車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月27日 イイね!
諸般の事情よりウチのサファリ君DXヨン様号はユーザー車検ではなく、コーハイのダイハツのお店で毎年車検をお願いしております。
ま、ベンちゃんは別としてもやはりちゃんとプロに見て貰ったのが我が手元に一台ぐらいはないと安心できませんしね(笑)。
今回はだいたい諸経費と基本整備入れて9万円ほど掛かりました。
ユーザー車検の法定料金のみよりは高いのは当然。この差をどう見るかですが、安心料とすれば安いかも。

ま、コーハイはどうでもそこの従業員さんはプロですから(爆)。


今回の車検ではLEDヘッドライトがそのままイケるかどうか?も焦眉の点だったんですが、思った通りとゆーかやはりとゆーか、ダメでした。
中心光量は足りていても、周りがダメのようです。よーするに光が散ってないってコトのようで。
旧車は以前からのハイビーム測定なんで余計なんでしょうかね。
ライト本体レイブリのカットが余計にマズイのかも知れませんが、ハロゲンは無問題で通るってことはやはりタマによって随分と配光特性が違うのでしょう。
車検対応品、と箱に書いてあるのは手の込んだギャグだと思うことにします(笑)。

あとミッションメンバーのボルトが一本折れたままでしたが、こちらはなぜかお咎めなしだったそうです。
ワタシとしてはお咎め受けて再検査になって抜きかえてくれればヨカッタのになあ(笑)。
来年の車検までの課題が残ってしまいました。


さしあたってDXヨン様の車検後今期初実戦は、3/5の教授会になりそうです。

Posted at 2017/02/27 10:40:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | サファリなんだよ人生は | 日記
2017年02月21日 イイね!
この季節が今年もやってまいりました。
性懲りもなく、このイチゴ県に再び舞い降りた厄災、その名は※「しもつかれ」。

先日も昼飯にと入ったイキツケの蕎麦屋で、「ほいサービス!」と小鉢に出されたモノはまさしくヤツ!、”エネミー”だったのです。
美味しい蕎麦を軽快に啜る音が一瞬止まり、あまつさえ喉からバックしそうになるのを必死で堪えました。

ああ、どうしてカミサマはこのような”とてつもなく近似”の料理を生み出したのでしょうか?。
どこからどう見ても、”飲み過ぎてリバースしたブツ”以外何物でもありません。
臭いすらもまさしくそのもの。

久しぶりに見たヤツのあまりの再現率の高さには唸るばかりで、遠ざけようとするにも半径3サンチ以内は2000ベクレル以上の放射線なので素手ではとても危険。
割り箸でテーブルの隅っこに追いやるも、その禍々しい臭気の中で食事を続けるのは無理と判断し慌てて逃げ帰りました。

しかしこの”しもつかれ”と呼ばれる死に至る危険汚染物の製法は実にカンタンなのです。
まず”オニオロシ”と呼ばれる異様にギア比の低いガジガジのダイコンオロシ状の責め具で、ダメになった野菜や捨てるシャケの頭などを一気呵成メチャメチャに擦りおろし、安い日本酒をたらふく飲んで2時間ほど胃の中で発酵させてから先程の具材の上におもむろにリバース。
おもにリバースの役目はその家の長老である場合が多く、稀に入れ歯が入っている家庭もあるようです。
県北ではさらに「呼ばれしもつかれ」と言われる儀式があり、近所に我が家自慢の生成物を配ると言ったナラワシでさらに吐瀉物を増やすという行為が盛んにおこなわれます。





毎年この時期には各家庭やお店御自慢の破壊力を競う為のコンテストなども大々的に開催され、なにも知らずに都会から来た観光客や外国人の犠牲者が絶えません。
ご冥福をお祈り申し上げます。


※作者追記解説
説明しよう。
”しもつかれ”とは、数ある郷土料理の中でも、その土地に先祖代々住んでいらっしゃるご高齢の方でも「ダメ」と仰るほどのポテンシャルを持つ、好き嫌い(もとい可、不可)の激しいご当地料理。
”可”の方は冷やしてご飯のお供に、という鍋料理とは思えない摂食をする、らしい(怖)。

うっ、、、吐瀉物(爆)を冷やしてご飯に、、、ああ!気が狂いそうだ(爆)。

Posted at 2017/02/21 09:46:52 | コメント(4) | トラックバック(0) | 乱記 | 日記
2017年02月13日 イイね!
サファリ君DXヨン様号の車検を取得すべく、コーハイのダイハツのお店へ。

最近はDXヨン様の車検はココでお願いすることに決めてます。
まあ、我が平成クラッシクカーで1台ぐらいはプロ(一応)の手に掛けてもいいかな?とゆーのと、やはり田舎は持ちつ持たれつなので(笑)。
それと突発で何かあった時、便利なんですよ(爆)。

そーいう黒い理由でお願いしてますケド、最近はユーザー車検がメンドクサイのも事実。
熱意が薄れて来たのかなあ(笑)。

まだ約束までの時間があったので、お店最寄りの某駅でSL見学に。
この路線はSLが売りなんでね。
もっとも1回しか、それもヒト駅だけしか乗ったことは無いがね(爆)。



DX君もSLが見たいそうです。

まだかなあ。
トーマスはかおいろがわるすぎでしんだんだろうなあ。
まじでじつぶつはみるもんじゃねーよなあ。
でじかめもヘンにかおにんしんきするし、きもちわるいんだよなあ。
でもオレもグリルはずせばきもちわるさはまけねえぜ。

と、アテレコしていたらフオッ!と汽笛が。



汽車ってのは実はシュッポシュッポみたいなカワユイ擬音では走りません。
ジッサイにまじかで見ると、「ドシュ―ガガガガブボッ!カカンコカンドシュ―、、」とまあ勇ましくいろんな音がするもんです。
都会ナンバーのイプサム号でやってきた家族はSLを初めて見たんでしょうか。
赤ん坊は泣き叫び小さな子供は固まり、若いペアレンツはクチをあんぐりと開けたままでした(笑)。



「ふお!!」と無駄な汽笛をぶっ放して目の前を通り過ぎる蒸機。
ココで運用されているのはタンク式とゆー比較的小さなSLです。
四駆で言えばまあジムニークラスでしょうか。
今日はデフレクタ付きのC11325でした。もう一台のC1266はデフを外しているのでより小型機関車ぽくて好きなんですがね。
カマのチョーシが悪いとケツにDE10が引っ付くらしいですが、まだそれを見たことありません。
心底見たい!とも思いませんが(爆)。




残念ながらココのSLは乗ってしまえば蒸機だろうがDLだろうがそんなに変わることはありません。
50系なんて比較的新しい客車牽いてるし、自動ドアだし(笑)。
その点大井川鐡道は偉いなあ。客車は手動ドアで見たことねーような旧い板バネだったなあ。
やはりココの動態機関車は外から見てナンボの、無料サービス的な客寄せパンダなんでしょうかねえ(爆)。

それでも何か得した気分になるのは何故でしょう。
我々の世代はSLの営業運転を知りませんので古き良き時代のノスタルジーよりも、その迫力とフルアナログの機械感に感動を覚えるからでしょうね。

非効率で無駄なエネルギーの移動物体は、残念ながら大好きです(笑)。

あ~いいもんみた、とコーハイの店にDXヨン様を預けてきました。
あと20年もすればこのサファリも、フルアナログの機械感で人々に称賛される時がくる、のかな?(笑)。






Posted at 2017/02/13 10:01:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | オデカケサファリ君 | 日記
2017年02月06日 イイね!
サファリの教授、nakajinさん主催の「教授会」に参加してきました。
場所は相模川の高田橋下、とちょっと餃子市からは遠いのです。
走りナシ、と聞いたのでベンちゃんでも良かったんですが(爆)、やはり礼儀としてサファリで行かねばと車検残僅かのDXヨン様を引き連れて高速道路へ。

乗ってから気が付く、そーいえばコレ中型車だわ(爆)。
休日割引もな~んもないし(泣)。




「日本の高速道路料金体系は間違ってる!」と騒ぎながらトーホクジドーシャドーを南下。
アクティブ効果でTD生でも110Km/hクルーズがそれ程苦にならないのですが、「高速道路はベンちゃん」が染み付いてしまった身体にはちと苦痛(爆)。
ホント、ニンゲンは楽な方に転がる生き物ですなあ(笑)。

なんか今日はとっても長い気がする圏央道を厚木方面へ。
相模原愛川ICで下車して川沿いの下道を往こうとするのですが、どーいうわけかなかなかその道に辿り着けない!。
旧いナビの地図だと立体が見えないのです(泣)。
しかし経験と勘を駆使の49歳(KKK49)で(笑)、なんとか緑色の県道へ軌道を乗せられました。

暫くすると高田橋と思しき橋の下に、見慣れた緑色の英国車が。
となりにはキレイなY61スーパーサファリ。
ああ、間違いないと安堵しつつ広大な河川敷(行楽地)へタッチダウンです。


お久しぶりのnakajin教授とninjaさんと御挨拶もソコソコに、たまたま撮影で居合わせたコンクールコンディションのグロリアを見学。
50年前の個体がすっばらしい状態で佇まっていました。



プリンス時代のグロリア、造りがスゴイ丁寧。
うちのY31にも通じる造形もありますが、やはりご先祖様はオーラが違います。
年式はワタシやninjaさんと同級生。いやあ、感慨深い(笑)。
快く見学させてくれたオーナーさんに感謝です。


さてでは本番の教授会の様子ですが、まずはnakajinさんにようやく渡せたタイヤカバーの装着から。



元々はmicchamaさんことBKさんから頂きましたY61タイヤカバーでしたが、新品のようにものすごくキレイなのです。
なのでうちの鯨組Y61小隊連中に与えてもソッコーで傷だらけにしてしまうだろうと(笑)nakajin教授に貰ってもらう約束でしたが、ようやく約が果たせました。
うちのクローゼットも片付きました(笑)。

スペアのスタッドに友締めかと思いきや、裏蓋は別ボルトでブラケットに取付とゆー、まあなんてメンドクサイ丁寧な作りに驚きます。
さすがこの瞬間がやっちゃえ日産(笑)。
なんでも出てくるドラえもんninjaさんがいてヨカッタ。



そのninjaさんの90君も、DXヨン様とのこのツーショットが見納めかもしれません。
時期愛車はやはり女王陛下のヨンダブリュデーらしいですよ。
現在ようやく目に見える範囲に上陸したとの事ですが、ガス検通るの?(爆)。

しばらく3人で社会の情勢などを歓談(笑)していると、お初のwaka-9サンのブラックサファリがご登場。
あまりのコンディションの良さに驚きます。マジで死蔵新車ですか?(笑)。



燃費の悪さにも慣れたそうで何よりです(爆)。


早くから来ているハズだった地味好きさんもようやく登場(笑)。



相模川なのに、一気になにやら鯨組臭が漂ってまいりました。



年末に那須基地から奪取していった(爆)、純正テッチン+塩味スタッドレスで登場。
少しは塩分抜けたかな?と思いきや、全然減塩になってないぢゃないか(爆)。

これは「塩分控えなきゃ」といいつつカップラーメンに規定ライン以上のお湯を入れて、結局全部汁を飲んでしまうような行為と一緒ですな(笑)。


14:00過ぎに kuro-v-c-m 君登場。
このヒトもちょっと距離感が派手にオカシイ(笑)。
富山の御仁も狂ってますが、彼も隣町に住んでるかのようにどこにでもアッサリ登場するのですね。
ちなみに彼の家に遊びに行った時、ワタシはその遠さに気が遠くなりました(笑)。

本日の教授会のメインイベントはwaka-9さんの純正キャリアをkuro-v-c-m号に移植する事。
既に事前にキャリアの脚が緩められていたので、大勢寄って集って瞬殺で終了(笑)。
狩猟をやる彼のコトですから次に逢う時はこの大きなキャリアに、シカやイノシシの死体が積まれているやも知れません。



貴重な最終サファリと中期後期のY61。
TB48が3機も集まってるなんて、ゴーンさんが見たらどんなシカメッツラをすることでしょうか(爆)。



ヒジョーに名残惜しいのですが、一般人的距離感のワタシはそろそろオイトマせねばならぬ時間になってしまいました。
なんせ病み上がりの奥様に「ちょっと行ってくる」とだけ言い残してきただけなのです。
しかも寝てる時に(爆)。

再びTDミュージックに塗れながら高速道路を直走り、心配された高尾山や中央高速合流渋滞もなくトーホクジドーシャドー海流へ。
笑点大喜利の時間と同時に餃子基地へ帰宅できました。


久しぶりに有意義で楽しい時間を過ごすことが出来ました。
声を掛けて下さったnakajin教授に感謝です。
来月の”猿”での教授会もなんとか都合付けて向かいたいと思います。

その前に、DXヨン様の車検を取らねば(笑)。





Posted at 2017/02/06 10:14:18 | コメント(7) | トラックバック(0) | サファリなんだよ人生は | 日記
2017年01月20日 イイね!
実質全国10人のくみちようファンの皆様こんにちは(笑)。
お寒いですね~。はい、冬だから仕方ないんです(爆)。

さて、最近我が副業で仮のシャカイジンをやらせていただいている会社の方が、殆ど一斉に社用車の入替を行いました。
ま~仕事の性格上、あまりメーカーが一社に偏るとマズらしいので、T社やN社や七つ星社などまんべんなく仕入れなきゃいけないワケですが、今回はT社の比率が多いようです。

で、そのT社、ほぼアクアとPで占めておりまして、なんとハイブリッドのみってスゲエなオイ(笑)。
ワタシには大奈君がおりますので正式には配車されませんでしたが、とりあえずアクアが1台余ったようなので(爆)、キョーミもあって最近使い始めました。
まあ、世間体的に設計がトラックってのもねえ(笑)。

アクア、乗り込んだ瞬間トヨタ独特の新車臭に包まれます。
ああ、これキライじゃないぜ(笑)。
久しぶりに嗅ぐ匂いに顔も緩みますが、今後もまず自腹で味わうことは無いだろうなあ(爆)。

オッコラショと乗りこんでみるも、まずシートが体に合わない、、、。
なんでしょう?反発力がなさすぎとゆーか、新車なのにヘタってるとゆーか、、。
ケツのホールドは悪くない風ですが、すぐに腰にキそうなカンジです。
あ、デブはダメってこと?(笑)。

トヨタ各車のセンターメーターにも慣れましたが、ハンドルの前がスカッとしてるのは何とも腑抜けな感じは否めません。
ツワモノはこの目の前にスマフォを貼りつけたりしているそうですが、是非ワタシの半径10キロ以上の所でポケGOでもやって思う存分事故して下さい(爆)。

暖気は済んでいるのでスタートボタンを押してもずっと無音。
サスガに慣れましたが、最初は戸惑いました。
初代Pに乗った時、「アレ?さっそく故障なの?」とか思ったもんですなあ(笑)。

アクセルを踏むと例のムイーン、、、と言う音と共に発進。
インジケータはECOモード。電気タンク(笑)は半分ぐらいだったですが、結構踏み込んでるつもりでもなかなかエンジンが掛かりません。
2代目Pに載っていたヤツはとっくにプルルン!とかわいい音がして協調運転に入ってるハズです。
けっこう細かく改良されているようですね。

そのうちプルルン!と懐かしい感じもする音を出してエンジンが始動。
コクっと僅かに振動が来ますが、新型Pでは殆ど感じないのでやはりこのあたりがアクアの限界か。
なんせ安いですからねえ(爆)。

そのまま踏みつけてインジケータのバーが赤に突入しても、比較的穏やかな加速。
全く盛り上がりに欠けるエンジンですが、まあコレはこーいうノリモノです。
マフラー4本出しにしたり羽根つけたりするヒトのセンスを疑います(爆)。
(意見には個人差があります)

街中を流していると、そのうちだんだんエンジンを掛けてしまう事が”負け”なような気がしてきます(笑)。
後続車がいないとエンジンを掛けないようにゆっくり発進、流している時も極力静かにアクセルを踏んでいる自分がいます。リッター3~4kmの恐竜を飼ってるくせになんてこったです(笑)。

しかし、このトヨタ式ハイブリッドTHSを考えたヤツはスゴイですね。
本気で尊敬します。原理は完璧に理解してませんが(笑)、遊星ギアで2個のモーターとエンジンを”イイカンジ”で繋ぐというシステムが思いつくなんて、ホントにアタマの良いヤツなんでしょうねえ。

N社が”新しい電気自動車のカタチ”とかナントカ言ってますが、それって単なるシリーズハイブリッドじゃん。しかも「発明」とまで言ってしまう無敵の厚顔無恥に驚きます(爆)。
そんなのポルシェ博士が大昔に実用化してるし、ポルシェティーガーはソレでダメだったし(笑)、今でもディーゼル機関車の一部や潜水艦は見事なシリーズハイブリッドですわな。

N社の宣伝を見るたび思います。
「矢沢先輩が嘘つき呼ばわりされてカワイソウ、、」(爆)。
ホントにさあ、もうちょっと謙虚になってクダサイよN社(意見には個人差があります)。

ホントの発明はTHSだよと思いつつT社は好きになれないワタシなので(爆)、アクアのアラサガシもホラとってもカンタンなの(笑)。

まずハンドル。この下側の平らな部分は要りません。
据え切りなどで平たい部分を握る時の違和感、ハッキリ言ってイヤです。
もしコレがホントに必要だと思ってるならば、もっと人間工学に基づいたドラポジや乗り降り姿勢をとことん追求しましょう(爆)。

前方は良いケド斜め後方の視界が悪いです。
ちゃんと振り返って目視するヒトは要注意です。目視しない人は問題ないでしょうが(爆)。
このあたりは弟分のポークビッツ君のほうがマシですね。

センターメーターが見えません。
後ろから太陽光を浴びると、反射してな~んも見えません。
これ、完全に根本的な設計ミスですよ。

乗り心地も褒められません。
フツーにキレイな舗装路を走ってる分には良いのですが、ちょっとでも荒れるとツキアゲがヒドイ、、、。バネは柔らかそうなのでストロークが圧倒的に足りてないんでしょう。
そっか、それでシートがダメダメな程柔らかいのか?(笑)。

世のジャーナリストが”ハンドリング”とか言う連続ワッパ回し(笑)も実にフラフラ。
足回りでちゃんとヨーが消せないので、ちょいと運ちゃんの介入が必要なのはその筋のエキスパート専用ってこと?(笑)。
これでストロークが短いんですから、いやあ、ある意味スバラシイ(爆)。

カッコ悪いし荷室は狭いし後ろの席は穴倉だしカッコ悪いし(2回言います)、ジドウシャとしてはどうかと思うのですが、しかし、燃費はさすがにイイですね。
新車でアタリが取れてないとはいえ、最初の給油でいきなり26km/Lとは恐れ入り屋の鬼子母神。
え?JC08で37だって?(爆)。

アクア、意見には個人差がありますが、トータルで見ればNGでしょう。
燃費の良さだけで何もかも補えるなんて考えはもうダメだと思うのです。
1500ccと最近では大きなエンジンを積んでいるので税率でも不利です。
燃費を追求する楽しさはありますが、運転そのものに楽しさはありません。

ワタシならばお財布に少々負荷を掛けても新型Pを選ぶでしょうねえ。
あのスタイルは、それこそ「意見には個人差があります」ですが、な~んもデザインされてないよりもマシです(爆)。

ふと、「そうだ、新車の匂いが消えたらアクアはコーハイに譲ってしまおう」、と思った冬の日でした(笑)。




Posted at 2017/01/20 11:28:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 乱記 | 日記
プロフィール
「ゴーンさん日産の社長辞任とのことで、お疲れさんでした。これでサニーやセドグロ復活!か?(笑)。」
何シテル?   02/23 11:24
くみちょうです。よろしくお願いします。 物騒なネームですけど、比較的穏やかなおっちゃんです。 サファリY60に乗っております。 メインはTB42Eのキング...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
戦争したくなくてふるえる若者と、就職できなくてふるえるという現実。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/29 13:49:01
関東大会へGO! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/02 12:53:18
お友達
四駆乗りに限らず、モノ好きな方はぜひお友達に!(笑)。


70 人のお友達がいます
micchamamicchama * 16nights16nights *
nakajin4wdnakajin4wd * 荒野のうさぎ荒野のうさぎ *
ちよサフちよサフ * billy-bobbilly-bob *
ファン
46 人のファンがいます
愛車一覧
日産 サファリ さふぁり(参号機) (日産 サファリ)
WGY60と言えばTB42Eが肝です。 静粛性、動力性能に不満はありませんが、燃費が、、 ...
その他 その他 その他 その他
最近のワタシのお気に入りマシンです。 実はヒジョーに燃費が悪いコトに気が付きました(笑) ...
日産 サファリバン さふぁり(四号機)ヨン様 (日産 サファリバン)
参号機の極悪燃費を支援するために、ディーゼルの四号機を入手しました。 内装まで剥がし2名 ...
日産 セドリックセダン セドくん (日産 セドリックセダン)
突如として妻の実家よりやってきた黒塗りの営業車セドリック(笑)。 主に納屋でじっとしてい ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.