• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

セラフィム2501のブログ一覧

2018年10月19日 イイね!

エンジン音がまるでビートルみたいだ!

エンジン音がまるでビートルみたいだ!ダウンサイジングターボは最近の流行りです。

少しでも環境の事を考えたりお財布に優しくなるのは良い事だと思います。

先日「トップギア」のアメリカ版を観ていたらポルシェ・ケイマンの特集でした。

二代目ケイマンは2.7lと3.4lのNAの6気筒でしたが、三代目718ケイマンは2lと2.5lのターボの4気筒になったそうです。







根が庶民の僕は「税金安くなって良いじゃん!」とかケチくさい事を考えてしまいますし、維持費が安くなれば「か、買えるんじゃないか?」とありもしない夢を一瞬でも見れます。

ご機嫌麗しく「アメリカ版のトップギア」を観ていたらキャスターの方が「馬力も上がっていて悪くないが水平対向の四発はまるでビートルのような排気音だ!官能性のかけらもない‼︎」と一刀両断しました。

器の大きい僕は「あはは、それはビートルに乗っている方に失礼でしょう〜。あの音も独特の世界観があって良いんだよね〜」とにこやかに笑っていました。







表現に毒があるのがトップギアの売りですし、心が広くないと観てはいけない番組です。

「テメエ、ビートルもポルシェさんが設計したクルマだぞ!謝れ‼︎ビートルオーナーに謝れ‼︎!」などと激昂するのは大人げありません。

すると司会者の方が「この4気筒のスバルみたいな音がするポルシェが………」と言い出しました。

温厚で頭に血が上った事がない静謐な湖の水面みたいに物静かな僕は何故か手元にあるコルト・ガバメントのコピーモデルのキンバー(金で出来た差し歯ではない)という銃のスライド(遊底)を素早く引きチャンバー(薬室)にマガジン(弾倉)から初弾を可及的速やかに送り込みトリガー(引き金)に指を添えこう言ってやります(何せ鉄砲マニアですからこういう銃の所作のディテールはしっかり書かないと気が済みません)







「このク○野郎!スバルみたいな音って何や?明らかにスバルを馬鹿にしてやがるな?テメエら、デカ○ラで大雑把な☆ックスして自分さえ気持ちよけば良いっていう自己中なヤツらはキ頭数が多くて排気量もデカけりゃ良いって思ってやがるようだが、こちとら小っちぇ島国に住んでいる繊細で人の気持ちを慮る民族は4気筒エンジンくらいでちょうどいいんだよ‼︎ (以下、言葉がSNSという公共の場で表現するようモノではないので割愛します)」







全く巨根巨乳文化の人達は羨ましい限りですよね!…………………………じゃない‼︎

トップギアの出演されてる人達は短小や微乳や4気筒の奥ゆかしさを解ってないですよね?








Posted at 2018/10/19 19:23:17 | コメント(20) | トラックバック(0)
2018年10月13日 イイね!

やっぱりクルマはエンジンだぜ!

やっぱりクルマはエンジンだぜ!YouTubeを観ていると京都の嵐山に新型スープラが降臨していました。

BRZオーナーとしては気にならない筈もなく少し前のめりで観ていますと元祖イケメンレーシングドライバーの飯田章さんが説明してくれています。







ワインディングを走っていくスープラはキレッキレのスポーツカー以外何物でもありませんが、ブレーキはブレンボとか装着してないようです。







と思ったらこの写真は「らしき」ものが付いていたりするので予断は許しません。

「きっとグレードやらオプションで付いたり付かなかったりするんだろうな?」と妄想が弾みます。

YouTubeの動画の新型プースラはシフトダウンしてエンブレが効くとパラパラッとアンチラグシステムのような音が聞こえます。

背筋に電撃が走ります。







元エボ乗りとしては、ターボエンジンはパラパラ言ってなんぼですし、マフラーからパンパンとアフターファイアーが出るほど燃えるものは無いのです。

触媒やエキマニが痛もうが知ったこっちゃありせん!(ダメ人間の発想)







出来れば昔のグループAのR32 GT-Rのようにサイド出しのマフラーから炎がドバドバ出るくらいじゃないと気分も高まらないと言うものです(昭和の感性)

僕の友人が「クルマはやっぱりエンジンだぜ!」って言ってた気持ちがようやく解った気がしましたし、久しぶりターボ車に乗りたくなってしまいました。







何やらエンジンやシャーシはBMW製だとか言ってますからすぐさま新型Z4の動画を観に行きました、何故か凄いドキドキしながら……………。

まるで高校生の時に友人宅で初めてAVを観るかのように………いや、あの頃はまだAVなどと言う言葉は無くブルーフィルムと言っていたかも知れません。







その動画では全然パラパラ言ってませんでした。

そりゃ、そうですよね………、市販車であんなパラパラ言う筈ないですよね。





Posted at 2018/10/13 19:00:55 | コメント(20) | トラックバック(0)
2018年10月09日 イイね!

エンジョイ系のクルマ好き

エンジョイ系のクルマ好き友人が言っていたのですが、クルマ好きにはガチ系とエンジョイ系があるそうです。

ガチ系な人は峠やサーキットをストイックに攻めるタイプで、エンジョイ系は緩やかにふわりとクルマを味わったりオフ会などで楽しくお喋りするタイプです。

どちらもクルマ好きには違いありませんが楽しみ方が全く違います。

もちろんどちらの楽しみ方が正しいとかあるはずもありませんが、僕の感覚ではガチ系よりエンジョイ系の方が多い気がしています。

実際のところはどうなんでしょう?








みん友さんのお友達AさんはCR-Zに乗っていて走るのも大好きですし気合いを入れてクルマをイジっていますが、紛れもなくエンジョイ系です。







「私は外観ノーマルで中をイジるのが好きなんですよ!」という割りにはカーボンボンネットを装着しているし、







前後でサイズの違うホイールを履いていたり、プスーンのキャリパーを装着してたりでタダならぬ雰囲気を醸し出しています。

もはや外観ノーマルとは言えないような気がしますが、カッコよければそれで良いのです。






セミスリックを履いて、





潔く内装をドンガラにしているレーシーなCR-Zはクルマ好きにとってある種の理想のカタチと言えるでしょう。

彼のCR-Zの軽量化は行き着くとこを極め、ついには樹脂のウォッシャータンクを強めのビニール袋みたいのなものに交換しています。






もはや病院に入院してるおじいちゃんの点滴みたいになっていますが、彼は本気です。

クルマのフロントは重量バランス的に軽ければ軽い方が良い筈です。

そういえば僕もフロントを軽くしたい為にナンバーのボルトをチタンに交換していましたから人の事は言えません(本当は青く焼いたボルトを付けたかっただけ)




そういう本気でクルマ好きをエンジョイしている人は清々しいものです。

ちなみに彼の「CR-Z」は「シーアールゼット」ではなく「シーアルズィ」と呼ばないといけません。

僕みたいなオヤジは「Z」をつい「ゼット」と呼んでしまいます。

だって元祖搭乗型巨大ロボットアニメのマジンガーZの事をマジンガーズィとは呼びませんよね?



追記:点滴ウォッシャータンクはオイルクーラーとラジエターを冷却するために増設されたものだそうです。

ブログ書く時に完全に失念していました。






Posted at 2018/10/09 19:11:47 | コメント(23) | トラックバック(0)
2018年10月04日 イイね!

ゴリゴリなマニュアルミッション

ゴリゴリなマニュアルミッション今の時代にマニュアルを乗っている方はアナクロ懐古趣味的価値観に捕らわれているか、シフトレバーに男根的象徴を見出しているのか、シフト操作そのものを楽しむ偏った趣味を持っているからだと思います。







ギクシャクしないように走りたいのならCVTに分がありますし、シフトミスなくイナズマシフトを決めてコンマ何秒に掛けるのならツインクラッチなどの2ペダルミッションが良いでしょう。

僕みたいにドライビングがあまり上手くない人間にはCVTやATやツインクラッチの2ペダルミッションの方がスムーズに走らす事が出来ます。

しかし、懐古趣味で男根主義でシフトチェンジに快楽を求める僕はボルト&ナット的シフトフィールを愛してやみません。







特にちょっとゴリゴリするマッチョ的ダイレクトフィーリングな男根……いやシフトが大好きです。

手の中でいやらしくギアが噛み合って、潤滑油を垂らし、さまざまな歯車を回して、ドラシャを恍惚としながら駆動している事を感じるのが至福の悦びです。







「早く挿れて……三速に……」とクルマがおねだりしてくるのを二速のまま焦らしてまだ挿れません。

本当の快楽を手に入れようとするなら焦らされたり我慢させられたりしなければ得ることが出来ないカラです。

抑圧からの解放、緊張からの緩和が真の恍惚感にいたる唯一無二の方法です。

「もう、ダメ、レブに当たってるぅ」とエンジンがヒーヒー言っているのでご褒美に三速にゆっくり挿入………ん?

何の話でしたっけ??

あっ、そうそうゴリゴリミッションの話でした。

僕が乗った中で好きなシフトフィーリングは初代ユーノスロードスターでした。

パキンと節度感がありゴリゴリって機械感もありショートストロークが気持ちのよいシフトです。

皆さんには想い出のシフトフィーリング体験ってありますか?

間違って想い出の夜の営みフィーリングでも構いませんけど……。
Posted at 2018/10/04 19:12:29 | コメント(32) | トラックバック(0)
2018年09月29日 イイね!

全てはドレスアップのため。

全てはドレスアップのため。エボXの時、初めて車高調を入れました。

格別ノーマルサスが嫌だった訳ではありませんがクルマ好きに生まれたからには一度はシャコタンにしてみたかったし、エボXをスポーツカーのようにヒップポイントを落としたかったのです(エボがスポーツカーじゃないとは言ってません……)







エボXはノーマル車高が異常に高いし、ローダウンにして地を這う感を出すとやはりテンションが上がりました。

そしてクルマ好きとしては一度はフルバケに乗ってみたい、そして更にアイポイントを下げたい一心でレカロのフルバケを入れました。







ぶっちゃけた話をしますと街乗りが99%な僕にはソフトSMの如き拘束具的フルバケは必要な筈もありませんし、ただ乗り降りがしにくくなっただけだし、長距離ドライブではただお尻が痛くなるだけです。

何ゆえそんな修羅の道を行くのかというとスポーツカーに対する憧憬の念とドレスアップしたいだけの情念でしかありえません。

特にエボXにはこれといってイジらなければならないところなど無く、そう言って笑われなければ僕にとって理想的なクルマでした。

いや、僕には勿体ない過ぎるほどのクルマです。







デカいだの、重いだの、内装がちゃちいだの、車高が異常に高いだの、スポーツカーとして昂揚感が足りないだの、MTは一速足りないんじゃないかだの、過去のエボに比べてブレーキ甘くなってるし遅くなっているんじゃないかだの言っては
なりません。

そんな事言っていたのは全部僕ですが………。

これがBRZになると素でポンと乗るのは僕にとって難しいモノである事が発覚しました。







「オーナーがそれぞれの86やBRZに育て下さい」と開発者の方が言ってましたが、それは86沼やBRZ流砂の誘いに他なりません。

僕はそんな沼や流砂にハマるのはまっぴらゴメンですが、車高調入れたら乗りやすくなりました。







しかし、車高調とアルミホイールを入れたらエボやWRXより高くなっている事に気づきました。

「お金掛かるクルマだな〜」なんて思いつつみんカラのパーツレビューを読んでいます。

えっ?

それが沼であり流砂ですって??











Posted at 2018/09/29 18:48:58 | コメント(21) | トラックバック(0)

プロフィール

「@もと部長(初代部長) さん、おやすみなさい〜。また明日〜!」
何シテル?   10/23 00:56
セラフィム2501です。クルマの事はあまり詳しくないので良かったら色々教えて下さい。皆さんのクルマは色々参考にさせて頂いています。とても勉強になっています。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

子猫レスキュー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/15 23:21:38
昨日はDIYで終わり、今日は雨のモエレ沼公園オフです。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/11 16:06:52
アクセルペコペコ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/14 22:59:36

お友達

お友達申請、気楽にして下さい。
391 人のお友達がいます
紅い眼鏡紅い眼鏡 * かしらっちかしらっち *
アリズンアリズン * DせんしDせんし *
ノリGTノリGT * infected_revinfected_rev *

ファン

527 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
はじめまして。セラフィム2501と申します。クルマの事はそんなに詳しくないので気の向いた ...
スバル BRZ スバル BRZ
初めてのスバル車です。 86/BRZに乗ってみたかったし、発売されていた時からずっと興 ...
トヨタ 86 トヨタ 86
実は注文したのはスバルBRZです。 86乗りの方達とも交流が出来れば嬉しいと思って「あ ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
僕が初めて買ったクルマです。薄くて軽いボディと薄くて軽くてチャラいキャラクターのクルマで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.