• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Katsuki-B361のブログ一覧

2018年12月17日 イイね!

煽り運転について思うこと

久しぶりに日記を書きますが、少し真面目な話を。但し、私個人の偏見もありますので予めご了承下さい。

例の東名高速での煽り運転の判決が出ましたね。

懲役18年。

2名の貴重な命を奪って最長18年の懲役で刑務所から出てくるわけです。模範囚であれば刑期短縮の可能性もあります。

この判決が出て、世論的には短い!人の命をなんだと考えてるんだ!死刑でもいいだろ!

という意見が散見されます。感情論としてはそれでもいいと思いますが、法制度上はそうもいかないと思います。

法曹界の一般論で、死刑の目安は3名の殺害です。あくまで一般論なので、個別具体的に状況を判断し、死刑になる場合もあります。

また今回の場合、難しいのは適用する条文をどうするか、という判断です。

人を2名殺している!、というのは事実ではないです。2名の殺害となったのは後続トラックの追突です。この時点では単純に殺人しておりません。

殺人とするためには、
1)殺害の意思を持って
2)殺害のための行為を行う
ことが重要になります。

今回の場合は、両方にも該当しないはずです。殺すつもりで、というのも難しいところで、具体的な殺害方法を想定したのかが争点です。

今回の場合、
1)殺してやろうと思い
2)路上に立たせることで事故で死んでも構わないと考え、
3)路上に立たせた
となれば間違いなく殺人です。

ただ残念ながらここまでではないはずです。後続のトラックで死亡することが予想できたか、という点も重要なんです。

そもそも今回の場合は、高速道路上の煽り運転+追い越し車線に停車させて路上に出す、という行為については争点がなく、むしろこれらの行為をどの罪状に該当させるか、という不思議な裁判だったわけです。刑法的には
・刑法その他に規定されている犯罪が(構成要件該当性)
・違法に(違法性)
・結果実現の意思を持って(有責性)
・行われる(行為)
という項目全てに該当する必要があります。
(余談ですが、合法な殺人もあります。医療行為やスポーツ事故は殺人罪にはなりません)

遺族の方には非常に申し訳ないですが、感情論を無視して、刑法学的に考えると今回の判決はまぁ妥当かな、と。日本の法律は他の犯罪とのバランスを保つ傾向にあります。そのため懲役18年というのは妥当性があるように感じてしまうのです。

とはいえ、感情的には死刑や無期懲役でもいいように思います。追い越し車線上での事故を予見できないこと自体がクズです。またそもそも、注意されたことを逆恨みしての行為です。大前提がクズすぎます。

煽るクルマが常に悪だとは思いません。追い越し車線をいつまでも走っているクルマなど、煽りたくなる気持ちは分かります。運転に慣れている人ほど高速道路ではミラーでの周囲確認を行います。走っていて他のクルマの邪魔をしていないか、確認しています(後は覆面Pの確認もします)。そういうことができず、いつまでも追い越し車線を走っていると、さすがに煽られてもねぇ・・・と思います。煽られないような運転をしているか、児頭する必要はあると思います。

逆に、アホみたいに煽ってくるクルマもいます。残念ながら事実です。個人的には某国産ワンボックス車が多いように感じます。何かのアンケートで、セダンと軽自動車から煽られた率が高い結果が出てましたが、某ワンボックスのほうが煽ってくると思います。大きい車は偉い!とアメリカ的発想なんでしょうかね。周りのことを考えた運転ができない方が乗っている率が高いよう思います。

もちろん、売れているクルマですので、そうでない方もいらっしゃると思います。完全に偏見です。ただ私が煽られた経験があるのは、ワンボックスからが多いように思います。

前半と後半でまとまりのない話ですが、
・煽り運転はダメ!
・煽られる運転をしない!
・周りに状況に配慮する!
ができればもっと安全に楽しいドライブができるように思います。

なんてまとまらない日記なんだ・・・
Posted at 2018/12/17 22:37:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月11日 イイね!

クルマまみれの日

クルマまみれの日今日はひたすらクルマを見て回る、非常に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

Perfumeのライブで9月に長野、10月に浜松と遠征したのもあり、今月はアルピナに乗るのを控えています。600km×2回の遠征で、いくら割り勘とはいえ、ガソリン代と高速代がけっこうかかってしまいました。例年、冬の時期は仕事が忙しくて乗る時間すら確保できないとはいえ、今回は費用的な面で乗ること自体を抑えようと思っているんですが、それはそれでストレスが溜まります。やっぱりアルピナでドライブが最高にストレス発散できます。ただ目的もなくドライブは抑えないとな・・・なんて思っている中、世田谷のアルピナDでこんなイベントをやるということを知りました。

ALPINA Heritage Days -ALPINA Cabriolet Icons-

こんな貴重な名目はない!ってなわけで、行ってきました!

世田谷のアルピナDは以前、試乗会に当選して1度だけ行ったことがあるのですが、少し入りにくい場所にこじんまりとあります。まぁアルピナの美徳、Understatementを表すのにいい場所かもしれませんが、勢いで走っていると見逃してしまいます。今回は2回目なのですんなり駐車することが出来ましたが、さすがに停まっているクルマがアルピナばかり・・・。自分自身のアルピナオーナーですが、やはり圧倒されてしまいます。特に驚いたのは世界99台限定、日本には30台輸入されたALIPINA B3 Biturbo GT3が停まっていました!なかなか見る機会のないクルマなので、思わずジロジロと観察してしまいました。さすがに写真を撮ることは控えましたが、凄い車を見ることが出来ました。

簡単な受付をし、2階へ。いました、アルピナのロードスター3兄弟!どれも貴重なクルマです。


世界66台限定生産のBMW Z1ベースのALPINA ROADSTER LIMITED EDITION(RLE)。日本に正規でZ1は販売されていないので、ALPINAとして輸入された35台が唯一のZ1。現存は何台なんでしょうね。中古車市場にもまぁ出てこないでしょうし、こんな機会がないと見ることは出来ません。


Z1の特徴である、下に格納されるドア。サイドシルの広いこと・・・。


分かりにくりですが、デュフーザー形状になっていて、空気が上へ抜けるような形状をしたバンパー。ベースのZ1の時からこんな形状なんでしょうか?マフラーの熱も効率的に逃げるように計算された形状なんでしょうね。


シートはレカロベースですかね?


車体番号1番はALPINA社からニコルで送られたというのは有名な話。本当に貴重なクルマです。


個人的に一番気に入ったROADSTER V8。BMW Z8ベースです。アメ車みたいなデザインですが、ALPINAとして纏まっているのが凄いですよね。コルベットみたいな印象ですけど、上質さもあり、さすがはALPINAです。このクルマも中古車市場に出てこないですね・


内装はこんな感じ。非常にシンプルだけどコックピット感の強いデザインですよね。ベースのZ8の時からこんな内装なんでしょうか。BMWというより、ASTON MARTINやJaguarみたいなデザインを感じます。


助手席側から。


アルピナのプロダクション・プレートはこんな場所。


拡大するとこんな感じでした。301番のクルマですね。こんな形状のプロダクション・プレートはロードスター系じゃないと似合わないですよね。アルピナの通常のプロダクション・プレートでも特別感がありますが、この形状のプロダクション・プレートは特別感を一層引き立てます。


サイドベントはベースのZ8のままなんでしょうけど、このデザインがZ3に引き継がれていくんでしょうね。


リアのデザインもいいですよね〜


いや〜かっこいい!



そしてALPINA ROADSTER S。BMW Z4(前期)をベースにして、直6エンジンを3.4Lまで拡大させた素晴らしいモデルです。


先程のROADSTER V8と違い、ROADSTER Sのプロダクション・プレートは通常の形状ですね。ちょっと見にくいんですが、139番の個体でした。どうやら近い番号のROADSTER Sの所有者が近くにいるようないないような・・・(笑)

この3台が一気に見られるなんて、貴重ですよね。どのクルマを走っているところを見ることすら叶わないクルマですからね。アルピナの中でも別格のクルマです。

ちなみにDなんで、他のクルマもありました。どうやら中古車のB6カブリオレEdition50もいました。50周年記念社で、アルピナストライプがEDITION 50と記載されます。


ホイールもEdition 50の限定品。フィンの中も肉抜きしてあるのが凄いですよね。とはいえ、エアバルブが隠れていないのが残念・・・。そう考えるとアルピナホールのClassic2とClassic3のデザインは素晴らしいですよね。




素晴らしいクルマを見れて満足でした!

そしてそのまま流山おおたかの森へ。ここで開催されているOOTA Car Fesに会社の先輩でみん友のpor/yoshiがクルマを出しているということで、行ってきました。

途中、やはり会社の先輩でみん友のshu@を迎えに行って、おおたかの森まで行ってきました!

いや〜いろんなクルマがあってよかったですね!ほとんど写真を撮っていないんですが、いすず117クーペには興奮しましたね!フロントマスクをアルファ・ロメオに変えても通用する素晴らしいデザインだと思います!

あとポルシェが結構多かったですね。1/3はポルシェだったんじゃないかな?por/yoshiさん曰く、ポルシェはタマも多いし情報共有も盛んでパーツもあるから、維持しやすいクルマとのこと。パーツが入手しやすいのはいいですよね。そしてポルシェというステータスと走り。憧れのクルマであると共に所有できるクルマなんですね。

結局por/yoshiさんとshu@さんと3人で2時間くらい過ごしてました。shu@さんはロードスター(NA)乗りなので、出展してたロードスターのオーナーの方と盛り上がってましたね。同じクルマに乗っていればもりあがりますよね!

なんだかんだ、今日は色んなクルマを見て遊んだ一日でした。たまにはこんな日もいいですよね。

さぁまた1週間、頑張って働きましょうかね!仕事したくないなぁ・・・。
Posted at 2018/11/11 18:14:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | ALPINA | 日記
2018年09月30日 イイね!

愛車と出会って1年!

愛車と出会って1年!9月30日で愛車と出会って1年になります!
この1年の愛車との思い出を振り返ります!

■この1年でこんなパーツを付けました!
コンプリートカーであるアルピナに付けるパーツなんてありませんよね・・・。
と言いつつ、納車整備+αでいくつかのパーツを導入しました。
・バッテリー交換
・プラグ交換
K&N エアフィルター
MANN HUNMEL エアコンフィルター
KEMITEC クーラント(PG55HQ)
エンジンオイル オレンジウルフ
各種マイクロロン
ミシュラン パイロット・スーパー・スポーツ
リジカラ

■この1年でこんな整備をしました!
納車から色々やりましたね・・・。
納車整備に加えて、10年経ってますから色々ありますよね・・・。
ATF交換
エアコン整備
スラッジクリーン
カーボン洗浄
ダイヤモンドキーパー
アライメント調整
・オイル漏れに伴うフィルターハウジング、ヘッドカバー交換
・冷却水漏れに伴うラジエータタンク、ウォーター・ホース交換
・エアバック交換(リコール対応分)

■愛車のイイね!数(2018年09月30日時点)
126イイね!

■これからいじりたいところは・・・
コンプリートカーを弄るわけないじゃないですか!
維持するのが精一杯です・・・。
とりあえずエンジンオイル交換とブレーキローター、パッド交換がこの先の整備予定です
財布に余裕があればステアリングのレザー補修はしたいかなぁ・・・。

■愛車に一言
素晴らしい車に出会えたことに感謝!

>>愛車プロフィールはこちら
Posted at 2018/09/30 15:59:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | ALPINA | 日記
2018年09月30日 イイね!

長野へ遠征(2/2)

長野へ遠征(2/2)先週末の長野旅行の2日目です。

長野で1泊し、9時半にホテルのロビー集合だったのですが、15分前に3人集合していました。前夜に素晴らしい音楽を楽しみ、美味しいお酒を飲んでいたので、かなり充実した夜を過ごせたため、かなり元気でした。

朝から目指すは草津温泉!せっかく長野まで来たので、そのまま帰るのは勿体無いので、相談して草津温泉に寄ることになりました。

とはいえ、向かう前に行うべきことがあります。

給油です。

前夜、泊まらずに東京へ帰った人もいるので、精算の関係で、朝イチで給油をする必要がありました。早速、街道沿いのGSで給油したんですが、長野はガソリン代が高いですね!都内で157円/Lのハイオクが166円/Lもしました!10円も違いました!こんなに違うとは・・・。内陸だと精錬所からの輸送費が上乗せされて高くなるんですね・・・。内陸へ旅行に行かれる方は東京で満タンにしてから出かけることをオススメします。ここまで高いとは思いませんでした・・・。

ガソリンも補給したので、早速草津温泉へ!まず向かったのは雷滝。同行者がぜひとも行ってみたいということで寄ることにしました。そこまでの道は程よい山道で気持ちよく走ることができました。まぁずっと上り坂なので、けっこうガソリンを食いましたね。エンジン自体はそこまで回さなくてもどんどん登っていくんですが、ガソリンが減っていくのが分かりました。パワーのある車なのでそこまで踏み込む必要がないというのは楽なんですが、あそこまで燃費が悪化するとは思いませんでしたね。

峠道の途中にある雷滝は小さい駐車場があり、そこから歩いて崖を下るとありました。


この滝は裏側も歩くこともできるので、『裏見の滝』とも言われているそうです。実際に歩きましたが、かなり迫力がありました。滝の迫力は凄いですね!5月に宮城旅行に行った際も滝を見に行きましたが、迫力が凄いです!近くまで行ける滝だと、大量の水が落下してくる様子を間近に見れて、しばらく見ていられます。まぁずっと見ているとトリップしていきそうなんですよね。程々に・・・。

雷滝からは県道66号線をずっと走って国道292号を目指しました。66号線は1車線しかないような場所が多く、気を使いながら走りました。場所によってはある程度開けているのでそこまで気を使わないんですけど、狭い場所はホントに狭い!すれ違うときにかなり気を使います・・・。小さい車ではないですし、傷も付けたくないですからね・・・。ギリギリまで寄せてどうにかすれ違いってを繰り返しました。バイクの一団ともすれ違いましたが、バイクは楽なんです。止まっていればいいんですから。SUVとか気を使いますよね。お互い様なんでしょうけどね。広い箇所は広い箇所でカーブがきついので、それはそれで・・・。この道を選ばなければいいだけなんですけど、実際にどういう道か分からず走っているのが実情ですからね。分かってきたのは、県道は狭くて走りにくい、ということ。山道なので当然、下りもあるんですが、ここはエンジンブレーキを多用して速度調整。アルピナのステアリング裏の乳首ことスウィッチトロニックを使ってシフトチェンジを繰り返して走っていたんですが、これはこれで大変。後ろから車が来るわけではなかったので気持ち的に負担はなかったんですが、かなり大変な道でしたね。

国道292号線に合流してからは楽でしたね。10年前にMINIで走ったことのある道で、ずっと2車線なのは知っていましたから。走りやすい道でしたね。景色も最高でした!ずっと運転していたので景色を撮影できなかったのは残念ですが、素晴らしい景色の中を走っているだけで気持ちいいですよね!車も最高、景色も最高。これに優るドライブってないですよね。楽しく走ることができました。

しばらく走って、渋峠で一度休憩。ここはこれで有名ですよね。

ホテルが県境に立っているんです。駐車場も広いので、皆ここで休憩するのがおなじみの光景です。10年前もここで休憩した記憶がありました。

そしてやっと休憩なので、景色の写真を撮りました。

眼の前はこんな絶景なんです。これをずっと見ながらドライブですよ?楽しいに決まってるじゃないですか!

この渋峠から少し走ると国道の最高地点があります。さすがに車を駐車するだけのスペースがなかったので、そのまま走りましたけどね。国道292号線でそのまま草津へ向かえるので、気持ちよくドライブ。と言っても下り坂と急カーブが多くてかなりブレーキを多用する走りだったのは事実ですけどね。エンジンブレーキを多用しても最後はフットブレーキで調整ですからね。ブレーキディスクには渋峠でマジカルストップを塗っておいたので、それなりの制動性を確保しましたが、あれだけ連続するとかなり大変でした。

ちなみに、途中ではこれが。

どうでしょう藩士としては叫ばずにはいられないですよね。










3!



2!!



1!!!



ゼロ!!!!
ゴォォォウゥ!!!



どうでしょう史の中で一際輝く『だるま屋ウィリー事件』ですよね。どうでしょう藩士でこれを知らない人はいないでしょう。今も音声だけ聞きながら書いてますけど、ニヤニヤが止まりません。安全第一に突っ込むだるま屋(大泉さん)。しかも検証までするなんて・・・。

そんな信号を目の前にしたら青信号のタイミングでアルピナのアクセルを全開に踏み込まざるを得ないですよね!

でも私はヘタレ藩士なので、アクセルを全開に踏み込んだ気持ちをソロ〜っと走りましたけどね。流石に赤パイロンにアルピナを突っ込ませるだけの根性はありませんでした・・・。

このどうでしょう藩士の気持ちを確かめる信号の先に白根山に着いたわけですが、ご存知の通り白根山は活火山ということもあり、停車禁止。実際、窓を閉めて走っても硫黄臭がしてましたから、けっこう活発な感じなんでしょうね。10年前はそんなこともなく、ここでカツカレーを食べた記憶があります。

ここから一気に山を下って草津へ。草津に入ると流石に混んでましたね・・・。まぁ10年前も停めた駐車場に車を停めて昼食&温泉!

でもまずは湯畑観光ですよね。






さすがの硫黄臭ですが、それと共に感じる熱さ!絶対にこのままは入れませんよね・・・。湯揉みが必要なのも分かります。まぁこれが草津温泉の醍醐味なんでしょうけどね。

昼食に蕎麦を食べて、温泉!入ったのは町営の御座の湯。10年前は西の河原温泉に入ったのですが、あまりに熱くて入っていられないという記憶があったので今回は御座の湯へ。ここは湯畑と万代と2つの源泉の温泉を堪能することができます。実際、両方に入って比べてみましたが、万代源泉のほうが柔らかいように感じましたね。湯あたりがいいという感じでした。対し湯畑源泉のほうが若干、肌に刺激があるように感じました。いずれにせよ、身体が凄い温まりましたね。湯温自体が高めだと思いますが、休み休みじゃないと入っていられないですね。今回は時間制限ありで入っていたのですが、私一人だと1時間位入っていたように感じます・・・。サウナもなく温泉だけで1時間も楽しめると感じたのは草津温泉の魅力なんでしょうね。

風呂上がりには御座の湯の2階で軽く昼寝をして回復。お湯に使っていたのと同じくらいの時間をかけないと回復しないですよね。

回復後はソフトクリームを食べながら西の河原を散策。流石に温泉は入りませんでしたが、足湯に入ったりして楽しみました。

草津は今回で2回目なんですが、どちらも3時間くらいしか滞在していないんです。2泊くらいして温泉を満喫したいですね。温泉→休憩→違う温泉を繰り返したい。以前、大分に仕事で行ったときは、仕事の合間に別府温泉を満喫したので、草津温泉でも同じように温泉を満喫したいです。

さて、草津温泉からは渋川伊香保ICを一般道で目指すことにしました。軽井沢方面に向かっても渋滞だろうな、という考えと、10年前のルートをもう1度楽しみたい、というのがありました。その前にコンビニに寄ってモンスターエナジーを、なんて考えてたらコンビニに入る前にエンジンチェックランプが点灯!!!

とりあえずコンビニに停めて、同行者はコンビニへ。私はどこが悪いのか確認。結果、エンジンオイル不足!1Lの補充が要求されてました・・・。確かにBMWのエンジンはオイルを食うとは聞いていましたが、まさか草津の外れで発覚するとは・・・。どう考えても近くに自動車用品店はおろか、GSもない状態・・・。草津の中心部へ行けばGSはあると思いますが、渋滞で辿り着くまで時間がかかるのは目に見えてるわけで・・・。補充用のオイルを用意しておけばよかったと後悔しても後の祭り。今はエンジンが焼き付かないように注意しながら走るしかありません。

確かに前回のオイル交換からもうすぐ1年で、今回の旅行前に交換するか迷っていたところでした。結果、旅行後に交換することにしたんですが、それが裏目に・・・。更にオイル食いの原因を調べてみると、エンジンブレーキ多用も考えられるみたいです。今回、3L直列6気筒エンジンのエンジンブレーキを多用したことにより、シリンダー内の負圧によりエンジンオイルが食われた可能性もあります・・・。唯でさえ減っていたオイルの駄目押しのエンジンブレーキ多用だったとは・・・。

とにかく、走らないと何も変わらないですから、渋川伊香保ICを目指して走りました。高回転に回すことなく、とにかく一定の回転数を意識して・・・。

やっとのことで長野原草津口駅付近まで来たところで、自動車整備工場が!一瞬でしたが2柱式リフトが見えたので、急いでUターンして整備工場へ!個人宅ではなく、やはり整備工場でした。そして整備場にはWAKO'sのペール缶が!アルピナは0w-30という低粘度オイルが指定されていますが、ここは贅沢言いません。5w-30でいいので補充しないとエンジンが壊れてしまいます!希望を抱いて受付に行くと誰もいない。電話でもかけてみようと看板を見てみると日曜定休!やられました!定休日!これじゃ補充できません!

しかしまだチャンスはあります。駅の反対側に出光の看板が見えたので、出光に向かうことに。WAKO'sとは言わないまでも、何かしらのオイルはあるだろう、と期待を込めて出光へ向かったら、まさかの日曜定休!田舎のGSは日曜定休なんですね・・・。運転席で肩を落とす間もなく、目の前にミスター・タイヤマンが。ここも日曜定休かも、と思いつつ、何かしらの情報が手に入るかも、と思って向かうことにしました。

ありがたいことにミスター・タイヤマンは営業していました。そして作業場にはWAKO'sのペース缶が!急いでオイル補充をお願いしました!すぐに補充できるのは5w-30しかない、とのことですが、ここは補充することが重要なんです!むしろ0w-30なんてオイルが簡単に手に入るとは思っていないですし、高温側だけでも合っていれば、ここはOKです!急いで補充をお願いしました。本来は1Lのみの補充ですが、一応1.5L補充をお願いしました。足りなくなってからも走っているので、更に食っている可能性もあります。少し多めの補充で、交換前保たせることにしました。

交換後、ミスター・タイヤマンの店長と話しましたが、面白い方でした。S660に乗っているそうですが、けっこう弄っているみたいで、盛り上がりました。オイルもWAKO'sから出たばかりの4CR-SRを入れたそうですが、最後の伸びがいいそうです。またアルピナのオイルを1年無交換ということを話していたら、かなり驚かれました。BMWの公称は2年無交換なんですけどね。普通に1年ごとに交換が多いですよね。逆に国産車のように3000kmごとに交換している人のほうが少ないかもしれません。そもそも6.5Lの高級オイルを簡単に交換するだけの余裕はないですし・・・。そこら辺の事情がありますよね。エンジン的にもそこまでマメに交換することを前提に作られていないですから、かなり丈夫です。もちろん、今回のようなオイル食いとかを起こすので気を使うべきところはありますけどね。それでも普通に乗っている限り、年1回の交換で十分な性能を発揮してくれます。

なんか思わずクルマ談義に花が咲いて面白かったですが、オイル補充もできたので、ようやく安心して渋川伊香保ICへ。それなりに混んでました。最後のIC直前は30分以上かかりましたね・・・。渋川伊香保ICではなく沼田ICを目指すのが正解だったのかもしれません。

渋川伊香保ICで関越道に乗った後もひたすら渋滞・・・。花園ICから鶴ヶ島JCTまでずっと渋滞です・・・。疲れました。さすがのアルピナも渋滞疲れには勝てません。そしてガソリンもどんどん消費していきます・・・。車内ではPerfumeのライブ映像流して気を紛らわせていました。10年前のライブでしたが、変わらず楽しめましたね。曲によっては車内で踊ってました!10年前ですので、最近は演っていない曲もけっこうあり、久しぶりに見たいよね〜なんて話ながら映像を見てました。そして10年経っても彼女たちの魅力が変わらず。曲のカッコよさは進化していると思いますが、合間のMCの楽しさなどは変わらず、今も観客を楽しませてくれます。そんなことを思いながら渋滞を過ごしていました。

どうにか渋滞を抜けたからと行ってスムーズというわけではなくまぁブレーキを踏まないかな、レベル。相変わらず追い越し車線に周りを見ない遅い車がいたりしましたけどね。煽られた!ではなく、煽られる原因がなかったか考えてみてほしいですね。特に追い越し車線で煽られた場合、流れに合わせた運転ができていないからだと思うんですよね。走行車線に逃げてもまだ煽ってくるようであれば、それは悪質ですので、警察に向かうべきですが、追い越し車線はいつまでも走っていないで、走行車線に逃げるくらいに周りを見ながら走って欲しいものです。

そんなこんなで練馬ICで関越道を降りて、同行者2人を自宅をまで送っていきました。そして最後に給油。これも精算のためですね。

結果、
往路:268km走行、32.3L給油(燃費:8.3km/L)
復路:278km走行、32.9L給油(燃費:8.45km/L)
となりました。復路は山道を下る際はエンジンブレーキ多用ですから、その分、燃費を稼げたんだと思います。渋滞さえ無ければ9km/Lくらいは走ったと思うので、残念な結果でした。でも割り勘なので、かなり安く旅行できたと思います。

さて、エンジンオイルですが、今日(9/30)に交換に行く予定でしたが、台風の影響を考慮して翌週へ。と思ったら雨も全然降ってない!交換に行けたじゃないか!どうにも後手に回ってます。

次回は10/13、14で浜松までPerfumeのライブに行きますから、その前に交換したいんですよね。この長距離も気持ちよくドライブできるといいのですが・・・。渋滞はコリゴリです・・・。
Posted at 2018/09/30 12:43:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | ALPINA | 日記
2018年09月25日 イイね!

長野へ遠征(1/2)

長野へ遠征(1/2)今回の3連休に合わせて、長野へ遠征してきました。

遠征の目的はPerfumeのFuture Pop Tourへの参戦!


ここ数年、Perfumeつながりの友人ができたこともあり、一段と盛り上がっております。その中で今回のツアー、複数箇所に参戦することになりました。前回のCosmic Explorer Tourの際は幕張2公演、名古屋1公演の計3公演に参戦してきました。名古屋へは4人乗車のMINIで行ってきました。

そして3年ぶりとなるFuture Pop Tourは長野、静岡、横浜へ参戦することになりました。主に土日かつアルピナで行ける場所をメインに選定。更にPerfume仲間も私はアルピナを出すことを前提に参戦することになりました。本当は札幌も行きたかったのですが、流石に予算がなく断念しました。とはいえ3公演も行けば十分です。

今回は22日(土)のチケットでしたので新宿駅に10時半集合。私は早めに着いて駐車場で待機してました。流石に皆さん大人ですね、10時半までに全員集合し、いざ出発。

ただこの10時半の時点で関越道はしっかり渋滞中。なるべく渋滞にハマりたくないので、まずは首都高で大宮付近まで行き、そこから下道で東松山ICを目指すルートを選択しました。

新宿からは中野長者橋ICから首都高へ。ここはまだ快適だったんです。さすがに美女木JCTは混雑・・・。そこを颯爽を走り抜け、国道17号線へ。多少の渋滞は覚悟してましたが、ここもしっかり渋滞・・・。これだったら最初から観閲へ突入したほうが楽だったかも・・・。ただそんなことは口に出せませんので、黙って運転・・・。それでも終わらない渋滞。1時間半近く渋滞にハマる羽目になりました。これだったらホントに関越に乗ってたほうが楽だったかもしれない・・・。正直後悔です・・・。とりあえず東松山ICで高速に乗る前に軽く休憩。この時点で13時前だったと思います。時間かかりすぎですよね・・・。

東松山ICから関越ですが、まぁそれなりの交通量なので、飛ばせないですよね。100km/hくらいがせいぜい。ちょっとストレスが溜まります。もっと軽快に走って行きたいのに・・・。まぁこればっかりはしょうがないですよね。

関越から上信越道に入ったところで多少は交通量が減りましたが、追い越し車線を走り続ける遅い車が・・・。いつまでも走行車線へ戻らないパターンですね。

確かに制限速度を考えるといいんですけどね。ただ法令云々ではなく、周りを見て走れといいたいですよね。車内でもこの話題になり、高速道路ほどミラーを見て確認する、と。特に追い越し車線では後ろから速い車が来ないかよく確認しながら走るよね、そうじゃない車は周りが見えてないよね、と盛り上がりました。煽り運転はやってはいけませんが、その気持は十分に分かります。もっと周りを見た運転をすればそんなことにならないと思うわけです。

とはいえ、こちらもそこまで急いでいるわけではないので、前が空いたタイミングで少し踏み込んで走ったりしました。やはり軽快に走れると一気にストレスが発散できます。

遅い昼食は横川SAの峠の釜めし。定番です。14時と遅めの時間でしたが、まだまだ混んでました。名物だからしょうがないですよね。まぁ上信越道で何を食べたい?と言われたら峠の釜めしくらいしか思い浮かばないですし。安定の美味しさでした。

ここで運転手交代。私が運転し続けてもいいので、せっかくなのでクルマ好きの同乗者に変わりました。私は初の助手席に乗って長野を目指します。

私も初めて助手席だったのですが、アルピナの乗り心地の良さに驚きました。横に乗っていても非常に安定しているので速度感はないし、路面のいなし方が素晴らしい。確かに振動はありますが、座面の振動で終わって頭の上下動がないんです。視線変化がないから安定して気持ちいいんですよね。これはクセになりますね。普段は運転席しか座らないですから、助手席でこれだけ快適というのは知りませんでした。

そして同行者がアルピナを運転してみての感想ですが、
・ステアリングが重い
・ミッションの反応速度が滅茶苦茶早い
・エンジンのレスポンスがいい
・エンジンを上まで回すと最高に気持ちいい音がする
・安定感が凄い
・常にS#モードで走っている感じ(同行者はインプレッサSTI乗り)
というものでした。
慣れって怖いですね。ステアリングの重さとは慣れちゃいました。それにエンジンを回したときの気持ちよさは今でも感じます。3000回転以上の気持ちよさを味わってもらいましたが、最高に笑顔でしたね。気持ちいいんです。アルピナの素晴らしさですよね。スバルのS#モード並の運動性能を低燃費に実現できているというのがアルピナの素晴らしさの1つでもありますよね。

快調に走れたおかげで横川SAから長野ICまで1時間程度で着くことができました、ここで再び私が運転し、会場を目指しました。

今回の会場は長野オリンピックの会場にもなった長野ビックハットです。


どうにかギリギリで無料駐車場に入れたので早速グッズを買いに行きました。因みに駐車場はあと15分遅かったら停められなかったと思います。ラッキーでした。

グッズはベタにTシャツを購入。これから3公演、このツアーTを着て参戦します。

グッズを買い終わったら車に戻ってライブの準備。着替えたり荷物を最小限にまとめたり・・・。今回の同行者の一人は歴代のツアーのグッズを身に着けたりと、思い思いに準備をしました。

そしていよいよ会場へ!ステージからは遠かったですが、スタンド最前列でした。下手にアリーナ席で見えないよりもスタンド席のほうが楽しめます。特にPerfumeのライブは演出が素晴らしいので、見えないと悲しくなるんです・・・。ステージが見えないアリーナなら、オールスタンディングでいいですね。ステージ見ないで好きに騒げますからね。

そしていよいよライブが・・・!

と、ここからはネタバレなので書きませんけどね。とにかく楽しいライブでした!パフォーマンスのレベルの高さ!ステージ演出の素晴らしさ!そしてMCの面白さ!とにかくあっという間の時間でした!本当に時間を忘れて彼女たちのステージを楽しんでました!何度も彼女たちのライブを見ていますが、本当に楽しませてくれます。素晴らしいステージを見せてくれた後のボケしかないMCへの落差。そこから観客が一体となるP.T.Aの時間。

その勢いのまま、後半へ一気に加速していくステージ。もう最高でした!楽しい時間だったので本当にあっという間。

ちなみに今回のFuture Popというアルバム全体がダンスミュージック色が非常に強く、クラブ向きな楽曲が多いアルバムとなっています。私としては違和感はないのですが、駄目な人は駄目みたいですね。

楽しい時間がすぐに終わってしまい、宿へ、ただ駐車場から出るのに1時間以上かかってしまいました。係員の誘導のまずさで全然動かない。正確には車は駐車場から出ているんですが、奥に止めてた車が動かないんです。エンジンを止めてひたすら待機な時間でした。やっと駐車場を出て宿に向かいましたが、今度は宿の駐車場がわかりにくくてしばらく彷徨ってしまいました。最終的には停めることができ、無事にチェックイン。そのまま反省会と称して飲みに行きました。

今回は4名での遠征だったのですが1名は所用で終演後に東京へトンボ返り。3名での反省会でした。年齢も異なる3人を結びつけるPerfumeの話題で終止しましたね。ライブの感想だったり演出だったり、ふとした彼女たちの仕草を話題に楽しい酒を飲んでました。

そして0時過ぎに宿に戻り、長くも楽しい1日が終わりました。
Posted at 2018/09/25 23:14:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | ALPINA | クルマ

プロフィール

「煽り運転について思うこと http://cvw.jp/b/2847069/42307577/
何シテル?   12/17 22:37
Katsuki-B361です。よろしくお願いします。 BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジンに乗っています。 2008年式のE90前期型になります。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

お友達

まだまだ若輩者ですが身分不相応なアルピナに乗っています。色々と交流させて下さい!
18 人のお友達がいます
シュアラスターシュアラスター *みんカラ公認 ORANGE WOLFORANGE WOLF *みんカラ公認
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム * huracan_kazuhuracan_kazu
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 ネコショウグンネコショウグン

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジン BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジン
BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジンに乗っています。 2008年式のE90前期 ...
ミニ MINI MINI ONE (ミニ MINI)
MINI ONE(R56/1.4/AT)に乗っていました。 次期車更新のため売却したため ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.