車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月22日 イイね!
新型スイフト5MTのギヤ比。私がMT生活車を求めて、国内ディーラで普通に買える車に見切りをつけてからはや十年。。。
 しかし、それもノートeパワーの登場で「次も絶対にMTでなければ!」という意欲は急速に失われています。とは言え、「頑張れ!三菱自動車応援ブログ」さんを巡回していたら新型スイフトのギヤ比が公開されていたので、早速チェックする事にします。
【更新】スズキ 新型スイフトの諸元表を見て気づいたこと

 エンジン回転数と車速の関係は画像を参照頂きたいのですが、オーバーオールレシオで言うと新型(赤い太線)は現行(ピンクの点線)に対し1~2速が不変、3速が5.5%ハイギヤード化、4~5速が8%ハイギヤード化されています。
 JC08モードにおいて例の悪名高き「標準変速位置」に従うと1速からみっちり引っ張らされますので、デミオG(緑の点線)やフィールダー(青の細線)の如く発進性に背反の無い2速からすぐにハイギヤード化したくなりますが、これをやると極低速域のドライバビリティが損なわれます。1~2速のレシオが現状維持とされたのは、カタログ燃費の為ならドラビリ軽視(無視?w)がまかり通る今の世にあってスズキが示した見識だと思います!

 現行はドラビリ重視のギヤ比のため100km/h巡航(メータ読み値ではなく、実車速)時のエンジン回転数が3,000rpmに達していましたが、新型は3速から上が散らされた事で2,800rpmを切る位になりそうです。空気抵抗の寄与度が大きい高速域の伸びは流石に鈍化するでしょうが、車重が100kgも軽くなった(!)ことで、低中速域なら3速から上のギヤでも現行と遜色ない走りができそうです。もちろん1~2速では軽くなったぶん現行以上にキビキビした走りを見せてくれるでしょう!
2016年12月09日 イイね!
Dynamic Force EngineのBSFCを「誰も見ていない真実」に重ねてみた。トヨタの新しいDynamic Force Engineが発表されました。
新型「直列4気筒2.5L直噴エンジン」-Dynamic Force Engine- | トヨタグローバルニュースルーム

 その潤沢な開発力によって全方位作戦を展開中のトヨタですが、このエンジンは機械圧縮比ε=13(コンベ仕様)で部分負荷時はミラーサイクル運転を行う、マツダSKYACTIV-Gと同じ方向性のソリューションと言えます。
 一見して驚いたのはパワーピーク、トルクピーク共に近年の実用エンジンとしては異例なほどに高回転なこと。NAミラーサイクルを選んだ時点で低速高負荷ノックは厳しくなり、高性能を謳うには上を狙いたくなるのも理解できますが、例えば60kW/Lという比出力は6,600rpmも回している事を考えれば驚くような値ではない(たぶん上でタンブルが邪魔してる)ですし、ちょっと欲張ってアレもコレもと詰め込み過ぎな気がしますね。。。
 「下も上も、燃費も」と欲張った挙句、組み合わされる変速機がハイギヤードなMT(またはCVT)でパッとしなかった3ステージVTECを思い出してしまいました(^^; まぁ今なら新しい8~10段ATが、加速要求があった途端にスパパーンと電光石火でキックダウンしてくれるでしょうから、ATに慣れた日本とかアメリカでは問題ないのでしょうね。

 さて、当該リリースページを覗くとコンベ仕様のものと思われる正味熱効率マップが公開されています。せっかくですから「誰も見ていない真実」に重ね合わせてみましょう。
 まずマップは180Nm以上の高負荷域が伏せられているのでここにWOTトルクカーブを重ねます。1,600rpmより下はデータが無いので延長し1,500rpmでの値を見取ります。1kWhの仕事は3.6MJのエネルギと等価なので、最近のトヨタが使っている42.1MJ/kgという低位発熱量を使って正味熱効率→BSFCに換算します。ここまでがTOP画像で、次に誰も見ていない真実(150Nm一定でのBSFCカーブ)にプロットします。

 170Nmより右側、WOT(207Nm位?)に向かう点線は私の妄想。BSFC=225を超える辺りからデータが伏せられている点はマツダとまったく同じで思わずニヤリとしてしまいますね(笑。なおSKYACTIV-G 2.0のデータで点線で示したものは北米EPAにより公開されている実測値。100Nmを超える高負荷域でマツダ公表値との乖離が激しいですが、ここでは論じない事にします。
 一見してBSFCの深いところがSKYACTIV-Gより高トルク側にシフトしていますが、これはSKY-Gが排気量2リッターなのに対してDynamic Forceは2.5リッターだから。次に横軸をWOTに対する負荷率で合わせてみます。

 BSFC最小となる負荷率はSKY-Gとほぼ一致しました。アメリカがメイン市場と思われる(ホールドギヤでの加速が好まれる市場向けには別に過給ダウンサイジングも用意している!)エンジンなので91RON?と書きましたが、目玉の深さは欧州向けのSKY-G(ε=14、95RON)を超えています!レギュラーガス仕様で本当にこの性能ならば凄いですね!!

 いつも勉強させて頂いている「落書き帳」さんでも色々と考察されています。エンジンに興味ある方は是非ご覧下さい。いつもありがとうございます。。。
エンジン技術_6 燃費の目玉(4) - 落書き帳
2016年12月08日 イイね!
250kW/500Nm、631万円で「足るを知る」!?BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 (35568) - webCG
 4,470×1,775×1,410[mm]のボディサイズはたしかに「ちょうど良い」と言える大きさですが、250kW(340ps)/500Nm、価格631万円也の超絶パフォーマンスクーペを捕まえて「足るを知る」とは、いやはや、なんとも羨ましすぎるとしか申し上げられません。。。(汗

 今から4年前、現在の下駄車(120d)を見つけた時のこと。当時の下駄車(シトロエンC4ディーゼル)を速攻で売っ払ってコレに飛びつきました。「コレしかない!」「自分にちょうどイイ!」と思いました。しかし動力性能的にはC4ディーゼル(80kW/1,280kg)も特に不満はありませんでした。1,500rpm以下はスカでしたけど。。。
 モアパワーが欲しかった訳ではないけど、それでもたまのワインディング路で深く回り込んだコーナーを追い込んだ時、あるいは低μ路を走るとき「あぁ、FRに戻れて良かった!」と心から思えます。

 一方で燃費ヲタでもある私は平地は全然飛ばしません。高速も追い越し時を除けば基本100km/h巡航。タコメータの針が3,000rpmを超える場面は年に数回もないと思われ。。。(汗

 130kW(177ps)の120dですら持て余す私は「次は3気筒の1シリーズを並行で入れて貰おうか」などとも考えましたが、NEDCモード燃費対策でMTのギヤ比は見ての通り糞。(涙

 次期下駄車として早くもノートeパワーを愛車登録してしまいましたが(汗、FR中毒が抜け切らない私はたまの山岳路ではストレスを感じる事になりそうです。eパワーにノート4WDのリヤアクスルを持ってきて、モータをリヤに移植すれば自分に丁度良い下駄車になりそうなんですけどね。。。(^^;
Posted at 2016/12/08 21:57:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 次期下駄車を妄想。 | 日記
2016年11月06日 イイね!
【12/22追記】ノートeパワー試乗しました。勤務先のリーフ(初期モデル)での経験から想像された通り市街地・郊外でのドラビリは文句なし!MT的にじわりと踏み加えてもちゃんと応答があり「右足と駆動輪が繋がっている」実感が得られ、某社の様に「ゆっくり少しだけ踏んだらシカト」なんて事がありません(笑。既存ATユーザに日和った?リーフよりクリープが弱いのも○。

 懸念は山岳路の連続登板と高速(但し私は100km/h以上は滅多に出さない)ですがレンタカーが出たら別途確認したいです。試乗車にも関わらず平均燃費は23.4km/Lを表示しており期待できます。120dが20万キロ走っていれば今すぐ買いたいくらい(笑。パートナーのフィールダーもまだ3万キロだしなぁ。。。


14インチタイヤ萌え~!(笑
 カタログを見ると最小回転半径が15インチよりも小さいので、14インチの設定がないeパワーSを購入する場合はR&Pのストローク規制も何とかしたい所ですね。燃料タンク(eパワーSは35Lしかない)は中古タンク移植で何とかなるかな。あ、買うならもちろんエアコンがOP設定されてからですが。(笑

 ちなみに試乗車には液晶表示のスマートミラーが装備されていましたが、高座高でアップライトなポジションを取る私の場合は焦点距離が近過ぎて使い物になりませんでした。。。(*_*)

過去の試乗記(参考):カローラフィールダーハイブリッドに試乗。

***** 2016/11/22追記 *****
 jawayさんの日記によると、スマートミラーの開発意図としては端から「老眼の方は普通のミラーとして使ってください」という事らしいです。。。orz

 eパワーはアコードHVのi-MMDの様なパラレルモードが無くアンチに叩かれるネタにもなっていますが(笑、こちらがそのi-MMDパラレルモードにおける走行抵抗と要求エンジントルクの関係を示した線図です。横軸の車速は最高馬力時の車速が200km/hと仮定して勝手に記入。

 一応オーバードライブになっている(最高速付近ではクラッチ切ってエンジンブン回さないと駆動力が不足する)i-MMDでも、巡航で「燃費の目玉」に入るのは130km/h位からと解ります。100km/hで大人しく巡航してたら目玉に入るのは緩加速時だけ。パラレルモードと言えどもギヤ比固定の単段では万能ではない事が解りますね。。。

***** 2016/12/13追記 *****
 ↓オートメカニック誌からノートeパワー高速試乗時のログ。画像下は縦軸の目盛り(g/kWh)がありませんがMFi Vol.122から日産公表のBSFCカーブ。
 大馬力が必要な場面を除いて、執拗なまでに「燃費の目玉」のド真ん中(オートメカニック誌のログによると2,360rpm)での間欠運転を繰り返している事が解ります!
 既に様々な人が指摘している通りシリーズハイブリッドというのは全く新しい技術ではないし、発電→駆動に伴うエネルギ変換ロスからは常に免れない訳ですが、それにも関わらず低燃費を達成できる理由はこの「【燃費の目玉】だけでエンジンを運転できるから」に尽きる訳ですね。

***** 2016/12/22追記 *****
 ↓山本シンヤ氏によるノートeパワーNISMOの試乗記。
激売れ日産 新型ノート唯一の弱点も克服?ノートe-POWER NISMO試乗

 アップダウンのある富士ショートコースをそれなりのペースで息切れせずに周回可能らしいです!エンジン最高馬力はたったの?79psに過ぎずとも、定格点で時間積分すれば十分なエネルギ投入量になるという証左と言えるかもしれません。
 上で「懸念は山岳路と高速」と書きましたが、上りストレートが永遠に続くような山岳路は存在しないので心配には及ばないかも。。。これは楽しみです!
Posted at 2016/11/06 16:00:51 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗記のようなもの。 | モブログ
2016年10月31日 イイね!
車山高原→八島ヶ原→霧ヶ峰→FBM2016。① 8:30 車山到着。FBM入場待ちの渋滞に参加ちう。。。

 バイクを挟んで前を行くフィールダー、坂道発進時の挙動からMT車の様です。ちなみに自分の後にはクリオエステート1.5dCiのMTが。偶然MT車が3台も並ぶなんて、ここは本当にニッポンか!?(泣笑

② 9:00 パーキングP3c(標高1,540m)に駐車。
 こんな時間ですので当然最奥のP10に案内されるかと覚悟しましたが、海鮮丼太郎さんの「あなたの知らない方が良かった世界: FBM2016勢力分布の話(1)」によれば今年はどうやら各駐車場への誘導方法が少し変わったようです。

 佐久から上がってくる道中は生憎の濃霧で、雨合羽を着ないと濡れてしまうようならハイキングは諦めて会場内で時間を潰すつもりでしたが(汗)車山山頂は晴れ!速攻で行動準備して行動開始!!

 しかし車山スキー場山麓から登り始めて間もなく、車山山頂は再び雲に包まれる。。。(汗

③ 9:40 車山山頂への分岐
 とりあえず天候の回復を期待して、右へ八島ヶ原湿原を目指します。

④ 9:55 姫木平への分岐

⑤10:10 殿木山頂(1,800m)

 ここから姫木平別荘地が一望出来る筈ですが、ご覧の通りの雲海の中。。。さっさとUターンして元の道へ戻ります。
⑥10:25 姫木平への分岐

⑦10:45 南の耳(1,838m)

⑧11:00 北の耳(1,838m)

⑨11:15 ゼブラ山(1,776m)

 この辺りから怪しかった天候が徐々に回復してきます。向こうに見える美ヶ原の上空は微妙に青空が。。。

⑩11:45 鎌ヶ池(1,630m)

⑪12:00 八島ヶ池

⑫12:15 「ヒュッテみさやま」で小休止。

⑬12:40 沢渡
 地形図ではリフト跡に沿って標高1,805mのピークへ向かう道がありますが、現在は消失している模様。。。林の中の苔生したガレ場を霧ヶ峰へ向かいます。

⑭12:55 ゴマ塩山(1,756m)

 ガレ場から急登の笹原を抜けると霧ヶ峰が一望できます!遥か向こうには南・中央アルプスの山々が。。。
⑮13:05 車山肩(1,817m)

 さっきまで歩いた八島ヶ原湿原(中央奥の茶色い平原)がもうあんなに遠くに。。。

⑯13:40 車山山頂(1,925m)

 右に南アルプス、左に南八ヶ岳。南八ヶ岳の裾野越しに富士山が見えるのが分かるでしょうか!

 下山します。地形図では東へ尾根筋に沿ってリフト山麓駅へ降りるルートがありますが展望広場から先は立入禁止です。白樺湖の向こうに聳える蓼科山の山頂付近は相変わらず雲に包まれ、一日ずっと晴れることは無かった模様。。。

⑰14:25 車山スキー場レストハウス(1,570m)で小休止。

⑱14:35 パーキングP3c到着、行動終了。

 客も疎らになりつつある中、メイングラウンドに降りてきたクラシックポルシェ。小さな風防ガラスしか備わらない助手席にご婦人を乗せて颯爽と現れました。格好イイ!
 自分はシトロエンC4を購入した2006年から毎年FBMには顔を出していますが、パートナーと一緒に来た事は一度もありません。。。(涙

 寒さのせいか二輪車は例年より少ない印象。こちらはBMW R90とロイヤルエンフィールド。渋い!

 珍しいグリアイスのC4。自分の車を「下駄」と言って憚らない私ですが、それでも初代C4のスタイリングは素晴らしかったと思います。背反としてエンコパ後部のアクセス性の劣悪さと高価な長~いワイパーブレードには閉口でしたが。。。
Posted at 2016/10/31 22:38:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | ハイキング。 | 日記
プロフィール
「CX-5なNEXCOパトカー見た。ブランディングに熱心な今のマツダはこの手の仕事車ビジネスも手を引くと思ってたのでちょっと意外。。。」
何シテル?   01/14 11:03
ディーゼルのMT車に乗っていますがアンチハイブリッドという訳ではありません。ユーザが夫々の用途・好みに合った道具を選択できればいいなぁ、と考えています。メーカー...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
WLTP Gear-Shifts Calculator(alpha4)の中身を知ろう 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/05 23:22:25
2015年現行モデルの「2速1000rpm速度」一覧 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/29 21:53:57
新燃費基準WLTPとMT車の変速 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/22 22:10:54
お友達
相互交流を目的とした利用ではないので、お友達は募集しておりません。
ファン
199 人のファンがいます
愛車一覧
BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
FRでディーゼルでMTってだけの理由で偶々乗ってる下駄車。レンタカーの如き地味な外板色に ...
カワサキ スーパーシェルパ カワサキ スーパーシェルパ
 購入時ODO=14,148km。下駄車として快調に稼動していましたが、電気系トラブルで ...
その他 その他 その他 その他
モトクロスで足を怪我して手術し、退院後に運動不足解消を目的に購入。現在は専ら通勤車として ...
シトロエン C4 シトロエン C4
なぜか日本では入手困難なディーゼルエンジン搭載の生活MT車。安価なれども商用バンしか選べ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.