日産 ノート eパワー

日産 ノート eパワー

ユーザー登録台数

2,340

ユーザー評価

  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
4.37 ( 311 件)

本体価格

新車
190.2万円294.2万円
中古
-

ノート eパワーの買取情報を調べる

※新車価格はメーカー発表当時の価格です

プロフィール

日産自動車は、「ノートe-POWER」に特別仕様車「シーギア リミテッド」を設定して、2018年12月10日に発売した。 「シーギア リミテッド」は「シーギア」をベースに、ステアリングでの操作が可 ...もっと見る

  • ノート eパワーのプロフィール

    日産 ノート eパワーは、2016年11月に行われた2代目ノートのマイナーチェンジの際にラインアップに加わったモデル。発電専用のエンジンで発電して、モーターで駆動するシリーズ方式のハイブリッドシステムを搭載している。ベースとなる2代目ノートは、2012年の登場ながら、このノート eパワーの追加で人気が復活。2018年上半期の国内新車販売台数では、日産としてサニー以来48年ぶりに、国内登録車でトップとなるなど、驚くべき復活を遂げた。エンジンは発電専用に改良を加えたHR12DE型1.2Lエンジンで、発電用モーターで発電を行う。駆動用のリチウムイオンバッテリーは、ピュアEVと違って大容量の電力を蓄える必要がないため、コンパクトに全席シート下に収まっている。駆動用モーターとインバータは、日産のEV、リーフのノウハウが活かされており、2L ターボエンジン並みのトルクを生かした走りと共に、積極的な回生発電も担っている。また、2018年7月には後輪駆動専用のモーターを搭載した4WDモデルを追加。雨や雪など、不安定な路面での安心感を向上させた。

  • ノート eパワーの口コミ、クルマレビューのまとめ

    みんカラのオーナーによる口コミのクルマレビューを見ると、ノート eパワーに満足している点として、回生ブレーキを積極的に利用したアクセルペダルによる加減速の操作に楽しみを感じているケースが多いようだ。モーター走行による、街中での発進からの加速感にも満足度が高い。また、街中での燃費の良さや静寂性の満足度も高い傾向にあるようだ。 一方不満な点としては、インテリアの使い勝手や、クオリティの向上、左右方向の広さを求める声が多いようだ。

  • ノート eパワーの実燃費は

    ノート eパワーのカタログ燃費は、FF車で34.0km/L(一部グレードで37.2km/L)、4WDで28.8km/Lとなっている。みんカラの燃費記録に投稿された実燃費を見ると、17km/L中盤~21km/L前後が平均値と言えそうだが、ノート eパワーは走り方や走行状況によって、実燃費の差が出やすいようだ。

一緒に見られている車種

注目のオークション 
おすすめアイテム 

ページの先頭へ ▲

みんカラ 人気のカテゴリ

もっと見る

表示:スマートフォン|PC

ログイン

ヘルプ|利用規約|プライバシー

© 2019 Carview Corporation All rights reserved.