• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2022年01月20日

フリクションサークルの使い方(減速領域編)

フリクションサークルの使い方(減速領域編) では続きです.

「フリクションサークルを使ってドライビングの改善点を分析する」という話を,日光サーキットを題材にやってみましたというのが前回のお話.

まずは加速領域から分析を始めてみたところ,若干ストレートはGK5の方が速そう,旋回しながら加速する領域では,ドライバーはアクセルを踏んでステアリングを切ってるだけなので,タイヤの差が明確に出ていそうという感じでした.

・・・という事で,減速領域編です.



ここまではtakaさん(オレンジ)の方が私(黒)よりも上回っているケースが多かったのですが,最大減速Gにおいては逆に私(黒)の方が大きい結果となりました.減速Gは大きけりゃいいのか?というとそんな事はなく,ヘアピンのように短時間で止めるコーナーであれば良いですが,緩やかに旋回しながら止めるようなコーナーであれば,逆に「止め過ぎ!」の懸念が出てきます.という事でこのポイントがどこなのか車載で確認してみると,



10コーナーの進入でした.10コーナーは日光で最高速が出るバックストレートの終わりにあり,最高速から飛び込むコーナーなので,どうしても強めのブレーキングになってしまいます.



以前はもっと鋭角なコーナーだったので,全開加速→フルブレーキングで問題なかったのですが,改修されてから上の写真の通り緩やかなコーナーになったので,こんなに強く止める必要はないのかもしれません.ただ,この10コーナーはすり鉢状になっているのでリアが出やすく,10コーナーの先はコース幅もそんなに広くなく,10コーナーとその先の11コーナー(S字の1個目)を繋げて考えるか? 分けて考えるか?で走らせ方も変わりそうです.

車載を見返して見ると,どうやら私は10コーナーと11コーナーを分けて考えているようで,10コーナーで一旦止めて,3速→2速へのシフトダウンを済ませた後,再加速してリアを安定させつつ,11コーナーの進入でブレーキングして再びフロント荷重を作る事で11コーナーで向きを変えるのを容易にしているようです.

一方のtakaさんの方は,10コーナーと11コーナーを繋げて考えているようで,10コーナー進入で強めのブレーキングはしつつも,10~11コーナー間で再加速をするような事はせず,速度を落としつつ11コーナーまで届かせるようなブレーキングをされているようです.10~11コーナー間で再加速せずに11コーナーまでクルマを届かせるには,進入で速度を殺し過ぎない事が重要で,それ故に私(黒)よりも0.3Gも小さくなっているのでしょう.この0.3G少ない減速によって10コーナー全体のボトムが上がり,私は0.2秒の差をつけられています.


ならば,同じように私も緩いブレーキングで10コーナーに進入すれば良いのか?と頭の中でシミュレーションしてみると,11コーナーで苦しくなる結末が思い浮かびました.



上の画像で示している白線の部分(コーナーエントリーの部分)は,10コーナーがすり鉢状になっている点と,元々ブレーキング時にリアが不安定になるEF8の特性から,積極的にリアを出して向きを変えられると思うのですが,辛いのはそこから先,大舵で曲げる赤線の部分です.私の感覚(経験則)からすると,この速度・この姿勢だと,私のEF8はここから向きが変わらず,"待ち"の姿勢になってしまうと思われます.

しかし,takaさんのロガーデータを見ると,私が"待ち"の状態である時には既にアクセルを踏んで加速を始めているようです.どうしたら,そんな事が出来るんだ?と思い,takaさんの車載を見返してみると,



takaさんのGK5はこの赤線の領域の向きの変わり方が異様に速い! このロールが限界に達するとポン!とリアが吹っ飛ぶかのような動きが車軸式(トーションビーム)サスペンションの特徴なんですかね? クルマがこういう動きをするなら確かに10コーナーの攻略の仕方は変わるんだろうなぁ~と思いました.EF8でこの動きを作るにはどうしたらいいんでしょうね? バンプラバーでも使ってサスペンションの動きを規制すればいいのでしょうか・・・??


続けて,左旋回で減速している領域.



ここがどこか?というと,



まさしく上で述べた11コーナーのエイペックス付近.やはりこのポイントでGK5の方が向きがよく変わっているのは間違いないようです.Gの絶対値を見ると,加速領域の9コーナー立ち上がりよりも高いGを発生しており,タイトコーナーでリアを振り出すようにフロントタイヤのグリップを最大限に使って引っ張っているように思えます.


最後に,右旋回で減速している領域.



ここは私(黒)が発生させているGが明らかに小さいですね.タイヤの性能を限界まで引き出せていない(余らせている)ようです.このポイントがどこか?と確認してみると,



1~2コーナーの間でした.ここも10コーナーと同じ状況で,私(黒)は1コーナーの進入で一度止めて,その後2コーナーまでの間,加速も減速もしないような「バランススロットル」状態にしているのでGが小さいのだと思います.



対してtakaさん(オレンジ)は,1コーナーの進入速度を限界まで高めて(私より12km/hも高い・・・),1回のブレーキングで2コーナーまで到達させているような走らせ方です.進入速度が高い分,短い距離で止めないといけないので減速Gは大きくなりますし,それでいて旋回半径は変わらない訳ですから,旋回Gも増える訳ですよね.タイヤの性能を最大限使い切るという意味では,takaさん(オレンジ)の走らせ方が正しいので,ここは次回直さないとダメだな・・・と思いました.


以上,フリクションサークルの使い方でした.

なお,先述のSNSを読むとこういった使い方以外に,もう1つドライビングスタイルの分析方法があるようです.
それは最大の横Gをどこで発生させているか?という話で,



例えば,私(黒)の場合は,右コーナーだろうが左コーナーだろうが横Gが最大になるポイント(青丸)では前後Gがほぼゼロです.つまり,タイヤのグリップを全て横に使っているので,加速も減速もしていない感じです.一方,takaさん(オレンジ)の場合は,横Gが最大となるポイント(緑丸)が減速領域に存在しており,減速の過程で横のグリップのピークがくるような感じです.

このどちらが良いのか?というと,先述のSNSの方の見解ではtakaさんの走らせ方なのだそうです.減速させる際,ブレーキだけでなくステアリングによる操舵抵抗も使っている事になるから,より短くクルマを止められている事になると.そして,短い時間で止められるのであれば,その分コーナーに高い速度で突っ込む事ができ,同じボトムでより速いコーナリングが出来るようになると.

ここで言っている効果は,レ点コーナリング(↓)の効果と同じ事なんじゃないかと思っています.


(REVSPEED 2020年1月号:直線で稼ぐための的確な曲げ方より)


減速の過程でタイヤを斜めに使って短い時間で止め,加速の過程では舵角を減らす事でクルマをより前に進ませる走らせ方みたいなもんじゃないかと.車載を見る限り,takaさんがレ点コーナリングをしている訳ではないと思いますが,アクセルを入れるタイミングはこれに近しい考え方なんじゃないかと思われます.この辺りのタイヤを斜めに使う技術がtakaさんに比べて私は拙く,その差がこのタイム差に表れているんじゃないかと思いました.

次,日光を走るのがいつになるのか分かりませんが,今回の分析で発覚した1~2コーナー,10~11コーナーの改善点は取り込んで活かしたいと思います.
ブログ一覧 | ドライビング研究 | 日記
Posted at 2022/01/21 00:58:32

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

GK5 vs FD2
OX3832さん

A052 vs CR-S(日光編)
OX3832さん

ZⅢの面白さを示せ!
OX3832さん

ZF1 vs EF8
OX3832さん

迷路を解く その②
OX3832さん

フリクションサークルの使い方(加速 ...
OX3832さん

この記事へのコメント

2022年1月21日 1:15
>このロールが限界に達するとポン!とリアが吹っ飛ぶかのような動き
これはFITというより、若いころぶん蔵さんに教わりました。
後ろのタイヤのよれが溜まったところで、前に開放する!と。
具体的には、リアがムズムズし始めたところから、お尻の穴を閉め、そして「ここだ」というタイミングで解放するそうです。
「おちんちん」でそれを意識してもいいといっていました(笑)

どちらもしていませんが、リアに貯めるのはアンダーと直結するし、流しすぎると前に「ぽんっ」と出ないとか、、、色々悩んでいます。
これはTC1000の最終も同じイメージ(程度は違えど)を持っています。
オカルトと感じる場合は、本人(ぶん蔵さん)に聞いてみてください(笑)
コメントへの返答
2022年1月21日 17:52
リアタイヤに起きるヒステリシスロスを使って,コーナリング中はヨレを溜めに溜めて,加速させたいタイミングでヨレを戻し,その戻りのタイムラグを利用してリアタイヤが安定させ,トラクションを掛け易くする(クルマを前に進める)テクニックの事ですね.

雑誌で読んで知識としては知っていますが,それを「肛門コントロール」と称するのは今回初めて知りました(笑).

そういえば,(大)@みやう軍団さんのブログの中で,よくその「意識してもいい」キーワードが出てきますが,まさかアレはそういう意味だったのですか!?

このキーワードが連発されている時は「今回は意識が足りなかった」という反省と,次回に向けた戒めの意味合いだったりして・・・.

やっぱり速い人の書かれている事は奥が深いですね・・・.

おすすめアイテム

プロフィール

B18Cを搭載したEF8の先輩にB16AのEF8で挑んでいます.現在までの通算成績は6勝19敗.GPSロガーを使ってマシンとドライビングの問題点を洗い出し,アッ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/6 >>

   123 4
5678910 11
121314151617 18
19 20 21 2223 2425
2627282930  

リンク・クリップ

運動不足? 
カテゴリ:参考
2022/03/08 22:53:47
【自分用メモ】みんカラにgif動画ファイルを貼る方法・改 
カテゴリ:参考
2021/06/06 12:45:07
フリーの空力解析ソフトで遊んでみる 
カテゴリ:参考
2021/04/06 21:53:15

愛車一覧

ホンダ CR-X ホンダ CR-X
中古で入手し,コツコツ直し続けて20年. 一通りのメンテナンスが終了し,2014年よりサ ...
プジョー 208 プジョー 208
実家でお買い物カーとして活躍していた208が廃車となってしまったため,代替えとして新しく ...
プジョー 208 プジョー 208
20年走ってくれたティグラに代わって実家にやってきた新車(なんと21世紀を迎えてから初め ...
オペル ティグラ オペル ティグラ
アンドロストロフィーのティグラの活躍に一目惚れし,母が乗り換えを検討した際に猛プッシュし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.