• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ひろっぱのブログ一覧

2018年08月10日 イイね!

ヤンゴンの自動車販売店の意識向上

新車販売が上向きになってきたミャンマー。
その原因として最も挙げられるのは「右ハンドル中古車の輸入禁止」になったことだろう。

もともとミャンマーにおいて日本車の人気は高く、ミャンマーでの新規自動車登録の殆どが日本から来た中古車だった。ミャンマーでの乗用車の比率では85%が日本車と言われ、その結果、元々右側通行なのに右ハンドルが殆どという歪な状態が続いていた。それを是正する為に安全という名目で、右ハンドル輸入禁止という事になり、新車も中古車も左ハンドルのみという事になった。また、右ハンドルを左ハンドルに改造した車両も認められていない。まあ、こういった規制をしている国は多数あるのだが、ミャンマーでは日本車締め出しという意図も感じられたような気がする。

そこで、にわかに活気づいたのが今まで販売が伸び悩んでいた新車販売だ。その中で現在、新車販売で圧倒的に有利に進めているメーカーがスズキ自動車と言える。日本メーカーの輸入車両はほとんどがタイの工場で生産され送られてくるものが多いが、ことスズキ自動車は関税がかからないヤンゴン現地生産を行っているのが強烈な強みになっている。世界トップクラスとも言われる関税の高いミャンマーでは、現地生産の為関税が掛からないスズキ自動車が価格の面で圧倒的に有利に立っている。それを後押ししているのが輸入規制。その為、人気が高い右ハンドル日本車中古車の相場が高騰し、スズキの新車価格近くまで値が吊り上がった為である。

また、他ディーラーとの店舗展開の違いも大きな要因であろう。スズキは日本同様、整備工場がそのまま販売店、協力店とする戦略を取っている。店舗に対するメーカー規制/CIも他のメーカーを始めるよりCI等も緩く設定し開設しやすくしている。資金が無くても比較的に簡単にスズキ販売店になれる為、店舗展開が当然早くなる。その結果、ヤンゴン市内だけでも16店舗となり、販売シェア率が約50%という独占にも近い数字を出し、トヨタ2店舗、マツダ、ミツビシ、メルセデス、BMW、FORD、シボレーなど各1店舗となっている他店とは大きく水をあける形になっている。

販売シェア⇒スズキが約50%、トヨタが約20%、フォード約10%、その後に、マツダ、三菱と続く。。。

しかし、世界のトヨタもじっとしている訳ではない。なんとかスズキに対抗する為、極限までコストカットを行った2種類の新車を投入。この辺りの対応の速さは流石トヨタと言わざる負えないだろう。また、来月にはついにVWもヤンゴンに店舗を作り、さらなる大手参入ということで激化しそうな雰囲気になって来た。

新車販売が好調な中、メーカーとの競争のみならずスズキの販売店同志の食い合いとも言える競争が激化が増してきたようだ。今までのミャンマー人経営者は、今まで無頓着だったアフターフォローに対し注目し始めた。様々なサービス、出張展示会を有名デパート等で開催したり今までの切り株商売から責める商売へと変化しつつある。

競争が始まると色々な物が一気に動き始める。その一つが日本では今では当然となっているロードサービス付帯での販売だ。ヤンゴンのスズキの販売店16店舗のうち9店舗がロードサービス付帯、4店舗がロードサービス販売、イベントプレゼントを行っている。(他のメーカーでは、シボレー、トヨタミンガラーなどが同社付帯となっている。VWもオープンからの目玉として準備している)ヤンゴンで販売される新車車両の約60%がSATロードサービス付帯となることにより、今後、SATロードサービス付帯販売が新車販売のスタンダードとなると考えられる。ミャンマー初のロードサービスとして発足したSATが4年を経てやっと日の目を見る時が来たのかもしれない。

競争が激化すると色々なサービスが急速に伸びてくる。やっとミャンマーも後進国の経済発展する時の形に乗っかってきたようだと肌で感じる事ができるようになってきたと言えるだろう。

。。。。。。と、記事風に今の現状を書いてみました。(笑)

Posted at 2018/08/10 02:30:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月07日 イイね!

何を考えてんだか。。。

alt

ヤンゴンのバス停。約500のバス停の運営許可の認可を与える?なんじゃそりゃ???
ミャンマーの財閥FMIグループとフランスの某会社の合弁会社がYCDC(ヤンゴン市)から認可を貰って手掛けたバス停がこの通り!!マジであり得ない。

alt

バス停のみならず、バス停の入口にまで企業看板。これは、どうやら広告看板になるらしい。
約500のバス停を無料で回収してあげるという話に乗ったYCDC。何考えてんだか。。。それとも美味しいお弁当を頂いてしまったのか。。。

alt

いずれにしても、危険極まりない看板。歩道のど真ん中に立てた看板。夜は電気の灯りでまぶしくなる事請け合い。歩行者も見えずらいだろうし、運転の邪魔になる事は間違いない。

このような許可を出す国なんです。まだまだミャンマーは。。。。( ノД`)シクシク…
Posted at 2018/08/08 00:01:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | みゃんみゃん奮闘記 | 日記
2018年07月22日 イイね!

ミャンマー路上で故障。。

alt

ミャンマーの路上で車両トラブルが発生するとその場で修理!というのはミャンマでは日常茶飯事に行われています。ヤンゴンにおいては一般車両こそ道脇に寄せて修理する車両が増えましたが、大型トラックとなるとまだまだこの通り!!道のど真ん中であろうがどこであろうが寄せる事もせずその場で停止!そして、自分たちで再起動させるか色々とやってみて、それで出来なければ修理工場のスタッフを呼んでその場で修理。部品が必要な場合はそこから部品を買いに行ってそれから修理。その間、この場に放置。。。。これ常識。(笑)

alt

さらに、停車中は非常点滅灯をつけずタイヤや木などを一応置きます。(笑)

非常点滅灯を何故つけないのか?解りますか??
この国では非常点滅灯が変な形で使われるんです。右折の時はハザード右、左折の時はハザード左。で??直進の意思表示は非常点滅灯を点けます。要は直進します!合図!!ってことです。

なので、このような場合に非常点滅灯をつけると直進するという事になりますのでつけられないのです。そもそも非常点滅灯という概念が無いのではないかと思われます。(笑) この木やタイヤ、その辺の草なんかを置くのは「この車は動きませんのでお先にどうぞ!」っていう合図です。

交通ルールや法規などがキッチリと定められてはいますが教育面がしっかりと根付いていないまま車両が爆発的に増えてしまったため、マイルールで各ドライバーが運転している感じです。
Posted at 2018/07/22 17:04:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月20日 イイね!

無いものは作る。

無いものは作る。これ!ミャンマーでは当たり前。。。(笑)
ミャンマーでは無線はご法度で特別な許可とライセンスが必要になります。(一般人にはまだまだ難しい。外国企業、外国人だとほぼ無理。(笑)).

しかし、5年前以前の軍政権下まではトランシーバー、車のラジコンでさえ禁止されていました。今では許可こそ必要ですが必要最小限であれば、無料アプリと機材を組み合わせていけば、専門のめんどくさくはありますが、ドローンも飛ばせるようになっています。

alt

そんな中でモヤモヤとしていたんですが、今まで利用しているもので代替えが出来る事を思いつきました。それはタブレットとテレビ、携帯電話。。。それをグーグルさんの無料サービスと組み合わせれば出来ちゃったんですね。車両管理システムが。。。

alt

Googleアプリにあるダウンロード無料アプリ!と言っても馬鹿にはできませんね。
PCも併せれば完璧?っぽい形にすることができました。

alt

PCもミラーリングしながら使用。無線の代わりにグループ通話、渋滞状況などなど。。。これで敗者や到着時間などもある程度精度を増してお客様にお伝えすることができるようになります。

もちろん!それぞれ別起動というめんどくささがありますが、慣れればなんてことない。
無いものは投資を抑える為、経費を掛けずに出来るだけ作る。これ!ミャンマービジネスの極意なり!(笑)

Posted at 2018/07/20 15:54:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | みゃんみゃん奮闘記 | 日記
2018年07月18日 イイね!

ミャンマーの新車のシェア率は?

alt
今年4月の新車販売シェア率です。日本車が82%を占めています。アメ車が11%。
ちなみに韓国車は組合に入っているかどうか解りません。もしかしたら、カウントされていないかもしれません。
Posted at 2018/07/18 21:12:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | みゃんみゃん奮闘記 | 日記

プロフィール

「DVD映画発売! http://cvw.jp/b/318339/39425713/
何シテル?   03/08 17:16
気がついたら、ミャンマーのヤンゴンということろまで流れ着いていました。 ミャンマーの情報等を個人的に思いっきり主観をいれて発信してまいります。ですので、情報が...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

SAT JAPAN co.ltd ( La Belle Equipe!! ) 
カテゴリ:SAT JAPAN
2014/04/18 23:54:18
 

お友達

ミャンマーのヤンゴンということろで、奮闘中!
22 人のお友達がいます
☆けんちゃん☆けんちゃん * 8778パパ8778パパ
yuboyubo ころころ豆腐屋ころころ豆腐屋
端っこのプジョー→B4端っこのプジョー→B4 まいろっちまいろっち

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ 156スポーツワゴン アルファロメオ 156スポーツワゴン
Pから離脱。。。してみたが。。。 う~ん。やっぱり、オイラの趣味じゃないか。。。 でも、 ...
プジョー その他 プジョー その他
2009年式のプジョーRC FS 遂に!目覚める時が来た!!(笑)
スマート K スマート K
クルマというより、チョロQ。 プラモデルのようなクルマで、おもちゃでござります。
プジョー 206CC (カブリオレ) プジョー 206CC (カブリオレ)
日本で一番古いディーラー物の206CC。 でも!絶好ちょ~!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.