• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もげ.のブログ一覧

2017年11月18日 イイね!

【11/19追記】トゥインゴ ZENのMT車に試乗。

【11/19追記】トゥインゴ ZENのMT車に試乗。前回の日記に書いた通り、トゥインゴGTのギア比が凄く良さそうだったので早速近県のルノーディーラへ足を運んでみました。
 残念ながらGTは200台の限定車につき試乗車は無いとのこと。諦めてカタログだけ貰って帰ろうかとも思いましたが、ZENのMTの試乗車が空いていたので乗せて頂くことに。。。

 乗り出してすぐ感心したのが、電スロにも関わらずクラッチミート時の回転合わせがごく自然に出来ること。この点に関してはパートナーの乗っている160フィールダーが最低最悪の出来なので、最近のMTに冷淡な国産車も是非見習って頂きたいですね。。。
 試乗のコースは、平坦で流れの良い地方都市を4kmほど周って帰ってくるというもの。営業さんとパートナー含めて3名乗車で通りに出ます。ネットに流布する微妙な感じの試乗記で覚悟はしていたのですが、第一印象は意外にも「あれっ、平地なら全然普通に走るじゃん!」。流れに乗るのにまったく扱い難さは感じられません。もしかして吊るしのフィールダーMTよりも乗り易かったりして。。。(苦笑

 ただし、これで仮に1~3速がGTと同じレシオならもっとずっと扱い易かろうというのは容易に想像されるところ。またタコメータは無いのですが、普通に転がしているだけでもメータ読みで70km/hに近づかないと5速に上げる気になれないことから、動力性能に対して絶対的にはハイギアードな設定であることは間違いないところです。
 あとは3気筒且つDMF(デュアルマスフライホイール)も未装備なのか、高いギアで負荷をかけると車内に派手にこもり音が響きます。BSFCヲタ(音振よりも燃費優先)ゆえ個人的には全然気にはなりませんけどね~(^^;。○○○ルノーさん、本日は試乗させて頂きありがとうございました!

***** 11月19日 追記 *****
 山岳路や高速道路などは試せていないものの、平地では予想よりもずっと普通に走れたので、ウチの(悪い例としての)ベンチマークであるフィールダーとギア比を比較してみました。

 吊るしのフィールダーに対し3~5速が低められ、フィールダーの1~4速の間にトゥインゴZENの1~5速がほぼすっぽり収まる形となります。排気量も異なるので単純な比較は出来ませんが、平地なら走り始めたら3速より下に落とすのは交差点を左折する時くらいですので、小排気量車らしく低めに設定された3~5速の恩恵を得られたようです。
Posted at 2017/11/18 15:19:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗記のようなもの。 | 日記
2017年11月13日 イイね!

ルノー・トゥインゴGTのギア比。

ルノー・トゥインゴGTのギア比。モデルチェンジでRR駆動となったルノー・トゥインゴに待望のMT車が設定されているのは知っていましたが、案の定その評価は微妙なものでした。

「案の定」と書いたのは、いまカーメーカ各社は厳しいCO2排出削減目標を課されており、カタログ燃費ベースでこれを達成できなければ巨額の罰金が待ち受けています。
 MT車のエコランと言えば要求馬力の許す限り高いギアを選択し、オペレーティングポイントを「燃費率(BSFC[g/kWh])の目玉」に近づけることがセオリー。ですが、燃費計測モードであるNEDCやJC08では車種毎に任意のタイミングでシフトアップすることが許されていません。全車一律のタイミングで変速する必要があるので、極端に動力性能の劣る車種でも計測に支障がないようにシフトアップタイミングは余裕をもって遅めに設定されています。つまり並以上の動力性能をもつ乗用車では不必要に低ギヤでダラダラと引っ張らされる傾向となり、「燃費率の目玉」からは低負荷・高回転側に外れた不経済なオペレーティングポイントの常用を強いられる訳です。

 それに対しカーメーカ各社は、1速では必要最低限の発進性能を確保しつつ、2速から上のギアを可能な限りハイギアードとすることで(シフトアップタイミングが縛られた状態での)カタログ燃費の改善を図ってきました。トゥインゴZENもそれほど動力性能に余裕があるわけでもないにも関わらず、2速以上が高められたギア比の所為で快活に走らせることは容易ではないことが各インプレッションからも窺い知ることが出来、デビュー後ほどなくして興味を失いました。。。
 トゥインゴにターボ版のGTが加わる事は知っていましたが、以上の様な背景からあまり期待は持てずにいました。しかし「自らクルマを操りたい人へ。ルノースポールが手がけた「ルノー・トゥインゴGT」に試乗。 - webCG」を読むと「5段階のレシオは下4段をクロスさせたもので、同じリズムで500rpm上げ下げして使うだけでも面白い。5段目は燃費を考えてレシオを高くしてある」との記述があり、NA版のZENとはギアレシオが変えられていることが伺えます!

 残念ながらルノージャポンのサイトを見てもギア比は未公表でしたがこちらに各ギア段における1,000rpm時の車速が掲載されていました
もげ. 11/13 20:49
トゥインゴ ZEN(5MT)は非力なくせにNEDCモードのシフトアップ縛り&CO2規制で苛められたギア比で微妙な感じでしたが、GTは良さそう!あとで日記に書く予定。。。


 それで早速Ne-V線図を描いてみたのが本日記のタイトル画になります。1~3速ワイド、3~5速クロースなZENとの違いは一目瞭然!実はステップ比で見るとクロースレシオ化されたのは1~2速だけでそれ以外はワイド化(ZENの0.55→0.68→0.79→0.81に対し、GTは0.63→0.65→0.66→0.71)されレシカバも広がっている(ZENの4.18に対しGTは5.15)のですが、オーバーオールでは1速が11%、2速が28%、3速が23%、4速が3%もそれぞれ低められ低車速域での扱いやすさは格段に増しているはず!5速は逆に10%高められて巡航時のエンジン回転数が抑えられています。

 トゥインゴGTの最高速は182km/hらしいので3~5速ワイドとされたこのギア比では超高速巡航時に4速では吹け切り、最高速が出る5速ではパワーピークに届きません。これがフラットトルクなNAエンジンだとちょっとした起伏や風の影響を受け易くなりますが、これほどワイドなギアリングが可能になったのは、中速トルクが豊かでピークパワー帯が広く中間加速性能に優れるターボエンジンならではと言えるでしょう。
 一方で1~3速をクロースさせたことで従来であれば悪化するはずのカタログ燃費に対しては、来年から施行されるWLTCモードでは全車一律のシフトアップ縛りが無くなり、各車の動力性能に応じたタイミングでシフトアップできる様になる事が大きいと思います。いやぁ、これは楽しみなクルマが登場しました!願わくばこの4、5速を少しだけローギア化(4速は現行ZENの3.5速相当、5速は現行ZENと同じに)して、早急にこの1~3速をNA版のZENにも横展していただきたいものですが。。。

もげ. 11/13 22:53
書いた。これでポート噴射(高負荷BSFCで某社にdisられる)でさえなければ、次期下駄車の筆頭候補なのだが。。。http://cvw.jp/b/325353/40708018/


 画像はベースとなった66kW仕様(TCe90)ですが、残念ながらこのF4Bt型エンジンって直噴じゃないんですよね~。高負荷域を多用した際の燃費は期待できないかも。。。(汗

***** 11月19日 追記 *****
 ルノーディーラで貰ったカタログにGTのギア比が載ってたので画像を差し替えました。
2017年10月29日 イイね!

FBM2017。

FBM2017。私がシトロエンC4 1.6HDiに乗り始めた2006年からFBMには毎年参加しています。早いもので、今年でもう12回目の参加となりました。
 自身が尻掻き中毒を発症しドイツ製FR車に乗り替え、且つ並行ディーゼル繋がりで知り合った仲間達が次第にC4を降りていったこともあり、ぼっちで陰キャな私はここ数年はイベントからは距離を起き、朝から周辺でがっつりハイキングを楽しむことが多くなりました。しかし、流石に台風が接近する今年はハイキングは諦めて12時過ぎにゆっくり会場入りしました。悪天候で早々に退散したエントラントも多かったようで駐車場は結構な空きがありました。

流石にこの天気ですので会場内を練り歩くのは早々に断念し、doe136さんとしばしディーゼル談義に花を咲かせ、遅れて上がってきたDeepSkyさんと挨拶を交わして下山しました。帰りは蓼科でペンションを経営されていた友人宅でコーヒーを頂き帰路に着きました。

過去のFBMの記録。
・車山高原→八島ヶ原→霧ヶ峰→FBM2016。
・2015 車山は快晴です!
・2014 心の洗濯。長野県茅野市 車山⇔下諏訪市 八島ヶ原
・FBM2013 フォトギャラリー BMW 1シリーズ ハッチバック
・FBM2012。
・FBM2011。
・今年は前泊しました(FBM2010)。
・FBM2009 フォトギャラリー シトロエンC4
・FBM2008
・FBM2007 フォトギャラリー シトロエンC4
・FBM2006 フォトギャラリー シトロエンC4
Posted at 2017/10/29 20:35:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | イベント。 | 日記
2017年10月02日 イイね!

【10/26追記】早くもWLTPの効果!?シビックHBのギヤ比が。。。

【10/26追記】早くもWLTPの効果!?シビックHBのギヤ比が。。。先週末は新型シビックHBを見てきました。
 「過給ダウンサイジングSI機関をMTで操れるこの国では稀有な選択肢。」自分の興味はその一点に尽きます。試乗車は当然CVTオンリーで(涙、カタログと価格表だけ貰って帰ってきました。それで一応エンジン回転数(Ne)-車速(V)線図を描いてみたのがタイトル画です。

 今では知ってる人も多いと思いますが、日本のJC08モードや欧州のNEDCなどの燃費計測モードに於いて、MT車は全車一律に定められたタイミングでシフトチェンジしなければなりません。一般に動力性能に余裕のある車ほど加速中は無駄に下のギヤでダラダラと引っ張らされる羽目になり、MT車はカタログ燃費でCVT車の後塵を拝するようになりました。
 それだけならカタログ燃費が悪くなるだけで、エンドユーザへの実害はエコカー減税額が目減りする程度なのですが、厳しいCO2排出削減目標を課せられたカーメーカ各社は、適切なタイミングでのシフトアップが許されない状況下で少しでもカタログ燃費を良くするため、MT車の2速から上のギヤをどんどんハイギヤードに振る様になってきて、ドライバビリティにも明確な支障が出始めています。

【10/26追記】地域別のCO2排出量削減ロードマップ。

 Y軸のX切片が0g/kmであることに注意!カーメーカはカタログ燃費が少しでも向上するなら藁にも縋る思いで何でもやるでしょう。燃費計測モードでシフトアップが許されなければギヤ比を小さく(ハイギヤ化)するでしょう。「ドラビリがどうなったって知りませんよ。。。」という中の人のぼやきが聞こえるようだ。(涙

 未だにMTが主流を占める欧州市場などでは、流石にカタログ燃費追求の弊害が見過ごせなくなってきたと見え、WLTPではついに各車の動力性能に応じた変速タイミングが与えられるように変わった。。。という事を過去日記で書きました。
2016年07月25日 MT車が燃費計測モードの変速縛りから解放されるかも!?

 さて、シビックHBのNe-V線図を眺めてみます。比較車種がデミオ15MBとなったのには特に意味はありません。
 故・兼坂先生の「気をつけろ、ターボは急に走れない」という言葉を引き合いに出すまでも無く、ターボは発進時にはものの役にも立ちませんが、300kg以上も軽いデミオ15MBより僅かに高い1速での発進性はすこし気がかりですね。ちょっとした坂道では恥を忍んでブワーン!と吹かし、フライホイールに蓄えたエネルギで発進する事になるでしょうか。。。(汗

 2速は15MBとほぼ同じ。3速から上は15MBよりやや高いですが、1,900rpmから240Nmの最大トルクを発生しパワーピークも5,500rpmに留まるターボエンジンとの組合せ且つ最高速も220km/hに達することを考えると、パワーピークが6,000rpmで6速はオーバードライブとなる15MBよりもむしろドラビリ重視のギヤ比と言えるかもしれません!おそらくWLTPでシフトアップ縛りが見直されることは織り込み済かも。。。
 スポーツカー等を除けば、6速のままシフトダウンせずに最高速まで加速できる車は近頃では本当に珍しいのでは?(最近の「カタログ燃費の虫」に成り下がる前のディーゼル車ではそれが普通で、それゆえMTが主流且つ高速巡航の多い欧州で支持を急速に広げた訳です。)ターボらしく極低回転域の「トルクの崖」に落とさない事だけを心掛ければ、相当元気良い走りを見せてくれるのではないでしょうか!

 ところでマツダがCX-3で話題作りをした様に、日本でもカタログ燃費を(WLTPで定められた)WLTCモードで併記することが可能になっています。是非ともホンダには新型シビックのWLTCモード燃費を公表して、MT車でのWLTCモード燃費公表一番乗り!を果たして欲しいなぁ。。。

***** 2017/10/05 追記 *****
 欧州では売ってる1リッター3気筒ターボのギヤ比を見つけたので同じようにNe-V線図を描いてみました。性能曲線を比べると1リッターの方がパワーピーク後の伸びが無いので、トップエンドは6,200rpm止まりにしておきました。

 1.5ターボに比べてファイナルが15%低められていますが、2~6速は逆に高められオーバーオールだと3速と6速はほぼ同じ。1~5速が3速を基準にワイドレシオ化されています。1.0ターボの最高速は203km/hなので6速は完全なオーバードライブになっていますね。。。
 その「燃費の目玉」の広さを考えれば、1.5ターボのファイナルを4.7に変えただけ(6速100km/h巡航は約2,800rpmとなる)でもバチはあたらないと思いますが。WLTP完全移行後のギヤ比見直しに期待したいです。。。
2017年09月02日 イイね!

栃木県那須町 茶臼岳。

栃木県那須町 茶臼岳。今年の夏休みは戻り梅雨(?)の影響でどこの山も登れなかった訳ですが、パートナーがどこか行きたいと言うので那須の茶臼岳に登ってきました。

土曜日は台風15号の影響で天候の回復が遅れており、且つパートナーの体力では何時間も歩くのは無理なので何時もよりゆっくり出かけました。那須ロープウェイの駐車場は狭く、混雑期には一時間以上待たないと入庫出来ない事もありますが、この日は朝まで雨降りだった事もあってガラ空きでした。

11:50 那須ロープウェイ頂上駅(1,684m)より行動開始。パートナーがどれだけ歩けるか不明なので、最短で茶臼岳頂上までピストンで帰ることを想定し山頂を目指します。山頂付近は気持ちよく晴れて朝まで降り続いた雨が嘘のよう、下に雲海を眺めながら爽やかなハイキングを楽しめます!
12:25、茶臼岳頂上(1,915m)。天候の影響か頂上付近も人はまばらで、静かな山の空気を満喫できました!パートナーも少しは余裕がありそうなので、峰の茶屋経由で茶臼岳の西側を巻いて帰ることにします。
13:00、峰の茶屋避難小屋(1,720m)。13:20、牛ヶ首(1,730m)。13:45、ロープウェイ頂上駅に到着。下山後は那須湯元の旅館「清水屋」で硫黄泉に浸かり、汗を流しました。

それにしても、今回残念だったのは新調したばかりのTORQUE X01のオートフォーカスがバカで遠景がボケまくり、焦点距離を無限遠に固定する事も出来ないこと!EZWebが使えなくなったことで実質的にメールも電話も出来る携帯デジカメとしか機能していないのですが、そのカメラの性能が劣るというのは本当にガッカリです。。。(涙
Posted at 2017/09/03 22:25:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | ハイキング。 | 日記

プロフィール

「トゥインゴGTのエンジンがポート噴射でなく直噴で、且つ限定車ではなくオレンジ以外のボディカラーも選べたなら、今頃真剣に120dの処分を考え始めていたかもマジで。。。(汗」
何シテル?   11/20 22:07
ディーゼルのMT車に乗っていますがアンチハイブリッドという訳ではありません。ユーザが夫々の用途・好みに合った道具を選択できればいいなぁ、と考えています。メーカー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

WLTP Gear-Shifts Calculator(alpha4)の中身を知ろう 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/05 23:22:25
2015年現行モデルの「2速1000rpm速度」一覧 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/29 21:53:57
新燃費基準WLTPとMT車の変速 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/22 22:10:54

お友達

相互交流を目的とした利用ではないので、お友達は募集しておりません。

ファン

209 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
FRでディーゼルでMTってだけの理由で偶々乗ってる下駄車。レンタカーの如き地味な外板色に ...
カワサキ スーパーシェルパ カワサキ スーパーシェルパ
 購入時ODO=14,148km。下駄車として快調に稼動していましたが、電気系トラブルで ...
その他 その他 その他 その他
モトクロスで足を怪我して手術し、退院後に運動不足解消を目的に購入。現在は専ら通勤車として ...
シトロエン C4 シトロエン C4
なぜか日本では入手困難なディーゼルエンジン搭載の生活MT車。安価なれども商用バンしか選べ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.