平 313km

八幡平→弘前 301km

弘前→津軽半島→むつ 341km

むつ→下北半島→久慈 361km

久慈→自宅 690km



今回、毎日多めの移動が生じるので全て別の宿を予めとった。

おかげで出先で宿を探す時間と手間、宿をとれない不安はなかったが宿に間に合う為に多少時間に追われる感があったのも事実。

かと言って慣れない土地で気ままに走って夜に自分がどこらへんにいるか正確に予測するのも困難だ。夕方に宿を探してなかなか見つからないのも焦る。。。

プランニングして予め宿を確保するのも、気ままな行き当たりばったりツーリングもどちらも一長一短ですね。。。

連泊して宿をベース基地にして行動するパターンも考えましたが、やはり範囲が広いと無理がある。う~む。今後の課題か。


今回、旅のお供に音楽を聴くようにしました。↓

理由は、昔、若いころ運転中に聞いた音楽はその時、その場所が強烈な印象として残ってるのですが歳を取るにつれ感受性が衰えてるのか・・・そのような事が薄れてる気がしてるからです。

もっとも最高の音楽はエグゾーストなんですが。。。


alt

行きの関越道で聴いたのがコレ。

ブランニューへヴィーズの「brother sister」

ファンキーでカッコいい。音質も良いです。

alt

東北に入ってからはず~っとコレ聴いてました。

ダイシダンス「Limited Express」

旅情をかきたてるメロディアスな作品。

何年も前から聞いてはいますがこれ程へヴィーローテーションした事はありません。きっとボケた脳にも東北の景色が刻まれた事でしょう?

alt

帰り道だけコレを。

説明不要ですね。クラプトンのベスト盤。

いつ聴いても。いいな~。。。


心なしかアルファV6サウンドも鳴き(泣き)が増してる気がした。。。



























Posted at 2018/08/26 06:39:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | アルファ156 | 日記
2018年08月21日 イイね!

北へ。⑥大間崎~尻屋崎~久慈市



8月16日朝。

むつグランドホテルを後にし、国道338号線を西へ。

今日も雨だ。自分の中では今日の日程が一番盛り上がる筈だった・・・

alt

海岸線をひた走る。

前に下北半島来たのはもう何十年も前。

当時、大間崎より西側は未舗装と聞いてたので・・・

(ホントかどうかは知りませんよ)

今回の走行が初だ。

alt

う~ん。

やっぱり天気良ければ最高かも知れませんが・・・

alt

しばらく走ってた海岸線沿いから突如、山岳ラインへ。

「海峡ライン」というらしい。

alt

ここでしばらく写真撮ってたら1台のBMWが通り過ぎていきました。

む?・・・

ここまで登ってくる間、今のBMWはいなかった・・・

そこそこ良いペースで自分、登ってきたので・・・

下の道の駅あたりから登ってきたとするとあのBMW、かなりのハイペースだぞ?。

しばらく走ると追いつきましたが、成程・・・

このBMW(のドライバー)、かなりの上級者とみた。

決して攻めているとかではないのですが。

この荒れてる路面、ウェットコンディションでこのペース。。。

ドライビングに全く破綻、無駄が無い。。。

ちょっと気になるドライバー・・・見事でした。。。

alt

途中の展望台から、「仏が浦」。

間近で見たらかなりの景観かと。

alt

山岳路からまた徐々に海岸が見え始めます。

alt

前方の岩が「願掛岩」。

この先で直下を通りますが凄い迫力。

(車、停められそうもなかったんで画像はありません)

時計回りじゃないと見れないかも。

alt

そして・・・ついに到着しました!

本州の最北端、「大間崎」。

マグロで有名な同所。オブジェもマグロ!

alt

まずは、直近のGSで給油時に兄ちゃんに「旨い店どこ?」と聞いて帰ってきた答えの店へ。かなり悩んで答えてましたが。。。

あまり地元の人、こういう所、行かないんだよね?

お店は「大間んぞく(だいまんぞく)」です。並んでら・・・

alt

まぐろ1匹、1億5540万円!!まじ!?

俺なら、F40かF50か(無理?)カウンタックQVか、F355買えるだけ買ったるわ!

alt

店内にはマグロに付けるタグが所狭しとあちこちに。

まるで撃墜マーク。。。

alt

うにマグロ丼。

結構待たされました・・・

まぁ、フツーに当たり前のように旨いです。

というか・・・刺身みたいに素材命!な食事、鮮度が同じなら、店の差はそんな無い気が。。。

うにが苦手な人は、まず新鮮なうにを食べてみるべきですね。

alt

お腹も満たされ、また撮影。


alt

最北端の碑の前で。ウミネコとコラボ。。。

alt

さっきの店。まだ並んでら。

有名店なのかな~。他にも沢山店あるのに。。。

alt

南下をはじめます。

時間的にキツイので今回「恐山」はパス。

alt

県道266号線。

ここらへんも北海道ぽい。

alt

何度も「ハイドロプレーン」を味わいながら・・・

北海道のような道をひた走り、突如!!

alt

現われた巨大なセメントプラント。

このギャップがスゴイ。

alt

着きました!「尻屋崎」。

風が!強い!

alt

振り返ると、先ほどのプラントが不気味に影を浮かべてます。

alt

ここは「寒立馬(かんだちめ)」という馬が放牧されています。

そこらへんに馬糞がころがっています。お気を付けを。。。

alt

いつもこうなのか知りませんが・・・

強風と寒さに耐えてじっとしてます。

まさに「寒立馬」。

alt

ウミネコも強風にじっと耐えています。

なんかかわいいな~。。。

alt

時間限定のゲートを抜けて来るここは・・・

大間崎のような店とかは一切無し。

トイレと小さめのパーキングのみ。

今日は風も強く海も荒れている。。。

「最果て感」がハンパない。。。

alt

出来れば、変に観光地化せず、このまま残りますように。。。

alt

その後は東通村、六ヶ所村、三沢市とひたすらアクセル踏みます。

この天候で水はけの悪い道多く・・・

しかしここらへん、原子力施設や基地でネガティブなイメージ、少しあるかも知れませんが、湖なども多く、風光明媚なリゾート地にも出来たかと思います・・・

いや、これから出来るかも?・・・

alt

さらに南下。

八戸を通る頃、背後から陽が差してきたので振り返ると北のほうが晴れてきています。

「おいおい、今頃かよ~」・・・

虹なんか出ちゃってさ。。。

alt

で、やっとたどり着きました。

岩手県久慈市、侍浜町。

今晩お世話になる「侍の湯・きのこ屋」さん。

風情のある旅館。

客室にエアコンが無いのが心配だったけど全く問題なし。

alt

名物・きのこハンバーグ等。

ここはとにかく米が旨かった。

南蛮味噌か塩かあれば何杯でもいけそう。

この後、疲れで寝落ちしましたが温泉が24時間だったので、おかげでミッドナイト貸切温泉を楽しめました。

     まだ・・・つづく・・・






























Posted at 2018/08/22 02:21:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | アルファ156 | 日記
2018年08月18日 イイね!

北へ。⑤岩木山~竜飛崎~むつ市



さて・・・今回の旅の4日目の朝を迎えました。。。

今日の行程は少々ハードな気がするので早めに宿を出発します。

alt

まず向かったのは・・・・


性懲りもなく!岩木山!

alt


昨日のリベンジを果たすべく!


が、今日も雲に覆われてます・・・

alt

昨日と同じ様な天候だったけど無事入れました。

昨日は夕方。ひょっとして、職員が早く帰りたかっただけとか?

いやぁ、んな事はないですよね・・・疑っちゃいかん・・・


ここの特徴は何と言ってもヘアピンカーブの連続!

料金所過ぎていきなりヘアピンという・・・

しかし、凄い。ホント、ヘアピンの連続!

いくつあるのか数えてましたが途中でやめました。

alt

次のコーナーを読むためナビをちら見しながらの走行。

思わず上のような画像なんで吹き出しそうになりました。

「な、何じゃこりゃ~~」 がははっ!

もう笑うしかない。

ここまで連続ヘアピンが徹底してる道はそうないでしょう。

で、大まかに見ると一直線で山を登ってるという・・・

alt

頂上P。

霧で何も見えません。

alt

リフトでさらに上に行けるみたいですが。。。

これでは全く何も見えないでしょう。

alt

路面自体は結構荒れてますが、基本ヘアピンを短い直線でつないだだけの道なので難易度は低いですね。

下のほうに1か所、上りで言うと右・右と2段階で曲がるコーナーがありますが、ほぼ全てヘアピンと言っても良いくらい。

途中、車を停められる所もほとんどありません。

alt

下っていくとかろうじて下の景色が見えました。

天気良かったら眺望良いんでしょうね。

alt

鰺ヶ沢から県道12号のさらに1本海岸線側の農道を北上。

「メロンロード」という名前がついてました。

雪が深い季節に車道を知らせる矢印がどこか北海道の道のようです。

alt

景色も北海道のよう。

延々続く直線に農園と林の風景がどこまでも続きます。

alt

十三湖。

ここで雨が!ついにきたか。。。

天気予報で降るとは知ってましたが。


alt

いや、ちょっと!

ハンパなく降ってきましたよ!

北上を急ぎます。

alt

あ~・・・

晴れてればスゴイ景色良いんだろうけど・・・

空、海、山、道、全てグレーのコントラスト。。。

alt

龍泊ライン。

絶景ロードもこの天候では・・・

alt

前がよく見えないほどのガスが立ち込めるワインディングを何とか展望の良い筈のパーキングまで。。。

風もスゴイ強くてもう暴風雨。

東屋に避難して一服するにもびちょ濡れですわ。。。

alt

案内看板を車内から見ます。

青函トンネル記念館。

ココ行ってみよう。

alt


中にはトンネルのジオラマと工事の様子が。alt

あ、館内放送でケーブルカーの時刻が。

あまり待たずに済んだのはラッキーでした。

ケーブルカーで海底まで行けるんですよ。

alt


こいつに乗って地底に行きます。

alt

一応、鉄道になるらしいです。

alt

吸い込まれそう・・・

alt

地底の駅に着きました。

alt

当時の様子が人形と実車で展示されてます。

alt

この先は立ち入り禁止区画。

手前に描いてあるゆるキャラはモグラの「もっくん」、らしいです。

alt

地上に出てみると、少し小降りに。

なんか朽ちた重機が無造作に置いてあるな~と思ったら・・・

alt

トンネル工事の展示機械でした。

これは「モグラ」部分ですね。

alt

龍飛。と書いてあるんでしょうが・・・

強風で石が飛ばされてしまってます。


alt

灯台。

う!また雨足、強くなってきた!!

alt

階段国道。。。

いや、「こちらへ。」と言われてもですね・・・

この暴風雨の中では・・・

alt

下の漁港。

何か旨いもんでも食べたいところですが・・・

時間がちょっとヤバいので!

alt

今晩の宿、むつ市に向かって走ります!

かなり距離あるぞ・・・ちょっと無謀だったかな?

alt

このような激シブ!の漁村をいくつも通り抜け・・・

海岸線をひた走ります!

alt

それでも気になったところは停まってチェック。

これは何だろ??

alt

平館灯台。

灯台も好きだったりする。

この後、またさらにいくつもの漁村を通り過ぎ青森、浅虫温泉、野辺地と・・・

と、、遠い~~。

この時目に入ったのが「下北半島縦貫道路」。

いつの間にかこんな道が出来てたのね。

何と。むつ市まで無料区間?

コレ乗ったら早く着きそう!

だが・・・しかし・・・


実は今回の旅で再確認したかったことがあるのだ。

昔、東北1周した時、野辺地からむつ市に向かう国道の横浜町あたりの景観が良かった印象があって、それを再確認したかった。

ので、誘惑を断ち切りひたすら下道を。


だが、過去の記憶の風景に出会えぬまま・・・道の駅「よこはま」へ。

alt

当時は道の駅なんぞ無かった・・・

ん?ここバイパスだなぁ。

若かりし頃の記憶は旧道だったのか、もっと野辺地よりだったのか?・・・

いずれにしても、あの時と今は天候も時間も全く違う。

自身の感受性も違う。

また、いつか来てみよう・・・

alt

今晩の宿泊先は「むつグランドホテル」

土地のモンを食べたかったので「下北夏の宴御膳プラン」なるコースを予約。

まずくはなかったけど旨い!と思うほどでもなかった・・・

温泉はツルツル・スベスベでした。


まだ続く・・・










































Posted at 2018/08/18 18:46:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | アルファ156 | 日記

プロフィール

「数日後に行きます!」
何シテル?   08/14 21:54
Area13です。音の良いエンジンの車が何よりの好物です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

めんどくさがりですがヨロシクお願いしまス
16 人のお友達がいます
koba♪koba♪ * ハリガヤハリガヤ *
512trキム512trキム * レーシング愛レーシング愛 *
ミッレミリアミッレミリア * 夢・心・彩・純夢・心・彩・純

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ 156 アルファロメオ 156
パワーはありませんが6速MTで良く走ります。吹け上がりも軽く車体もコンパクトで気持ちのイ ...
ロータス エスプリ ロータス エスプリ
昔からジウジのエスプリのデザインが好きでとても古い車なのにいつ見ても新鮮です。ほぼ平面の ...
日産 スカイライン 2号機 (日産 スカイライン)
昔乗ってたR32を復元した車両なので2号機と呼んでます。 今は無き1号機はドグ・ミッショ ...
日産 スカイライン 3号機 (日産 スカイライン)
3号機。いろいろやってます。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.