• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ワルめーら@Terryのブログ一覧

2018年05月23日 イイね!

A latest trip and others

A latest trip and othersI drove and hang around mainly in 会津、中越、北信、万座、榛名and so on.
My visit to these areas was really for a long time.
As I drove on mountain area so much,I could see piled snow!
Anyway,I had a great time. I need to thank for everything,especially my buddy,Impreza!
I'm satisfied more than I had expected.



















































































On last week,I could enjoy playing tennis and baseball hitting with my car mates.
It's awesome to work out.






When I was childhood,I used to go my grandparents house and walked around swamp called 手賀沼. The swamp brings back lots of memories.


















My wife and I heard that my wife's mother hurt incurable disease,so we headed for a hospital by a bullet train to 長野.However,county area is inconvenient to move around,so eventually we got a rent-a-car.
My mother seemed not bad. We were a bit relieved.
By the way,her hometown is really a traditional area. When I went there for the first time,I was a little surprised.












My post may become a rambling story.
Somewhat I wanted to write down recent topics for you. I tried to do in Japanese but somewhat I couldn't..

Young girls next to me were bilingual.
Sometimes they talk with each other in Japanese and sometimes in English..
My brain was confused lol

Take care;)


Posted at 2018/05/23 19:44:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ
2018年05月20日 イイね!

晴天の中でジメッとした記事〔笑〕

晴天の中でジメッとした記事〔笑〕今日はいい天気ですね!
最近、ジメッとした記事が多いですが、ご容赦ください〔笑〕

この記事は、難病は遺伝する?について書いています。

みんとものタカさんの記事を拝見する少し前に、難病指定を受けた義母が入院している病院に向かいました。長野県某地まで新幹線で向かい、その後はレンタカーで病院やら実家 やらを回りました。翌日は仕事〔キャンセルはできますが〕で日帰りで寝る時間もあまりなかったので疲れました〔笑〕
気が向いたらそのときの長野県の素晴らしい景色をアップロードします〔笑〕

翻って、家庭のことをば。家内は数年前から乳がんによる乳房切除や足の関節を削除する手術をしていますが、前向きに生きています。ときにその生命力に驚かされることがあります。私にはあまり生きることへの執着がないので。
昔から変わった人間でした〔笑〕

さて、自身のことについて。
常に日常を支配する強迫症や予期不安、不安神経症については、それが日常になってしまったといえばそうですが、あがいても仕方ないんですね。クルマについていえば、今までできていたクルマの運転の仕方ができない、或いは、恐怖心を感じたりして、困難を伴うということもあり、ものすごいストレスを感じ、クルマを手放す選択肢も考えたこともあります。
仲間とのツーリングも回避してしまうこともあります。おかしいですよね。私もおかしいと思います。こんなに素晴らしい仲間たちなのに。

ともあれ、しかしながら、やはりこれも執着なのかもしれませんが、それでもクルマに乗ってしまう自分がいます。好きなのでしょうね。
ですので、今の心身の中でできる自分にとって最善のドライブを愉しむことにしています。心から楽しめないことも多いですが、それでもいいじゃないかと思うようにしていますし、どのような結果になろうと、なるようにしかならなりませんから。結果に執着していても仕方ありません。
鉛色の空も心の持ちようで青空に見えてくるものです。或いは、鉛色の空も陰翳があってまたいいものです。

自分にはもっとパフォーマンスがあるのにという発想は所詮は幻想に過ぎません。確かに過去においてはできたかもしれませんが、現在は現在であり、過去ではありません。過去にたいする意味付けを定義し直すことで、現在の環境を変化させるという手法もありますが。ですので、現在を否定して殊更に過去のことを回想することは差し控えています。

いよいよジメッとした内容になってきましたが〔笑〕、来月には車検も通しますし、七月には中国地方に遠征したいと思っています。それがダメならそれまでのこと。
ドライブ先では様々な僥倖や出会いがありました。そのことを忘れずに、感謝したいと思っています。
今日は取り敢えず北の方角を目指しています。

タカさんのことについては、引用はしたものの、私自身が言及することではないと考えています。ご自身なりに思うことはあるでしょうし、私があれこれと述べることではないと判断しているからです。ただ、文面上から窺えるタカさんの姿勢には強く共鳴したので、このように勝手に引用させていただきました〔笑〕

以上、雲一つない蓮田サービスエリアより。だんだん暑くなってきましたよ〜〜
タカさん、北関東か東北地方でプチオフしましょう。先に行ってます〔笑〕
Posted at 2018/05/20 10:28:35 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年05月14日 イイね!

強迫観念のことなど

強迫観念のことなどここのところかなり強い強迫観念が続々と湧き出でている。ときに頭が締め付けられるようなときもあるし、神経も鋭敏になり、休まる暇がないことが多い。

浮かび上がる感情はいかようにもコントロールすることはできないというのが結論だ。
人間は様々な環境や状況のもとで、固有の反応パターンを抱く。同じ事象に対して、人は百人百様の反応を抱く。
そしてそれはもう自動的に潜在意識の中に入っているから、無理やり治そうとしても難しいと思う。

社交性不安障害やパニック障害、広場恐怖などを含めた不安神経障害は自動的に蓄積された反応パターンが一気に出て来ているから、ゆえにこそ、辛さはひとかたならないし、その辛さを表現する術がないために、良質な対処法が記された書籍も極めて少ない。
他者に誤解されることも多々あった。無理もないだろう。
ちなみに、そうした面も含めてすべて客観的に把握していることが、認知症との違いでもある。

逆説的な物言いだけれど、諦めることが結果として状況を変化させると思う。
よって、私はいつも諦める姿勢で日々望んでいる。

河川敷の空は青く緑が美しい。風も心地よい。その気持ちをごくごく自然に受容することができたとき、その人はようやく本質に戻ったといえるだろう。
しかし、河川敷の空や風致が鉛色にしか見えなかったとしても、それはそれで落胆すべきでもない。喜ぶべきものでもないが。
釈迦のいう中庸の心構えが大切だと思うが、中庸になろうとする気持ちは中庸を却って遠ざける。世の中は逆説に充ちている。

私もぼちぼちと状況と対峙しているが、最近は肯定的に捉えられてもいいだろう折々の素晴らしい事柄を自ら曇らせていることもある。それは仕方ないのだけれど、どうせなら、曇天をかきわけて快晴の空を見てみたい。むろん、曇天も悪くはないが。

どうでもいいこと、なんでもないこと、ないしは以前は平気だったこと、どう考えてもおかしいことに対して、恐怖や不安、焦りを感じる。経験して良かったとは思えない。
しかし、鉛色の空の中でも、出歩いて運転することもできる〔運転することはむろん、出歩くことに恐怖を覚える人もいる。足を動かすことにすら怖さを覚えてしまうのだ。私もそういう気持ちになったことがたまにある〕。そうした事柄も感謝すべきなのであろう。

未だに生きている意味がわからないけれど〔子供のときから生きている意味がわからなかった〕、意味など無くてもいい。
私には三島由紀夫の受胎時ばりに胎児の時の記憶もあるが、それもまたどちらでもいい。胎児の時に思った無常感について、いまさら思い馳せても仕方あるまい。
フツーのガキとして育って、チャラい若者として過ごして来た。
胎児の時の記憶を思い起こすことはごくごく稀であった。よって、胎児の頃の過去にすがって生きることに意味は見いだせない。今が大切なのだと思う。







皆様に感謝。



2018年05月14日 イイね!

気ままな徒然日誌 奥多摩のことなど

気ままな徒然日誌   奥多摩のことなど不安や恐怖、辛さといった感情は、それをどう受け止めて解釈するかによって大いに結果が異なってくると思う。ある人はジェットコースターに愉悦を感じるのに、ある人はただならぬ怖さを感じる。
人それぞれに潜在意識内に価値体系のようなものがあり、それがある物事に対する反応や行動パターンを形成するのだと思う。
私にはどんな価値体系が脳に蓄積されているのだろう。考え過ぎても仕方ないとは思ってはいる。

今は昔。昨日のことである。基本的に晴れ男でたるためか、昨日の東京某地のファミレスはさほどの雨も降らず、ゆえに、雨の星野を彷彿させるような走りを強いられることもなく〔笑〕、横田基地の辺りまで6番で有名なハマの最終型セリカと一緒になって南下しながらして帰宅。
たぶん、八時間以上はファミレスにいたかも〔笑〕


この中では、おそらく、ミライース、というよりミライースオーナーさんが一番早いと思う〔笑〕






ファミレスに行く前は奥多摩湖畔に滞在。
久し振りの奥多摩行きの途中ですごく目立つプログレを発見。絶対にご近所さんの1000馬力超えのモンスターマシンだと思っていたけれど、やはりそうだった〔笑〕
お久しぶりでした。



奥多摩湖畔沿いまで連なって疾走。
奥多摩湖畔沿いの駐車場でのショットがトップ画像という按配。
昨日は月に一度は行っている奥多摩行脚。
たくさんの魅力的なクルマがあったけれど、
適当にピックアップ。やはり、私は日産好きなのだろうか〔笑〕



街中で見かけそうだけれど、なかなかお目にかかれない二台。
特にこの代のレガシィって本当に見かけそうだけれど、見かけない。




ほんのちょっと前まではどちらもたくさん走っていたんだけどなあ。S13は私も何度か乗ったことがあるけれど、軽くて回頭性も秀逸。デザインも美の極致でさすがはアートフォース。






200zxと300zx。外観からの違いは正直わからない。ダットサン系のスポーツカーなら31のZがいいなあ〔Z32のコンパチもいいけれど。そういえば、しばらく群馬の明智さんに会ってないなあ〕



初代ソアラも案外見かけない。奥多摩からの帰りに途中まで並走させていただきました。
ある意味、ご近所さんなので、また向こうでもお会いできたらよろしくお願いします〔笑〕







気持ちの良さそうなタオルももらい大満足〔笑〕
VHSは何気にうちにあったので、今度はビデオもいただこうかな〔笑〕
往年のアイドル・人気女優さんの全盛期の時分は、まだガキだったので、いま見ると懐かしくもあり、新鮮でもある。




スバル青並び。プレオは全塗装で仕上げたこだわりのもので、RSでないところがまた渋い。乗りたいときに乗れる車に乗る。それが一番ですよね!またお会いいたしましょう。

時は遡行する。



金曜日は片道40キロ走って洗車。24時間営業で照明が明るいのがいい。
やんちゃなクルマが多いのも面白くていいかも〔笑〕










土曜の夜は単独行動。
多摩川を越えて、オートテニスとバッティングを少々。昭和な雰囲気が好ましい施設で、卓球ができる施設もある。
ちなみに、昭和な私は片手バックハンドができる〔両手打ちもできるし、左フォアハンドもできるので、器用なのかも〕。
プロテニスの世界だと、いまや片手バックハンド使いはフェデラーくらいしかいないもんなあ。
お腹を空かせたあとは、冒頭に記したように、先日八時間以上滞在したファミレスと同じ系列のお店で一人メシ。
また九州に行きたくなった〔笑〕
今年は遠出をするとしたら、中国地方が有力。

気が向いたときにまたブログを書いてみます。それでは。















Posted at 2018/05/14 09:59:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 思い出
2018年05月09日 イイね!

西湘ドライブ・函南のぬる湯

西湘ドライブ・函南のぬる湯I feel better now thanks to a good bgm.
I'm in a coffee shop and listening it on my smartphone.
I'm suffering from the obcession and sometimes it makes me exhausted.
Anyway,

冒頭文を英語にした意図は特になく、長らく英語を使っていなかったさなか、近所の国際学校の生徒さんが日本語と英語をちゃんぽんにして使っているので、それに影響されたまでである。英文にある種の暗喩〔いや、明示的か〕も秘められているのではあるが、さておこう。

20年近く前に南足柄〔神奈川県西部〕にある大雄山最乗寺という禅寺で知人と二人で夜中に忍び込んだことがある。
通っていた大学は神奈川県にあった。今だからいうが、夜中にキャンパス入り口の幅広い道でドリフトをしたりした。放校にならなくてよかったわ。
今は交通の往来が激しくなってきているようで、もうできないだろうな。

話を戻す。たしか、大雄山へはAE92のトレノか81のマークIIで向かった。その当時でも、既に81や92などはもう旧車感が漂っていたことを記しておきたい〔新車でAE111や百系が売られていた頃である〕。既に懐かしさを感じていたものだ。
さてさて、夜中の境内のことをば。
辺り一面真っ暗闇の中、法灯が見えた。
坊さんたちの集団がのそっと近づいてきた。怒られるかなと思ったが、紫衣を着た一番位の高いと思われる僧侶が、いい匂いのする粉を私たちの頭に振りかけて、そのまま法灯の集団とともに立ち去っていった。

数年前にも少しだけ立ち寄ったことがあるのだが、やはり深夜に忍び込んだときの印象が強い。怪しげな一団とも思わずに、ごくごく冷静にまさに仏頂面で粉を振りかける紫衣の僧はさすがである。名山に名像ありである。
















前回の来訪時にも感じたのだが、山門を守護する天狗に羽がついている。大天使ガブリエルに拝謁する天使のような羽で〔たしかルネサンスの画家の絵にそのときの様子を描いたものがあった気がする。ラファエロだっけか?〕、顔つきも西洋的で彫りが深い。
このことは何を意味するのだろう。

ちなみに、羽のついた存在は東洋に伝播されると羽衣伝説に象徴されるように、飛翔する機能は天女の衣に委ねられるようになる。日本にも三保の松原の羽衣など、各地に伝説が残されている。
松本清張はゾロアスター教が奈良まで伝播していたと述べていたが〔ネストリウス派キリスト教が伝播していたと述べたのは梅原猛だっけ?〕たくさんの西洋人〔ヨーロッパではなくイラン辺りと思われる〕が日本にも多数来ていたのではないかと思っている。

大雄山の天狗たちの羽はそのときの名残ではないか
?周縁部ほど伝統が残されるといわれている。中国辺りでは羽のついた彫像は消えて無くなったが、日本は地理的に周縁であるがゆえに、長らく残されていたという具合にもいえそうだ。
伊勢神宮に初めて来たときに、ユダヤ教の五芒星のような印があちこちにあって、びっくりしたことがある。周縁の日本にはパレスチナあたりの文化も受容されていたと思われる。なお、奥の院に至る階段はかなりきつい。行き帰りに金剛水〔だったけな?〕という湧水を飲むことができたのは大きかった。

大雄山からは地元の人が広域農道と呼んでいるワインディングを南下し小田原に向かう。
昔と変わらないなあ。
運転していても爽快だし、意外と幹線としての機能も果たしている。が、基本的には地元道なのだろう。
















また山登りをしてしまった。まあ、クルマでかなり上まで行くことはできるのだが。
石垣山城と呼ばれた城跡に行ってみた。
豊臣秀吉が40万近くの未曾有の大軍勢で小田原を本拠としていた北条氏を包囲し、この戦の終結を持って、秀吉の天下統一がなったことは有名である。
僅かな期間に大量の石垣を山上に運び、天守閣を造営したという。周囲には市場や遊郭までできたというから、大気者の秀吉の面目躍如の象徴のようだが、結局、難攻不落の小田原城は落とせなかったわけだし〔敢えて落とそうとしなかったのかもしれない〕、北条氏贔屓の私としては、これだけの規模の軍勢に対しても堂々たる勝負を挑んで局地的には勝利を収めている〔忍城で石田三成などを撃退した例など〕北条氏の力を称賛したい。
駐車場近隣には表参道〔東京都〕辺りにありそうな白亜の小洒落たお店ができていた。
それもまた時代か。MGの隣に停めたのと昔のデリカスターワゴンを見ることができたのは良かったけど。







アネスト岩田というネーミングライツが与えられて初めてのターンパイク。ここの道路は高速ワインディングが続いていてスポーツ走行に向いているが、3桁キロは出さないと本領を発揮できないと思う。運転したことのある人なら了解してくださると思う。
だから、ターンパイクを使うときは、どちらかというと景色を堪能するために使うことが多い。通行料金も安いとは思えないし、のんびりと走ることにしている。




ターンパイク終点〔厳密にはもう一箇所ターンパイクがある〕の大観山ビューラウンジは風が強く寒かった。
大雄山に向かう頃には30度近く気温があったのに、ここに来たときは既に夕方になっていたとはいえ、15度以下。
芦ノ湖を展望する喫茶店のラストオーダーに間に合わなかったので、箱根峠を下り、三島から函南〔静岡県〕の畑毛〔はたけ〕温泉へ。




静岡県の人でも知っている人が少ないのだそうだ。私は縁あって何十回も来ているけれど。
ところで、ここにいつも停まっている34GT-Rは宿の人の所有なのだろうか?
昔から停まっている。
さて、畑毛温泉の特徴は30度ほどのぬるい温泉が用意されていることで、ゆえに長湯ができる。温泉だからしっかり温まることができるし、加温して温度を高くした浴槽もある。






一時間ほど浸かって、三島市街でメシ〔赤だしのソースがかかったチキンカツ〕を食べて〔フランチャイズのお店だったみたいだけど、ご飯や味噌汁、野菜もビュッフェ形式で選ぶことができて良かったな。東京にもあるらしいけれど〕また神奈川県に戻り、西湘地区〔神奈川県西部〕の道路を疾走。
インプを買ってすぐの頃はこの辺りをよく走っていたし〔東京からはるばる来る価値はある〕、仕事の関係で良く通っていたから、心の目〔笑〕で運転ができてしまう地域なのである。

おしっこに行きたくなったので、これにて。
Take care.









Posted at 2018/05/09 20:38:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ

プロフィール

「夜食談笑会から帰宅。県民の皆さま、ありがとうございました。今日も無事に多摩川を越えて帰宅しました。
それにしても相変わらず車種がバラバラだなあ〔笑〕」
何シテル?   05/25 02:14
帝都東京の地を根城とし、四方八方と旅する行動力の塊がワタクシ、ワルめーらでございます。 テリーと呼ぶ人もいます〔私のニックネームです〕 東京から大阪くらいまで...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

第六回ケーキオフ@世田谷 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/25 00:22:13
 
【改訂版^^;】2014年初ケーキオフ♪ A cake meet for car enthusiasts on March 9th,2014 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/10 09:30:38
世田谷ご近所オフ ~ワルめーら欧州車を堪能~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/17 03:31:50

お友達

ここでお見かけなされたのも何かのご縁だとは思います。お気軽にお声掛けください^-^

我愛我的車 讓我們的溝通大大^^v

Feel free to invite on me
196 人のお友達がいます
なつみんなつみん * 麺屋 魔裟維麺屋 魔裟維 *
セルスター工業セルスター工業 *みんカラ公認 STI/スバルテクニカインターナショナルSTI/スバルテクニカインターナショナル *みんカラ公認
ジンズージンズー * #スバコミ事務局#スバコミ事務局 *みんカラ公認

ファン

45 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI 涙目だけれど笑顔号 (スバル インプレッサ WRX STI)
街乗り、ツーリング、長旅、酷道、圧雪路、獣道探訪などなどあらゆる分野で活躍してもらってい ...
その他 その他 フォトアルバム(Photo albums) (その他 その他)
主として、旅に出かけたときに撮影した数々の写真や印象深い土地・場所を来訪したときの写真群 ...
日産 プリメーラ 日産901 (日産 プリメーラ)
実に気丈な相棒です。 都内や郊外の一般道、峠道、高速道路、砂利道、酷道、険道、ときおり雪 ...
レクサス RCハイブリッド レクサス RCハイブリッド
クーペの営業車として、都心及び全国で活躍中(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.