• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

-りょ-のブログ一覧

2017年08月24日 イイね!

E-powwwwweeeeerrrrr!!!!!!!

久しぶりの試乗記。

目の片隅に何となくチラチラしてながらあんまり気にしてないようにしてたけれど、食わず嫌いはいけないので乗ってきましたよ、あの電気自動車に。
リーh…じゃなくて、テスラね。


それなりの金額のクルマだし飛び込みで行ってすぐに乗れるかわからなかったので、きっちりネットで予約し向かいましたよ。
今回乗るのはモデルS。

SUVタイプのモデルXではなく、4ドアいやリアがハッチなので5ドアセダンの方ね。
そう言えば、昔は5ドアセダンって人気なかったよね。
ギャランじゃなくエテルナVR-4とか好きだったな。
プリメーラとかもね。

実際に乗ったのはコチラ。

P65Dだったっけな?
性能的には現状トップクラスの100からは落ちるけれど、前後にモーターのある結構速いやつ。
横幅がかなりあるのでカッコいいんだよね。

で、先ずは後ろの席に乗って一回りしながら、色々な説明を受けていく。

先ずは目が行くスクリーン、デカ過ぎでしょ。
そして、ステアリング周辺を除くと、ハザードスイッチ位しか物理的なスイッチがない。
エアコンもオーディオも全部センタースクリーンでコントロールするとのこと。
これって夜はちょっとうざくないのかね。
シンプルな内装はなかなかの好感触だけれど、運転中にあれこれやるにはちょっと鬱陶しいかもね。
でも、オートパイロットになればスクリーンをいじる余裕が出てくるのかな。

そして、残念ながらテスラはアメ車です。
いや、俺はそういう所も嫌いじゃないけれど、ぱっと見のクオリティはいいのに細かい所は詰めが甘い。
ガラス周辺のコーキングが山盛りで車内から丸見えだったり、外板の継ぎ目の処理が雑だったり。
それなりの金額なので、この辺りはもっと詰めてもらいたいよね。

あと、後席、これはかなり酷い。
前後左右のスペース的には十分なんだけれど、座面と床面の位置関係がおかしい。
バッテリーがあるせいで床面が高くて、普通に座るとモモ裏は座面から離れてしまい、まるでSUVの3rdシートみたいな体育座り状態に。
背もたれがリクライニングすればもっとマシになるだろうけれど、これで長時間乗るのは疲れるわ。


が、しかし、走行性能、これはそれらのマイナスを多い覆す程に素晴らしい!
実際に運転席に交代してみたけれど、アクセルペダルに対するリニア感たるや、そこらのクルマじゃ全く叶わないな。
M6のドMボタンを押した状態やタルガのスポーツプラスを押した状態なんて全然比じゃないし、シェベルのキャブのピックアップの良さよりもいいかも。
ぱっと踏んだらスルスルスル~っと超絶滑らかに加速していき、その加速度もたまらない。
これは癖になる。

床面に重たいバッテリーがあるから車体も安定してて、いいペースで飛ばしても不安感はないね。
乗り心地的にはまぁ普通かな。
今回はバネ車だったけれど、エアサス車もあるのでチャンスがあればそっちも乗ってみたいね。

いやー、内装の詰めの甘さとか、航続距離、充電の問題はあるけれど、それも受け入れて乗ろうかなと思える程の加速だったよ。
しかも、今回乗ったのよりも高性能なP100Dなんていう上があるからね。
後は後席のマイナスポイントはモデルXなら解消しそうなので、次はそっちにも乗ってみようかと。


正直、結構欲しい…
航続距離的に今のユースにマッチしないけれど、タルガ売ったら中古なら買えるな…
Posted at 2017/08/24 21:44:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | Cars | 日記
2017年08月21日 イイね!

911 Targa 4S 7

今回はタルガの初の作業報告。


C6→タルガと乗り替えたこの長距離高速巡洋艦の枠は、基本的に自分でいじらないつもり。ただ、ナビへのiPhoneの接続はどっかに頼むのもばかばかしいので、自分でやってみた。
PCに頼めば数万円コースなのかな?
作業に必要な工具一つで、時間的には15分程度の軽作業。
ネットで探すとボクスターで同じ作業を書いてるブログは見つかったけれど、991では他に見つからなかったね。
とは言え、内容や構造的には全く同じっぽいね。
この作業の簡単さをバラすのはPCへの反逆か???


先ずはセンターコンソール側面のパネルを外す。

工具要らずで手で毟り取ればOK。

外したパネルの裏側はこんな感じ。

先細ってるクルマ後ろ側から一つづつ突起状のクリップを外していく。
7箇所かな?
右側の黄色い丸いシールの左上のクリップまで、車体の左右方向へ引っ張って外し、後はナビの横に差し込んであるような感じなので、車体後ろ方向に引っこ抜けば外れる。

とにかく上の画像の左側にある端っこのクリップを外しちゃえば、あとはパネルの上と下に指を入れて無理せず引っ張ればかなり簡単に外れるね。

で、露わになるナビの取り付けボルト。

上のボルトの左下の穴とその下の四角い穴がさっきのパネルが差し込んである穴ね。
取り付ける時は先ずはをしっかり差し込んでから側面のクリップを押し込んでいく感じ。
ボルトはトルクスでT27だったっけな?
俺は常備してるけれど、ちょっとしたクルマいじりの人は持ってないかもね。

で、シフターを外すべきなんだろうけれど、簡単には抜けそうになかったので、つけたまま強行突破する。
ボルト4箇所を全て外した後、シフトをDに入れ周囲をしっかり養生してナビを引きずりだす。

スマートキーなので、勝手に電源入ったままになっちゃうけれど気にせず進める。

ナビとコンソールの隙間から手を入れごそごそ探るとUSBの短い線が見つかるので、迷うことはないかと。
別で買ってきたUSBの延長ケーブルを差し込み、接続部の外れと異音防止のためにそこらに転がってた適当なスポンジテープでグルっと巻いておいた。

画像の右側シルバーのがナビ本体で、画像左が車体前方方向ね。

USBの延長コードは接続部やコードがスリムなタイプを用意したけれど、結構隙間が多くて普通のタイプでも余裕で通せるかと。

コードの出先はこんな感じにしておいた。

コードの長さは1m。
この後ライトニングのケーブルを刺すので0.5mでも良かったかもね。

最初の画像を見ればわかる通り、センタートンネルを車体後方側へ這わせることも可能だけれど、そこに隠しても結局はiPhoneを見える所に置きたいのでコードが見える訳で、こんなもんで十分だろ、という判断。
音楽用のiPodを刺しっぱなしにするなら、グローブボックスにしまっちゃってもいいしね。

これでiPhoneの接続、充電環境整備は完了。
後はiPhone自体の置き場をどうすっか悩み中。


それと燃費記録を更新。
高速のまったりしたスピードで長距離を走ってみたら、最高で13.5km/Lまで伸びたよ。

4WDなのにこの記録は立派だわ。
そして、我慢ばかりの運転で辛抱した自分も褒めてあげたい…
Posted at 2017/08/21 20:24:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 991 Targa 4S | 日記
2017年08月16日 イイね!

911 Targa 4S 6

今回はタルガ特有の部分について報告。


開ける動画は撮り忘れたけれど、閉める動画をどうぞ。
https://youtu.be/DKMd0zTVvxE
この程度の動画なのに久しぶりに編集したら大苦戦したよ。。。
開閉はもちろん車内でできるけれど、リモコンでもできるのがいい。
開閉に20秒程掛かるので、乗り込む前のタルガに近付きながら開閉できるのは便利だね。。
タルガバーの小さい耳のようなフタ?の開け閉めが雑な感じで、もう少し洗練されないんだろうかね。


そして、カブリオレは50km/h程度の走行中にも開閉できるのに対し、タルガは必ず停車状態じゃないとできない。
主な原因はコチラ。

リアガラスは車体後端からはみ出ちゃうし、ブレーキランプも隠れちゃう。
これは仕方ないね。
そもそも、あんなクソ重そうなリアガラスをスピードブレーキのように開いたら危ないわ。
F-35Bのダクテッドファンの吸気口並みだな。
いちいちシフトをパーキングにしてサイドブレーキを引かなくても、停止状態でいればいいのはいいね。
で、こんなにはみ出るからリアのパーキングセンサーは標準装備なんだな。


で、クーペと比較したタルガの違い。

クローズで特に高速走行時の騒音レベルはクーペと直接比べてないけれど、全く気にならない。
元々ルーフは幌と言うより、2つ折りのアルミ?マグネシウム?のパネルだからだろうね。
天井のライナーがクーペはアルカンターラなのに対し、タルガは普通の布地なのはちょっと残念なポイント。
M6のルーフがアルカンターラで、渋滞してる時とかにルーフをサワサワするとちょっと気持ちいいんだな。
あとは狭いながらもリアシートの後ろに荷物置き場があるけれど、オープンにするとこんな状態に。

畳んだルーフに占有されるので収納の制約もあるね。
元々収納スペースが不足気味なクルマだし。

あと結構気になってる欠点として、ギシギシ音が結構する。。。
コンビニやガソリンスタンドの出入りだけじゃなく、街中の走行中もね。
主にリアガラス近辺が発生源と思われ、ウェザーストリップとの馴染みの問題だろうね。
暫く走りまわると頻度が減ってくるけれど、また朝イチで乗り始めればギシギシと…
もう少し様子を見てウェザーストリップに鳴き止めを塗ってみようかと。

タルガのメリットは一番は見た目だと思ってる。
前にも書いたけれど、昔の未来のクルマ感がたまらない。
あと何と言ってもオープンにした時の程よい解放感がたまらなく気持ちいいところだね。
個人的にはカブリオレだと周囲から丸見えなのがちょっと恥ずかしくて嫌だし、クルマは斜め後ろからの眺めが最高なのに991のカブリオレは良さを台無しにしててどうも好きになれない。

さすがに今の時期はむき出しの頭皮(個人差あり)に直接太陽光がジリジリと照射されるので昼間は厳しいけれど、ちょっと涼しい夜ならばスポーツマフラーを解放するとエキゾーストがバンバン聞こえてきて、テンションはアゲアゲで最高。
フロントウィンドウ上端には2段階に調整できるディフレクターがあるので、高速でもサイドウィンドウを上げておけば、巻き込みがゼロになる程じゃないけれど、そよ風が来る程度で普通に乗れちゃう。


屋根を開けて高速を長距離移動するのは良さげなんだけど、突然の雨とかだと困るのが難点だな。

で、同じマンションにカレラがいる他にも991はたまに街中で見かけるけれど、タルガだけは今のところ一度も見たことないね。
相変わらず中古車市場にも正規物はないし、国内にどれだけあるんだろうか?
カブリオレはあるんだけどね。
中途半端な存在で売れなかったのかなぁ。
タマ数ない希少車で人気が上がって高く売れればいいが、どうなることやら。
コメント
Posted at 2017/08/16 20:02:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月13日 イイね!

911 Targa 4S 5

世の中はお盆なのね。
盆暮れはボンクラドライバーが多いので、皆さん気をつけましょう。
意味なくブレーキ踏んだり、ウインカーなしの車線変更なんて当たり前、路上だけじゃなく駐車場でも周囲を確認しないで動き出したりするので、警戒レベルは最大限でいましょう。
割り込まれたら死ぬと思っているのか、俺のクルマのケツにぴったりつけて何人たりとも割り込ませない勢いのクズもいるので、減速する時には後方にも注意しましょう。


さて、今回は就役以来1500kmを走ったタルガのレビューを報告します。

クルマなしのド底辺負け組生活から抜けていきなりタルガを運転したので、かなりおっかなびっくりだったけれどもう慣れてきたよ。さすがにね。
ただ、普通のクルマにはない気をつけてるポイントはケツの幅がかなりでかいこと。
上から見るとよくわかるね。

いやーカッコいいわ♪
サイドミラーでもムッチリなリアフェンダーが見えてニヤリとしてしまうけれど、ミラーを通して見たリアの視界と自車の向きは他のクルマとは違ってちょっと独特なもんがあるね。
特にそれを感じるのが駐車時。
他のクルマならばミラーだけでも枠内にまっすぐ停められるのに、タルガはこれがうまくできない。
ええ、下手なんでしょうけど…
ミラーを通して見たボディとタイヤの位置であわせて停めると斜めってるんだよね。
バックカメラがついてるけれど、これは慣れないから全く使う気がしないし。


あとはガンガン飛ばすかと思いきや、これがかなり大人しく走っている。
むしろC6の時の方がぶっ飛ばしてたわ。
もちろんアクセル踏み込めば気持ちいいのは事実だけれど、普通に流していてもこれが楽しいのよ。

特にPDK、これをどう使うかがとっても面白い。
他のダブルクラッチのミッションがどういう制御になっているのか知らないけれど、PDKはドライバーが積極的に制御できるようになっている。
少なくともVWはこんなんじゃなかったな。
例えばアクセルを抜く時、パッと素早く抜くとギアは現状のポジションを維持しエンジンブレーキが効いてくる一方、そろりとゆるやかに抜くとクラッチが切られて惰性で進むコースティングに入る。
コースティングからダウン側のパドルを1度引けばクラッチが繋がるし、その後、アップ側を引けば再度クラッチカットでコースティングに、という感じ。
このコースティングを多用しながら進行方向の勾配の具合も考慮して走ると燃費はかなり良くなる。

さすがに街中では6~7km/L台だけれど、高速やハイペースな道だとこんな感じでかなりいい。

しかも4WDだからね。

いつもの山坂道を走りつつ、高速メインで走ってもこんな感じ。

高速を大人しく走っても7km/L台だったM6は何だったんだろう。。。


後は荷物が載らない…
仕方ないとは言えこれは壊滅的だな。
荷物置き場としてのリアシートがあるけれど、リアガラスを通して丸見えなので防犯的にあんまり置きっ放しにしたくないし。


それとどうでもいいけど、ポルシェさんは日本語はやや不自由の模様…



見た目はニヤけちゃうくらいカッコいいな~
ベストな角度はここかな。
Posted at 2017/08/13 21:57:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 991 Targa 4S | 日記
2017年08月09日 イイね!

911 Targa 4S 4

タルガの詳細報告第3弾。
さすがに今回でおしまいかな。


シートはこちら。

アダプティブスポーツシートプラスなる椅子で、お値段は60万円ほど…
何が違うかというと、あちこち電動で調整できるっていうこと。

スイッチ多過ぎてどれで何が動くのか未だに把握できてないデス。
そしてこれ以外にも何種類かシートがあるけれど、大半は何とスライドが電動じゃない。

ついでに言うと、ミラーの電動格納もオプションだったりする。
ポルシェに乗ってる人には当たり前なんだろうけれど、これには驚いたよ。
まさにオプション地獄。

で、シートヒーターも別でオプション装備しており、屋根を解放して走るメインの季節である秋から冬にかけても安心だな。

あ、そうそう、ヘッドレストにエンブレムが型押ししてあるけれど…

そう、これだけで数万円するのです。
これくらいサービスでやってくれないのかしら。


で、我が艦の計器類は文字盤がホワイトになってる。

ええ、これも特別装備でっせ。
しかも運転席のメーターとダッシュボードセンターのメーターは別口で料金をいただいております。

そのセンターのメーターはというかストップウォッチで、スポーツクロノパッケージを選択しているからついてくるもの。

普段は時計として表示され、ストップウォッチとして使えるもの。
どこで使うのかは不明…まぁサーキットとかなんでしょうが。
これを選択するとエンジンマウントも変わるらしいけれど、よくわからんです。
こちらは40万円ほど。
スポーツクロノは必須だな!と思って色々見てたけれど、乗ってみると正直あんまりっていう感じかな。
確かにセンターにストップウォッチがあるのはそこはかとないかっこよさがあるけれどね。


あとはスポーツマフラーね。
これは結構テンション上がる。
いわゆる爆音マフラーで47万円ほど。
アイドリング近辺ではやや太くなるだけだけど、4000rpm以上になるとかなりの音量になり、屋根を開けて走ってると結構気持ちいい。

他にもサスを固めたり、エンジンやミッションの制御をスポーツ寄りにするスイッチ類が色々ついてるけれど、これはオプションなのか標準でついてきてるのかよくわからんね。

真ん中のルーフを開けるスイッチの絵が可愛いタルガで結構気に入ってる。
そして、今や911もアイドリングストップの時代ですよ。
右下のスイッチを毎回押さないと基本は停止すると結構こまめにエンジンを停止させる。
マフラーを解放してると、いちいち発進時にブオン!ってなんてちょっと恥ずかしいんだな…

他にもパークアシストのセンサーやバックカメラ、オーディオはBOSE、ステアリングはスポーツステアリングと諸々ついてるけれど、以上でおしまい。

次回に就役以来1000kmちょっと走ったレビューを書いてみます。
Posted at 2017/08/09 21:29:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 991 Targa 4S | 日記

プロフィール

「DDH-184 <11> http://cvw.jp/b/1868621/41501387/
何シテル?   05/19 22:26
りょです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

シボレー シェベル マリブ シボレー シェベル マリブ
1967年のシボレー シェベル。 気持ち的にはファーストカーのポジションにあるけれど、不 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
991 Targa 4S
スバル フォレスター スバル フォレスター
スバルのフォレスター。 悪いクルマじゃないけれど、趣味的なものはナシ。 あまりの無関心っ ...
BMW M6 クーペ BMW M6 クーペ
BMWのM6。 長距離移動をメインの用途とし、普段のちょっとした買い物にも使用している。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.