• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

YXS10のブログ一覧

2018年03月29日 イイね!

桜コンフォートと迎える初めての春。

桜をバックに愛車を撮影してきました。

セドリックに乗っていたころも撮りましたが、去年、一昨年は撮影できずじまいだったため、桜をバックに愛車を撮影するのは3年ぶりとなります。

その前回は曇りだったため、晴天での撮影はセドリック納車直後の2014年春以来です。

最初は公園の駐車場で撮りましたが、人も車も多く、思い通りに撮れないため、交通量の少ない桜並木道を探すことに。

桜の名所はネットで簡単に探せる時代ですが、それが愛車との撮影に適しているとは限りません。
車で走りながら探しました。




Posted at 2018/03/29 18:23:42 | コメント(1) | 日記
2018年03月01日 イイね!

クラコン/コンフォート/クラセダMTG(YT140コロナ)

クラコン/コンフォート/クラセダMTG(YT140コロナ)最後はタクシー仕様の140系コロナです。

以前から旧車イベント等で数度目撃していますが、じっくり観察し、オーナーさんとお話できたのは今回が初めてです。

1992年式で、グレードは下から2番目のDX デラックスA仕様です。

最初は関西方面の事業者で使用されていたらしいですが、数度の移籍を経て、最後は静岡の事業者で使用されていました。

140系はコロナ最後のFR車にして最後のタクシー仕様車として1982年に登場し、翌1983年に登場したFFの150系と併売されました。

一般向けは170系のモデルチェンジで1987年に生産終了となりますが、タクシー仕様は1986年にビッグマイナーチェンジを受け、コンフォート登場後も大きな改良を受けることなく1998年まで生産されました。

ハイマウントストップランプはオプションで、当車は非装備です。

ホイールは13インチで、最上級グレードのDX スーパーデラックス仕様はフルホイールキャップ、それ以外は写真のお椀型ハーフホイールキャップが装備されます。

タイヤサイズは165/80R13で、プロボックス/サクシードなどに採用されているサイズのため、ノーマルタイヤやノーマルスタッドレスの入手は容易ですが、タクシータイヤとなると簡単に手に入るのでしょうか?
(新品タクシータイヤは流通ルートが制限されているためネットで調べてもよく分からない)

当車はタクシー用スタッドレス、ブリザックTM-02が装着されています。

ヘッドライトは丸目4灯で、DX スーパーデラックス仕様のみ角目2灯です。


フェンダーミラーは130系クラウン用で、コロナ用はもう少し小ぶりで角ばっています。

黄色塗装はタクシー時代からのもので、かつての大阪の小型タクシーの指定色らしいです。

ボンネット等は経年劣化により再塗装されていますが、スプレーではなく、何とハケで塗られています。

車内です。

タクシー仕様車なので、料金メーターとタコグラフの設置スペースが確保されています。

トランスミッションはコラム4速MTです。

全グレードでフロア5速MTも選択可能ですが、価格面でコラムシフトの方が多かったらしいです。

最廉価グレードのSTD以外はフロア3速ATも選択可能ですが、1990年代前半はまだMT車が主流だったと思われます。

パワーステアリングはDX スーパーデラックス仕様のみで、当車はノンパワステです。

走行距離は35万km台です。

ハザードスイッチはステアリングコラム上部に設置されており、操作性は悪そうです。

DX デラックスA仕様はコラムシフトでもセパレートシートが採用されており、シートの間には大型コンソールボックスが装備されています。

また、STDでは運転席のみのサンバイザーが助手席にも装備されています。

エンジンルームです。

エンジンは直列4気筒OHV1800ccLPGの2Y-PUです。

ガスステーは無いので、ボンネットフードを開く際は棒を立てる必要があります。

出荷後の全塗装ではなく、製造段階で指定色に塗装されているため、エンジンルーム内も黄色いです。

銘板です。

A59というカラーコードが指定されていますが、色名は不明です。

トランクルームです。

コンフォートのような内張りとかはありません。

今回、特別に後席で同乗させていただきました。

タクシーとして現役の車両が皆無に近い状況で、このような機会が得られるのは嬉しい限りです。

率直に言って、コンフォートと比べて後席は狭いですし、揺れますし乗り心地は劣ります。

でもこのレトロな内外装は見ていて落ち着きますし、普段の足で乗るのはキツそうですが、休日に乗るなら良い気分転換になりそうです。

何というか、電車も通勤で乗るなら新しくて快適な車両がいいですが、休日は古い車両に乗りたくなるような感覚と一緒です。

休日専用の趣味車でタクシー上がりのLPG車が手に入れば最高、と言いたいところですが、入手するコネも維持する金も暇も知識も気力ありません。

でも一度でいいからセダンのコラムMT車を運転してみたいんですよね。
Posted at 2018/03/01 17:00:15 | コメント(2) | 日記
2018年03月01日 イイね!

クラコン/コンフォート/クラセダMTG(Y30セドリックスタンダード)

クラコン/コンフォート/クラセダMTG(Y30セドリックスタンダード) コンフォート3兄弟の参加車両は全て紹介し終えましたが、他にもマニアックな車両が参加していました。

シビリアンたかぎさんのY30セドリックです。

1986年式で、グレードは丸目4灯ライト装備の最廉価グレード、スタンダードです。

タクシーみたいな外観ですが、元運転免許試験車で、ガソリン車となります。

フロントグリルには旧国鉄の入構許可証が装着されています。

Y30ではCピラーにオペラウインドウと呼ばれる明かり窓が装備されていますが、スタンダードでは非装備となっています。

リアガラスに貼られた無鉛ガソリンステッカーは新車当時のものと思われます。

デラックス以上はマイナーチェンジで外観が大幅に変化しましたが、スタンダードはほとんど変わりませんでした。

ホイールは14インチで、センターキャップは昔のNマークです。

免許試験車なのでセパレートシートのフロア5速かと思いきや、何とベンチシートのコラム4速MTです。

ウッドパネルは自家用全グレードに装備されています。

営業車はウッドパネルが非装備になるほか、タコグラフや料金メーターの収納スペースが確保されており、後継のY31でも2009年までほぼ同型のインパネが採用され続けました。

サイドブレーキはステッキ式で、ステアリングホイールはスタンダード専用デザインです。

助手席グローブボックスの位置に装備された、教官(というよりは試験官)用メーターです。

スピードメーターのほか、タコメーター、加速度計も確認できます。

後席です。

エンジンは直列4気筒SOHCガソリンキャブレター仕様のCA20Sです。

ライバル車の120系クラウンはガソリン車の場合スタンダードでも6気筒エンジン搭載でしたが、Y30は廉価グレードの場合4気筒でした。

銘板です。

カラーコードは505となっており、純正のブラック塗装です。

フル型式はNY30SFWRとなっていますが、実は型式上はフロア5速となっており、改造扱いと思われますが、詳細は不明です。
(コラムシフトの場合はNY30SR##になるはず)

ちなみにWRはオプションコードで、リアウインドウデフォッガー装備のパワステ非装備仕様となります。
Posted at 2018/03/01 12:49:32 | コメント(1) | 日記
2018年02月28日 イイね!

クラコン/コンフォート/クラセダMTG(クラウンセダン)

クラコン/コンフォート/クラセダMTG(クラウンセダン) 次は自家用クラウンセダンです。

かむかむさんの車両です。
シルバー塗装のスーパーデラックスマイルドハイブリッドで、何と兵庫から来られたそうです。

ナンバープレートはオリンピック仕様に交換されています。

沖縄のタクシーみたいなシートカバーやバスみたいなステッカーなど、所々ネタが仕込まれています。


フェンダーのサイドターンランプ非装備で、超-低排出ガスステッカーなのでマイルドハイブリッドでは最初期の車両です。

Raccoさんの車両です。

2006年式のスーパーデラックスGパッケージで、自家用では珍しいソリッドホワイトのスーパーホワイトIIです。

ホイールは18インチ化されており、ホイールサイズが特殊な同車でインチアップは大変だったと思われます。

堂山さんの車両です。

2007年式のスーパーデラックスGパッケージです。

外観は一見フォグランプ以外ノーマルですが、よく見るとアイドリングストップ装着車(LPG車専用)の葉っぱエンブレムが貼られていたり、低排出ガス認定ステッカーが2008年以降のLPG車に貼られる4つ星タイプに交換されていたりと、分かる人には分かる仕様になっています。

カローラ30さんの車両です。

2005年式のスーパーデラックスGパッケージで、塗装はダークブルーマイカです。

クラウンセダンには法人ユースが多いため、黒や紺のダークカラーのイメージが強いです。

シフトレバーは170系クラウン用に交換されています。

センターコンソールの木目と色が合っており、一体感がありますが、ポン付けできる形状には見えず、装着には苦労されたと思います。

よく見ると、ハザードスイッチがタクシー化されています。
私も凄く欲しい装備です。

リアシート座面にはシンコー製のフリル付きカバーが装着されていますが、クラウンセダン乗りの間では定番アイテムなのでしょうか。

私もかつてY31セドリックで同社製のハーフシートカバーを愛用していました。

最後は、スーパーデラックスマイルドハイブリッドですが、どこかクラウンコンフォートの薫り漂う車両です。

それもそのはず、フロントグリルがクラコン用に交換され、ホイールも14インチにインチダウンされ、クラコン用ステンレスホイールキャップが装着されています。

同グレードはスーパーデラックスGパッケージと同じモケットシートながら、助手席オットマンシートがオプションで、当車も非装備だったのですが、オフ会直前に中古品を調達し、装着したとのことです。

クラコン風味のクラセダとクラセダ風味のクラコンとの2ショットです。
ホイールキャップはクラコンに合わせ、110系クラウン用に交換されています。

ホイールキャップ交換中の一幕。
キャップを外したら、出てきたのは黒鉄ではなく、銀鉄(しかもセンターキャップ付き)でした。
Posted at 2018/02/28 21:33:47 | コメント(0) | 日記
2018年02月28日 イイね!

クラコン/コンフォート/クラセダMTG(クラセダ個タク)

クラコン/コンフォート/クラセダMTG(クラセダ個タク)クラウンコンフォート、コンフォートの順に掲載してきましたが、次はクラウンセダンです。

タクシー上がりとかタクシー風の車両は参加するかもと思っていましたが、何と本物の個人タクシーが参加しました。

日個連所属車で、2005年式のスーパーデラックスGパッケージです。

クラウンセダンの個人タクシー自体はそれほど珍しくありませんが、当車はその中でもレアな仕様となっています。

塗装は組合の規定で白色(日個連は黒も可)ですが、ソリッドホワイトのスーパーホワイトIIではなく、パールホワイトのホワイトパールクリスタルシャインです。

自家用車を含めても珍しいです。

東個協だとカラーコードの指定まであるみたいですが、日個連はそこまで厳しくないようです。

タクシーなのでLPG車かと思いきや、何と1G-FE搭載の6気筒ガソリン車です。
これは非常に珍しいと思います。

2010年に2万km台の中古で購入されたそうで、現在の走行距離は25万km弱です。
元々ガソリン車指定で探していたようで、前営業車はアルファードだったそうです。

東京のタクシーにしては低走行な印象ですが、法人タクシーとは違い自分の裁量で営業できるので1日中走る必要がないのでしょう。

ドアミラーはLPG車だとオプションですが、ガソリン車では標準です。

当然といえば当然ですが、ガソリン車なのでトランクルーム内にLPGタンクがありません。

トランクリッドにはアマチュア無線アンテナが装備されているほか、リアガラスにはスモークフィルムが装着されています。

東個協だとスモークにも結構うるさかったような気がします。

タイヤはブリヂストンのアイスパートナーで、一般向けのスタッドレスタイヤです。

同社のスタッドレスといえばブリザックが有名ですが、アイスパートナーはブリザックの廉価版という位置づけで、タイヤ館などブリヂストン系列のショップや特約店に流通ルートが限定されています。

ちなみにブリザックにはタクシー用も存在します。

行灯は武内工業所製で、屋根にはルーフウインカーも装備されています。

行灯の中身です。

LED化された照明のほか、非常時に点滅させられる赤色電球の防犯灯も装備されています。

個人タクシーが営業ではなく自家用で車両を使用する際は、自家使用と書かれた札で空車表示灯を隠します。

リアドアに貼られた営業用ステッカーです。

車内です。

当車はガソリン車のため、ハザードスイッチはウインカーレバー先端ではなくインパネ中央部に装備され、LPG車ではトランクルーム内にあるフューエルリッドオープナーも車内に装備されています。

料金メーターはニシベ製で、カーナビはカロッツェリアの2DINナビとパナソニックのポータブルナビ、ゴリラの2台が搭載されています。

無線機はアマチュア無線の他、端末が写っていませんが業務用でIP無線も搭載されています。

IP無線は携帯電話のパケット通信を利用した無線で、免許や役所への申請が不要で、サービス提供事業者と契約するだけで使用できます。

また、GPSを接続できる機種が多く、車両位置情報の発信が可能です。



空車表示灯もニシベ製です。

自動ドアは東日本では珍しい左手操作レバーです。

九州の業者に作らせたらしいです。

カメラは2台装備されています。

リアシート座面にはシンコー製ウレタン入りフリル付きカバーが装着されています。

また、コンソールボックス裏にはLPG車には非装備のリアオーディオコントローラーが装備されています。

タクシー化に伴い貼られたドアの開放表示ステッカーです。

タクシー化当時は必須装備でしたが、2015年の保安基準緩和で廃止されており、その後に登場したジャパンタクシーには表記がありません。

後席左ドアには夜間の安全性を考慮し、LEDテープが仕込まれています。
Posted at 2018/02/28 19:08:27 | コメント(0) | 日記

プロフィール

「前愛車ではスタッドレスタイヤの購入、履き替え、預かりでかなりの金と時間がかかったので、今回はグッドイヤーのオールシーズンタイヤを導入予定です。」
何シテル?   10/06 21:18
HNは2006年からHPで使用しているもので、クラウンコンフォートの2008年以前の型式から来ています。 愛車はそのライバルだったりしますが、いくつもHNを増...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

白か黒か・・・どっちもだ 
カテゴリ:姉妹サイト
2014/02/23 21:33:37
 
WHITE and BLACK 
カテゴリ:姉妹サイト
2014/02/23 21:30:24
 

お友達

コンフォート3兄弟、Y31セダン、タクシー仕様車オーナー、オフ会等リアルでお会いされた方以外はまずイイねやコメントのやり取りからお願いします。
41 人のお友達がいます
筆頭与力筆頭与力 * 風来坊スカイライン風来坊スカイライン *
ミノスケ@KV36ミノスケ@KV36 * 中央救助1中央救助1 *
まっちゃん号まっちゃん号 Taka306Taka306

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ コンフォート トヨタ コンフォート
2017年5月15日契約 2017年7月31日登録 2017年8月25日納車 グレード ...
日産 セドリックセダン 日産 セドリックセダン
2002年7月29日初年度登録 2014年2月23日納車 納車時走行距離83457km ...
スズキ アルトバン スズキ アルトバン
2014年12月初年度登録 2016年5月29日納車 納車時走行距離3816km レーダ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.