• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Hyper MWSのブログ一覧

2013年02月26日 イイね!

アニメーションGIF

アニメーションGIFフォトギャラ「ハザード」を見て頂いた方の中には、
「どうやって作ってるの?」と思う人もいるかもしれないので説明を書いておきます。

フォトギャラup時に書くつもりでしたが、昨日は試行錯誤したり、ヘッダー、プロフ画像も作成したのでみんカラエネルギー尽きましたw








画像の加工をする人やアニメーションGIFを作ったことのある人はお解りですね?
難しいことはしてません。(^^)

GIFとはGraphics Interchange Formatの略で、
JPEGと同じく画像ファイルフォーマット(圧縮)です。

JPEGと違うのは、”アニメーションGIF ”と言って、
複数画像を1つのファイルに収録してアニメーション表示する機能があります。

今回のハザード点滅は、JPEGファイルの代わりにこのGIFファイルをアップしています。


では、画像加工も含めて具体的に説明します。

まず、画像を用意します。
今回はハザード点滅なので、点灯、消灯状態それぞれの画像(近い構図)を用意します。

↓ [ 1 ] 点灯




↓ [ 2 ] 消灯




次に、[ 1 ]のファイルをコピーし、
↓ [ 2 ]の消灯部分をコピーして、[ 1 ]コピーファイルの同じ部分に貼り付けます。
  画像サイズが大きいと、こんな加工がし易くなります。
  サイズが違う場合は、縮小/拡大して合わせます。
  (頑張れば傾きも合わせられますが)
  WINDOWS標準の「PAINT」だけでできます。
  ※これは等倍画像です。




↓ [ 3 ] 出来上がった[ 1 ]の消灯版




あとは、[ 1 ]と[ 3 ]を交互に表示すれば点滅になります。

アニメーションGIF作成にはフリーソフト「Giam」を使いました。
WINDOWS-7(64ビット)でも動作します。

Giamのダウンロードは、こちら からできます。、
※ダウンロード、使用は自己責任でお願いします。





↓ [ 4 ] Giam起動画面です。




↓ [ 5 ] 上記[ 1 ]、[ 3 ]ファイルをドラッグ&ドロップして読み込み、
     それぞれのウェイト(表示)時間を設定します。




↓ [ 6 ] あとは実行確認した後、GIFファイル名を指定して格納すれば出来上がりです。



↓ [ 7 ] ブログでもGIF動きます。
     小細工要りますが・・・
     この部分のソース表示を見れば解るかと。







みんカラでアップするには、
GIFファイルサイズを300KB以内にする必要があります。
なので、凝ったもの、大きな画像サイズのものは作れません。
ただし、ブログに貼る場合は大きなサイズでもいけるかもしれません。(未確認)

ちなみに、上記GIF(500x281)で226KB、ヘッダー画像GIF(930x268)で291KBです。

ヘッダー、プロフィール画像としてアップする場合は、
ファイル名の拡張子をGIF → JPGに書き替える必要があります。

それと、プロフィール画像、フォトギャラでは、
自動画像変換 ○しない をチェックしてアップします。

皆さんも遊んでみませんか?



[ 番宣 ]-----------------------------------------------------------------------

今夜は満月なので、いつもの番宣(4回目?)です。
今夜21:00~ からMOUMOONのスタジオ生(?)ライブがUSTREAMで配信されます。
ゆるゆる、gdgdなアコースティックライブです。
あ、J-POPですよ。

↓ これはカバー曲ですが、こんな感じのライブです。
  (たぶん、ニコ生で配信されたライブ映像)






↓興味ある人は こちら で。
http://www.ustream.tv/channel/moumoon

-------------------------------------------------------------------------------


では、また。
Posted at 2013/02/26 18:23:21 | コメント(9) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2013年02月23日 イイね!

デジタル一眼の基礎知識

デジタル一眼の基礎知識るんるん犬はよろこび庭駆け回り
雪で出掛けることもできず、コタツで丸くなってるHyper妄想ネコですw
またまたカメラネタです。(^^;
興味ある人もいると思うので、
許して(=´∇`=)にゃん!





さて、過去のブログを見て頂いてる方はご存知かと思いますが、
最近newカメラ(デジタル一眼)がほしくて、ちょくちょく妄想してます。
当然、各機種の仕様もチェックしてて、調べてるうちに色んな事が分ってきました。

以前のブログに載せた妄想カメラ4機種のうち3機種は、
これらでデジタル一眼の機能を網羅してるぐらい比較対象としては面白いんです。
基本機能の勉強になります。

ということで(暇なのでw)、
妄想3機種について仕様比較表を作り、知ってる範囲で説明を書いてみました。
いつものごとく、ダラダラと・・・(^^;

デジタル一眼の購入を検討されてる方には参考になるのではないでしょうか。

※間違いがあれば訂正コメントお願いします。(修正かけます。)



↓ まずは、3機種の仕様比較表です。
 分かり易い仕様だけ抜粋してまとめました。


※実勢価格は、2月23日の価格.com最安値です。




では、説明を。


1.イメージセンサーサイズ




 仕様比較表から分かるように、
 マイクロフォ-サーズとフルサイズでは4倍ぐらい大きさ(面積)が違います。
 APS-Cはその中間ですね。

 (1)大きいサイズのメリット
  ・同じ画素数であれば、センサーが大きい方が感度が良くなる
   これは、1画素が受け取れる光の量が多くなるためです。
   (センサーの物理的なことは知りません。)
   ISO感度(後述)を上げてもノイズが少なく、暗い場所で撮影する際有利です。
  ・色再現性がいい(?)

 (2)大きいサイズのデメリット
  ・ボディ、レンズも大きく、重くなる
  ・センサーが高価(?)


 センサーの大きさによって被写界深度が変わるようです。
 被写界深度とは、焦点が合っているように見える被写体側の距離の範囲のことです。
 センサーが大きくなるほど、被写界深度が浅くなり、ボケ味が強くなります。
 (レンズのF値が小さくなるのと同じこと?)

 ↓余談ですが、センサーに着いたゴミ(簡単に取れないもの)は、
  こんなの使って取ります。
  スティックの先端に粘着質のゴム?が付いてて、
  ペッタンペッタンしますw




2.画素数(画像サイズ)

 (1)画素数が多いメリット
  ・解像度が上がる(等倍で見た場合)
  ・トリミングできる範囲が広くなる
  ・トリミングでのズーム倍率(デジタルズーム)が上がる
  ・細かい加工(等倍での加工等)がし易くなる
  ・印刷する場合、より大きなサイズで高画質印刷できる
   例えば、2,400万画素で360dpi印刷(高画質お店プリント)だと、
    6,000×4,000(画素)=(6,000*25.4/360)×(4,000*25.4/360)=423×282mm
   のサイズ(ほぼA3サイズ)で元データ画質印刷できます。
   dpi:Dots Per Inch  1inch=25.4mm

 (2)画素数が多いデメリット
  ・1画素当たりの面積が小さくなり、イメージセンサーの感度が悪くなる
  ・ファイルサイズが大きくなり、処理が重くなる
   格納容量も増えます。


 PCやタブレット、スマフォで画像全体を見る場合、
 液晶サイズで画質が変わってきます。
 リサイズ率(小さくしないと見れません)が小さい方が高精細(高画質)ですから、
 やはりFull-HD(1920x1080)の液晶で見たいところです。
 My 液晶は1600x900(20インチ)です。



3.ファインダー

 EVF: Electronic View Finder(電子式ビューファインダー:液晶)
 OVF: Optical View Finder(光学式ビューファインダー)

 です。


 ↓ D600と同仕様?のD7000ファインダー(OVF)




 ↓ OVFはレンズに入った光をイメ-ジセンサー(シャッター)の前にある
  ミラー(レフレックスミラー)で反射させファインダースクリーンに結像させてます。
  この”レフ”が”一眼レフ”の意味になってます。
  もちろん、撮影時はシャッター開と同時?にこのミラーも跳ね上がります。





 EVFはこのミラーがなく、イメージセンサーの映像をファインダー(液晶)に映しています。
 なのでミラーレス機は全てEVFで、”一眼レフ”ではありません。(当たり前?)

 面白いのはSONYのα77で、EVFなのにミラーがあります。
 ただし、”トランスルーセントミラー”というほんの僅かだけ光を反射する固定式のミラーです。
 反射した光はAFセンサー用に使われます。
 厳密にはミラーレス機でも一眼レフ機でもないという、なかなかSONYらしいカメラです。

 ↓ α77のEVF





 (1)EVFのメリット
  ・ファインダーに写ったとおりの写真が撮れる
   暗い場所でも明るい画像を見れます。
  ・撮影した画像を見れる
  ・撮影情報が豊富で表示形式を変えることもできる
  ・MF時ピント拡大ができる

 (2)EVFのデメリット
  ・液晶なのでOVFほどのライブ感(リアリティ)がない
  ・速い動体だと液晶の表示遅れ(タイムラグ、残像)が発生する(?)
  ・電源入れないと見れない



4.モニター

 有機ELの方が発色が良さそうですが、小さい画面だし、違いはどうなんでしょう。

 ”バリアングル”とはバリアブル アングルの略で、
 モニタの角度、向きを変えられるタイプです。

 ↓ 2軸横開き
  これはNikon D5200ですが、GH3も同じ構造だと思います。




 ↓ α77の3軸縦開き
  3軸だと自由度がかなり大きくなるようです。






 Hyper撮り(変態撮りw)するには必須なんですが・・・



5.AF方式

 ↓ [ コントラストAF ]
   イメージセンサーに映った映像をもとに、
   ピントレンズを動かしながら一番明暗差(コントラスト)が高くなるところを探して、
   ピントを合わせる方式




 ↓ [ 位相差AF ]
   レンズから入った光を2つに分けてAFセンサーへ導き、
   結像した2つの画像の間隔からピントの方向と量を判断する方式
   □マークが測距ポイントです。
   (”クロス”センサーというのはが十字形に配置されていて、
     どんな角度でもAF検知することが出来るセンサー)





 (1)コントラストAFのメリット
  ・イメージセンサー全面で測距ポイントを自由に設定できる
  ・実際に映る映像を利用してピントを合わせるためAF精度を高めやすい
  ・AFセンサー、ミラ-が必要ないためコンパクト、安価

 (2)コントラストAFのデメリット
  ・明暗差が少ない被写体ではピントが合いづらい
  ・ピントレンズを動かしながら合わせるのでAFが遅い(?)
  ・動体に弱い

 位相差AFのカメラでもライブビュー(モニタ見ながら)撮影時はコントラストAFになります。



6.連写速度
7.シャッター速度


 速い動体を撮りたい時は、コマ数が多くてシャッター速度も速い方がいいですね。
 ただし、AFも速くて、追従性が良くないと意味がないです。



8.常用ISO感度

 ISO感度とはイメージセンサーの感度のことです。
 (画像として見た場合、液晶の輝度調整に似てるかな)

 高感度にすれば、光量が増えたようになり(画像が明るくなり)、
 その分シャッター速度を上げることができます。
 なので、暗い場所で撮影する際は高感度にする方が手ブレが少なくなります。

 ただし、高感度にするほど粒状性のノイズが増えてきます。
 常用と書いているのは、ノイズを気にせず撮れる感度の意味です。



10.フレーム素材・シーリング

 ↓ D600のマグネシウム合金フレーム



 ↓ GH3のマグネシウム合金フレーム




 強化プラスティックに比べると重くなりますが、
 頑丈なのはいいことです。

 防塵と言っても、レンズ交換する時に埃が入っちゃいますよねw

 防塵・防滴仕様、あるいは防塵・防滴性に優れたレンズもあるようです。
 マウント部にゴムシーリングが施されているとか。
 たぶん、数10万円するような高級レンズですが・・・





CANONの製品も調べましたが、
NikonやCANONのような老舗カメラメーカーは、
基本性能を重視した作りをしてる印象です。
アナログ(銀塩)から違和感なく移れるような玄人受けする機種が多い気がします。
それと、Nikonはアフターサービスがいいらしいです。(満足度ランキング1位)
専業メーカーですからね。



今日のところはこれぐらいで。
何か役に立つ情報はありましたか?



↓明日もこんな予報ですが、


週間予報では来週後半ぐらいから晴れマ-クが付いてます。
そろそろ、妄想から現実にシフトする時期かな?

新亀妄想ダービーは第四コーナーを回って、

1 GH3
2 D600(首差)
3 α77(1亀身差)

というところです。



↓こんなの見て、画質の確認してます。
(価格.comの投稿写真です。)
まぁ、レンズやテク次第ですけどね。

GH3 風景写真 風景写真他

D600 風景写真 風景写真他

α77 風景写真(α55) 風景写真他




[ おまけ ]

「サラリーマン川柳 2013」
見ましたか?

こちら で100句見れます。(第一生命投票サイト)
http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/best100.html


こんなのが好きです。

ジャンケンで 負けても妻が センターだ

ワイルドな 妻を持つ俺 女々しくて

妻の言う 「うちのルンバ」は 俺のこと

父からの 友達申請 ひく娘

IPS 分からん俺は 単細胞


ニュースで取り上げられてたのがやはり面白いです。


では、また。
Posted at 2013/02/23 20:14:49 | コメント(9) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2013年02月17日 イイね!

他力本願?

他力本願?ここのところ車イジリーもドリ活もしてないので、見ていて気になった(心に留まった)YouTube動画を紹介します。

車載動画他です。







まずは見て下さい。
ちょっと長いけど、最後まで見ないとこの車載映像の凄さは解りませんよ。








これは、自宅近くの「丹後半島」の海沿いを走ってる映像です。
面白い撮影場所がないか動画を検索してたらこんなのがありました。
ちなみに、00:15~ で映ってるのが、
Hyper三脚撮りを人に見られた場所のすぐ下です。


最後まで見ましたか?
恐らく地図にはでてこないであろう 端までドライブ にびっくりです。

伊能忠敬かよ!」 (サマーズ三村風)

とツッコミたくなりますがw

ギリギリの道幅でUターン、バックする運転技術も凄いですが、
極狭の知らない道に入って、行き止まりまで行く度胸が凄いです。

HyperチキンなMWSは1.5車線幅ぐらいが限界です。
それも事前に地図、写真で確認しないと行けまテン。
その代わり、そんな道でも場所によっては全開することもありますがw

他にも京都府編の海岸沿い車載映像が9本あり、
途切れることなく半島一周分が見れます。
(通行止めの道は、反対側の通行止めの場所から始めるという細やかさです。)


SenbaMasakiさんと言う方が撮られてます。
他にも全国で撮った車載映像がたくさんアップしてありました。

こちら が都道府県別のYouTube動画一覧です。
 全部で600本ぐらいあります。
[海沿いドライブのすすめ!! Japanese Seaside Driving]
http://www.youtube.com/user/SenbaMasaki/videos?view=1


みん友さんが多い愛知編、静岡編だとそれぞれ23本アップしてあります。
(↑のサイトで都道府県を選択すれば全て自動再生できます。)

例えば、静岡編の
[V0219] 東伊豆1:神奈川県境から伊豆半島東岸快走で宇佐美湾へ







皆さんの住んでる地域とか、
行ってみたい場所の車載映像もあるかもしれませんよ。
探してみて下さい。
ドライブの参考になると思います。




さて、最初の車載映像に戻ってBGMの話なんかを。

02:58~ から流れるBGMが耳に留まっちゃったんですよねー

初めて聴く曲なので調べてみました。
歌詞で検索したら曲名が分かり、
「はじめてのともだち」という曲でした。
↓YouTubeにありました。





作詞、編曲、歌がヒャダイン(前山田 健一)になってます。
どこかで聞いた名前だと思ったら、ももクロの曲を作ってる人でした。

こんな曲も作るんですね。
NHK「みんなのうた」で流れてそうな歌です。

感傷的な歌詞は好き嫌いがあるかもしれませんが・・・

↓「みんなのうた」と言えば、こんな曲知ってますか?
 ずいぶん前に流れてました。
 これはライブバージョンです。






以前、amazonの無料mp3にこの曲があってダウンロードしました。(現在は\150)
ピッチが正確だし(たぶん)、聴いてて気持ち良い美声なんですよねー

↓歌ってるのはこんな人です。
 ↑の曲とイメージが違うようなw









次回のブログネタは自力でw

またまたドリ活記録の予定です。
現在、撮影場所の入念な下調べをしてます。
狭い道には行けないHyper MWSなのでwww

では、また。
Posted at 2013/02/17 18:43:47 | コメント(5) | トラックバック(0) | YouTube 動画 | 日記
2013年02月09日 イイね!

下から目線

下から目線相変わらずのIS撮りです。

車イジリーネタもたまには と思うのですが落ちついてしまってます。
走り、見た目の基本的なパーツは完了(満足)してて、今のところ”どうしても”というところはないんです。
(フロントスタビリンクのショート化が出来るならしたいけど・・・)






今回は「ユキドリ」と「サイドドリ」ですw

まずは”雪撮り”から。

なんでもない峠道での撮影です。
峠の先の「Hyperスタジオ」で撮影するつもりで行きましたが、
雪が残ってて峠越えできませんでした。(ノーマルタイヤです。)
この峠道は除雪しないのと、ほとんど車が通りません。

「手ぶらで帰るわけにはいかない。」

ので、軽いオツムをレッドゾーンまで回して撮ってみました。


↓[ 1 ] 雪に埋まっちゃました。



↓[ 2 ] なんてねw



↓[ 3 ] こんな少ない雪でもウルトラロー撮りだと面白くなります。



↓[ 4 ] ちょっとナナメにしてカッコイイ系



↓[ 5 ] 青空いっぱい(これだけ傾けるとナンバー加工が面倒なんですよ。)
    青空でなければ手ぶらで帰ってました。



↓[ 6 ] 逆ハンの方がイケてる?



↓[ 7 ] バックもいっぱい撮ったけど、パッとせず





次はサイドドリです。

”再度撮り”と書きますがw

前回ブログでアップした”The Long and Narrow Road”でのリトライです。
ここは、↑の峠に行く途中の道です。

↓[ 8 ] ナナメバック 盛り合わせ



↓[ 9 ] 下から目線 盛り合わせ



↓[ 10 ] 違う風景もね







[ おまけ1 雑フォトムービー ]

未アップの写真でフォトムービーを作りました。
新規に撮ったのもありますが、落選写真’sです。(^^;

「雑写真 2012-2013 秋・冬モード」

今回はBGMをフルで聴いてほしかったのでちょっと長めです。
写真は全47枚。
長さ4分21秒です。
HD画質(1280x720)

2:32~3:29 ♪高い枝を見上げるあまり・・・
で始まる歌詞が好きなんですよねー
写真なんか見なくていいので(笑)、
目を閉じてじっくり歌詞を聴いてみて下さい。



3:36~に海沿いの山道から撮影した写真があるのですが、

ここで、

ついに、

5回目にして、

知ってる人は知っている

「Hyper三脚撮り」



初めて人に見られてしまいました。

Oh my god!

カラス以外に見られるのは初めてですw
それも、車が近づいてるのに気付かず、通行のじゃまをしてました。

I'm sorry!

会釈すると、車が止まり窓が開いて、
↓こんな女性

※部屋の片隅に貼ってある2007年のカレンダー(この1枚だけ残してある現物を撮影)





なら、
MAX、いやHyper嬉しかったんですが、


こんなド田舎にいるはずもなく、
60歳ぐらいの普通のおじさんでしたw

おじさん「高い所から撮ってるねー」
私「面白いでしょ?」

と2言、3言交わしましたが、
これといった面白い、ボケた返しができなかったので、
退屈そうに去って行きました。

前説長過ぎですね。
では、ご覧下さい。








[ おまけ2 遊びボケ?、じゃなくて ボケ 遊び ]
見ての通りです。(^^)

「何が面白いの?」という ツッコミ はご容赦下さい。
Posted at 2013/02/09 18:55:24 | コメント(7) | トラックバック(0) | My 動画 | 日記
2013年02月02日 イイね!

うみ撮り

うみ撮り天気が良かったので近くの海に出掛けてIS撮りしてきました。

たまには潮風に当たって塩分補給しないとw









これといった撮影アイデアも浮かばず、
「とりあえず撮ってみました。」的なのが多いですが、
最後まで見て頂ければ幸いです。

いつも通り、”おまけ”付きです。
こっちの方が面白いかな?


カメラ:Panasonic DMC-G2 + 20mm(35mm換算40mm) F1.7
サイズ:1280x720、1280x960



↓[ 1 ] 場所を変えて3か所で撮ってます。


↓[ 2 ] まずは風景から。
    逆光も悪くないかな。


↓[ 3 ] この時期には珍しい青空でした。
    1週間に1日あるかどうかぐらいかな。


↓[ 4 ] ここは5mぐらいの断崖です。


↓[ 5 ] Hyper三脚撮りすれば、↑の景色も入れられたかな。
    寒さに負けて、オツムも回らずでした。


↓[ 6 ] ごくごく普通のショットですけど、
    まずまずの順光なのと空が良い感じなので。


↓[ 7 ] 海はほとんど写ってませんが・・・(^^;


↓[ 8 ] 結構気に入ってます。
    少し斜めになってるのがいいんです。
    同じ構図で水平に撮ったのもありますが、これと比べると味がないです。
    (少し露出補正かけてます。)


↓[ 9 ] 「崩落の危険があるので端には行くな」と注意書きがありますが、
    こんな部分的なゆるーいロープだけで大丈夫なんでしょうか。
    そのうち・・・


↓[ 10 ] @1.5車線幅の道
     陰影があるのもいいかな。


↓[ 11 ] バック斜めから見たISのデザインは好きです。


↓[ 12 ] ↑の2枚もそうですが、
     光の加減でフェンダーのボリューム感が出てるのがいいんです。


↓[ 13 ] ”うみ撮り”らしいショットも入れておかないと。


↓[ 14 ] IS君も塩分補給w


↓[ 15 ] newIS君に比べると地味なデザインだけど、
     こっちの方がバランスいいかも。


↓[ 16 ] 帰りにちょっとだけ。
     よくアップしてる汽水湖です。


↓[ 17 ] The Long and Narrow Road
     2枚とも構図がイマイチですが・・・


↓[ 18 ] なぜか長い直線に魅かれます。
     でも、電柱が無ければ撮ってないかな。





[ おまけ オブジェの独り言 ]

気になってたブツを撮ってきました。

オブジェ①




「加悦SL広場」という展示場の入り口ゲートでした。
古いSL、車両がたくさん展示してあります。

↓詳しくは公式サイトで。
http://www.kyt-net.jp/kayaslhiroba/

30年ぐらい前は「加悦鉄道」という私鉄が走ってました。
↓昔はこんなのによく乗ってました。(展示車両/1936年製造)






オブジェ②






兵庫県養父市の川沿いにあるオブジェです。
目立ってたので撮ってみました。
体長4mぐらいでしょうか。
この地域は昔から錦鯉の養殖が盛んです。



妄想中!

Posted at 2013/02/02 18:06:43 | コメント(11) | トラックバック(0) | 風景 | 日記

プロフィール

「@ともゆか さん、今もハードなドライブにロックな魂を感じます。(^^) http://youtu.be/gZEfHn6SjSs 懐かしく聴いてました。 入りのOver The Rainbowがいいです。 高校の時はフォークとビートルズを聴いてたごくごく普通なHyperですw」
何シテル?   07/21 09:28
「的を射たコメント」、「当を得た返信」を心掛けたいと思います。 宜しくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

いつもの場所でお花見してきました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/27 10:52:13
2013年総集編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/02 15:45:29
明けましておめでとうございます 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/01 13:57:59

愛車一覧

レクサス IS レクサス IS
2011年5月購入のレクサスCPO車です。 レクサスのパーツ選びではみんカラのパーツレ ...
その他 SONY-α α7 (その他 SONY-α)
ミラーレス一眼α7Ⅲ(ILCE-7M3) and α7(ILCE-7) 片手持ちで撮れる ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
アルテッツァはマイナー前/後の2台乗ってます。 写真はマイナー後の方です。 (フロントグ ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
ECR33は、SPEC-Ⅰと40thの2台乗りました。 どちらもフルコン+吸排気系+ブー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.