• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

タッチ_のブログ一覧

2020年09月20日 イイね!

自動車商品魅力度、ブランド別でマツダがTOP?w

自動車商品魅力度、ブランド別でマツダがTOP?wJ.D.パワージャパンは9月17日、2020年日本自動車商品魅力度(APEAL)調査の結果を発表。

自動車商品魅力度、ブランド別でBMWが総合トップ…JDパワー(response.jp)

BMWがTOPというのは少し意外で、メルセデスが6位という結果と併せてホンマかいな!?という印象(^_^;)。

とはいえ、記事にある通り
「新車購入後2~9か月経過したユーザーを対象に5月から6月にかけてインターネットアンケートで実施。自動車の性能やデザインなどの商品魅力に関して評価してもらい、1万9435人から回答を得た。」
ということなので、まぁそういう結果だったのでしょう。

記事では「ラグジュアリーブランド」と「マスマーケットブランド」という切り分けで結果を紹介していますが、どのブランドがどっちという記述は無し。きっとJ.D.パワーの調査結果には仔細があるのでしょうが。

で、ということなら、総合8位のマツダは、国産マスマーケットブランドのTOPという結果だったことになります。総合でもVWに次ぐ2位w

個人的にはコレもホンマかいな!?という結果なのですがA^_^;)

ブランドイメージってヒット商品の有無で簡単に上がり下がりしそうに見えて、実は意外に変化が緩やかです。
マツダは第6世代商品でブランドイメージが大きく好転した、とみんカラ界隈wでは思われていますが、別にクルマ好きでもない人たちまで含めた世間一般のマツダブランドに対するイメージって、それほどでもないかもしれません(苦笑)。

と、ボクなんかは思っていたので、こういう結果で好結果が出ていると、少なくとも購入した人たちの満足度はかなり高いと言えるワケで、これを今後も3年、5年と続けていければイイですねw
Posted at 2020/09/20 21:32:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車市場 | 日記
2020年09月12日 イイね!

たつND5RCクン東京転勤の歓送別会w

たつND5RCクン東京転勤の歓送別会w突然ですがw、たつND5RCクンが転勤で上京してきたっということで、本日、歓迎会を行いました。

と、こ、ろ、が、、、

彼はグループのメンバーでもあったのですが、なんと!上京にあたって愛車を手放してしまったそうで、グループの送別会になってしまいました(爆)。

クルマが無いということはアシが無いってことなので、今朝はボクが彼の住まいの近くまでお出迎え。
振り返ると、彼と最後に会ったのが2018年12月のイベントなので、実に1年半ぶりの筈ですが、なんか全然久しぶりな気がせず(^_^;)。
ちょっと痩せた?ww

歓迎会とか送別会といえば夜のお酒の席が定番ですが、新型コロナ禍のご時世、感染防止への配慮が必要なので、オープンカフェ的な場所で昼間にお茶をしながら、、、という形にしました。

ボク同様にお久の人、初めての人、様々ですが、堅苦しい挨拶もなく直ぐに打ち解けてワイワイやれるのが、この仲間の良いところですね。

参加してくれた、みんこりーさん、busakuクン、テイクさん、かおざえもんさん、☆Pixcy☆さん、桜の山さん、くりんきーさん、ちぇんさん、あんで、部長、kyoro555さん、ありがとうございました。


たつND5RCクンはロードスター(ND5RC)を手放してしまったので、しょーがないので新しいハンネが決まるまでの暫定として「たつNOCAR」クンと命名してあげるとして、、、(爆)

東京への転勤、愛車の売却に加え、近くご結婚との報告もあり、新天地でのご健勝をお祈りすると共に、東京での生活が軌道に乗ったら再び愛車を手に入れたいとの意向も聞けましたので、グループへの復帰を心待ちにしております(^^)。

尚、

今日の送迎の道中、奥様との馴れ初めやら、和服美人wや助手席の女子高生ww他、クレープ屋のおねーちゃんなどなど、ないこと無いことエロエロ話が聞けましたので、知りたい人は是非、ブログにイイね!をお願いします(爆)。
Posted at 2020/09/12 21:13:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | i-DM:オフミ情報 | 日記
2020年09月08日 イイね!

なぜなぜ「クルマの運転」は自己流なのか?

なぜなぜ「クルマの運転」は自己流なのか?先日のブログでちょっと呟いたこと。その続きをぼんやり考えてみたwので備忘録的に、、、(^_^;)。

少なくとも日本では、どうも運転を習うという文化が無いようで、教えてあげようにも多く人が尻込みしてしまって、中々希望者を集めるのが大変です。

例えば他のスポーツ(テニスやスキー、ゴルフなど)では上級者に教わったり、お金を払って習うことに抵抗が無いのに、なんでクルマの運転では違うのか?

この手の疑問を考えるとき「なぜ?なぜ?なぜ?」と深掘りしていくなぜなぜ分析が有効です。それをちょっとやってみたという話。

余談ですが、なんでこの話題にボクが拘ってるかというと、、、(^_^;)

実はマツダ(株)の斎藤主査から「一杯やりながら話がしたい」と誘われてたりします。同じくマツダ(株)の別府氏からも、一度会って話がしたいと云われています。

斎藤氏は現ロードスターの開発主査、別府氏は現MAZDA3の元主査です。ボクはロードスターのオーナーでもMAZDA3のオーナーでも無いのですが(苦笑)、昨年のイベントとか色々な縁で、そういう話になっています(^_^;)。

冷静に考えるとコレってもしかしたら凄い話(爆)かもしれませんが、別に自慢話をしたいのではなくて(苦笑)、彼らが興味を持つに至った理由が何かしらあるワケですね。

彼ら(マツダ)が考えている課題?問題意識?に対する答えなのかヒントなのか、彼らがボクに語りたい事、ボクから聞き出したい事が何なのかは実際に会って話してみなければわからないですが、ボクがもし彼らの欲する何かを提供できるのなら、きっとこの縁が続いていく未来も有り得るでしょう。

で、話が戻って運転の話。どうも他人から習うことが一般的ではないにも関わらず、なんでボクは「運転を教える」ことに拘るのか?というと、、、

試しに教えてみたら、実に多くの人が運転の面白さにハマったから

なんですょ。この事実をマツダでプレゼンした(教えてあげた)のがi-DMファン・ミーディングとマツダが名付けたボクらのイベントで(笑)、マツダの人たちにとって「オーナーに運転することの楽しさを感じて貰う」って大きな課題なワケ。だって会う人、会う人「どうしたら運転の楽しさを他人に伝えられるか悩んでる」と言うからね(^_^;)。

個々人が、運転に対してどう楽しさを感じるか?そんなの人それぞれと言ってしまえば思考停止してしまいます。
一方でマツダはオーナーが楽しいと感じるようにクルマを作っているワケで、それならシンプルに「こう運転したら楽しいですよ」と云やぁイイじゃん、、、と思うものの、そこが中々難しいようです。

一方でボクがやっていることって、i-DMのステージやスコアに釣られてwオフミにやってきた人たちに、片っ端から「運転のイロハ」を教えたワケです。良いスコアの出し方、みたいな指導は実は全くしない(爆)のですが、イロハ(つまりはセオリー)の通りに運転すると、自然と良いスコアが出るのがi-DMなのでね(^^;。

これ、参加してくれた人ってグループの1/3程度なのですが、リピート率は8割弱にも達します。一回参加して二度目が無かった人って10人中2人程度。
これってもの凄いリピート率だと思うワケですょ、10人中8人がリピートするってA^_^;)。

というワケで、もし顧客に運転の楽しさを感じて欲しいと思うなら、ぐちゃぐちゃワケの解らない説明を並べるんじゃなく、極めてシンプルに運転のイロハを教えてあげれば、教わった方は勝手にw運転の楽しさにも、マツダ車の良さにも気付くんですd(^_^)。

と・こ・ろ・が、、、

「じゃぁ、マツダで同じようなドライビングレッスンをしよう!」と素直に話が決まらないから悩ましい。その理由の一つが先のブログでも書いた通り「運転ってお金を払ってまで習うものじゃない」と多くの人が考えているなら、レッスンなんかを企画しても生徒が集まらない(苦笑)。

で、どうしたら受講者が集まるのか?を考える前に、なんで「運転は習うもんじゃない」という風潮が定着してしまったのか?こういうことをちゃんと考えておくと、斎藤さんや別府さんにお会いした時の酒の肴になるワケですね(爆)。

根本原因には恐らく技術の進歩や環境の変化があるでしょう。
ボクが免許を取る更に10年も前(今から40年以上w)って、車もタイヤもまだまだ性能が低かった上、道路整備も不十分で未舗装(砂利道)があっちこっちに残っていました。そんな道路環境や当時のクルマの性能では、真っすぐ走ること、ちゃんと止まることにもセオリー通りの操作が必要で、自動車教習所でもシッカリ教えなければなりませんでした。
今となっては全く無駄と思われがちなポンピングブレーキだって、砂利道で不用意にブレーキを踏んでタイヤがロックしたら、咄嗟にペダルを緩めなけれイケない場面が、昔は日常的にあったワケですょ、遥か昔には(^_^;)。

ってな具合に、教習所でもシッカリ教えて一定のレベルに達しないと免許が取れないとか、免許を取った後も親とか周りからアレコレ指導を受けながら上達していくことが必要だった時代はあったと思うのですが、道路環境の整備とか、車やタイヤの性能の向上が徐々に進んで、運転の難易度がどんどん低くなっていきました。

運転に限らずスポーツなどでも、平均的な上達速度というものがあるでしょう。始めて1ヶ月でこのくらい、3ヶ月でここまで、みたいな。そうすると、始めて半年、1年経って「平均的にはこのくらい」というレベルより上であれば「上手い・凄い」と云われ、そのレベルに達しなければ「下手」と云われるモノですよね?一般的に(^_^;)。

で、国産車に関しては1970年代から1990年前半まで、物凄い勢いで進化していったんですが、そうしたら一体何が起こったか?

例えば1975年に免許を取って運転を始めた人たちは、大体1年から数年掛けてあるレベルに到達していました。

ところが1990年に免許を取った人たちは、1975年の人たちが1年掛かったところを半年とか3ヶ月で、なんてことが起こったかもしれません。それはクルマの性能が上がったから、なんですが(^^;、当事者たちは昔のクルマなんて知らない(笑)し、1975年以前に免許を取った周りの人たちは
「免許を取って、たったXヶ月でこれだけ運転が出来るなんて大したもんだ!」
なんて褒めたかもしれません。

そんな感じで免許を取ってから誰からも指導を受けずに「上手い」と褒められる人たちが表れ始めると
・誰からも習わずに上手く運転出来る人は偉い
・誰かに教わらないと運転が上手くならない人は偉くない
みたいな序列が極自然に生まれていくものでしょう。

そしてそんな感じで「運転に自信がある」と考えるドライバーの大半が、誰からも指導を受けていなければ「運転は誰かに習うものじゃない」「上手いヤツは誰からも習わずに上手くなるもの」みたいな雰囲気になって、そこそこ時間を掛けて定着していったのかもしれません(^_^;)。

因みに上記した、褒めた方も褒められた方も、今も昔も本当に運転が上手い人はほとんど居ないワケですが(爆)、まぁこの際、ソコはどーでも良いでしょう。一般的な「運転が上手い」は一般道を道交法下で安全・円滑に運行できる事、というレベルですからねA^_^;)。

こう考えると「上手な運転、教えます」的な宣伝は全くダメwで、何か別の手を考えて訴求する必要があります。なぜなら一般ドライバーは「俺は運転に自信がある」か「運転に自信はないが、他人に習うなんて恥ずかしい」のどちらかで大多数を占めるハズなのでね(^_^;)。

だから「マツダの開発ドライバーがしなやかな運転を伝授します」とかw、「斎藤主査に同乗者に優しい運転を習おう!」みたいな宣伝をすると、上記のどっちの考えの人も「お、ちょっと受けてみようかな」と思ってくれるかもしれません、とかね(笑)。

ハイ、酒の肴の一品はこんな感じで(爆)。
Posted at 2020/09/08 19:55:25 | コメント(11) | トラックバック(1) | i-DM:その他 | 日記
2020年09月01日 イイね!

そうか!文化が無いんだw

そうか!文化が無いんだw突然ですが、ハタッと思い至りました(^_^;)。

「何の話だ!?」というと、運転を習うという文化が、です。

ボクがi-DMに関するブログを書いたり、オフラインでミーティングと称したドライビングレッスンまがいのことをやってきた中で、大きな課題認識がありました。

興味を持っているようなのに、なぜオフミに来ないのか?

もう6年以上もやってくると色々と見えてきて、こういう人たちって概ね2パターンに収れんします。

①興味はあるが、もう少し上手くなってからじゃないと恥ずかしい
②ブログを読んで後は実践するのみで、わざわざ足を運ぶ必要はない

こういった人たちをなんとか引っ張り出せないかとあの手この手を駆使するワケですが、初体験した人たちが感想で書いている通りで、実体験しなければわからない、そして実体験を通じた指導を受ければお悩みなんてあっという間に解決するにも関わらず、大多数の人たちはなかなかオフミに来ようとは考えてくれません(^_^;)。

これは一体、なんでなんだ!

と、もう何年も悩んでいるというか、これは大いなる謎だったワケf^_^;)。

日本では、ほぼ全てのドライバーが自動車教習所に通いますが、これは運転免許という資格を取るための手続きで、習うのも運転と言うよりは「クルマの動かし方」と「交通法規」です。

運転免許を取得した後は、ドライビングレッスンを受ける人は極めて少数です。
なぜならメーカーなどがやっているレッスンは非日常体験やモータースポーツに通じるモノがほとんどですし、自動車教習所がやっている「安全運転講習」のようなものは、運転が上手くなるというよりも、免許は取得したものの運転に自信が無い人が受ける補習みたいなもの(苦笑)です。

現実問題としてボクらのグループでやっているような、普通のドライバーが「上手に運転する」「運転が上手くなる」ようなレッスンって、世の中に無いんですね(^^;。

恐らくほとんどのドライバーは、運転は自力(≒自己流)で試行錯誤と経験を重ねて上手くなっていくもので、第三者に習うものとは思っていないじゃなかろうか。逆に誰かに習うということは、イコール「下手クソなのだ」というイメージですね(^_^;)。

何かのスポーツ、テニスでもスキーでもゴルフでも、正しく短時間で(効率的に)上達したいと思ったとき、スクールに通う(=習う)ことに抵抗がある人はいないでしょう。

しかし運転に関してはなぜか抵抗があるようで、これは一体どーゆーことだ?とずっと考えていたのですが、そもそも「運転は他人に習うものじゃない」という暗黙の了解、つまり運転を習うという文化がないのだと思い至りました。

なるほど、そう考えれば、尻込みする人たちを引っ張り出すのが容易ではないのはとっても良く理解できます(^_^;)。

そしてそうであるならば、この課題を突破するのって文化を創るって話なので、そりゃ大変なワケですねwww

これはやっぱり、メーカーも含めた仲間作りが必要ですね((((^^ ;)
Posted at 2020/09/01 23:11:05 | コメント(6) | トラックバック(0) | i-DM:その他 | 日記
2020年08月30日 イイね!

マツダ・コネクトがアップグレード

マツダ・コネクトがアップグレード北米仕様のCX-5、2021年型のマツダコネクトが第7世代仕様にアップグレードされて、9月から発売されるようです。

マツダ CX-5 に2021年型、10.25インチの大型ディスプレイ採用…9月米国発売へ(response.jp)

記事には色々とグチャグチャw書かれていますが、早い話が第7世代MAZDA3、そしてCX-30に搭載された新型(第2世代)のマツダコネクトが、第6.5世代のCX-5に移植されたってことですね、きっと(^_^;)。

北米向けが9月から、ということは国内向けのCX-5も遠からず、でしょうし、CX-8やMAZDA6にも移植されるでしょうね。

他方、MAZDA2、CX-3、はマツコネを移植するよか新型を出す方が早そうです。

ロードスターはモデルライフの長いモデルなので、その内入れ替えるでしょうが、優先順位は低いかも?斎藤さんにコッソリ聞いてみようかな?w

個人的にはMAZDA6(GJ型)に本当にSKYACTIVビークル・アーキテクチャを投入するのか?の方が興味が大きいですが、、、A^_^;)。
Posted at 2020/08/30 20:45:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | マツダ | 日記

プロフィール

「@ 今日も別に練習に行ったワケではありません(苦笑)。」
何シテル?   09/19 22:01
意のままに、思い通りにクルマを操ることに興味があります。 ドライバーの意のままに反応するクルマが好きです。 そんなクルマの技術的背景、メーカーのクル...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/9 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

ミスターロードスター 貴島孝雄さんインタビューまとめ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/23 17:58:12
予想外の反響? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/19 07:55:58
高級サスの失敗例 
カテゴリ:ブログ
2016/02/02 16:29:50

愛車一覧

マツダ アテンザ 家族車[ファミリーカー] (マツダ アテンザ)
フルSKYACTIVの何かに買い替えるまで、とBLアクセラに15ヶ月。 XDのAWDが出 ...
ホンダ NSX 玩具車[おもちゃ] (ホンダ NSX)
別名「愛人」。つまり家族車は「正妻」(笑)。 極めて従順。しばらく放っておいてもスネたり ...
マツダ アテンザ 元家族車[Exファミリーカー] (マツダ アテンザ)
2013/1/19にディーラーから借用した25Sで高速走行性能を確認の上で契約。DC-D ...
ホンダ インテグラ 旧家族車[旧ファミリーカー] (ホンダ インテグラ)
結婚後、ファミリーカーとして10年乗ることを条件に購入。 もうクルマの趣味も程ほどに、な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.