• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あた_のブログ一覧

2012年12月29日 イイね!

スロットル内部の洗浄は効果有り

スロットル内部の洗浄は効果有り









以前、徐行時にエンジン出力が脈動することを
ブログに書いたことが有りました


それとは別に、スロットル内部の汚れを洗浄すると
徐行時のエンジン出力脈動が低減することが分かっていました。

そのDラーメカニックによる2011年2月の洗浄から2年(約4.5万キロ)経ち
以前にも増して、徐行時のエンジン脈動が酷くなっており
渋滞ではエンストしそうになり、
クラッチを切ったり、半クラを使ったりして誤魔化すことが多くなっていました。

但し、速度が上がると、スロットル内部のバタフライが大きく開くのと
車全体の慣性や、回転体の慣性が大きくなるためか
脈動は無くなくなります。


そこで、12/22(土)に和歌山秘宝館を訪れたとき
スロットルボディをインマニから外して
内部を洗浄してもらいました。

洗浄してもらう前に撮影するとき
フラップが開閉したときにできた白い模様が
カーボン表面に観察されました。


館長様は、ただ洗浄しただけでなく、
フォレスターSG9C型のスロットルボディは・・・・・・と仕様が異なるので
(館長様の知識に属する部分が有るので一部記載省略)
Dラーでは行わないであろうメンテナンスまで行われました。

館長様が洗浄した結果、
徐行時のエンジン脈動は大幅に低減()されました。

私が素人推測するに、この徐行時のエンジン脈動は
ECUのマップから外れ、延々フィードバックするときに発生します。
つまり、改造度の大きい車両ほど発生しやすくなると推定します。


尚、このスロットルボディ内部の洗浄は、他にもノウハウが有るので、
経験有るSHOPやDラーで行うべきものと考えます。

それから、スロットル内部のカーボン付着量は
車の弄り具合や乗り方でも変わるようです。



低減と書いたのには理由があって、
スロットル内部を洗浄しても、前回の洗浄と比べ効果が少なくなっています。
このことから、別の劣化や汚れが進行していることが考えられます。

そうだ。
インジェクターは24.5万キロ超の現在までノーメンテナンスでした。
Posted at 2012/12/29 14:18:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | フィーリング | 日記
2012年12月29日 イイね!

純正マフラー戻しは一石二鳥だった(2羽目)


フォレスターSG9用の
純正マフラーに戻して静かになったのは当然ですが、
それ以外に大きな収穫が有りました。


最初のうちは、排気音が静かであると同時に速いので、
相対的に速く感じさせられてしまう錯覚と思っていました。

ところが、走り慣れた道路で確認してみると
シムス製リアマフラーのときより、スピードの乗りが良くなっていました。


どんな感じかというと、

・低速域(低回転域)~中回転域近くまでトルクが少し増えた。
 但し、常用しない5000回転以上は不明。まあ、当然ですが。

・アクセルOFFで走行するときのトルクが少し増えた。
 その結果、6速アクセルOFFで平地の巡航がよみがえった。

・タービンが本格過給し始める回転域が下がった。

・街乗りの時速40~60キロで連続走行時からの
 踏み足したときのアクセルの付きが少し良くなった。

・常用速度から、高速道路の常識的速度域の加速が良くなった。
(注意:常識的速度域は人により違うので、そこんところ宜しく)

・1→2速のギアの繋がりが微妙に改善した。
 つまり、クラッチを切ったときの回転落ちが、
 純正マフラー交換後は回転の落ち方が緩くなった。
 尚、吸排気系を弄ったとき回転落ちが変わるのは良くあることなので
 それが出ただけです。


以上の向上を要約して言うなら

タービン大容量化のネガ部分を、純正マフラーが消してくれた、
ということです。

一つ気になるのは
純正マフラーで定型句となっている『高回転時の糞詰まり』です。
その糞詰まりが有るかを確かめるため、直ぐに高速道路で確認しました。

私のターボ車の乗り方のポリシーは、中回転までのトルクで乗るというものです。
なので、確認したのは5000回転+α程度までですが、
申し分のない加速性能でした。

エキマニ、フロントパイプ、センターパイプが高効率のものだと
糞詰まり感が出にくいようです。



結果として、走行距離24.5万キロ超の今になって
クラッチを繋ぐときのトルク良し、街乗り良し、
ワインディング良し、高速道路良し、の四拍子揃った、
素晴らしく乗りやすい車になりました
但し、トルク特性やパワー特性だけですけどね。



参考ながら、現状のパワー系メニューは以下のとおりです。

20万キロ時点で載せ替えたメーカーリビルトエンジン
・純正形状エアクリーナー(ブリッツのフィルター)
サムコ製ハイフローインテークパイプ
AVO製インプGDB用大容量インタークーラー
garage-NOBインタークーラー導風ダクト延長パーツ
スロットル大口径化
Provaのハイプレッシャーバイパスバルブ
シムス製エキマニ
シムス製フロントパイプ
・シムス製センターパイプ
東名パワードのタービンM7760
HKS製ブーコンEVCⅥで低~中回転のみブーストを持ち上げ
・SG9純正リアマフラー
NGK製レーシングプラグ
garage-NOBブランドのECU書き換え
GDB-C型スペC用の燃料ポンプ



ということで、
私のパワー系の弄りは完成です
Posted at 2012/12/29 10:01:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | フィーリング | 日記
2012年12月27日 イイね!

純正マフラー戻しは一石二鳥だった(一羽目)

純正マフラー戻しは一石二鳥だった(一羽目)2月に受ける車検を11月に予約したとき
近接排気騒音を測定してもらいました。

測定結果は98デシベル(※1)となり、
Dラーメカニックから車検に通りませんと言われてました。

排気系で交換したものがシムス製リアマフラーだけなら
そのマフラーが約4年間10万キロの使用でも、
規制値内に収まった可能性が有ります。

しかし、エキマニ、フロントパイプ、センターパイプも
シムスの高効率なものに交換しているため無理でした。

※1
後で館長様に指摘されたのですが、
リアマフラーとセンターパイプの間のガスケットがボロボロになっていたことも
排気騒音増大に繋がった可能性が有ります。

ちなみに、同じ個体のシムス製マフラーで約2年で5.5万キロ使用だったときは
車検前にDラーが行った事前測定では97デシベル、
陸運局での車検時の測定では95デシベルでした。(※2)

※2
お世話になっているDラーの測定場所は天井が低く、
陸運局は天井が高く広いので、陸運局で測定した方が音量が小さくなるようです。
この傾向を館長様に教えて貰ってましたが、
直近2回の車検時に、その傾向どおりであることを確認済みです。
その差は1~2デシベルで、Dラーで測定した方が高く測定されています。


話しは戻って、
2月の車検が通らないと困るので
速攻で和歌山秘宝館の館長様に相談していました。
館長様から排気騒音を減らす多くの選択肢を教えてもらいました。

私としては『えっ、そんなに多くの方法が有るんですか!』
とビックリしました。


館長様が提示した選択肢から選ぶとき
最も重視したのは最近の趣味でした。

以前は人里の近くを徘徊・通過することは少なかったのですが
風景撮影が多くなり、人目も気になってきました。
特に犬に吠えられることが困ります。
犬の吠え方が『うるさいワン』という雰囲気です。

また、長野県飯山市の称念寺を雨中に撮影した後は
濡れた装備を車のエアコンで乾かすため、
人家から離れた場所に移動する必要が有りました。

そこで、最近の趣味を考慮し
究極の静かなマフラーを選びました。

SG9純正マフラーを館長様に探してもらい
使用距離の短い程度の良い中古を入手して戴きました。

12/22(土)に館長様にマフラーを交換してもらうと
マフラーの純正戻しは予想以上の音量低減となり
本当に笑っちゃいました。


98デシベルの排気騒音に耳が慣れていたため
SG9純正マフラーに戻した直後は、
エンジンが回っていないと錯覚する程でした。まぢ。

2日経って耳が慣れてくると
エンジン音、タイヤの走行音、吸気音、さらには、
劣化し始めた6MTのギアのうなり音も聞こえるようになり、
リアマフラーの音量が如何に大きかったかを思い知らされたのでした。



つづく。
Posted at 2012/12/27 23:57:17 | コメント(6) | トラックバック(0) | パーツ寿命 | 日記
2012年12月17日 イイね!

パワステオイル交換は遠出の前にやりたくなるの法則


昨晩からパワステオイルの交換を始めました。

勤務先に行く前と帰ってからなので、
1日に2回交換する計算になります。

で、今日17(月)は雨なので交換しません。

この調子でいくと、
21(金)までに概ね新油に交換完了するのか心配です。

遠出の前に何故かしらしたくなる話なのでした。


おわり。

Posted at 2012/12/17 12:48:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | 徒然なるヒマ話 | 日記
2012年12月16日 イイね!

NHK日曜討論の素朴な疑問


NHKの日曜討論なんですが、
最近は出てくる政党の数が多すぎます。


選挙前は
公平を期すため多くの政党に出席を求めたのは分かります。

選挙後は
極端に議員数の少ない政党の出席は要らないと思う。


衆議院(480) + 参議院(242) = 722 の議席数とすると

722議席×5%=36.1議席

722議席×2%=14.4議席

722議席×1%= 7.2議席


1%~2%にも満たない議員数の政党は出席しなくて良いと思う。

すると、反対のための反対だけ言っている某政党を見なくても済みます。


てか、NHKの日曜討論のディレクターが一番悩んでいる鴨しれません。
Posted at 2012/12/17 00:04:38 | コメント(3) | トラックバック(0) | 徒然なるヒマ話 | 日記

プロフィール

「ヒラマサ五輪公式HPの世界地図から日本が消されてる。ここでクイズです。これを報道するマスコミは産経新聞の他に何が有るでせうか?」
何シテル?   09/27 19:34
MT車萌え~。人ごみが大嫌い。片側一車線が大好き。ネイチャーフォト志向。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

和歌山秘宝館 
カテゴリ:車いぢりSHOP
2014/01/06 01:16:40
 
撮るしん 
カテゴリ:撮影
2014/01/06 01:10:59
 
MYフォト蔵 
カテゴリ:撮影
2014/01/06 01:08:23
 

お友達

DIYしないオジサンで宜しければ・・・
47 人のお友達がいます
モリヤスモリヤス * azチャピ男azチャピ男 *
koi2koi2 * 甚(じん)@彩の国甚(じん)@彩の国
金曜日のタマネギ金曜日のタマネギ kin46kin46

ファン

94 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
29万キロ以上乗ったフォレスターSTI(SG9C)からの乗り換えです。
スバル フォレスター スバル フォレスター
2004年3月  SG9Cを購入 2011年1月  201000キロでリビルトエンジンに ...
その他 その他 その他 その他
ブログ用画像倉庫
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.