• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あた_のブログ一覧

2016年08月06日 イイね!

一部のブログを削除


               Sony製品ユーザー向け画像投稿サイトで活動を始めました。

               同じ画像のネット上への重複投稿は望ましくないと考えるため
               α7RⅡで撮影した稲泉寺の舞妃蓮と大賀蓮を
               掲載したブログを削除しました。

               イイネを付けてくださった方々には大変申し訳ありません。

               また、フォト蔵に置いた画像も同じ対応としています。
Posted at 2016/08/06 05:00:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記
2016年07月10日 イイね!

開花2日目を蕾から追っかけてみた


               昨年、開花2日目の蕾の見極めに失敗しましたが
               7月3日(日)に開花2日目の形のよいものを
               朝暗いうちの蕾の状態で見つけることができました。


               画像1~画像16は全て同じ大賀ハスです。



【 画像1 】 撮影時刻 4時49分、 6D、ZEISS Milvus 2/100M、 F2






【 画像2 】 撮影時刻5時14分、 α7RⅡ、Apo Sonnar T* 2/135 ZE、 F2





【 画像3 】 撮影時刻5時24分、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50Z、 F2

          開花2日目の開ききる途中はブサイクだったりします。
          でも、それは束の間の姿。













































































































【 画像4 】 撮影時刻5時37分、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50Z、 F2

画像1の蕾の状態から約50分で
撮る気になる開き具合になりました。






【 画像5 】 撮影時刻5時44分、 6D、ZEISS Milvus 2/100M、 F2






【 画像6 】 撮影時刻6時08分、 6D、ZEISS Milvus 2/100M、 F2






【 画像7 】 撮影時刻6時12分、 6D、ZEISS Milvus 2/100M、 F2.2






【 画像8 】 撮影時刻6時19分、 6D、ZEISS Milvus 2/100M、 F2






【 画像9 】 撮影時刻6時29分、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50Z、 F2






【 画像10 】 撮影時刻6時41分、 6D、ZEISS Milvus 2/100M、 F2






【 画像11 】 撮影時刻7時08分、 6D、ZEISS Milvus 2/100M、 F2






【 画像12 】 撮影時刻7時28分、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50Z、 F11






【 画像13 】 撮影時刻7時39分、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50Z、 F2






【 画像14 】 撮影時刻7時40分、  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50Z、 F11






【 画像15 】 撮影時刻8時08分、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50Z、 F2






【 画像16 】 撮影時刻8時09分、 5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50Z、 F16






代わり映えしない画像の羅列に見えますが
本人にとって収穫の多い一日でした。



Posted at 2016/07/10 23:45:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記
2016年07月07日 イイね!

古河公方公園の大賀ハス・2016年7月2日


          今シーズン初めての大賀ハス撮影は
          7月2日(土)の古河公方公園(旧名:古河総合公園)でした。


          私の場合、シーズン初めては何かしら失敗します。
          そのため2日連続で同じ場所を訪れることが多くなります。

          この日も失敗をやらかしました。

          背景を目立たなくさせようとする余り
          アンダー過ぎる露出にしたこと。

          レタッチで救えたものだけUPします。




【 画像1 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50Z

          標準マクロレンズの良いところは
          ワーキングディスタンスの短さです。

          この大賀ハスは足元から高さ90センチくらい。
          真上から撮るとなると、
          中望遠ズームでは お手上げに近く、
          100mmマクロでも厳しい状態。






【 画像2 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50Z

          良くできました マーク  の超大型版






【 画像3 】  6D、 ZEISS Milvus 2/100M

          今シーズンで最も難しいと思ったのが
          このぐらいに大きく写した構図です。
          これより引いて撮ると、背景が適度にボケて引き立て役になり
          これより近づいて撮ると、背景が気にならなくなります。
          中途半端にボケた背景が気になって夜も眠れません。








                    ↓









                    ↓









                    ↓








                    ↓










                    ↓










                    ↓









                    ↓









                    ↓








                    ↓














【 画像4 】  6D、 ZEISS Milvus 2/100M

          この日は ZEISS Milvus 2/100M の初撮りでした。
          精細感の素晴らしさに大満足。





          私的に大賀ハスのレタッチで一番難しいのは
          柱頭の黄色が写ったもの。

          古河公方公園の大賀ハスは、柱頭の黄色の輝度が高く
          ダイナミックレンジの広い肉眼でも、黄色が飛び気味です。
          カメラで撮ると、黄色の輝度は更に高く写ります。

          なので、全体の明るさを抑えてから
          ピンクの花びらの明度を上げています。
Posted at 2016/07/07 06:00:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記
2016年07月05日 イイね!

α7RⅡ+Apo Sonnar T* 2/135 で撮ってみた


          Apo Sonnar T* 2/135を買って直ぐ
          高画素沼に引きずり込まれてしまいました。


          その組み合わせは
          Sony α7RⅡ + Sigma MC-11 
          + Carlzeiss Apo Sonnar T* 2/135 ZE(キャノン用)

          この組み合わせに関する情報は
          私がネットを調べたかぎりでは有りません。

          しかし、相性さえ問題なければ現時点でベストの組み合わせの一つです。




          結果はというと、
          α7RⅡボディで設定した絞りは
          レンズに伝わっており正常に動作しました。
          フォト蔵を見るとExifデータも正常に得られています。

          ケラレの発生も有りません。



          ただ、全て理想どおりには行きませんでした。
          ライブビュー撮影に少し向かないことです。

          Canonの5Dmk2、5Dmk3、6Dの場合
          ライブビュー撮影で拡大しているとき
          シャッターを切るまで拡大した状態が保持されます。

          Sonyα7RⅡはシャッターボタン半押しで
          ライブビュー拡大状態が解除されてしまいます。
          そのため、風の止み待ちの使い勝手が芳しくありません。


          - - - - - * - - - - - * - - - - -

          このボディとレンズでの初撮りは
          7月2日(土)、3日(日)の
          古河公方公園(旧名:古河総合公園)で行いました。




【 画像1 】  三脚、 ライブビュー撮影






【 画像2 】  三脚、 ライブビュー撮影




                    ↓









                    ↓









                    ↓









                    ↓









                    ↓









                    ↓









                    ↓









                    ↓









                    ↓









                    ↓









                    ↓








【 画像3 】  三脚、 ライブビュー撮影





【 画像4 】  手持ち、ファインダー撮影

Canonのボディ(5Dmk2、5Dmk3、6D)は測距点が少ないため
MFレンズのファインダーによるピント合わせは極悪です。
その結果、手持ちでもライブビュー撮影が多くなります


これに対して、α7RⅡのファインダーはEVFで測距点が多いことにより、
ファインダーを覗いた状態で
ピントピーキング、部分拡大、電子水準器などを利用でき
MFレンズを手持ちで容易にファインダー撮影できます。






【 画像5 】  三脚、 ライブビュー撮影






【 画像6 】  三脚、 ライブビュー撮影





ダメ元でしたが、
沼にはまった甲斐がありました。


めでたし。めでたし。
Posted at 2016/07/05 23:46:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記
2016年06月29日 イイね!

睡蓮を撮ったら写り込みに気づかず


          6月26日(日)に埼玉県秩父市の野坂寺に出かけてきました。
          睡蓮や蓮を鉢や水槽で育てている寺なので、
          どんな様子かを見るためです。

          いざ着いてみると、咲いていた睡蓮は3つ。
          しかも色合いが良いのは1つだけ。
          このお寺の睡蓮は7月からが本命のようです。

          でも贅沢は言いません。
          間近で撮れるだけでも御の字ですから。


          自宅で確認すると白い壁らしきものが写り込んでいます。
          撮った本人だからかもしれませんが目が行ってしまいます。




          それから3日が経ち




          そうだ ネタに しよう

          ネタにすれば立ち直れるかもしれない。




【 画像1 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50Z


          正直なところ本堂の白い壁の写り込みか分かりません。
          他の原因として、睡蓮の花びら、
          または自分の着ていたクリーム色の長袖シャツも考えられます。

          でも、これだけ明るい写り込みなら撮影時に気づいても良かった筈。

          ちなみに画像1は明るさと画像サイズを調整しただけ。




【 画像2 】  5Dmk2、 CarlZeiss MakroPlanar T*2/50Z


          画像1の写り込みの救済を含めてレタッチしてみました。

          いつもどおりSilkyPicsを使いましたが
          PhotoShop Elementsのコピー&スタンプを使えば
          楽に綺麗に出来た筈と再び後悔。





【 画像3 】  6D、 CarlZeiss Apo Sonnar T* 2/135

                      開花2日目以降は白い蓮が5つで

                      ピンクの蓮は開花1日目のものが1つだけでした。





                    ↓









                    ↓









                    ↓









                    ↓









                    ↓









                    ↓





【 画像4 】  6D、 CarlZeiss Apo Sonnar T* 2/135

          このレンズの最短距離で撮ってみました。
          画面への収まり具合は問題なし。それに
          EOS 6Dながらレンズに助けられ結構な精細感。



          高画素のボディで撮ったらどう?
          沼の底から声が聞こえた気がしました。





Posted at 2016/06/29 22:51:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラとか風景写真とか | 日記

プロフィール

「ヒラマサ五輪公式HPの世界地図から日本が消されてる。ここでクイズです。これを報道するマスコミは産経新聞の他に何が有るでせうか?」
何シテル?   09/27 19:34
MT車萌え~。人ごみが大嫌い。片側一車線が大好き。ネイチャーフォト志向。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

和歌山秘宝館 
カテゴリ:車いぢりSHOP
2014/01/06 01:16:40
 
撮るしん 
カテゴリ:撮影
2014/01/06 01:10:59
 
MYフォト蔵 
カテゴリ:撮影
2014/01/06 01:08:23
 

お友達

DIYしないオジサンで宜しければ・・・
47 人のお友達がいます
モリヤスモリヤス 金曜日のタマネギ金曜日のタマネギ
ターナブルターナブル ニャンギ。。。ニャンギ。。。
メカのりメカのり acchiacchi

ファン

96 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
29万キロ以上乗ったフォレスターSTI(SG9C)からの乗り換えです。
スバル フォレスター スバル フォレスター
2004年3月  SG9Cを購入 2011年1月  201000キロでリビルトエンジンに ...
その他 その他 その他 その他
ブログ用画像倉庫
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.