• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kt6sambar4WDのブログ一覧

2011年10月31日 イイね!

三菱洗濯機 MAW-D7UP 修理&ミラージュのハーネス小補修

三菱洗濯機 MAW-D7UP 修理&ミラージュのハーネス小補修この日は朝から洗濯機がエラーで回らないとの事。


うちの洗濯機は三菱電機のMAW-D7UPと言う型なのですが,購入当初からトラブルが続いています。
まず最初は騒音で,新品時から異常に音と振動が大きい事に悩まされていました。
数回三菱のサービスに来てもらい,あれこれ交換してもらったのですが結果は直らず。
クラッチ部(ギヤボックス)や内蓋やダンパまで交換してくれたのですが,解消しませんでした。

その後は個人的に騒音対策をして使っていたのですが,しばらくしてP6エラーが頻発。
サービスに聞くとクラッチのエラーとの事で交換してもらいましたが,「保証期間外になるので有償となりますが,最近一度交換されているので部品代だけでいいです」との事で有償交換。

交換時に作業を見ていたのですが,以前の作業ミスが原因で壊れたとしか思えないので腑に落ちない思い…  圧着はまともに出来ていない上に,水が入らないように付いている袋を破れたまま密閉しないで装着していたのです。
その為接点部が腐食していたのがクラッチエラーの主な原因であるように思いました。
(それ以前に,元から防水のコネクタを使用してくれていればいい話なのですがね。)


今回のエラーは上記理由の延長で,複数のエラーが重なって起きていました。
まず,P5・P7・P8のエラーが確認されていました。

そこで,モーター部を点検。
念のためにクラッチ部も分解点検。

次にモーター部のハーネスの点検。
すると,赤い線が1本遊んでいたので,辿ってみると50μFのコンデンサに繋がっていました。
コンデンサのもう一方はクラッチの電源につながっています。
片側だけ繋がないのは明らかにおかしいので,配線図を確認してみるとクラッチに繋ぐ事になっています。
配線の具合からみて,一連のクラッチ交換時に外されたわけではなく,最初から接続されていなかったようです。
とりあえずは配線図が正しいと言う判断で,今回はこのコンデンサを接続しておきました。

この状態で運転してみたところ,今度はA6エラーを確認する事ができました。
A6はモーターの短絡ですが,そんなハズは無いのでもう一度各部を点検。
すると,モーター側コネクタの接点部が腐食している事が判明しました。

又,P5エラーも出ていたので回転センサのコネクタ部を点検。
こちらは青錆が出ていたので,接点の接触圧を簡易点検したのですが接触圧をほぼ確認出来なかったのでコネクタを切断し,ギボシ端子に変更。
ついでに,洗濯機下部に有るコネクタを全て切り取り,リング スリーブ等に変更。

これで洗濯はできるようになりましたので,やはり接触不良が原因であったようです。
しばらくはこの状態で全機能無事に動いていたのですが,次にP7エラーが連発。
洗濯後,すすぎに移行できないのです。

調べた結果,P7はフタロックがかからないと言うエラーだそうなので,フタロック機構を点検したところ,コイルに電源AC100Vは行っているものの電流が0Aと流れていません。
フォト センサは生きていたので,フタロック機構をこれより以前に故障した同機種の物と交換したところ動きました。

以上で洗濯機は直りました。
まだ乾燥のヒーターリレーが入らないので,基板と今回交換したロック機構は新品に交換します。
大体動かない原因が分かってきたので,次は色違いの同機種も修理予定。



この修理の詳しくは…  愛車紹介→その他その他→整備手帳→三菱 MAW-D7UP 修理 P5・P7・P8・A6エラー



次に,ミラージュの車内ハーネスを小補修。。。

なんでもETCを貰ったので,それの取り付けをくれた人がしてくれるとの事で嫌な予感はしながらもETCくらいなら誰でもどうにかなるだろう… と放っておきましたが,これが大きな間違い。

ミラージュが帰宅後,ETCを付けて欲しいと言い出すので「はぁ?」と思いながらも理由を聞くと,「ETCの電源をどこから取ってもETCが動かないと言われたので,時間もないし帰って来た」との事。

この,「どこから取っても…」が引っかかり,詳細を聞くと車内のフューズBOX付近から電源を取ろうとしただの,それでもダメなのでキーシリンダ付近から取ろうとしたと言い出すのです。
正直この時点でイラッ☆としたのですが,更に「線の皮を剥いていた」と言い出すのです。

それで?その後処理はしていた?と聞くと…  とんでもない返答が。
「車内だから大丈夫だよ」と言われたとか…  妹は,「何もしなくて良いのか」と聞いたそうですが,左のような返答だったとの事。

もぅこの時点でイライラッ☆ですね。
そうこうしながらも,現物を確認してみると…  案の定… 
速攻,「二度と触らせるな!!」と言っておきました。 

質問は続きます。
「何を使って被覆を剥いていた?工具?」と聞くと,黄色い柄の工具との事。
ワイヤ ストリッパですね。 しかも合っていないサイズで剥いてあるのも確認出来ます。
見てみると,赤く太目の線を狙って被覆を剥いています。 
ACC電源を取りたいのは分かりますが,メーカーによっては赤がACCとは限りません。

それよりも,被覆を2~3mmも剥いた状態で,銅線が目視できる状態で,しかも隣り合う線を3本も剥きそのままにしておくとは一体どう言う神経してるんでしょうか?
それで「車内だから大丈夫」?だったらあなたの車のハーネスも被覆剥いたら?

ハーネス弁償してもらえ!とも言いましたが,切断されている訳ではないし… まぁまぁ…(-_-;)

次に嫌な予感がしながらも,ステアリング部のコラムカバーを外しハーネスを点検。
ここは初めて見るのですが,三菱車はキーシリンダーへのハーネスは厳重に被覆されていたので,相手も手を出す事が出来なかったと見えます。

ではどこを裂いたのか。

キーリマインダ スイッチのハーネス部
キーリマインダ スイッチの線を裂いてくれてました。 しかも2本共。
確かに赤い線ではありますがね…  (-.-)
赤ければなんでも良かったようです。

そして,例に漏れずその線も被覆を剥いたまま放置。 しかも2本共同じ位置の被覆を剥いている上に,線を1本切っています。 そしてその被覆を剥かれた位置はキーシリンダのボデーに接触する位置です。
これがACCだと思って剥いて,そのままに放置するとは素晴らしいと思います。

ハーネス拡大
たまたまキーリマインダ スイッチのハーネスだから良かったものの,一歩間違えばレアショートで車両火災ですよ!
妹には,よく無事で帰ってこれたな。 と事の重大性を伝えておきました。


この被覆を剥かれた線,確認出来ただけで全5本は点検後アセテート布テープで補修しておきましたが,本来ならば新品に交換したい位です。

分からないなら触らないでもらいたい!
もぅこの手の修理はしたくないんですよ。  経年劣化や消耗品を交換するのは当然ですが,なぜ正常であったものを壊されてまで私が修理しなきゃならんのですか。 
ミラージュはまだまだ手を付けきれていない交換部分が多々あるんです。
GTOやパジェロミニも…  しかも洗濯機まで壊れる始末…

今回はGTOのミッションドレンボルトの再修復をしている最中だったので,GTOの修理を中断してミラージュのハーネス補修をさせてもらいました。

画像がキーリマインダ スイッチ部しか無いのは,もう一方の箇所はデジカメが入らず,暗くてピントが合わなかった為です。
もう一方のハーネスは,電動ドアミラーとフォグ ランプのS.W用でした。
OP用ハーネスなので,丸ごと交換も可能です。



この日の画像は,MAW-D7UPのモータ部です。

この日は厄日だったのか,二次的要因の修理ばかりでした。
頼みますから余計な修理を増やさないでください。  

ミラージュのHIDもHiが点かないですね。
このHIDは私が取り付けた物ではありません。 このままでは車検通りません。
これも非常に嫌な予感がしていましたが…
Posted at 2011/11/01 21:46:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 電気 | 日記
2011年10月30日 イイね!

Victor AX-FT1&SP-FT1をしばらく使用してみて

Victor AX-FT1&SP-FT1をしばらく使用してみてしばらく前にVictor AX-FT1&SP-FT1と言う簡易ホームシアターセットが来ていました。
すぐにレビューしようかと思ったのですが,どうも思わしくない音質であった為エージングとテストをしばらくての結果を少し…


このセット,SPは片側にDDスピーカーが縦に2個入っています。
Victor独自のサラウンド方式で,上側からサラウンド音を出し擬似5.1chを作り出すと言うもの。
√4であったと思います。 DolbyDigitalとDTSとAACの5..1chを受ける事ができますが,最近の高音質タイプには対応していません。

サブウーファーは,別途購入し繋ぐ必要があります。
OP3系統・アナログ1系統(2ch)入力を装備しているので,サイズの割には実用的です。
又,AMPも壁掛け対応となっているので,インテリアにも良いと言ったコンセプトらしいですが…
壁掛けTVの外付けSPとして使うコンセプトのようですね。


コンセプトは良いと思います。 ただ,Victorなんで… デザインは珍しくマトモですが,実際に壁に掛けて使うと問題が多く発生します。
まず,SPを2本壁に掛けるには壁にネジを4本打つ必要があります。 AMPも掛けるなら6本になります。

次に配線を隠す方法がありません。
付属のSPケーブルは白色です。 本体は黒色です。 AMPにACアダプターから電源を送るのですが,その線は黒色です。
AMPを壁に掛ける場合は,スマートではありませんね。 AMPは寝かせて使う事も出来ます。

壁掛けが無理なので,SPに付属のスタンドを付けて立たせるとします。
SPは薄いので,スマートにインテリアとしてまとまるかもしれません。
次に,AMPを立てたいのですが,なぜかAMPにはスタンドがありません。 壁掛けではAMPも掛ける事でデザインに統一性を持たせる事が可能ですが,SPをスタンドで立てる場合はAMPは寝かせて使うしか方法がありません。
(最初,そんなハズはないとAMPのスタンドを探しましたが,取説でもAMPのスタンドはありませんでした。)


しかし,そんな事は音質がカバーしてくれるハズです。 Victorなんですから。
一応,片側にDDスピーカーが2個入っているのでステレオ再生時は全部で4本のDDスピーカーがドライブされる仕組みです。
こうする事で音圧の低いDDスピーカーでも大きな音が出せるでしょう。

実際,壁に掛けた上でサブウーファーを入れると見かけ以上に大きな音がでました。
しかしスタンドで床に置くと,とんでもなく悲惨な音質になりました。
この事から,設置場所を非常に選ぶSPである事が分かります。

どうも,堅い壁に掛けた状態でチューニングされてあるようです。
自分の部屋は和室で,壁は土壁です。 ガラス障子や障子が有ります。
この環境ではこのSPの良さは全くと言っていいレベルで出ませんでした。

PS3でCDやTVを見ましたが,聴くに耐えません。
BRAVIA(40X1)と繋ぐと,それなりに鳴ってくれました。 それでもBRAVIAのSPの方がトータルで良かったです。

仕方ないので,PC用のSPにしてみました。
PC用にするにはSP本体が大きく結構邪魔ですし,スタンドを使うとSPが少し寝るので液晶モニタとの角度が合いません。
一応音出しもしましたが,やはり音楽を聴くには向きませんでした。


と,酷評なシステムですが,一部良い面もあります。
それは,効果音。  映画やアニメでよくある効果音が非常に楽しく聞くことができます。
低音は全くと言って良いレベルで無いのですが,広がり感が気持ちよく意外と硬い音の広がりが出るので小音量やSPの近くでも楽しく聞くことができます。
PC用のSPとして使用した時にも,アニメの効果音の広がり感は良かったです。
ただ,それ以外に目立った長所が無いのは欠点。

すでに廃盤になっていますが,後継は発売されていません。
やはりコンセプト的にもユーザーが限定されていたのでしょう。  バータイプの方が汎用性も高く,設置場所も自由になりますからね。

ただ,DDスピーカーとしては以前の振動版特有の音が取れ,筐体が筒で無くなった事で筒の共鳴音が無くなった事は多きな進化だと思います。
最初のDDスピーカーは振動版の固有音がどうしても気になったものですから…
このDDスピーカーの振動版は透明である事から,ヘッドホン等と同じような素材なのかと推測します。
以前よりも高域が素直に伸び,中低域も随分と普通のSPと同じような特性になっているように思います。
DDスピーカーと言われなければ気づきにくいでしょう。

そして,このSPは耳元で聴くと凄く良い音がしています。
ヘッドホンに似た音なのですが,情報量が非常に多く,音場感も広いのでもしこのまま音がリスニングポイントまで届けば最高の音空間になるのではないかと想像します。

機会があれば広く堅い壁に掛けて聴いてみたいものです。


写真を数枚レビュー付きで載せておきました。
愛車紹介→その他その他→フォト→Victor AX-FT1&SP-FT1 簡易レビュー

この日の画像は,Victor AX-FT1&SP-FT1です。
Posted at 2011/11/01 05:38:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
2011年10月29日 イイね!

近畿大学生物理工学部の「きのくに祭」に行ってきた

近畿大学生物理工学部の「きのくに祭」に行ってきたこの日は近畿大学生物理工学部の文化祭である「きのくに祭」が開催されていました。


近いので毎年自転車で行っているのですが,昔と比べると見る影も無く規模が縮小されています…
非常に残念です。  
特に大型であったフリマが一気に縮小されてしまい,小じんまりとした一角で行われているのは昔を知っている人から見ると行く理由が無くなってしまうと言っても過言では無いかと思います。
現に自分はフリマ目当てで丸1日居ましたからね(^^ゞ

今は特にイベントもステージも無いので,縮小されたフリマをサラっと見渡して,後は祭りの雰囲気を少し記念撮影して終了とする予定でした。

この日のプログラムは以下の通り

10/29(土)

10:00~ 開会式

10:10~11:10 こども企画「近大子供ランド」

11:20~14:20  軽音部の発表

14:40~15:40 外部ゲスト:声優 新谷良子さん

15:40 ~16:40 女装コンテスト

16:50~17:10 アカペラサークルの発表

17:20~19:20 カラオケ

19:30~19:40 ダンスサークルの発表

19:40~ 閉会式


自分が会場入りしたのは丁度,軽音部の発表が終わった直後辺り。
ちなみに,現地入りするまでプログラムを知りませんでした。

そして,いつも通りフリマ辺りをうろついて写真を数枚撮って,他に写真やっていそうな人を探してみたり…

そうこうしながら,ステージ付近に居ると珍しくステージ前に人が増えてきたので,誰か来るのかと思い何となくミキサーテントに移動。
声優の… ? 誰? 新谷良子さんです。 と紹介があり,舞台に上がって行かれました。

全く知らなかったので,早速ググッてみたのですが… ほぼ見てない作品ばかりで(・・;) まどか☆マギカとミルキィホームズくらいしか分からない。  ギャラクシーエンジェルをご存知なら…
とりあえずこんな機会も滅多にないであろうと,フリートークとミニライブを最後まで観覧していました。


ミニライブでは全5曲を歌っておられ,その内容は以下の通りだったようです。

crossingdays
ハリケーンミキサー
Euphoric Prayer
ロストシンフォニー
マチモン

4曲に新曲の宣伝で1曲追加したとの事でした。

肝心の盛り上がり度ですが… 1曲目はミニライブにしてはシラーとした雰囲気で,歌い終わった時点で,新谷さんが「アウェイな感じw」と言われて以降は少し前の部分が湧いてくると言った状況。
その後は,盛り上がりがグラデーションになってきましたねと(^_^;)
サイリュウムのような物を振っている方も最終的に10名弱は居たと思われます。

ある程度の盛り上がりになると予想して,少し後ろ手に移動していたのですがあまり意味無かったですね(・・;)
雰囲気的に知らない人が大多数を占めていたような気がします。
大体盛り上がっていたのは全体の3分の1程で,それ以外の方は静観されていました。
少し離れたところでは数名盛り上がっていたようです。

ミニライブ終了後の様子
写真と動画の撮影は禁止されていましたので画像はありません。
入場無料でミニライブを5曲も聞けたのでなかなか良かったのではないでしょうか。

それにしても,最近のPAさんはもう少しマトモな音を出せないのでしょうか…
今回はSPが少なかったのでマシでしたが,低域を無理に出し過ぎていると言うか,聞く位置で飽和しているんです。
そして中域はどこ行った?と言うパターンはもぅ常識化しています。

業者の撮影隊の方
その後は男の娘コンテストに入りました。
プログラム上は女装コンテストだったんですがねw 前半を少し見た時点で帰宅しました。

近大生の写真部が撮影していないか探していたんですが,代わりにカメラの西本さんが撮影隊となって来られていました…
それ以外に撮っている人を見かけなかったのが寂しかったですね。
学祭位自分達で撮ろうよ…

その後,KW4氏が家に来られたので新谷良子さんが来ていた事を伝えると,なぜ教えてくれなかった?と… 「ホンダDに行っていると言っていたから連絡しなかった。」と言うと,「それは業務連絡やで!」とwww
KW4氏はギャラクシーエンジェルで知っていたので,見たかったそうです。
和歌山に声優さんが来る事なんてまず無いですからね(;・∀・)

BEATの点火時期は無事ホンダDで調整してきたそうです。
チェックエンジンは,シリンダー判別センサと出ているそうです…



この日の画像は,近畿大学生物理工学部のきのくに祭入り口部です。
Posted at 2011/10/30 15:01:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 祭り | 日記
2011年10月28日 イイね!

REAL LCD-H27MX4を分解してみた

REAL LCD-H27MX4を分解してみた先日の夜,映らない液晶TVがやってきました。


物は三菱 REAL LCD-H27MX4で,05年製の液晶TVです。
この頃の液晶TVは27型でも [表示画素数(パネルの種類) 水平1280×垂直720 画素(ワイドXGA)]ですので,映ったとしても期待はできませんし画は動かないでしょう。

症状は,電源を入れた一瞬のみ画が出るものの,その後は全く映らないと言うもの。
赤ランプの点滅は無かったので,なんとかなるかも?と思いつつ… 分解してみました。

まずはエアでホコリを飛ばし,外で大雑把に分解。
ゴミが取れた時点で部屋に持ち込み,詳細な点検へ。  まずは電源周りを中心にコンデンサの容量点検をしたのですが,問題のありそうな個体はありませんでした。


全体を目視点検しても液漏れしているような個体は無かったので,修理も面倒になってきて中断。

液晶TVを分解する機会はなかなか無いので,この機会にパネルまで分解してみる事としました。
携帯電話の水没修理で液晶パネルまで分解して掃除した事はありましたが,液晶TVともなると分解するにもなかなか機会がありません。

CCFLの配置や,パネルの取り付けにも興味があった為にパネル部分を分解。

バックライト部
透過型液晶なので,冷陰極蛍光管が2本一組で7組装着されていました。
PCモニタの場合は大体は反射型ですね。

偏光パネル
偏光パネルは全4枚。

液晶パネル単体
大型なだけに,分解も容易でした。
携帯電話の場合,液晶が小さい上に反射型なので反射パネルなどが薄くて分解しても元に戻すのが大変でした…



この日の画像は,分解中の三菱 REAL LCD-H27MX4です。

もう少し詳しくは… 愛車紹介→その他その他→フォト→三菱 REAL LCD-H27MX4 分解 を参照
Posted at 2011/10/29 22:54:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 電気 | 日記
2011年10月27日 イイね!

パジェロミニのエンジン復活! 燃料レギュレータが原因。

パジェロミニのエンジン復活! 燃料レギュレータが原因。少し前にGTOの燃料レギュレータを交換したときの効果が想像以上に大きく,特に加給域での加速感が別物になった事を受け,パジェロミニの燃料レギュレータも交換する事にしました。


パジェロミニは,以前の整備でヒューエル フィルタとインジェクタを交換してあります。
そして,その効果は想定の範囲かそれ以下というものでした。

それでも変化が無かったわけではなく,今まで以上に加速感やトルク感は向上していました。
しかし,4気筒ターボである何かが大きく欠けていました。 

4気筒・DOHC・20VALVE・ターボ・マルチ ホール インジェクタ(3ホール)とくれば,馬力が出ないハズが無い。
VIVIO RX-Rの感覚から行くと,4000rpm以上が重いはずが無い。

とパジェロミニが来た時から思っていたのですが,何を変えても直らない…
正直,三菱のエンジンだからやっぱり回らないものなのか…(´・ω・`) と思いかけていまして…
とにかくターボの感じが無かったのですよ… タービンは回っているのに。

その感じはGTOととても似ていました。
GTOもレギュレータを交換するまでは速いけど,何か違うでしょ… と言った感じで好きでは無かったです。  高回転域でのレスポンスが悪いし,世間で言われているようなビッグトルクも感じられず,これも車体が重いからこんな物なのか?とも思っていました。
(GTOは現時点ではまだ何か違う気がしています。)

パジェロミニに関しては半分嫌気がさしていまして,半分何もする気になりませんでした。
確かに面白い車ではあるんですよ? でも,肝心のエンジンが死んでるんですよ。
だから整備してても面白くもなんともないんですよ。 やっぱりエンジンはそのエンジンなりのパフォーマンスがあるはずなので。  
ミニキャブトラックのキャブエンジンは,パジェロミニより遅いですが面白いです。
パジェロミニは,遅いですし面白くないです。 この違いでした。

ちなみに,VIVIO RX-Rは速いですし面白いですが,車体と足が悪いのが欠点。
バランスが取れていないので,得意不得意が出すぎるんですよね…  ホンダとはまた違った意味で。 STIショックに交換する事で,振り回す方向に振ってしまう方が合っている気がします。

新品の燃料レギュレータ
さて本題です。

パジェロミニの燃料レギュレータを交換しました。
エンジンをかけました。 かかりました。
少しスロットルを開けてみました。  ん!!??(@_@)
でもまぁ期待していても,その通りにならない事など多々あるので落ち着いて…

暖気終了後,アクセル レータ ペダルを踏み込みレーシングテスト。
えっ(;・∀・)? へぇ~~~~。 
違うエンジンです。  正直なにしたの?状態。

レーシングの時点でレーシング レスポンスがかなり鋭くなっています。
そして,糞詰りだった高回転域にすッと回っていきます。
マフラーからは大量の水を吐いています。  燃焼効率がよくなった証拠ですね。
もちろんオイルも吐いていますが…  オイルは若干黒鉛化しています。

少し加速テスト… と,その前に明らかに発進トルクが太くなっています。
出足が軽い軽いw  ECUの学習もあるので,最初はゆっくりと加速を慣らしていきます。
さて本番。  1速・2速でフル加速。
初めてパジェロミニに背中を押されました(笑
アルトワークスなどとは違うタイプの加速なので,速っ!?という感覚ではありません。

スムーズに尚且つエンジンがすッと回って行き,気づくと7500rpm。
それ以上はパワーバンドから外れます。
高回転のレスポンスもスムーズ(^^♪  5000rpmから一気に回る感じはこれぞ軽ターボ!
もぅ凄く楽しかったです! 

注意してもらいたいのは,あくまでパジェロミニなのでアルトワークスのような速さやVIVIO RX-Rのような速さではありません。
あくまでエンジンフィーリングのお話。

レーシングのレスポンスもスムーズで,もぅ何回もレーシングして遊んでました…(^_^;)
これぞエンジンでしょう。 
勿論,低中速トルクは増えています。  5速 40km/hから結構な坂道でも加速してきます。
エンジンは前より静かになっています。  レーシング時の排気音は少しだけレーシな感じです。


あくまで,うちのパジェロミニの場合ですのでその他の個体でどう変化するかは未知数です。
ただ,10万キロオーバーの燃料レギュレータは交換するべきでしょう。  レギュレータなんて消耗品ですからね…

パジェロミニで加速感が足らないや,新車時のフィーリングで無くなって来ている方は一度交換する価値はあると思います。
特にGTOの燃料レギュレータは品番が変わっていましたので,密かに対策品が出ている事も考えられます。 (パジェロミニは変更無し)


詳しくは… 愛車紹介→三菱 パジェロミニ→整備手帳→燃圧 レギュレータ交換 (効果:大) を参照



この日の画像はパジェロミニの燃料レギュレータの位置です。
Posted at 2011/10/28 15:18:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 整備 | 日記

プロフィール

「京奈和も,第二阪和に繋げたいとコメントされてました。」
何シテル?   03/20 23:17
富士重工一筋でしたが、今は三菱好きです。 それでも、未だに S62 式の KT 型 サンバー は一番のお気に入り。 三菱車の中では 三菱 GTO と デ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

59 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 その他 三菱 その他
三菱農機製トラクターです。 現在メインで活躍中。 カーステや作業灯を追加しています。 快 ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
2011年02月16日新菱オート様より納車されました。 平成07年??月登録車。(19 ...
三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
2013 年 03 月 01 日,新菱 オート 様より納車されました。 平成 3 年 2 ...
三菱 ミラージュハッチバック 三菱 ミラージュハッチバック
妹の車として、2010/04/13に新菱オート様より納車されました。 平成08年08月 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.