車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月01日 イイね!
サーキットのススメ少し前にヴィッツでサーキット走ってきました。
基本、自分のヴィッツはほぼノーマルでほとんど手を加えていませんが、ノーマルでサーキット走ると、こう聞かれることがあります。

「ノーマルで大丈夫なんですか?」
「どこも弄らなくていんですか?」
など。

どうやら「サーキット走行するためにはどこか改造しないといけない」という固定概念お持ちの方が多いようですね。
オープンカーだと、ロールバー装着義務のあるサーキットや走行会もあるので、改造必須概念の根強さはその辺から来ているんでしょうか。
がちのレース出るとかならともかく、ミニサーキットの練習走行レベルなら「オープンカーでも幌を閉じていればOK」というところも少なくないので、その辺はサーキットの規約によりけりですねぇ。
最近のオープンカーのように、バックレストにロールバー的な構造材付いてない古めのオープンカーなら、規約はともかくロールバーあった方がいい…とは思うんですが。
とにかく、最近のスポーティーカーならば、「そのままサーキット」は問題ないと思います。


さらに言っちゃえば、スポーティーカーである必要もあるかどうか…(みふさん、拝借すみません)
乗り手にもよりますがねw

話は戻して…特にホンダのタイプR辺りの車なら、最初からそういう用途を考えて作ってあるわけですから、そういう車をお持ちの方なら
「なにも考えずに走れ!」
と思うわけです。
サーキット童貞なら、なおのこと余計な改造なんて考えないで、走ることだけ集中してこい…と思います。

例えば、サーキット走るためにエンジンパワーを上げて…と考える方もいるかもしれませんが、アクセル全開する機会が思いの外少ない一般道に対して、サーキットでは比較にならないほど増えることになります。
エンジンへの負担もその分増えますが、ノーマルの市販車ならば、耐久性も考慮して作ってあるところが、変に弄ったエンジンでは、その想定したマージンを上回るストレスが発生します。
それらも含めて、ラジエーターなどの冷却系やオイル対策等を施してあればいいのですが、標準状態であれば (よっぽどでなければ)必要ない装備ですし、サーキット走行のためだけにそこまでいちいち改造するのもどうなんだろうな…と思うわけです。

以前、どこかで自作のオイルクーラーを装着してサーキット走りへ挑んだところ、配管からオイル漏れが発生して、当然走行はオフィシャルから許されず、走行時間中に対策が出来なかったことで、満足に走れなかった…なんて話がありました。
そのオイルクーラーは「本当に必要だったのか」はわかりませんが、そうじゃなかったのなら、まったく余計な改造だったと言うしかありません。

改造することで、しなかった時よりもトラブル呼び込む可能性が上がりますが、それによって走行時間を無駄にするなら、改造なんぞしない方がいい…と私は思います。

改造で金かけても、サーキット走ることによって得られる経験は金じゃ買えませんで。

ただし、ノーマルでOKとは言えど、最低限の整備は必ずすべしです。
むしろ、余計な改造なんかよりも、タイヤ・ブレーキ・エンジンオイルetcの基本整備をきちんとやって、全開走行連続でやっても耐えられるように備える方が、改造なんかよりもはるかに重要です。
特に車検の時くらいしか見ないブレーキパッドやフルード、ギアオイル(ATフルード含む)もこれに含みます。
ついでに言えば、サスペンション周りも、ショックが抜けているとかなら、きちんと交換補修を施して、アライメントもきちんと取るなどしてから挑んでください。

繰り返しますが、一般道とは比較にならないストレスが車にかかるので、サーキット走行前後にはトラブル起きないようにしっかり見ておくことが重要です。
現場でトラブル起きなくても、その後に何か起きるケースもあり得ます。

大金かけて改造しようが、高額車両を持ち込もうが、注目されるのは「それでよっぽど速いかどうか」(もしくはよっぽど危ないことやったかどうか)ですから、見に来ている人達は、車の仕様がどうかなんて気にしやしません。
「改造してない車でサーキット行ったら恥ずかしい」
なんて言う方もおりますが、誰も見ちゃいませんよw

サーキット走って「もっとタイム縮めたい」「速い車を作りたい」と考えるのは、走ってからでも遅くはありません。

そんなわけで、サーキット走りに興味ある方へ、「改造してから行きたい」何て言わずに、「四の五の言わず、サーキットの場所ググってさっさと走ってきなさい」と言わせていただきます。
いきなり走行会も確かにハードル高いですから、もてぎあたりでやってる「ドライビング講習会」や、自分の車で不安ならば、レンタルカートという手もありますねぇ。

走る手段はいくらでもあります。
Posted at 2016/12/04 10:33:34 | コメント(7) | トラックバック(0) | 自動車雑談 | 日記
2016年11月17日 イイね!
よく考えたらネタあったわ最近、ドライブ中のBGMに中島みゆきをよく聞きます。
彼女のCDで最初に買ったのは、プロジェクトXが本放送でやってた頃に買った「地上の星」でしたが、それ以降はしばらくご無沙汰でした。

少し前に、80年代の曲を聴くのがマイブームになってた時ありまして、山口百恵やらWinkやら吉幾三(笑)やらを聴きまくってたんですが、その一環で中島みゆきの曲にも手を出したんです。

他の人のは、1曲単位で刺さるものはあったんですが、中島みゆきのは刺さる歌が妙に多くて、それ以降は過去のCD探して買いまくってます。
水樹奈々やfripSideのアニソンと、中島みゆきをごっちゃに聴いてたりしますw

彼女の歌に共通するのは「不屈」。
もの悲しげで暗い歌い方ですが、その歌い方からは辛さ・苦しさを連想させつつも、曲は大抵「辛さから立ち上がる」という締め方で終わる曲が多いので、歌詞が染みるのです。

「線路の外の風景」みたく、さびの部分毎回聞くたびに涙が出てきたり、
「糸」みたく「いい歌だ」と思いつつも、結婚できる気が全くしない独身オヤジには辛くて死にたくなるようなのとか、
「流星」みたく、その場の情景が聴いているうちにリアルに浮かんでくるようなのとか…

とにかく、中島みゆきの歌は聴いていて「染みる」んです。

ちなみに昨日、中島みゆきのベストアルバム出ましたが、予約購入したのにまだ手元に届いてません。ガッデムw

Posted at 2016/11/17 13:15:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑談 | 日記
2016年11月15日 イイね!
ブログ更新すっかりさぼり気味ですが、ここ数回の内容はすべてオフ会がらみ。
それ以外の話題とかなくもないんですが、形にするにはどうしたもんかと頭を抱える内容。
アルミテープ実験もこっそりやってたりして、体感的な成果はあったんですが、それを裏付けるデータがいまだ得られていないので、そこがはっきりするまでは話題に取り上げたくはないな、と。
でもって、今週に入って新職場も本格稼働始まりましたが、これもまだ話題に取り上げられるだけのネタがない。

さらにさらに、オフ会がらみの日記はあと2回分あるんですが、今週末にまたオフ会あるので、モタモタしていると、フリーザ様の変身回数と同じ数分のオフ会日記のストックがまた溜まってしまうという悪循環。
時間の使い方の下手さ・・・いや下手なのは時間の使い方だけではないんですが、とにかくなんか書いておかないと、何もできないのが続いてしまいそうなのでとりあえず。

そういや、ノートe-powerの試乗もしたので、それがらみでも書けそうだけど、そういうの書くとまた何か言われそうだし、もう何人かの方が色々書かれているので、今更俺が書くまでもないかなーとも思いますし・・・なので、これはなし。

というわけで、何がやりたいのかわからないまま今日のブログは終わり。
ほぼ毎日何か書いてる方は、本当にすごいと思いますよ。
Posted at 2016/11/15 23:22:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑談 | 日記
2016年11月06日 イイね!
この日は、愛知県・作手の「オートランド作手アルト(略してALT)」で、とある人物が主催する走行会へ出かけてきました。
実際のところ、この走行会の集まりで知人はMDiさんだけで、他は主催のうえしま院長も含めてほとんどの方が初対面。
そんな走行会に、しかも関東からはるかに離れた愛知県までどうして出かけてまで参加したのか?

うえしま院長のヨシムラ・ロードスター

うえしま院長とは、ブログの閲覧やネット上でのわずかなやり取りを介した程度でしかないのですが、「何か感じるものがあった」んです。
上手く口にはできないのですが。

詳細は院長のブログを見ていただけるのが手っ取り早いですが、足回りについては一家言ある方で、彼自身がNAロードスター(しかも2輪で有名なヨシムラのコンプリートカーという超絶レア車)乗っていることで、基本ロードスターに強い印象ですが、それ以外のあらゆる車、FFやMRなどの駆動形式すら問わず、サスペンションで悩む方を救ってきた実績があります。
個人的に、今の車の足の悩みは、ショックの寿命が近そうなことと、ちょっとだけ車高を下げたいくらいなのですが、「とりあえず車高調入れたら?」ということをあるところで指摘された一方で、「俺の走りでは車高調やりすぎかな?」と思っていたところで、うえしま院長からは「ヴィッツだったらこうするだけでよくなりますよ」というプランを提案されたことで、車高調よりもまずは院長案を試してみたいと思うのですが・・・。

閑話休題。
ひとまず、院長自身のブログで開催を知って、院長自身が多忙なことからこの手の走行会を主催するのが最後であろうこと、少し前のOSLジムカーナでMDiさんのビートと、MDiさん自身が足回りに物凄く喜んでいたことを見て、色々感じるものがあったわけですね。
そんなわけで、ヴィッツで静岡を抜けて愛知県へ。
実は車でここまで遠出するのは、ずいぶん前にビートで行ったっきり、かなり久しぶりだったりします。



朝の7時半に現地集合でしたが、先についていたのはうえしま院長と、RX-8乗りの方。
挨拶をして、うえしま院長と会話しましたが、自分を「細かいブログを書いている人」と認識いただいていたようで、初対面ながらもある程度はこちらを認識いただいていたようです。
「人生を車にかけていただけ」とおっしゃるうえしま院長。
現在は某所でガススタの店長されておりますが、過去には色々なさっていたようで、時間までその辺の話を色々聞かせていただきました。
ビートに乗っていたり、10系ヴィッツのカップカーも手掛けたこともあるようで、MDiさんづてで引き出しの多さは感じていましたが、あらためて直接話すと、引き出しの多さがすさまじい。
会話して数分で、車関連でいくつか疑問に思っていたこと、それも雑誌や本などではまず得られない類のものについて、疑問に思っていたことが解決してしまいました。


その後、続々と参加者がやってきましたが、大半がNA・NBのロードスター。
参加者の大半が、院長が手がけた車とあって、ロードスターは車高の高さやキャンバー角が極めて似通っています。

ロードスター以外にも、スイスポ・AE86・30ソアラや、MDiさんのビート、NAの現行アルトやボルボまで、バリエーションは豊富です。
自分のヴィッツは、アルミとタイヤを換えただけで、サス周りはまっさらのノーマルですが、不安は少しだけありましたが「タイムはともかく攻め込むことについては大丈夫」という確信はありました。
過去に成田モーターランドという極小サーキットで走ったこともあるので、その辺も確証の裏付けなのですが、ALTは路面も結構荒れていて、斜面に作られたこともあって、上り下りの高低差も激しい。
車高高めのヴィッツだと、下手すると横転の可能性もあったのですが、その辺は気をつけつつ縁石への乗り上げを極力避けたのと、「NCP13ヴィッツのノーマル足の優秀さ」に救われたのが大きいです。
院長の話だと、ALTは下手な足では走り切れないくらい過酷なのだそうで、「ALTを問題なく走れること」がうえしま足の指標の一つになっているのだとか。


そして「ペヤング走行会」と銘打っているだけあって、ペヤングなどが用意されていましたので、途中休憩入れつつ食べたりして。


実際、うえしま足をインストールされた参加者の中にあって、自分のヴィッツは「動くシケイン」となる場面も結構あったものの、「走りを楽しむ」点ではまったく問題起きなかったのも事実でして、スピン2回やったくらいで、大きなトラブルはなし。
タイヤも「コンフォートタイヤに近い」トーヨーDRBでしたが、グリップこそしない一方で、限界付近がわかりやすくて、怖さは感じません。
LSDが入っていないオープンデフの仕様なので、立ち上がりで不用意に踏み込むとトラクションが抜けまくり、今までは「それでも構わん」と何も考えずに踏みまくってましたが、途中で「タイヤのグリップを確かめながらじんわり踏む」乗り方に変えましたが、派手さは無いものの、タイムは確実に上がりました。(それでも全車で見たらかなり遅いほうですが)
タイヤの空気圧も確かめながら走りましたが、空気圧を抜くことはできても、逆ができなかったことで、試してみたいことを全て出来なかったことが唯一の心残り。
その辺は、また別の機会に確認しましょうか。
途中、速いスイスポ乗りの方に横乗りさせていただいたのですが、こちらはLSDも含めて車がきちんと仕上がっていることもあって、侵入でガンガン鼻先が入っていく感じ。
FFで、サーキット走行を追求していくと、こういう曲がり方になるのか・・・と参考になりました。

また、クラッシュも発生して、2台ほど巻き込まれてしまわれましたが、参加者の方の対応で、迅速に処置できたようです。
スポーツ走行でクラッシュなどは少なからずありますが、自分の場合、こういう経験はあんまりないので、動く方の邪魔にならないようにするのが精一杯でした。
「動いている人は自分でもクラッシュの経験ある人ですから」というMDiさんの話でしたが、そういうのも含めて、走行の経験値がつくづく自分は足りてないなぁ・・・と思ったのも事実です。
7時間走り放題の時間が終わり、最終的に158周を数えましたが、タイムは35秒台が最速という結果。
今の仕様のままでも、まだ詰められる余地はありそうですし、NCP13のノーマル足と、少し前にいれたTRDスポーツシートのおかげで、楽しく走れました。
特にノーマル足は、どんな挙動でも、荒れた路面でも、タイヤが路面から離れることなくしっかりとらえ続けてくれたので、ノーマル足の優秀さを再認識できました。
外から見るとロールしまくっていたようですが、乗っている方はそれほどでもなかったのですw
後に、院長からは「ヴィッツは隠れ名車」というコメントまでいただきまして、感激至極です。

基本、自分のヴィッツはノーマルですし、年式ももはや古いことで「売って乗り換えれば?」といった雑音も時々耳にしますが、ヴィッツのポテンシャルも含めて、新車で売っていたころから気に入って、欲しいと思ったからこそ、ビートの次の車として選んだわけですし、世間的に評価高くなかろうが、年式旧かろうが、こう見えて拘り持って乗っています。
足回り中心のリファインで、まだまだ詰められる余地はありますし、何よりこの車は頑丈なので、変ないじり方しなければ、トラブルなくガンガン走れるでしょう。
ロードスターなどのスポーツカーに囲まれたことで、ロードスターが羨ましくなるかな?と開始前には思ったんですが(少しは思いましたけど)、終わってみればそうはならず、「ヴィッツをもっと踏めて楽しい車に開発したい」という気持ちが強まりました。
少し前は、色んな車を乗って「いずれはどんな車に乗り換えようか」と考えていましたが、今はヴィッツ乗るのが楽しいから、他は気にならないですね。
ガソリン車も、いつまで乗れるかが怪しくなってきたようにも思いますので、今のうちに10系ヴィッツに拘ろうか・・・と思います。
そうは思われない車ですが、せっかく優秀な「素材」が愛車なわけですし。
院長やMDiさんも含めて、当日お世話になった皆様方、本当にありがとうございました。

Posted at 2016/11/25 11:38:44 | コメント(4) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
2016年10月30日 イイね!
御殿場のネカフェで睡眠ののち、箱根ターンパイクで-BON-さんが撮影会、そこにimpactblueの人が数台集まってるとのことなので、向かうことに。
関東から来るのとは逆向きで、R138~長尾峠から箱根へ向かう。



雨降ってるわ、霧は出ているわで、コンディションは最悪。
ヘッドライト+フォグランプ点灯で慎重に向かう。
すでに30分前には現場近くへは来ていたが、道を間違えて到着遅れw
すでに撮影会始まっていたので、BONさんのやり方を参考に手
持ちの機材で何名かの方を試しに撮らせていただきました。







まあ、二番煎じ&腕&機材のおかげで、本家BONさんには及びませんが。




警察の車が通りすぎたり、怖そうな車に幅寄せされたりもしましたが、無事に撮影は終了。


到着した段階で、ランボルギーニの大群が待ち構えていましたが、撮影の合間にも、車の聖地ということで、色んな車がやってくる。


この黄色いS660が何気にレンタカー。
そしてターンパイクからの移動中に、後追いの形になったのですが、おっそろしく速くて、あっという間に置いて行かれました(汗)


大観山にてトイレ休憩。

ここで、伝説の名車(ホンダNR750 新車価格520万円)と遭遇。
いや実際には、撮影中に通り過ぎて行ったのを見ていたのですが。

その後、箱根神社の権現からめもちで昼食。

そこから箱根湯本へ移動しましたが、青車数台が群れで移動するのを、沿道の人が結構驚いていました。


湯本のバーベキューテラスで、温玉パフェを。
温泉卵と生クリームが意外なほどマッチしていて旨かった。

そろそろ渋滞が始まる時間とあって、3時前に自分は撤収。

途中、東名でrabbit7さんと遭遇。

ついでにGC8・WRXタイプR(2ドア)にも遭遇。
昔、この車ものすごく欲しかったんですよね。

帰宅して写真編集していましたが、さすがに2日間かけて動き回ったことで、疲れて寝落ち。
その後、形になったのはだいぶ後になってからの話w
当日お付き合いいただいた皆様方、ありがとうございました。

Posted at 2016/11/12 20:14:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
プロフィール
「ゲートブリッヂ近辺で新型NSXと遭遇。マクラーレン?と新アバルト124もいたので、雑誌の取材かなんかだろうか。」
何シテル?   12/06 13:30
車・バイク全般、ジャンル問わず楽しんでいます。 スポーツドライブ好きなので、そういう車に拘ってますが下手です。 写真も趣味で、サーキットなどにカメラ抱え...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
レクサス IS F ルーフ交換とか 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/03 17:07:51
中古車に有りがちなハンドルのベタベタ等を落としてみる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/03 22:55:48
NSX復活記念(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/28 07:09:14
お友達
DIYの情報とか、他車種流用情報、その他技術情報や、写真がらみのスキルを持ってる方と交流希望です。
ただし、みん友さんがかなり増えてきて、更新チェックしきれずに「無視された」と切られるケースも増えてきました。
そのため、申請はリアルで会った人優先といたします。
121 人のお友達がいます
紺ウサギ紺ウサギ * みふ (・&#215;・)みふ (・×・) *
けんご(けんご&あやこ)けんご(けんご&あやこ) * choo206choo206 *
-BON--BON- * 林道茶会首席参謀林道茶会首席参謀 *
ファン
46 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ ヴィッツ しーなヴィッツ (トヨタ ヴィッツ)
・軽い ・速い(弄れば) ・安い(最重要項目) の三拍子そろった15年ぶりの代替え車。 ...
輸入車その他 ???? 自転車2号機 (輸入車その他 ????)
折り畳み式が半年でスポーク折れを起こしたため、より強度を求めたものを新たに増車。 これで ...
輸入車その他 ???? 寝台特急 ふじ・はやぶさ (輸入車その他 ????)
ハイドラ公共交通機関移動用。写真は自前で撮ったものです。2008年根府川駅にて。
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
た、大変だ!こいつはホンダ車だが、中身はすべて中国産の部品でできてる!? どうなってんだ ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.