• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

フヂエンのブログ一覧

2017年05月04日 イイね!

MotorFan 007号!

最近は寝ても覚めても「自動車造り」の事が頭から離れなくて、ちょっとマズイなぁと思っております。
面白いアイデアをひねり出すには、心にアソビがあって、ふと本筋から離れた時に湧いてくる事が多いので、「寝ても覚めても」モードは創造性の点では本当は良くないです。

そんな事情もあって、最近は休日に本屋で半日立ち読みする事もないし、ひとりでボケっと映画館に立ち寄ることもなく、過密スケジュールの綱渡りです。

これではイカン!と無理やりに休日を作って、子供たちと防波堤釣りに行って(釣果は謎の小魚3匹、投入した餌2.5kg)、家に帰ってからリラックスした気分のままMotorFanを手に取ってみました。



今号の特集はコンパクトSUV。
僕のライフスタイルではあまり食指の伸びないジャンルのクルマですが、大好評のトヨタC-HRの開発プロジェクトリーダーの古場さんは、レース仲間で、フヂエンの自動車開発に関しても時々アドバイスを頂いたりしているので、じっくりと読んでみました。
C-HRは他車と比較してぶっちぎりにデザイン攻めてますよね。僕はこのデザイン好きです。
かつてのトヨタデザインは保守的で面白味のないのが多かったのですが、いつのまにか一番攻めてるメーカーになってる。

僕の持論ですが、スポーツカーの性能の80%はデザインだと考えています。
パフォーマンスの低いスポーツカーは存在価値ないとして、どのスポーツカーも非日常的なパフォーマンスを味わうことができるレベルに達しているという前提の場合、顧客にそれを選んでいただけるかどうかはデザインが80%、そう思っています。
SUVの場合、そこまでデザインのウェイトは高くないとは思いますが、このC-HRの攻めてるデザインは明らかに大きなセールスポイントになっていると思いますし、実際に好評を得ています。

あと、「名車再考」のコーナーは僕の中で「いつか手に入れてみたいクルマ3台」のウチの1台、セリカ1600GT。

このクルマには思い出があって、曖昧な記憶をつなぎ合わせているので正確ではありませんが、
僕が小学校の低学年の頃の夏休み(1982年頃かな)、母方の祖父母の家(島根県隠岐の島)に遊びに行っていた時の事、3歳年上の兄とケンカして泣かされてスネていた僕を近所のお兄さんがこのセリカ1600GTで島内ドライブに連れ出してくれたんです。
当時の隠岐の島は、普通乗用車はレアで軽トラとか軽自動車ばかりだったので、セリカはやたら目立っていたような。
そのセリカに乗っていたお兄さんは誰だったのか、今では誰に聞いても「誰やろなぁ」ですが、記憶の中ではやせ形でリーゼント、くわえ煙草、当時のTHE不良な感じでした。
でもめっちゃカッコよくて、「ぼ、僕もこんな風にクルマ運転できるようになりたい!!」と充少年は思ったのでした。
そんな思い出のあるセリカ、いつかは手に入れて自分で修理しながら乗ってみたいと思っています。
まぁしばらくはそんな高尚な趣味は持つ時間なさそうなので、しばらく先の話になりそうです。


さて本題。
SSK4は先月で開発スタートから1年経ちました。
当初の開発スケジュールでは1台目のプロトタイプがテストランを始めた頃のハズですが、まだいくつかのモックアップと、モーター試験用のバイクが2台、ボツになった図面とアイデアスケッチ多数。(汗)


そんな状況下でヘラヘラしていられる僕ではなくて(笑)、「このままでは無限に時間が掛かってしまう!」と焦る訳です。それで「寝ても覚めても」という状態に陥っているワケでございます。
監督総指揮の林さんは、一概に僕をはじめとするフヂエンだけに起因するものでは無い、と仰ってくださっているのですが、僕らが林さんの持つイメージにドンピシャの提案を出来ていないから、という部分は少なからず有ると自責の念は感じております。
という訳で、今回の記事では、苦悶する僕の様子を描き出して頂いております。

しばらくの「寝ても覚めても」モードの結果として、いくつかのアイデアも生まれつつありますし、これらを具体的にカタチに出来るよう、プロジェクトチームの皆さまの知恵とチカラをお借りして着実に前に進めます!!

ご期待ください。

藤井 充


Posted at 2017/05/04 19:10:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | Super Sports K4 Project | 日記
2016年12月28日 イイね!

SSK4 Project 久しぶりの更新です。

皆さんこんにちは。
フヂイ エンヂニアリングの藤井です。
しばらくブログの更新から遠ざかっていました。それは、プロジェクトが進んでいないからではなくて、開発に夢中になって寝食を忘れるほどだったからです。
クルマ造りが楽し過ぎて、すみません。(汗)

プロジェクトは紆余曲折ありつつも、じっくりしっかりと進んでいます。
現在は主にモノコックの検討・設計と電動パワーアシストの開発をメインに進んでいます。
これらはもう少し結果がまとまって来たらブログでご紹介しますね。



偶数月の月末と言えば、そう!MOTOR FANの発売日です!!
大人気連載中の大串さん執筆「SSK4プロジェクトレポート」もばっちり載っています。
今回の目玉は、モノコックのモックアップ製作と、電動アシスト開発のあたりが詳しく載っています。
登場人物であるハズの僕ですが、これ読んでいるとなんかワクワクします。
それは読者の方も感じておられるのでしょうか?もしそうだとしたら凄くうれしいです。

今号のモーターファンは、昭和30年10月号の再構成版が付録として付いてきます。
これが非常に興味深いんです。
昭和30年と言うと、僕が生まれる20年前、大東亜戦争の終結から10年後の日本のモータリゼーションの様子が生々しく感じる事が出来ます。
敗戦で生産能力を失った日本の自動車産業がたった10年で50万台を超える生産台数を作り得たのは、当時の日本人の能力の高さ故と思います。
確かに良く見ると、ヨーロッパやアメリカのクルマからコピーしたんじゃないの?というモノも見受けられます。けれども、昨今の中国の劣化コピーとは全く違うモノです。
当時の日本の技術者は、コピーする際に自動車の基礎技術を学びとっていたんだと思うんです。
それが後の日本車が世界を席巻する礎になったのだと考えます。
そんな事を考えつつ、当時の日本の自動車技術者に思いを馳せつつ、ページをめくっていると、ちょっとしたタイムトリップが楽しめます。




フヂイ エンヂニアリング
Posted at 2016/12/28 12:59:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super Sports K4 Project | 日記
2016年10月07日 イイね!

SSK4プロジェクト 新型モノコックのモックアップ製作

こんにちは。
このブログについて、
「もっと頻繁に更新して欲しい!」
というお声を頂きました。
なので、頻繁に更新するように努めます。(汗)
でも、なかなかしっかりと文章を書く時間を作れないので、画像中心で行きます。
よろしくお願い致します。


SSK4プロジェクト、いよいよ新型モノコックのモックアップの製作に取り掛かりました。

Tomiと僕で設計を進めたデータを元に、ブルーノと啓太が作ります。



自動車作りは普通、大きな会社で、たくさんの人達が関わって作っています。
企画は企画、シャシ設計はシャシ設計、エンジンはエンジン部門で、みたいな具合に。
SSK4の場合、監督総指揮の林さんを筆頭に、デザインチームが2名、設計が2名、製作が3名、カーボン部門が5名の合計で13名で進めています。
この小さいチームの良いところは、コミュニケーションを取りやすいところです。
製作担当の啓太が図面で疑問があれば、2階に上がってきてTomiに、英語と日本語が混ざった謎の言語で質問したら、疑問が解けて次に進めるし、設計サイドも製作側の不便を感じ取ってすぐに図面を改良する事ができます。




レイアウトマシンを駆使して高精度で組み立てます!




ボードどうしは特殊なパテ(超強力)で取り付けて行きます。




モノコックらしい形になってきました。


ではまた、次回にお会いしましょう!


フヂイ エンヂニアリング
藤井 充
2016年07月29日 イイね!

Super Sports K4 Project フヂエンメンバー紹介

今週末の鈴鹿は8耐一色ですが、フヂエンでは変わらずモノづくりな日々です。
この暑い中、8時間もバイクを走らせるなんて想像しただけでアイスを食べたくなります。
参加されている方々にとって素晴らしい週末になります事を祈念いたします。

さて、今回は、「Super Sports K4 Project」に取り組むフヂエンのメンバーを紹介させていただきます。
7月半ばに設計担当のTomi君が遠路はるばるハンガリーから来日して、やっと全員揃いました。
いよいよ製作が本格化します。

では、ひとりずつ。

ワタクシ、藤井です。
いちおうフヂエンの社長です。(社長らしい事はあまりやっていませんが)
10代後半~20代の頃は、ドライビングテクニックの研鑽に青春の全てを注ぎ込んだのですが、30歳手前になって「俺、クルマ造る!」と目覚めてからの10数年、レーザー光線と同じくらい一直線にクルマ造りを目指してきました。で、今は40歳です。
フヂエンを「1950~1960年代のロータス・カーズ」みたいな会社にする事を目指して日々取り組んでおります。


チーフメカニックで工場長、奥村です。
現在35歳ですが、彼が19歳からの付き合いです。
自動車修理に関してピカイチです。何が何でも不具合部位を探し出して直しちゃう稀有なメカニックです。
なので、自動車造りというよりは、フヂエンがもともとやってきた自動車修理業のほうで屋台骨を担ってもらいます。
近いうちにフヂエンは陸運局の認証工場になりますので、車検等、何でもお任せください。



いつもスーパーマイペースのブルーノ。
この男が慌てているところを見た事が有りません。(笑)
もともと板金塗装担当として入社しましたが、
「クルマ造りやるには、金属加工でも何でも出来るようにならなきゃダメだよ。」という僕の考えで、何でも挑戦するようになって3年近く、今では旋盤・フライス・溶接もこなすようになってきました。
世の中が電気自動車にシフトしている現代に、ロータリーエンジンをこよなく愛しているところもまたマイペース。
休みの日も工場で愛車RX-7をいじっている事が多いです。




設計担当のTomi。ハンガリーからやってきました。
彼との出会いは3年前。日系自動車部品メーカーにヨーロッパ採用で就職して、研修の為に鈴鹿に
2年間住んでいました。
彼の上司が僕の幼馴染で、クルマがバイクが好きだからという事でフヂエンに連れてきたのが出会いです。
彼の実家もクルマ屋さんで、板金塗装や修理をやっているそうで、「子供の頃からガレージで遊んでいたよ。」という彼は、設計だけでなく、自動車修理や板金塗装の基礎知識もあるので、いろいろ話が早くて助かります。
彼の加入によってフヂエン内の第二公用語が英語になりました。
フヂエンは日本の会社なので、本来的には日本語だけでやるべきですが、みんな気を使って英語で説明しようとするので、結果的に皆の英語力が高まりそうです。


ものづくり担当兼テストドライバーの啓太。
ご存じ、2015年鈴鹿クラブマンのVITAクラスチャンピオンです。
大人しくて控えめな印象ですが、本当は負けず嫌いで欲深い(笑)。なのでレーシングドライバーに向いています。
ですが、拘りの強いその性格がものづくりにも向いていて、ブルーノ同様、機械加工や造形、塗装に至るあらゆる作業に取り組んでいます。


カーデザイナーになるべく修行中の健斗。
さすが美大でカーデザインを学んできただけあってスケッチ能力は高い。
けど、自動車の仕組みや理論はまだまだ。なので、現場の自動車造りの中でモノに触って経験して、「クルマを知っているカーデザイナー」になって欲しいと思います。


以上、フヂエンメンバーのご紹介でした。
平均年齢29歳の若い技術者集団が中心になり、今までまだ誰も見たことのないようなスポーツカーを作ります。
ご期待ください。

フヂイ エンヂニアリング
http://fujii-engineering.com/
Posted at 2016/07/29 14:07:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | Super Sports K4 Project | 日記
2016年06月16日 イイね!

Super Sports K4 Project 始動します!!

みんカラの皆さま、ご無沙汰しております。
フヂイ エンヂニアリングの藤井です。
最終投稿が2014年になっていましたから、約4年ぶりになります。

このたび、フヂイ エンヂニアリングは念願のロードゴーイングスポーツカーの製作に着手する事になりました!
フヂイ エンヂニアリングはクルマ造りたくて仕方なくて立ち上げた工場です。今までは、AE86のリヤセクションをパイプフレーム化したミッドシップハチロクを製作したり、オリジナルパイプフレームのM01を製作したり、意欲的に(やりたい放題)自動車製作をやってきました。

それはそれで楽しかったのですが、でもフヂエンのクルマ造りの最終目標は、ナンバー付きで街を走れるクルマだったのです。
自分で設計したクルマで街を走る・・・・、これってクルマ好きな人なら一度は考える事じゃありませんか?

という事で、今回、僕らがスポーツカー造りに取り組むことになったキッカケをご紹介させて頂きます。

さかのぼる事、1年ちょっと前。
僕は、M01の製作からしばらく経って、EVバイクの試作やら、何かとモノづくりには取り組んでいたものの、大きな予算を必要とする自動車造りには手が付けられないまま、悶々とした日々を過ごしていました。
そんな時に、僕のクルマ造りの師匠である童夢の林みのるさんから電話が掛かってきました。
「マクランサって知ってるか?あれを復刻させようと思うんやけど、やってみるか?」
え?あ?う?僕が?あの、マクランサ?復刻?・・・マジですか??(歓喜)
嬉々として童夢本社のある米原まで飛んで行きました。
そして、7月の林さんの引退記念パーティに向けてマクランサとカラスの2台をウチで製作する事になり、それはもう楽しいクルマ造りの日々でしたよ。
FRPと鉄パイプフレームですから、特に新しい技術に挑戦する、というモノではありませんでしたが、1965年ごろ、林さんと浮谷さん、本田博俊さん、他の仲間たちが、どう考えてココを設計したのかな?どう工作したのかな?とか、想像しながら、ちょっと僕もその伝説的なメンバーの仲間に入れてもらって作業していたような錯覚を楽しみながら2台のクルマを完成させました。





完成した頃には、
やっぱりクルマを作り続けたい。」
と、一時期は抑え込んでいたハズの「クルマ造りの衝動」がふつふつと湧いてきて、自分のリソースの中で実現可能なパッケージを考える事を始めました。
で、考え出したのが、
「マクランサ2015 K4GPスペシャル」
でした。
マクランサを製作している間、
「このクルマ、ちっこいけどカッコいい。今は無駄にデカくてハイパワーなクルマが多いけど、こういう大きさのスポーツカーがあったら魅力的なのになぁ。」
とずっと感じていたのです。
そこで、オリジナルのCFRPツインチューブモノコックを新作して、マクランサのボディカウルを被せて、しかもナンバー取得して、ナンバー付きで富士のK4GPに参戦して優勝だ!!
と妄想が暴走。(笑)

とは言え、マクランサのカウル型は林さんのモノです。
残存するマクランサから3Dスキャンして3Dデータ化、3Dモデリングした後にCADで図面化、それからマスター製作してメス型製作、最後に製品を成形、、、というとんでもない手間と費用が掛かっているシロモノです。
僕にはとうてい「型使用料」を払える訳もないし、タダで使わせてほしいなんて超失礼だし(汗)、でも造りたい。
よおし、こうなったら直接お願いしてダメだったら仕方ない!
と、再び米原へ伺って林さんに「マクランサの型を使ってクルマ造らせてください!」とお願いしました。
すると、
「別にかまへんよ。でも、そんな事して何の意味があるの?」
あれ、良いんですか?(汗)
え、でも、意味ですか?特に考えてなかった。(滝汗)
カッコいいクルマを作りたい、だけ?です。
それからは、林さんに当時造ろうとしたけど、時間と費用の障害で作れなかった「本来のマクランサ」の詳細をお聞きして、あ~して、こ~して、とクルマ造り談義に盛り上がりました。
普段は、それほど僕の前では楽しそうにクルマの話をされる方ではなかった印象でしたが、この時は、本当に楽しそうにクルマ造りのお話をされていたのが強く印象に残っています。
童夢とフヂエン、技術レベルにはすごい差がありますが(汗)、根っこにあるクルマ造りへのキモチはあまり変わらないのかなぁ、と嬉しかったです。



正式にマクランサの型使用の許可を頂いたので、さらにやる気を増した僕は初期の図面作製に着手しようと思ったその頃、再び林さんから電話が掛かってきました。
「マクランサ造るのもええけど、今さら古いクルマもなぁ。せっかくクルマ造るなら、キチンとした、そしてアイデアの詰まったクルマを作らんと。支援するからやってみなさい。」
え?あ?それは、どうゆう事ですか?(滝滝汗)
思考停止。(笑)
しばらくフリーズして、やっと脳CPUが再起動した僕は、やっと林さんの話が耳に入るようになってきました。
林さんの計画は、その時点で殆ど完成していました。(考え抜いた後は即断、実行。このあたりがやっぱり凄い人だなぁと思います)
プロジェクトの内容は、

・シングルシーターのカーボンモノコック、スーパースポーツカーを作る
・軽自動車の規格に則って造る。(世界初の軽四スーパーカー!)
・開発はフヂエンが行い、リソースの限界もあるので童夢に技術支援していただく
・もちろんナンバーを取得する
・ガソリン車とEVを1台ずつ製作する


この強烈な内容の電話の後、興奮さめやらぬまま「うお~すげ~!」と考えを巡らしていた時、ある事に気付きました。
でも、これって童夢で造れば、すぐに造れちゃう事だよね?LMP造れる童夢ですから、もちろん造れるはず。でもあえて僕らに、という事はつまり、これは林さんが僕らに与えた大きなチャンスであり課題なんだ。
そう気付くと責任の大きさに変な汗が出てきました。(笑)
こりゃああ大変な事になったぞ。

でもね、責任の大きさとか、チャレンジの大きさとか、考えたところで、「クルマを造りたい」衝動の前に、何のブレーキにもなりません。(笑)
あっという間に、
「やるぞ~~~!造るぞ~~~!」モード全開に。

という経緯で、
Super Sports K4 Project
はスタートする事になりました。



日本レース界の伝説的人物である林みのる氏の監督総指揮の元で、僕らがどう挑み、どう悩み、どこまで成長していくのか、これから1年間のプロジェクトをこのブログで詳しくご紹介させていただきますので、これからも宜しくお願いいたします。

フヂイ エンヂニアリング
藤井 充
http://fujii-engineering.com/
Posted at 2016/06/16 22:12:16 | コメント(4) | トラックバック(0) | Super Sports K4 Project | クルマ

プロフィール

「MotorFan 007号! http://cvw.jp/b/518095/39714226/
何シテル?   05/04 19:10
三重県鈴鹿市でフヂイ エンヂニアリングというクルマ屋をやっています。 もともとは真面目な?板金塗装&整備工場だったハズですが、 どんどん大好きなクルマ造...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

SSK4 プロジェクト MotorFan第4号 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/27 11:52:58

愛車一覧

トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
08年5月のドットコム杯用に突貫工事で造ったマシンです。 (写真 手前の青いハチロク) ...
その他 その他 その他 その他
FJ1600の名車、オスカーSK96です。 25~26歳の頃、プロドライバー目指してレー ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
唯一無二の愛車だった、1973年式の240Zです。 レストアして乗ろうと思っていましたが ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
いつかはセブン乗りになりたい! と前から思っていたのですが、やっと念願叶いましたが、 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.