• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Katsuki-B361のブログ一覧

2018年05月05日 イイね!

GW2日目、3日目

天気のいいGWですね。ただ風が強いのが難点です。

GW2日目は会社の先輩とツーリング予定でしたが、最終的に都合が合わずに流れてしまいました。前日のドライブが楽しかったので10時位に出掛けてみましたが大渋滞・・・。ICまでは行きましたがIC手前で渋滞。そのまま1時間以上も渋滞にハマりそうだったので、そのまま帰ってきました。近所をドライブしただけでした。それでも前日のドライブでエンジンの調子も良く、気持ちよかったですね。

帰宅後はYoutube見たりして引き篭もり。ただ夕食くらいは外食しようと思い、錦糸町のハブへ。なんとなく肉を食べたかったので、ジントニック片手に肉を食べて帰ってきました。個食個食(笑)

そして今日は昨日のリベンジも兼ねて朝からドライブ。7時には家を出ました。平日と同じ生活リズムですよね。早起きという気はしませんし苦痛でもありません。前夜に酒を飲んで気持ちよく寝たのもあり、気持ちのいい朝でした。

ドライブコースとしてはGW初日に引き続き房総半島の山の中を走るルートをなんとなく考えていました。とりあえず京葉道で姉崎ICを目指すわけですが、穴川IC付近は安定の渋滞。まだ7時半だったんですけどね。穴川ICから千葉東JCTまでは上り坂と下り坂が続く、いわゆるサグポイントになります。自然渋滞の発生しやすい地形です。この区間だけ3車線に拡張されているんだけど、そこまで解消されている感じはしません。それでも昔よりはマシなのか?個人的には、サグポイントで渋滞の発生原因となるのは運転に慣れていないドライバーが多いように感じます。というのも、下り坂でブレーキを踏んで上り坂でアクセルを踏まないから渋滞になるわけです。エンジンブレーキを使っていない運転。そういう運転をするドライバーは大概、追い越し車線を走り続けるわけです。もちろんブレーキは大事だけど、もっとエンジンブレーキを使いながら走ることで燃費走行にもあると思うわけです。自動運転よりも、こういうサグ地点での自動アシストとかを強化した運転支援システムのほうがありがたいと思うわけです。

とりあえず渋滞を抜けてもそこまで速度を上げられず。まぁそこは織り込み済み。姉崎ICから気持ちよく一般道へ。まずは初日に続いて国道410号線へ・・・と思ってた矢先にガソリンランプが点灯。これから山道ですし、途中にGSなんてないので、急いで給油。予め給油しておけばよかったと後悔・・・。

給油後、改めて410号線を目指したら、なんか道を間違えたのか410号線とほぼ並行して走る久留里街道を走ってました。ただ久留里街道のほうが全然楽しい道でした!信号なくほどほどのワインディング!しかも交通量も少ない!60km/hで走っていても楽しめる道でした。最初は民家が続いていましたが徐々に山道へ。景色がいいし交通量の少ない2車線道路ですから、非常に気持ちよくドライブできます!なんとなく景色を楽しみつつ運転しました。途中で車を停めて写真でも・・・なんて頭によぎりましたが、停められるポイントもないし、写真を撮っても見直すこともないので、景色を楽しみつつドライブに集中。

国道410号線からそのまま国道465号線で亀山ダムへ。亀山ダムの時点で9時過ぎですかね。ちょっと休憩しました。まだまだ車も少なく、休憩にはちょうどいいポイントでした。景色もよく、軽く散策。ここは釣りポイントとして有名なんですね。貸しボートで釣りをしている人がけっこういました。私は釣りには興味が無いので、湖畔と軽く歩き、亀山ダム本体へ。最近、ブギウギ専務のダムネタが面白く、「あ、これは重力式ダムなんだ〜」なんて思いながら見てました。ちょうど放流のタイミングだったので、思わず放流しているところを写真撮ってしまいましたが、本来はそんな趣味なんて無いはず。完全に影響されています。











亀山ダムを満喫(?)し、再び国道465号線をドライブ。ところどころ狭くなる箇所はありますが、全体的に快調な道です。走っているだけでも楽しめます。またアルピナの足回りが滑らかで、滑るようなドライブを実現してくれているので、思わずニヤつけます(笑)素晴らしい車、素晴らしい景色。これで横に美女がいれば最高なんですが、助手席は常に空席です。まぁ1人だから出来るドライブではあるんですけどね。

国道465号線は途中で養老渓谷へ向かう道と交差するんですが、直進か養老渓谷か迷いましたが、直進を選びました。次回は養老渓谷を回ってみようと思います。しばらくこのシリーズが楽しめる気がしています。

国道465号線をそのまま直進し、最終的に国道297号線に合流。このまま297号線で市原ICまで向かうことを最初は計画していましたが、なんだか味気ない感じがして、急遽県道172号線で再度内陸を目指すことにしました。

この172号線が曲者で、基本的にすれ違い不可。まぁ狭い!そしてカーブが多いからカーブミラーをよく確認しながら走らないと事故ります。ここは楽しむってか、事故らないように慎重、集中して走り抜けるって感じですね。景色を楽しむ余裕なんてありません。そんなことをしていると事故るように思います。

この時、邪念として思い浮かんだのは、県道は避けた方がいいということ。国道は基本的に2車線(たまに1車線)なので走ってても快調です。ところが県道はどうなっているか分からない。けっこうリスキーなんです。今後の教訓になりました。

県道172号線から県道173号線で北上。173号線はまだ楽しめる道でしたね。のどかな農村を抜ける道でした。飛ばすってよりもマッタリと走るのに最適でした。

最終的に国道297号線に合流し、市原ICを目指しました。途中、ふとオドメーターを見たらキリ番まだあと数キロだったので、市原ICにすぐに乗らず、キリ番をゲット。



※エンジンはかかってますが、安全に駐車して撮影しました

104,400kmで納車されているので、既に4,600km走行。かなり早いペースです。前車MINIの時は年間5,500kmくらいでした。ちょっと意外に思えるようなペースで走っています。まぁアルピナに変えてから遠出も何回かしているので、距離が伸びているんだと思います。

キリ番をゲットしてから市原ICで帰路へ。さすがに空いてますよね。だってまだ12時前ですよ?7時から出ているので既に5時間ドライブしているので、十分なんですが、朝が早かった分、混む時間を避けて動けています。家を出る時間が遅くなrと往路だけでなく復路も渋滞にハマることになって、全く楽しくありません。16時現在、しっかり渋滞してますからね。やはり朝早く出て、さっさと帰ってくるのが正解ですね。

帰りがけに、改めて給油。再来週、仙台まで遠征するので、予め満タンにしました。朝、給油してから150kmも走っていませんが10km/l超えの燃費でした。カタログ以上の燃費でしたね。やはりストップ&ゴーが一番燃費に影響してくるので、60km/hで走り続ける今回みたいなドライブは燃費も良くなるんですね。

そしてそのまま洗車。ボディカバーも掛けているので大きな汚れはないのですが、ホイールが真っ黒。明日も休みなのでホイールコーティングしようと思い、洗車してもらいました。ずっと同じGSで洗車もお願いしているので、顔馴染みになってきました。洗車中、ふとボディの状態を見てみましたが、水を弾いてましたね〜。気持ちいいくらい弾いてました。MINIにも同じボディコーティングを施工していましたが、ここまで水を弾いていなかったように感じます。やはりボディカバーで埃や鉄粉、直射日光(紫外線)を避けているのがいいみたいですね。理想は屋根付きの車庫なんですけどね。私みたいな社畜にそんな環境は無理。でもアルピナを新車で所有できるような人はそうやって維持出来る環境なんだろうな〜。世界が違います。でもそんな世界が違うアルピナを所有できているのは運が良かったと思います。

洗車後、自宅の駐車場で改めてホイールにコーティング。ギラギラにしました。タイヤにもワックスを塗り、窓もシュアラスターでキレイにしました。久し振りにここまでキレイにしたと思います。普段は近所のホームセンターの駐車場でキレイにしているのですが、家に戻る途中で汚れてしまうので、今日は自宅駐車場。明日もボディカバー外してホイールをキレイにしようと思います。

オシャレは足元から、といいますが、車もホイールとタイヤがキレイだと、車全体がキレイに見えますよね。特にアルミホイールだから白く輝くので、そこに目が奪われるんですよね。今日はしっかりとコーティングしたので、相当キレイな状態になっていると思います。

とりあえずアルピナを楽しむGWは今日までの予定です。明日はホイールとタイヤをキレイにするだけで運転なし。来週は会社の研修でドライブ行けず、次回乗るのは再来週の仙台遠征です。単純に仙台往復ではなく新潟を回って帰ってこようか迷うところです。正直、どこまで乗っていても疲れない。最悪、クルーズ・コントロールで走ればより疲労軽減になりますからね。ただ3日間走り続けるのもそれなりに大変ですし、高速代とガス代が・・・。ただでさえGWのドライブ2回で高速代+ガス代で1万5千円くらいかかってます。けっこう使ってます。他に楽しみもないのですが、仙台遠征を考えると使いすぎてしまったかもしれません。ただ満足度の高いドライブが2回、出来たと思うので後悔はないですけどね。

とりあえず明日はゆっくり過ごして、月曜から社畜生活に戻ろうと思います。

さ、ジョギングに行こう
Posted at 2018/05/05 16:33:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | ALPINA | 日記
2018年05月03日 イイね!

GW初日

皆様、GWいかがお過ごしでしょうか。

私は前半3連休の初日は仕事で渋川まで行ってきました。けっこう事前に準備をしていたので私が行かなくても大丈夫だと思ったのですが、担当の指示で行ってきました。午前中は何もなく、実質午後から仕事をしたような感じでした。その仕事も2時間ほどで終わり。本来は営業職ですが、特殊な分野について技術職的なこともやっているので、多少は役に立てたのではないでしょうか。

29日は休んで自宅へ引き篭もり、30日は会社で事務処理をしていました。なんとなく作っておきたい資料だったので、作ってみました。休み明けに皆で確認したらけっこうが抜けがあって、作り直してます。

そして今日からの4連休は仕事もなく、GWらしいGWを過ごすことが出来ます!

ってなわけで今日は雨の予報だったので9時過ぎまでグダグダ寝てました。いい加減起きるか〜、と起きて外を見ると風は強いですが、なんとなく晴れていきそうな雰囲気。渋滞情報を見ると東名、中央道は安定の大渋滞でしたが千葉県内は渋滞なく走ることができそう。

よし、ドライブに行こう!

10時過ぎに出かけて京葉道から館山道を通って君津ICへ。渋滞はしていないですが微妙に混んでてというか蓋車がいて、トロトロとしたペースでした。ある程度覚悟していましたが、遅いペースの車は走行車線に移って欲しいのに移らず追い越し車線を走り続けるわけです。さすがに煽り運転をするほどガキではないですので、十分な車間を開けて後ろを走り、前がクリアなタイミングでアクセルを踏んでエンジンの回転数を上げました。一般道ではそこまで回転数を挙げて走ることが出来ませんから、こういう時は回転数を挙げられます。

しかしさすがのアルピナです。ゆっくり走っても回転数を上げても車内環境は変わらず快適。スムーズそのものです。アクセルを踏んでもギアを落とすことなく6速のままでも軽々加速できます。安心して踏み込めます。安心感があるから運転に集中できるんでしょうね。

君津ICで下りて、房総スカイラインで鴨川を目指します。房総スカイラインは初めて走りましたが、、正直その前の一般道のほうが楽しかったですね。車が走っていない田舎道を信号につかまることなく法定速度で走り続ける。しかも単調な直線ではなく楽しめる田舎のワインディング。アルピナという快適な車と相まって、楽しく走ることが出来ました。必要にして十分なパワーがあるので、無理に踏み込む必要がなく、ちょっとしたアクセル操作だけで加減速ができます。ブレーキも効くので、コントロールしやすいんです。ワインディングでロールしすぎることもなく、気持ちよく鼻先が入っていく。いい車の条件として挙がるものを全てクリアしているように感じられます。

房総スカイラインは快適なんですが、景色がいい場所に駐車場がなく残念でした。淡々と走るだけの道、って感じですね。感動も何もなく、面白みがありませんでした。

ただ房総スカイラインの先の片倉ダム近辺は気持ちよかったですね。ダムの周りに道の駅など停められる場所が何箇所かあり、景色もよかったです。交通量が多いわけでもなく、駐車場が混んでるわけでもないですから、一服するには良かったですね。まぁ休憩にはいいでしょうが、昼食には微妙ですかね。駐車場は広いですから、オフ会にはいいかもしれません。




片倉ダムで休憩の後、鴨川有料道を取って鴨川へ。この有料道も単調で面白味に欠けましたね。まぁそんなもんでしょう。

鴨川へ出てからはすぐにUターンして県道89号から国道410号へ。ここは非常に楽しい道でした。交通量がほぼなく、快適なワインディング。何箇所か道が狭くなる区間があるのが難点ですが、ずっと2車線もつまらないので、いいアクセントだったかもしれません。快適に走られる区間と、緊張感を持って集中して走る区間。この緊張と緩和が最高に楽しいわけです。そこに加わるアルピナというエッセンス。MINIでも同じように楽しめたと思いますが、緊張感が違うように思われます。MINIは1400c、95馬力のNAエンジンですので、同じ道を走ろうとすると高回転を維持して走らせる必要があります。必要なトルクを確保できる回転域を維持して走らせないとクリアできないと思われるわけです。アルピナは3000cc、350馬力のツインターボですから、回転数の維持を考えず、その場に応じてアクセル操作をするだけで十分に走らせることができます。道の状態だけ考えて走ることが出来るんです。思わずニヤニヤしながらドライブしてました。

途中の酪農の里や県民の森の駐車場で休憩or昼食を考えていたのですが、どちらも駐車場がイマイチでした。酪農の里はなんとなくソフトクリームが美味しく食べられそうでしたが、昼食抜いてソフトクリームってのもイマイチですし、そもそもソフトクリームを1人で食べる趣味もないですからね。県民の森も何かあるだろうと思っていたのですが、何も無さそう。下調べせず走っていたので、こういうこともあります。県民の森ってキャンプ場って感じなんですね。機会があれば利用して・・・いや、そもそも機会無いね。

国道410号は県道89号と同じく、楽しめるワインディングでした。久しぶりにこういうドライブはいいですよね。410号をひたすら走ると館山道の姉崎ICまで行けるので、姉崎ICから帰ってきました。

結局、一般道で休んだのは片倉ダムでの休憩と、国道410号のコンビニで昼食を取った2回だけ。姉崎ICに戻るまで4時間位走ってたわけですが、2時間以上休憩無しで走ってたわけです。MINIだったら1時間に1回は休憩が欲しくなってたところです。恐らく緊張、集中している時間が違うんだと思います。MINIは最高に楽しい車だったと思いますが、楽しむために集中する必要がありました。リラックスして走っているようで、どこか緊張があったんだと思います。だから1時間に1回位休憩を取らないと疲れてしまっていたんだと思います。ボディ補強をしっかり行い、KONIの足に変えていて、更にレカロシートで快適なはずなのですが、集中が必要な車だったわけです。対してアルピナは快適が前提にあります。快適な中で集中して運転するわけですから、そこまで疲れないように感じます。これはエンジン性能をはじめ、アルピナというメーカーの目指したところなんだと思います。今日はワインディングがメインの道でしたが、単純な高速を走る場合、やはり快適に長時間運転できるんだと思います。まぁ長距離は再来週、仙台に行くので、その時に楽しめると思います。休憩せずにどれだけ走ることができるんでしょうね。

ちなみにコンビニで休憩中に晴れたので外でアルピナを眺めてたのですが、アルピナブルーはいい色ですよね。光の加減で青にも紫にも変化する青。この色には惚れてしまいます。






私はこのアルピナB3しか知らないですが、アルピナというメーカーが目指している車のポイントを味わうには、時間がかかりますね(笑)

姉崎ICからの帰り道、少し空いていたので再びアクセルを踏み込みましたが、4時間近く回し続けていたエンジンだったので、往路にも増して軽く回転するエンジンでした。最高でした。加速しても安定性が損なわれません。今日は横風が強かったので早い段階で踏み込まずに走りましたが、もっと風が弱かったらもっと加速できたと思います。

京葉道に入ってから、前にパトカーと覆面が2台並んで走ってました。混み始めていたこともあり、ゆっくり追い抜いて走行車線に入りました。ただ覆面はいつでも追走してきそうな雰囲気があったので、抑えた走りをしました。なるべく走行車線でゆっくりと。まぁ1日ドライブして満足していたのもあります。しばらく走っているとやはり回転灯を回して覆面が追い抜いていきました。捕まらないだろうと思っていても心臓によくありません。念のため、袖ヶ浦ナンバーのクラウンであることを確認して走り続けました。覆面が見えなくなっても、様子見を決め込みました。案の定、船橋料金所前でアウディが捕まっていました。いや〜普通に入っていたら危ないところでした。用心してよかったです。

帰ってきてから自動車税を納付。5万は高い・・・。今まで3万4千ってところだったのでかなり高くなります。まぁ分かっていたことですけどね。高い税金を払っても所有してたい魅力がアルピナにあります。今日はアルピナの魅力に触れられた1日だったと思います。

明日も会社の先輩とドライブに行くかもしれませんし、行かないかもしれません。連休中にもう1回位ドライブに行きたいですね。
Posted at 2018/05/03 16:57:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | ALPINA | 日記
2018年04月22日 イイね!

クルマ好きホイホイ

相変わらず写真もなく、リッチ編集もない、ただの文字の羅列です。

昨日は久しぶりの休日出勤でした。私の仕事はどうしても土日作業が発生するのですが、私自身の仕事が忙しく、協力要請があっても断ってました。ただ4月に入り仕事が落ち着いた中、協力要請があり、快諾。毎回手伝っている作業なのでこちらも段取りがわかっているし、担当営業との連携もスムーズでやりやすい仕事、そして何より休日出勤手当てを稼いでおかないと厳しい、という切実な問題もあり、休日出勤してきました。

仕事自体はほぼ予定通りに終わりました。さすがに難関はありましたが、どうにかなって良かったです。若干、腰の具合が心配でしたが、どうにか乗り切ることが出来ました。

ただ疲れたので帰りに錦糸町の楽天地スパに行き、リフレッシュ。楽天地スパは男性専用なので、ハッテン場的イメージを持たれている方も多いのですが、そんなこともなく、単純に風呂とサウナを楽しめます。私は風呂⇒サウナ⇒水風呂⇒休憩のローテーションを4回近く繰り返すので、1時間半くらい風呂に入っています。楽天地スパの場合、2つの風呂と2つのサウナがあり、それなりに楽しめます。私の場合、黒湯⇒スチームサウナ⇒水風呂⇒炭酸泉⇒ドライサウナ⇒水風呂、を繰り返し入ります。休憩の時も心拍数が落ち着いて汗が出なくなるまで休憩して、風呂とサウナを楽しむ感じですね。途中、ロウリュもあるので、かなり汗をかきます。でもそれがリフレッシュにいいんです。しっかり汗をかきながら風呂とサウナを楽しむというのが最高のリフレッシュになるんです。楽天地スパ以外の温泉も行きますが、だいたい風呂とサウナを往復し、汗を大量に出すことでリフレッシュします。

風呂上がりはビール、が飲めないのでコーラを飲みながら休憩して、っというのが堪らないですよね。仕事のストレス&疲れを癒やす、いい時間なんです。

昨日は仕事終わりで2時間近く風呂に入っていたこともあり、ハブで飲んで帰りました。1人で飲んで帰ることもたまにあるのですが、昨日はいつも以上に酔いました。たぶん、汗をかきすぎて身体の水分が少ない中、酒をのんだせいでしょうね。また1人で飲んでいるので会話もなく、淡々と飲んで食べて、という時間なわけです。好きだった秋葉原のPlayersだとEDMが流れていて、音楽を聞きながら好きな酒を呑む、という最高に楽しい時間だったのですが、ハブだとBGMがあるわけでもないので、淡々と、という感じでした。だかた余計に酔ったのかもしれません。前の席に可愛い女の子3人組がいたのですが、ナンパに行った男の子が見事に玉砕してたのが面白かった瞬間ですね。それをジントニック片手にバッファローチキン食べながら眺めてました。

そして今日は昼前に起きて、洗濯にアイロンがけ、靴磨きといった家事を行いましたが、これらにしたって昼過ぎには終わります。

ちなみに靴磨き、3足で1時間近くかかります。私はスコッチグレインというメーカーの革靴を愛用しているのですが、片方ずつ埃を払い、クリームを塗り込み、磨き上げるとそれなりに時間がかかります。片方だけでも5分以上かかってます。ただ、非常にキレイになります。最後のポリッシュが終わるくらいには輝いているくらいです。作業が多いですが一応営業なので、キレイな状態にしていると自信につながります。実際、スコッチグレインの革靴を履き始め、そして自分で丁寧に磨くようになってから自身を持って営業できるようになりました。ある意味、ゲン担ぎみたいな部分もあります。ただ磨いてキレイになるのが嬉しく、2週に1度は磨くようにしています。

さて、午後になりやることもないので、仕事で使うメジャーを買いにホームセンターに行きました。4年くらい使っていたのですが、壊れてしまったので、買い替えです。

メジャーを買い、折角なのでブレーキローターにマジカルストップを塗っていると、70くらいのおじいちゃんに「カッコいい車だねぇ」と話しかけられました。どうやらアルピナホイールにエアバルブもホイール・ボルトも無いので不思議に思ったようです






ご存知の方はご存知だと思いますが、アルピナホイールは円周上にエアバルブはありません。20本のスピークのうち1本が空洞になっており、エアバルブはセンター部分にあります。そしてエアバルブやホイール・ボルトはキャップで隠されているわけです。






本来は見えているものが見えないので、不思議に思われる部分ではありますが、デザイン上の美しさを追求した結果です。まぁ最近のアルピナホイールは軽量化の結果、会えバルブが円周上に戻ってしまいましたが、私はこのデザインに惚れています。

そんなことをおじいちゃんに話し、おじいちゃんもアルピナの色や内装、デザインに惚れてしまったみたいで、かなり食い付いていました。アルピナを全く知らないにも関わらず、相当魅力的に見えたみたいですね。見ず知らずの人を惹き付けてしまう車なんですね。

ちなみにおじいちゃんはGTO、ランクル、カルディナ、アベンシスと乗り継いで、今はCH-Rを乗られているようです。そして時間があるということで毎日CH-Rを磨いてらっしゃるそうです。実際、エンジンルームも汚れがなく、新車のような状態でした。購入後1年でモデリスタのエアロをつけたり、自分でパーツを変えられたりしているそうです。本人曰く、ボケ防止の楽しみらしいですが、そもそもクルマ好きで現状に満足できないので、弄っているように感じました。DIYで出来る簡単なパーツ交換などをお話して、かなり乗り気になっていたので、やはり好きなんでしょうね。

アルピナはそんなクルマ好きを惹き付けてしまう車なんですね。
(ここでタイトルを回収)

しかし2時間近くホームセンターの駐車場で話していたので、最初は暑かったのですが夕方はさすがに寒かった・・・。

来週からのGWは1回、ツーリングの予定があるので、その時にしっかりアルピナを楽しもうと思います!
Posted at 2018/04/22 20:07:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | ALPINA | 日記
2018年04月15日 イイね!

ALPINA v.s ALPINA

まぁそんな大層なことではないんですけどね。

昨日、アルピナの世田谷ショールームでF30系B3の試乗に行ってきました。私のE90系B3は当然中古車として購入しています。アルピナの足回りやエンジンフィールなどを堪能させてもらっていますが、完璧な状態ではありません。足回りには劣化がありますしエンジンにしても若干のヘタリが出ていると思います。でも折角なら本来のアルピナを体感したいと思い、試乗してきました。まぁいきなりショールームを訪問するほど度胸はありませんので、試乗キャンペーンに申し込んでからの訪問だったわけですが。

アルピナの世田谷ショールームは環八内回りの目黒通り手前にあります。あまり大きなショールームではないのですが、それなりに目立ちます。私のE90系B3を停めて待っていると担当の方が来ました。普段は赤坂ショールームにいらっしゃる方とのことです。アルピナを知った経緯や購入した経緯などを話し、F30系B3に試乗させてもらうことになりました。ちなみにもう1台、F30系D3も用意されていましたが、今日は比較をメインな目的にしていたため、B3にしました。

現行のF30系はホイールがクラシック3と呼ばれるデザインの20インチが標準で、タイヤはミシュランのパイロットスポーツ4Sを履いていました。一時期、アルピナがミシュランからピレリに変わったのですが、B3はミニュランに戻って5シリーズより上はピレリという住み分けになっているそうです。とは言え、ミニュランの柔らかいタイヤフィールがアルピナにマッチすると考えているオーナーが多いらしいです。

車内はさすがのアルピナですね。内装から革張りです。ステアリングは標準でラヴァリナレザーです。私のステアリングも(当時はオプションの)ラヴァリナレザー仕様ですが、この10年間の使用でハゲたりしております。しかし試乗車のステアリングは本来の知っとりとしたさわり心地でした。本来はこんな触り心地なんですね。また私のE90系よりも太いように感じました。私自身はE90系くらいの太さがちょうどいいですね。

ちなみにF30系B3のスペックは以下のとおりです。
排気量:2,979cc(直6気筒、ツインターボ)
ギア:8速AT
最高出力:440PS(5500-6250rpm)
最大トルク:67.3kgm(3000-4500rpm)
最高巡航速度:306km/h
詳細はこちら

さて、ショールームから環八に出てすぐに感じたのはステアリングの軽さです。ハンドルを回転させるのにタイヤの抵抗を感じて重くなるという感じがありませんでした。スムーズに回せる、というのがまず感じたことです。私のE90系の場合、低速で大きくハンドルを回すとタイヤの抵抗からか、かなり重いんです。そういう感じがありませんでした。また足回りも私のE90系よりもしなやかで、凸凹やロードノイズの抑え方が素晴らしかったです。F30系はアダプティブサスペンションで、コンフォート状態はE90系よりも柔らかい感じでした。正直、普段乗るんだったらコンフォートで十分ですね。多分、一切の不満を感じないレベルだと思います。若干ロールはしますが、不快なことは全くありません。

環八から第3京浜に入ったとろこで、前に車が全くいなかったので、営業の方の勧めもあり、思いっきり踏み込んで見ましたが、舐めるように加速していきました。超スムーズな加速ですよ。ドッカンターボみたいなことは全く無く、気付いたらビックリするような速度になっている、と感じる加速でした。また加速に伴う車内へのノイズは皆無ですね。静かに滑らかに、という感じです。空力的にも素晴らしく、操作性がなくなるような不安もありませんでした。さすが、としか言えない状態でした。またエンジンフィールが素晴らしく、気持ちよく回ってくれるんです。これだけで笑ってしまいます。車好きにはたまらないエンジンフィールだと思います。

しばらく走ると前の車に追いついたので、通常の速度域でサスペンションをスポーツ設定に切り替えて走らせてみました。さすがにスポーツにするとステアリングが重くなり、足回りも引き締まりますね。私自身はスポーツ設定の足回りの固さは不要に感じました。跳ねるわけではないのですが、ゴツゴツ来る感じが出てきます。車の性能を考えた時に最適な固さなのかもしれませんが、そこまで高速を出すことがないことを考えるとコンフォートで十分に感じました。またステアリングの重さはコンフォートよりスポーツにしたほうが好みに合ってました。

環八から一旦、一般道に降りて折り返す際、かなり荒れた道だったのですが、ここでのコンフォート設定は素晴らしかったですね。路面の荒れた状態が車内には伝わってきませんでした。これは感動ですよ。ここまでキレイに動く足回りでスポーツ走行時も不満がない、というのは素晴らしいです。

折り返して第3京浜を改めて走りましたが、加速と減速、安定性と本当に素晴らしかったです。不満を覚えるようなことがない車ですね。営業の方ももっとメジャーになれば、と仰っていたのですが、本国の生産能力などを考えると限界もあり、難しいところのようです。最近は数台を在庫して即納出来るようにしているそうですが、基本的には受注生産になり、1年後の納入が当たり前の車です。年間生産台数1700台ですからね。日本での販売台数が300台程度。下手するとトヨタのディーラーが1ヶ月で販売するくらいの販売台数です。これ以上の拡大も望んでいないということをアルピナ社自身が発表しているくらいですからね。メジャーになりたいけど、売れても困る、という難しいところのようです。

素晴らしい試乗から世田谷ショールームに戻ってきて展示車を見たりしました。B6グランクーペも展示されており、営業の方のご好意で運転席に座らせて頂いたのですが、世界が違いますね。今まで感じたことない高級感でした。アルピナ自体が私の身の丈に合わない素晴らしい車ですが、B6は身の丈というより、世界が違いすぎます。普通の美人ではなくモデル級の美女という感じでしょうか。恐れ多かったですね。ちなみにショールームに展示されていたB6は最後の在庫車らしいです。軽く「どうですか?お見積しますよ?」なんて言われましたが、2000万オーバーの車です。買えるだけの貯金があればマンション買います。でも貴重な機会でした。ちなみにショールームに展示されている車は原則、座れません。展示車であると同時に販売するための車だからです。本皮シートですから破れたり汚れたりすれば売ることが出来ません。だから展示車といえども見るだけ、というのが原則になります。

B6の他にもB4のカブリオレとグランクーペ、D3リムジン、B3ツーリングが展示されてました。D3リムジンはアルピナ・グリーンの車体で内装がブラウンのレザーだったんですが、凄いカッコ良かったですね。私の好みでしたね。まぁ買えるわけではないのですが、この配色で欲しいと思いましたね。アルピナ・グリーンの車体で黒の内装だと重く感じるんですね。ブラウンがちょうどいいように感じました。それでも私はアルピナ・ブルーが好きですけどね。

最後にカタログなどを頂いて私のE90系B3で帰りました。

さて貴重な比較をさせて頂いた感想としては
1)ステアリングフィール
 ⇒F30系のスポートモード時とE90が同じように感じました。
2)足回り
 ⇒F30系のコンフォートモード時は最高ですね。E90はコンフォートモードより少し硬い感じですね。スポーツモードは硬すぎるように感じます。
3)エンジンフィール
 ⇒どちらも素晴らしいです。回転させた時のスムーズさは感動です。
4)機能性
 ⇒F30系は多くの機能選択が出来ますが、そこまで選択する必要があるのでしょうか。
5)質感
 ⇒中古で10年落ちのE90系と比較しちゃダメでしょうが、さすがにF30系は素晴らしかったです
6)ブレーキフィール
 ⇒F30系のほうが硬い感じですね。パッドが変形せずにローターに当たっている感じです。対してE90系はパットが変形しつつローターに当っている、少し粘るような感じです。
な感じですかね。

結論としては、E90系で十分に感じました。どちらのモデルも一般的な合格点を大幅に上回っていると思います。合格点70点のテストに90点で合格するか、100点で合格するか、そういう差のように感じます。

もちろんF30系は素晴らしいです。エンジン性能から内装の質感、空力など、全てが向上していると思います。しかし、そこまで機能を向上させる必要があるのか、という疑問があります。時にアダプティブサスペンションは不要に感じました。オーナーに選択権があり、オーナー好みの乗り味を選択できる楽しみがありつつ、私のように選択が面倒に感じるオーナーがいます。標準仕様で素晴らしい足回りのE90系のほうが楽に乗れるように感じました。またメーターパネルも多くの情報を表示するF30系よりも必要な情報だけのE90系のほうが交換を持てます。将来、メーターパネル自体も液晶になるんでしょうが、私は従来のメカニカルな針での表示が好みです。何から何までデジタルに以降せず、アナログな部分を残して欲しいと感じました。

ショールームから目黒通りを通って会社に行ったのですが、やはりE90系B3の十分なトルク、パワー、足回り、ステアリングフィールを改めて感じました。私にはE90系B3がベストです。改めて素晴らしい車ですし、大事にしたいと感じました。

会社で少しだけ仕事をしてから、さいたまスーパーアリーナでBruno Marsのライブを見てきました。チケットが取れなかったので断念していたのですが、水曜日にステージバック席が追加販売となり、ゲットできたので行ってきました。ステージバックなので、ステージを見ているのか観客を見ているのか分からない席ではありますが、最高に楽しいライブでした。正直、正面や横の角度で遠いより、ステージに近いのでBruno Marsの動きや表情がハッキリと分かって楽しめました。席も通路の横だったので、通路に出て踊ってました。

いきなり

で始まり、


が投入され、

アンコールでは

で締めくくりました。

会場は最高に盛り上がりましたね。本当に楽しかったですね。いいライブでした。ライブというよりショーって表現が近いかもしれませんね。非常に魅せられるという感じでした。楽しかったですね〜。久しぶりにプラチナチケットとなったライブだったので、行けて良かったです。行けなかったら後悔するところでした。

そんな充実した土曜日でした。

今日は朝から散髪に行き、昼寝をするという、ダメ人間な1日でした。たまには、ね。
Posted at 2018/04/15 16:52:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | ALPINA | 日記

プロフィール

「@ネコショウグン TT→ケイマン→4尻クーペ→911→M4と乗り換える予知夢ですよね⁉︎」
何シテル?   05/26 09:39
Katsuki-B361です。よろしくお願いします。 BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジンに乗っています。 2008年式のE90前期型になります。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

新:食堂でメニューに無いものを注文してみる~第8章~  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/21 15:56:16
やられました。 盗まれました。 拡散希望 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/01 09:27:33

お友達

まだまだ若輩者ですが身分不相応なアルピナに乗っています。色々と交流させて下さい!
14 人のお友達がいます
ネコショウグンネコショウグン * ORANGE WOLFORANGE WOLF *みんカラ公認
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム
カバーランドカバーランドみんカラ公認 シゲルビッチシゲルビッチ

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジン BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジン
BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジンに乗っています。 2008年式のE90前期 ...
ミニ MINI MINI ONE (ミニ MINI)
MINI ONE(R56/1.4/AT)に乗っていました。 次期車更新のため売却したため ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.