• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

teshi777のブログ一覧

2018年09月19日 イイね!

25年25万km

 9月も中旬を過ぎ、彼岸花も見られるようになり、暑さも落ち着いた感じですね。
 今年の夏は本当に災害続きで、被害を受けた方々におかれましては、早く普通の生活に戻られることを願うばかりです。自然災害は避けられないものではありますが、最小限の影響であってほしいものです。

 さて、わたしが今のグロリアに乗り出してから7年半、車自体は今年の5月で25年目を迎えました。それと合わせるように、総走行距離も25万キロ台となりました。1年1万キロ。丁度よいペースだと思います。

 と同時に、フロントベアリング辺りがゴロゴロ言い出したかな・・・と。リアは過去に同症状が出て交換済ですし、そろそろ替え時かなと思っていたので、まあ想定内です。年末の車検で交換します。

 これからも現状維持しつつ、WUY30の運転を楽しむことができたらなと思います。



 次は252,525kmのショットを狙おうと思います(笑)
 
Posted at 2018/09/19 22:37:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | GLORIA | クルマ
2018年08月04日 イイね!

小室哲哉の影響力

 今年は夏の台風の影響力が例年になく大きいように思います。
被害に遭われた方々の一日も早い復興をお祈りするとともに、
本当にこれ以上自然災害が起きないように願います。

 話は変わりましてタイトルの件ですが、
祝日の特別プログラムとして時たま
NHK-FMで放送される
「今日は1日○○三昧」シリーズ。
先月7月16日の海の日は、「小室哲哉三昧」の放送でした。
 わたしは幅広く音楽は聴く方ですが、
10代の頃にやはり大きな影響を受けているのは、
TKファミリーであることは否定できません。
 これは面白そうだな~と思って久しぶりにFMエアチェック(死語?)
しました。もちろんカセットテープで。全部は録音できませんでしたが、
90分テープ5本分。



 90年代がわたしとしては印象的ですが、それ以前に80年代の
音楽が、「あ~、あれは小室哲哉が携わっていたんだ」と
改めて認識することができました。昔から好きだった曲の中には、
結構小室哲哉作曲/編曲のものがわたしは多いです。
当時それが分かっていなかったのに好きになったということは、
基から彼の曲調が好みなんだなと思います。

 いろいろあり引退されてしまいましたが、やはり音楽業界での
彼の影響は大きいと思いました。

 ということで、彼が携わる80年代辺りの好きな曲を続けて聴きたい
という思いが高まり、ドライブ用46分テープを作りました。

中山美穂:JINGI 愛してもらいます 

  アルバム「MIHO NAKAYAMA COLLECTION」の中には
 有名ヒット曲が詰まっていますが、これはやはり外せないですね。
 なんか聴いているとウルウルしてしまうのはわたしだけ・・・?



渡辺美里:ムーンライトダンス

  渡辺美里といえば「MY REVOLUTION」という方がほとんどと
 思いますが、わたしが一番好きなのはこの「ムーンライトダンス」
 作曲だけでなく編曲も彼が手掛けているので、インストはモロ
 TKサウンド。こういう編曲、結構好みです。



荻野目洋子:NONSTOP DANCER
  
  この曲が入っているアルバム「NON-STOPPER」も、彼女の代表曲が
 目白押しですが、NONSTOP DANCERは伸びやかさがあるというか、
 爽快感を感じて好きです。



小泉今日子:good morning call

  この曲は中学生の頃から好きでしたが、彼の作曲だったことを
 まさに番組を聴いて知った次第です。うーん奥深い。
 


宮沢りえ:ドリームラッシュ

  これはアナログ盤もCDも持っていないので、エアチェックしたテープから
 ダビングしました。アイドル系への提供も結構多かったことが分かります。
 今回のテープには入れませんでしたが、別曲「No TITLIST」もなかなかいいです。

渡辺美里:MY REVOLUTION

  カセットのB面に移ってから、「やっぱりこれは入ってないとなあ」と
 思って入れました。わたしと同じ世代の方々にとっては、何かしらの
 形で心に残っている曲ではないでしょうか?



観月ありさ:TOO SHY SHY BOY

  厳密に言うと80年代ではないのですが、いわゆるTKファミリーが
 出てくる以前という括りで入れいています。
 これもTKサウンドが全面に出ていると思います。
 当時確かによく聴いていたかなと。




中山美穂:50/50

  これもだったか~と放送を聴いて知りました。自分のツボに
 はまっている曲はやはり多めですね。

  上記の曲だけだと46分テープは埋まらないので、
 あとはミポリンとキョン×2がリピートしてます。

  しばらく、グロリアの中はこのテープ1本でも飽きないかも(笑)
  

Posted at 2018/08/04 21:27:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 音楽-music- | 音楽/映画/テレビ
2018年06月24日 イイね!

とうとうミッドシップレイアウトまでも・・・

大阪地区の地震から約1週間が経とうとしています。
できるだけ早く平常な生活に戻れることを願います。
これからの季節、引き続き自然災害には注意して
いかなければなりませんね。


さて、Nシリーズが絶好調のホンダから、ついにバンもNシリーズ
としてフルモデルチェンジとなりますね。

と同時に、伝統のミッドシップレイアウトは、軽トラックの
アクティを除き消滅という形に・・・。軽バンはFR駆動と
いう定説も、今後はなくなっていくのかもしれません。



ミッドシップレイアウト、個人的に好きだったんですけどね。
グロリア乗る前に乗っていたアクティストリートは、
エンジンの馬力はないものの(当時軽自動車最低の
37馬力)、
カタログの謳い文句通り軽快な走りが楽しめました。
フロントが軽いのはやはり
操縦感の軽快さに繋がっていたんだと思います。

また、ストリートはあまりホンダらしくない(と個人的には思う)
装備やオプションが豊富で、ある意味トヨタや日産的な
感じも、今見るとあるかな?とも思います。



わたしは"ストリートV "に乗っていましたが、このサイドパイプなどとても乙な
パーツです。



貨物仕様なのにタコメーターもしっかり付いているのは
後継のアクティも共通でしたね。チルトステアリングや
2面サンルーフまで用意されていたことに本気度を感じます。




貨物仕様といってもストリートシリーズは充実した装備。
全席ヘッドレスト高さ調整もできます。フルフラットシートも
広大な空間が生まれます。

このリアゲートを開けている写真を見ると、
最終型グロリアワゴン/バンのカタログで、
グリーンツートンのリアゲートが空いている写真と
雰囲気が似てるな~といつも思います。



ほら。何となくですけど。



このデザイン。ホンダ車の中で一番好きなデザインかもしれません。
軽ワンボックスの名車だと思います。

Posted at 2018/06/24 06:34:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車-car- | 日記
2018年06月03日 イイね!

スマートフォンがそんなに大事?

 わたしとしてはどうしても気になってしまうので
書いてしまいますが・・・。
 
 ・運転中のスマートフォンの操作、通話
 ・食事中のスマートフォンの操作

 この2つは本当に腹が立ってしまいます。
どちらもスマートフォンが優先されるべきものでは
ないものです。

 信号停止中にスマートフォンの操作をしている
人が多いですが、わたしとしては停止中も
運転中だと思っています。信号停止中は
必ずバックミラーやサイドミラーで後方確認を
します。スマートフォンの操作など別なこと
やりながら運転している人が多いから、
いつぞや追突されるかもしれないと思うと
心配だからです。仮に追突されたとしても、
事前に追突されると分かっていれば
体を身構えますので、後遺症のリスクを
減らすことができます。対向車線や側道が
空いていれば逃げることもできるでしょう。

 信号が青に変わったのに進まない・・・。
これも多いです。クラクションはなるべく
鳴らしたくないと思いながらも、
鳴らしてしまいます。

 運転中のスマートフォンの操作って、
2つのことを同時に行うので、運転も片手間ですし
スマートフォンの操作も片手間ですよね。
運転という、もしかしたら人に危害を
加えるかもしれないという行為をしているのに、
それが片手間でよいのでしょうか?
 みんからの中でも明らかに運転中に投稿用の
写真を撮っている方もいらっしゃいますが、
止めて頂きたいです。車好きのみなさんが
集まっているのですから、なおさらです。

 運転中と同じく嫌なのが食事中。
食べるという人が生きていく上で欠かせない
ことにおいて、それさえも片手間にしている。
こういうことを書くとテレビ見ながらとかも
同じじゃないかと言う方もいるかと思います。
わたしもそうだとは思いますが、それはまだ
受け身と考えることもできるので譲ります。
でもスマートフォンは個人の世界に入って
周りと時間と空間を共有しないし、自分から操作するので
能動的です。
 家族で外食中でもスマートフォンしている親、
ゲームしている子ども、よく見かける光景ですが、
わたしはイライラが募ります。

 スマートフォンにそんなに時間を費やす
必要があるのか? わたしはどうしても
理解できません。過去のブログにも書きましたが、
スマートフォン中毒、スマートフォンの奴隷状態
なんだと思います。

 そんなに人間、器用じゃない。命に係わることを
優先しましょう。通話はハンズフリーを使うなど、
心掛けたいものです。

 ・・・と、愚痴を長々と書いてしまいました。
すいません。

 赤信号突っ込みもホントに止めて欲しいなあ・・・。

 わたしが「何シテル?」を更新しない理由が
ここにあります。
Posted at 2018/06/03 06:18:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月07日 イイね!

毎度のことながら・・・

 大型連休も終了。今年は短く感じました。
今日からしばらくはまとまった休みはないですね。
5月もあっという間に終わるんだろうと・・・。

 連休になると毎度のこと書いてしまうのですが、
本当に運転が適当すぎる人が多すぎて、
なんなんだろうと思ってしまいます。

・相変わらず追い越し車線から自車の直前に
 車線変更してくる。
   
   前に余裕があるのになぜ直前なのか?
  車の長さ感覚が分かっていないのか?
  単なるイヤミなのか? 
  意味不明です。
   追い越し車線を煽られて慌てて割り込んでくる
  車も多いです。自分の車速もよく考えて
  余裕を持って追い越しして欲しいものです。

・割り込んできてブレーキ
・追い越し車線でブレーキ

   走行車線から見ているとこれも多いです。
  大体、渋滞でもしてない限り、高速道路で
  ブレーキを踏むこと自体、効率も悪いし
  疲れるし下手な運転だと思います。

・車線変更時に方向指示器無点灯

   やってる人はもうそれさえも違和感
  がないんでしょうね。


 もう高速道路は、最近はほとんど走行車線のみ、
定速で走ってます。その方がイライラしないので。
ガソリン高の今、速度にも心にもゆとりを持った運転は
燃費にも効いてきます。

 休み中に走ったセレナのベストスコア。
最終的にはは18.2km/Lまで伸びました。
満タン法の燃費はカタログ値(15.8km/L)くらいでしたが。



 出かけ先で目に留まったもの。



 初代プリメーラとバサラの2ショット。
プリメーラの方は見た感じ天然オーナーさん
かなと。バサラも久しぶりに見ました。



 AE86トレノ。その他、初代タウンエースなど見かけました。



 サザエを眺め、



 夜のトドを眺め、



 インスタ映えしそうな写真を撮り、



 昭和の雰囲気に癒されるのでした。

 観光地的な写真はありません(笑)

Posted at 2018/05/07 04:44:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「赤信号突っ込み、運転中のスマホ、ホントに止めてほしいです・・・」
何シテル?   01/14 07:34
車とオーディオが趣味です。オーディオの方はクリップ・リンク先の別ホームページ「ろでぃすとの家」をご覧ください。 Y30は派手にいじらず純正基調で乗る乗り方...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

アクロポリスガレージ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/27 18:52:01
 
ろでぃすとの家 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/04/08 05:52:20
 

お友達

同好みの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。
42 人のお友達がいます
black小公子black小公子 チャンピオン シロナチャンピオン シロナ
wy30keiwy30kei ゼフ14ゼフ14
お姫様♪お姫様♪ おっとY30おっとY30

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

日産 グロリアワゴン 日産 グロリアワゴン
日産 グロリアワゴンに乗っています。乗り始めるまでの経緯は関連情報URLをご覧ください。 ...
トヨタ カローラ トヨタ カローラ
まだわたしが2~5歳の頃の家の車でした。この車があったことは覚えていますが、あったことく ...
三菱ふそう キャンター 三菱ふそう キャンター
カローラが家にあった頃、なぜか同じく家にあったキャンター。このキャンターには「乗った」と ...
トヨタ ライトエースバン トヨタ ライトエースバン
カローラの後の家の車がこのライトエースバンです。小学4年生くらいまで乗っていました。バン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.